くだん 株価。 Kudan (4425) : 株価/予想・目標株価 [Kudan]

アトラ(株)【6029】:掲示板

くだん 株価

3%) ・想定価格3,260円に対して、PER6085. 87倍、PBR40. 5倍、配当利回り- (直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益0. 5円、1株あたり純資産80. 5円、1株あたり配当金-円。 IPO当選株数 公募株数 123,000株 売出株数(OA含む) 73,500株 当選株数合計 196,500株 ・当選株数は196,500株。 売買単位が100株なので、当たりは計 1,965枚。 ・当選本数は非常に少なく、 かなり当たりにくい部類に入る。 幹事証券リスト(管理人独自予想あり) 証券会社名 割当率 割当株数 当選本数 (枚) 完全抽選本数 (予想) 主幹事 91. 45% 179,700株 1,797枚 179枚 幹事 みずほ証券 3. 46% 6,800株 68枚 6枚 いちよし証券 1. 73% 3,400株 34枚 5枚 1. 27% 2,500株 25枚 3枚 0. 87% 1,700株 17枚 17枚 エース証券 0. 41% 800株 8枚 -枚 岡三証券 0. 41% 800株 8枚 -枚 丸三証券 0. 41% 800株 8枚 -枚 ・(主幹事)、、から当選のチャンス。 ・岡三証券が幹事なので、後からの取り扱いも発表される可能性があります。 株主構成、ロックアップなど 株主名 比率 ロック アップ 大野 智弘 (社長) 52. 98% 180日間 Jun Emi 11. 04% 180日間 John Williams 5. 40% 180日間 飯塚 健 3. 97% 180日間 Net Capital Partners Limited 2. 89% 180日間 美澤 臣一 2. 66% 180日間 Ardian International Limited 2. 10% 180日間 高橋 秀明 2. 10% 180日間 斉藤 誠 2. 10% 180日間 国際航業(株) 1. 7 98. 4 92. 3 92. 0 (93. 1) 自己資本利益率(%) - 1. 6 - 1. 2017年3月期から連結決算。 ・2019年3月期は、第2四半期時点で売上321百万円、経常利益203百万円を達成しています。 IPOで得た資金は、連結子会社への投融資、事業展開費、本社移転費に充てる予定です。 管理人からのコメント 、これまで人間の操作や命令に従って動いてきたコンピュータ・ロボットに、人工知覚(視覚など)を与えることで自律的に動くようにしていきます。 革新性の高い事業内容で、IPOにおける超人気テーマの「」です。 公開株数が少なく、需給的にも優れており、初値高騰が大いに期待できます。 ネット証券では、(主幹事)、、から申し込みできますので、積極的に当選をねらっていきましょう。 同日にが上場しますが、投機的な買いはこちらに集中すると思いますので、影響はあまりないと考えています。

次の

2020年IPO 実績一覧:初値と利益額

くだん 株価

無料版として緊急号をお届けします。 3月13日(金曜日)、午前11:30分。 米国・欧州・日本の株価が、急 落しています。 NY市場では、3月9日(月曜日)に続き、2度目のサー キットブレーカーが発動されました。 7%以上下がると、市場を落ち つけるため15分、閉鎖されるものです。 【2008年9月のリーマン危機のとき】 NYダウは、1万4000ドル(07年12月)から、リーマンが破産した08年 9月15日を挟んで、09年3月の6500ドルまで、54%下げました。 54%に下げるのに、07年12月から09年3月まで、15か月かかっていま す。 月間の平均下落率は-5. 1%(複利)という穏やかなものでした。 11年前の金融は、ゆっくりしていたのです。 同じ時期の日経平均は、1万8000円から09年1月の7000円まで、61%と、 ダウより大きく下げています(月間下落率は7. 5%の複利)。 日本の 輸出経済への影響が大きかったからです。 金融危機と不況になった米 国への輸出が、18兆円(07年)から9兆円(10年)へと半分に減った からです(2018年の対米輸出は16兆円)。 今回のような、コロナショ ックからの内需の減少ではなく、外需の急減が、日本株下落の主因だ ったのです。 【リーマン危機のあとの日経平均】 7000円~1万円台の日経平均が上がり始めたのは、2年後の、異次元緩 和を標榜する安倍政権になった、2012年12月からでした。 2019年の日経平均は、1万円にたいしては、2. 3倍の2万3000円から、 2. 4倍の2万4000円の間を波動していました。 暴落したのは、新型コロ ナの中国での蔓延と、クルーズ船での20%感染が認識され始めた20年 2月13日からでした。 【ボラティリティが51%の相場】 今日の日経平均は1万7431円(3月13日:終値)です。 1日で1128円 (6. 08%)下げました。 726。 1か月で27. 4%下げ、 時価総額では投資家と金融機関があると思っていた金融資産からすで に約150兆円が失われています。 (注)13日に引けた後の20時には、CFD(差金取引の日経平均)が1万 8212円へと、終値から1044円(6%)上げています。 乱高下が激しい。 このところの年間ボラティリティは51%です。 1年で51%の価格変動 がある水準です。 まさに、ジェットコースター相場です。 投資家が、 破産の恐怖に駆られているからです。 これ以上下がって行くと、信用収縮の金融危機、政府の財政危機が、 同時に惹起される水準です。 緊急号は、ほとんどの人に関係するテー マの性格から、有料版・無料版共通とします。 コロナショックの、株価での特徴 2. 各国首長の発表の温度 3. ポートフォリオのリスクパリティという基準からの、今後の株価 4. 株価のボラティリティは、40%から50%と高くなっている 5. コロナショックの、株価での特徴 今回の、新型コロナショックによる、世界の株価下落の特徴は、2点 です(本家の中国を除く)。 (1)下落の速度が、世界史上最速であり、1か月で25%から30%も下 がっていて、下げが止まる気配が見えないこと。 (2)中央銀行の金融緩和(利下げと量的緩和)と、マネー増発が株 価の下落傾向を止めるのに、効いていないこと。 【罫線の傾向】 株価罫線と各種移動平均の傾向では、 ・現在2万1000ドルのNYダウは、更に6000ドル下げて1万5000ドル(2 万9000ドルの52%)、 ・1万6818円(13日11時20分)の日経平均も、4800円下げた1万2000円 (2万4000円の50%)を、指しているように見えます。 しかし、ピークから半分の、この価格が大底になるかどうか判断でき ません。 更に、古来の相場の格言「半値・八掛け・二割引=0. 8=0. 32」 ピークの32%(ダウ9280ドル:日経平均7680円)に まで下がる可能性は、確率は低いかもしれませんが、現在の材料から は、否定できない。 (注)1929年から33年の大恐慌のときの米国株価 が、これでした。 ・新型コロナの感染拡大が続くと移動ができない。 ・移動ができないと経済取引と仕事は、その間、停止します。 金融危機はマネー量の減少です。 一般には、中央銀行が信用の拡大 (創造)をしてマネーを注げば、癒され、2、3年かけて回復して行き ます。 マネー量の縮小には、マネーを増やすことが治療になるからで す。 ところが、経済を止める新型コロナは、治療の医薬またはワクチンが できない限り、感染の増加と減少を繰り返しても収束しない。 人々に 抗体がないからです。 かかったあと抗体ができるかどうかも、まだは っきりしていません。 3月初旬まで、人々は「インフルエンザのように、気温が20度以上に なるとウイルスの増殖は収まっていく」という希望を抱いていました。 (注)当方も、2月までそう考えていました。 ところが、日本の専門家会議のひとりの医師は、これから6か月、あ るいは年内、または来年まで収束しないかもしれないと述べたのです (3月9日:午後11時:記者会見)。 「かもしれない」という発言は、 治療対策を想定したものでしょう。 大規模 な金融緩和をすると中央銀行が表明しても、効果がなかった(FRBの 0. 5%緊急利下げ:3月4日~)。 逆に、利下げの表明後の1週間の下落 幅が大きくなっています。 (注)米国金融筋派では、FRBはさらに1%の利下げをして、金利0% に誘導すると噂されています。 これが、株価上昇に効果をもつでしょ うか。 現在、FRBは3月12日と13日の2日間で、1. 5兆ドル(157兆円) という、リーマン危機のときもなかった異例の短期マネーを、金融機 関に注いでいます。 その効果は、株価には表れていないのです。 新 型コロナ(人の移動の停止)から誘発される株価下落からの金融危機 は、マネー対策では治療ができないようです。 中国を除く世界の株価下落が、断崖を落ちるように速いのは、新型コ ロナに対する決定的な対策がまだないからです。 中国の上海総合のPERは11倍と、もともとバブル水準ではありません でした。 日経平均とNYダウのPERは、18. 3倍と18. 5倍でした。 S& P500は19. 米ナスダックは26. 4倍でした(20年2月20日)。 ついさっき、拙宅から1kmくらいのセブン・イレブンで働く方の感 染が公表されました。 件(くだん)のライブハウスに行ったという。 近所に出ると、街の緊張が高まります。 お店には、人が行くからです。 感染経路がたどれているので対策はとれます。 経路が見えなくなった ときが問題です。 感染源が特定できるクラスラー(小集団)ではなく、 不特定からの市中感染が増えてきたときです。 各国首長の発表の温度 ドイツのメルケル首相は3月11日に、「ドイツ国民の60%から70%が 新型コロナウイルスに感染する可能性がある」と発表しています。 保 険省と感染研究所の所長が同席していた会見です。 ウイルス学的な見 地からでもあるでしょう。 イタリアでは、感染の可能性の予測数の発表はありませんが、全土の 移動制限(緊急時以外は禁止)を発令し、食品スーパーとドラッグス トア以外の店舗へは休業を呼び掛けています。 全土が武漢のような状 況であり、街には人がいない。 確認感染数9172人、死者数が463人 (死亡率は6. 3%と中国よりはるかに高い)に増えてきたからです。 イランでは2月中旬以降、237人が死亡し、7161人が感染とされていま す。 世界の感染者数は、11万1000人以上に上り、3890人(脂死亡率3. 5%)が死亡したという。 米国は、3月12日に、英国以外からの入国を禁止しました(13日から 30日間の予定)。 米国の株価は、暫定的ですが現代の鎖国のような発 表に強く反応したのです。 米欧の近代史ではじめてのことです。 ポートフォリオのリスクパリティという基準からの、今後の株価 リスクパリティ(リスクの等価)とは、各種の金融商品(通貨、株価、 社債、国債、商品、原油、ゴールド)のリスク額を等しくするために、 資産の構成比を調整するものです。 リスクとしては一定期間の、価格変動の標準偏差、または、オプショ ン料の計算のボラティリティ(VI)を使います。 過去20日間(1か月 に相当)の、価格変動率です。 標準偏差の2倍、ボラティリティ、ま たは簡易法で計ります。 いずれも類似した数値が出ます。 46をかけます。 2=35% B資産 20% 15% 6. 7 6. 2=47% C資産 50% 40% 2. 5 2. 2=18% ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 加重値合計14. これがリスクパリティを、ポートフォリオ運用において単純化したと きの計算方法です。 リスクを減らすなら、1億円の運用を年間リスクが20%ともっとも低 いA資産にしてしまえばいいと考えることもできます。 価格リスク率の低い、国債などの資産に偏らせると、期待利益率 も低くなってしまいます。 これが、リスクの高い資産も一定率もつ、 リスクパリティ運用戦略の意味です。 合計資産のリスク額を一定に抑える(可能性のある)リスクパリティ 戦略は、人気の高い運用法です。 ただし、この方法は上がるトレンド のときに買い、下がるトレンドでは売るという「順張り」の傾向をも つことになります。 多くのファンドが、リスクパリティ戦略をとると、 ・上がる傾向のときは、株価は少しずつ上がる性質があります。 この ため過去20日で計算するVIが低くなることが多く、リスクパリティの 買いが増えて、ますます上がる傾向になります。 ・逆に下げる傾向のときは、短期で下がりことが多い。 つまりVIが高 くなる傾向があり、リスクパリティの調整の売りが増えて、ますます 下がるという傾向も生じます。 株価のボラティリティ(VIXまたはVI)は、40%から50%と高く なっている 新型コロナウイルスの、イタリアで感染増加から上がった株価のボラ ティリティは、現在、50%から70%と、数百年に1度しかないように 高くなっています。 2月19日までは14%程度と低く、価格は上昇傾向でした。 イタリアの 感染増が認識された2月20日以降は株価は暴落し、逆に、VIXがどんど ん高くなり、2月27日に年間39%、3月9日のダウが2000ドル落ちたと きは54%に上がって、二度目のサーキットプレーカー(7%の下落で 発動)が働いた3月12日には、VIXが75%という史上最高の高さになっ ています(数百年に1度)。 日経平均のVIも、NYダウに比例しています。 3月13日現在は51. 1%と リーマン危機のときより高い。 下げが急激だからです。 2019年は、 14%から、高い時も24%でしかなかったのです。 (注)下げの局 面での(1)先物売り、(2)ETFの売り、(3)売りオプションは、下 げを加速する順張りになります。 NYダウは、第一段階で1万5000ドル(現在は2万1200ドル:3月13日) に下げるでしょうか。 ボラティリティが50%から75%の株を買う投資 家は、少ないからです。 皆が、恐怖のパニック感じているからです。 「落ちるナイフをつかめば大怪我をする」と言われます。 一方で、NY金価格(1オンス:31. 1グラム:ドル価格)の、20日ボラ ティリティは、4%から9%と低い(第一商品:簡易計算法)。 46倍ですから、13. 8%から31. 1%です。 (注)金価格は、一般には、金融危機のあと上がります。 株価が大き く下がり、金融危機が進行している最中には、3か月間くらい、株や 債券で損をしたファンドの「資金繰りのための換金売り」が増えて下 がることが多い。 08年のリーマン危機のときは、1オンス(31. 1g) が950ドルから730ドルへと23%下がっています。 その後は2011年までの3年で、730ドルから1850ドルまで2. 5倍に上が ったのです。 金には固定的な需要があり、売っても株より相場が下が りにくいので、株で損をしたときの「換金売りの益出し」に使われる からです。 国債価格も、ボラティティは低い。 1年に10%以上上がること、下が ることはマレだからです。 3月の世界の株価は、1日で5%以上、1週で 20%も下がっています。 以上から、特に2020年2月から、持ち株を売ってポジションを解消し、 国債と金を買うポートフォリオが多くなっているのです。 【FRBは巨額の短期資金投入】 FRBは、3月11日に、急遽、2日間で1. 5兆ドル(157兆円)という巨額 な短期資金をレポ金融で供給すると発表しています。 12日と13日で 157兆円のマネー供給は、未曽有のことです。 これで、複雑系の株価の下落が、止まるかどうか。 複雑系とは、多く の要因が、消えたり生じたりしながら絡んでいる現象です。 株価下落の損から、株主と金融機関から消えたドルを埋めるだけにな る可能性が高い。 貸された短期マネーが、株の買いに向かわないと、FRBの対策 の効果は出ません。 日本では、日銀が、普通は1回700億円の株ETFの買いを、1500億円に 増やして株価を支えていますが、売りの勢いが強すぎて、効果を生ん でいません。 以上のように、新型コロナからの人の移動の制限からくるGDPと企業 駅の低下に対しては、マネーを貸し付けることの効果はないのです。 ソフトバンクでは、5000億円の自社株買いを行い、株価を高めようと しています。 株価は、2月25日の5500円から、3764円へと32%も下が っています(3月13日:終値)。 ソフトバンクについては、観測筋か ら「倒産」の懸念もとりざたされています。 問題は今後の、世界への感染拡大(特にマネーの中心地アメリ カ) 米国は、日本から約1か月遅れて、3月から、感染の指数関数的な増加 の賭場口(とばぐち)に立っています。 すでに16州が非常事態を宣言 しました。 ドイツのメルケル首相は、ドイツ国民の60%や70%が感染する最悪の リスクがあるとしていますが、対コロナ強気のトランプの米国は、ど うでしょうか。 米国の国内の、確認感染数は950人です(死者数28人 :2. 9%:3月11日)。 【世界のマネーの総本山、米国】 米国でも現在の日本のように、PCR検査の設備が足りていない。 検査 機器の設置を急いでいます。 検査数が増えれば、インフルエンザとさ れていた中に、新型コロナの確認もあるでしょう(割合は不明)。 イ ンフルエンザなら、治療薬があるので隔離はしてなかったはずです。 その間に感染させます。 かかった人も、いつもの風邪かインフルエン ザと思っていて病院は行かない人が多い。 米国では、医療費が日本の数倍高い。 3000社もある医療保険(月額保 険料は安いもので5万円/月くらい)は、受ける診療と使える医薬が、 保険によって違い、複雑怪奇です。 患者が病院に来た時、看護師が行 う第一のことは、保険の種類を調べ、どんな診療と医薬が、いくらか ら保険対象になるかということです。 20分くらいかかるともいう。 病 院に行くと、クレジットカードを要求されます。 医療保険をかけてい ない人も5000万人います。 風邪の症状で発熱が数日続いたくらいでは病院に行かず、ドラッグス トアの売薬(OTC)で済ます。 OTC医薬の種類が多く、1錠の形が大き い。 PCR検査が増えると、米国の確認感染数は、指数関数に増加する でしょう。 今年のインフルエンザ患者は、2600万人(死者1万4000 人)といわれます。 3月の初期発生から5か月が、新規の確認感染が減るメド(あくまで仮 定:中国の事例)とすれば、確認感染数増加のピークは、2020年8月 ころです。 9月からピークアウトでしょうか。 全米がイタリアのよう な「移動禁止・制限」になっていく可能性が高い。 ハワイなどの島は、 入島と出島の禁止でしょう。 米国の新規確認感染が増える間は、人の移動の禁止、交通の禁止が厳 しくなり、商品とサービスの消費需要と、生産は減るので、株価を上 げる材料はないのです。 金融緩和は効きません。 【予想される所得税の減税】 平均が20%個人所得税を、期限を切って0%にするヘリコプターマ ネー政策も、人が移動できないと使えません(基礎的な控除後の個人 所得の累進税率は10%、12%、22%、24%、32%、35%、最高37%)。 貯蓄になる効果はあってもGDPの70%を占める消費増加にはならない。 マスクの買いが増えても、消費の金額からはとるに足りないものです。 医療費は増えるでしょう。 以上のことから、感染数のピークが想定される8月まで、株価が上が る要素は弱い。 とすれば、下がります。 NYダウは1万5000ドルは割る でしょう。 今回は、金融危機だったリーマン危機のときのような金融 緩和とマネー増刷の対策が効かない。 新型コロナはマネーでは制圧で きないからです。 1929年の恐慌のような、32%の9000ドルになるかどうかはわからない。 1万2000ドル(2万9000ドルの41%)に下がる可能性はあると見ていま す。 (注)あくまで、現時点の、仮定に基づく予想によるものです。 状況がどう変わるか、まだ不明だからです。 【20年8月までの日経平均】 NYダウが1万2000ドルなら、日経平均は、日本の状況にかかわらず1万 円でしょう。 米国の対外デフォルトがあるかもしれません(対外負債 37兆ドル:3885兆円:2018年)。 次の資産を作るための、株の底値で の買いの機会も秋にはあるでしょうか?。 秋には新型コロナ恐慌から、世界中が金融危機、財政危機になってい くでしょう。 先駆けが、 (1)レバノンの、国債のデフォルト(対外債務が多い) (2)再発したトルコの通貨と経済危機。 トルコリラ16. 86円。 2か月 で13%下落。 (3)ドイツ銀行の、金利が高くリスクが高いCoCo債(偶発転換社 債)での、12. 5億ドル(1315億円)の、返済のない永久債への転換。 これは事実上のデフォルフトです(4月30日の予定)、 (4)インドの経済危機 (5)新興国通貨の、ほぼ全部の下落です。 米ドルの海外投資が新興国から引き揚げているため、新興国が財政危 機、経済危機、通貨危機になります。 その最中に、米国大統領選挙です(11月)。 経済危機、株価危機のとき再任された大統領はいません。 トランプの 再選は、危うくなりました。 米国では50%の世帯が、90年代半ばから の、年金の401K運用(自主運用)の制度からから株をもっているから です。 個人年金の株式での運用が、米国世帯の銀行預金が少ない理由でもあ ります。 株価が大きく下がると、世帯は年金不安になっていきます。 日本の株式投資は個人では約700万人でしょう。 6000万世帯が株をも つ米国と、株価に対する態度が別の世界です。 【後記】 この20年、1週間に一度は株価を観察、分析してきましたが、経験す る初めての下落です。 初めてのことには、今までになかったことが隠 されているでしょう。 それが、人の移動の制限が、経済を停止させる ということでしょうか。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 【ビジネス知識源無料版:感想は自由な内容で。 以下は、項目の目処です】 1.内容は、興味がもてますか? 2.理解は進みましたか? 3.疑問点、ご意見はありますか? 4.その他、感想、希望テーマ等 5.差し支えない範囲で、あなたの横顔情報があると、テーマ選択と 内容記述の際、より的確に書くための参考になります。 気軽に送信してください。 感想やご意見は励みと参考になり、うれし く読んでいます。 時間の関係で、返事や回答ができないときも、全部 読みます。 共通のものは、後の記事に反映させるよう努めます。 有料版の新規登録は、最初、無料お試しセットです(1か月分) :月中のいつ申し込んでも、その月の既発行分は、その全部を読むこ とができます。 その後の解除は自由です。 継続したとき、2か月目分 から、課金されます。 (1)『会員登録』で支払い方法とパスワードを決めた後、 (2)登録方法を案内する『受付メール』が送ってきて、 (3)その後、『購読マガジンの登録』という3段階の手順です。 【ビジネス知識源:有料版】 このページから、登録のページにすすむことができます。

次の

緊急号:リーマンショック以上になったコロナショック

くだん 株価

nkn. 現在は【買い】 予想株価 7,085円 と判断されています。 「予想精度推移チャート」では、独自に集計した予想精度実績値を時系列で閲覧できます。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の