世界 史 の 勉強 の 仕方。 世界史勉強法|偏差値82.1の勉強法

世界史の勉強方法!中学生向け【東大志望がやっている5つのこと】

世界 史 の 勉強 の 仕方

こんにちは、まこさんです。 かれこれ世界史の勉強+指導歴は7年近くにもなりました• 浪人時代の1年間• 大学学部生の4年間• どうしてごちゃごちゃになるのか... と考えた時、「誰が何やった?」「あの戦争はどこで起きた?」「あの条約はどこの国と結ばれた?」のように.. そもそもひとつの用語をきちんと覚えきれてないところに原因がありました 時代と地域も代わる代わる書かれてたら、さらに頭の中はカオスになる一方ですねw 以下のように「5色分け」をします 人 persons :集団、民族、皇帝、組織 もの items :作品、建築、貨幣 こと events :戦争、遠征 考え ideas :思想、条約、制度、政策 場所 place :国、都、 具体的には• アメンホテプ4世(人)= 赤• パルテノン神殿(建築)= 青• フレンチ=インディアン戦争(戦争)= 紫• ウンキャルスケレッシ条約(条約)= 黄色• ゴール朝(国)= 緑 な感じ! で、世界史の用語解説の部分を... パルテノン神殿は ペルシア戦争で破壊されたので、将軍の ペリクレスが、 フェイディアスに修繕工事を命令した のように色分けでマークできるようになります *当時作ってた『通史』のノートには蛍光ペンで5色に分けてました カラーは適当に決めましたが、それぞれ似たり寄ったりならないものがいいですね この「5色分け」のメリットは• 流れを掴みやすくなる• 視覚イメージで覚えやすくなる• 帝国主義(植民地時代)から現代史• 世界大戦とグローバリズム 1〜4巻まであり世界史参考書で最もボリューミー。 受験範囲をもろともカバーしてるので、早慶・東大を目指すなら必須の本ですね 『ナビゲーター』のやり方(復習方法)は.. 1週目:暗記しようとせず、授業を聞くつもりで丁寧に読む• 2週目:よくわからない箇所を重点的に!資料集・用語集をフル活用する+別冊の復習ノートを内容を確認しながら埋める!• 3週目以降:因果関係をパーフェクトに!無限に繰り返し用語の暗記へ!• 『教科書』をもとに、大学の入試問題が作成される!• 『教科書』の記述が、論述問題の回答として最適! 上記、2つの理由があるからですね。 受験の世界史でハイパー通用する!というわけです 教科書と全く内容は同じですが 【重要用語】が空欄で自分で教科書を作ります 『ナビゲーター』と『山川の世界史』を読みながら、空欄を 赤ペンで埋めること!そして、 赤シートを使って何度も何度も教科書の記述をインプットしましょう 具体的なやり方は• 1つの単元のインプット(教科書・授業・ナビゲーター)をする• 読んだインプットの教材をみつつ、書き込んでみる• 何もない状態で、自力で書き込んでみる• なにも見ずに1年分を自力で解く!• あやふやな箇所を参考書で確認、脇に正解をメモ!• 全体を通して答え合わせと解説の読み込み!• 間違えた問題の時代・地域を『ナビゲーター』『山川の教科書』で再確認!• 翌日、もう一度同じ年度を解き、パーフェクトを目指す! 苦手(頻繁に間違えてしまう)な範囲をあぶりだします。 つまり、復習すべき箇所を見つけ出すのが過去問の最大目的です! 同じように、大学別の過去問も挑戦しては復習をします。 そこで大学すべ〜〜〜ての過去問が集結してるのがこれ!!!! 『2018年度 全国大学入試問題正解 世界史』 全ての大学の『世界史入試問題』が集結する 電話帳 この電話帳のやり方と復習方法は• 志望大学の問題を自力で全て解いてみる• 志望学部系の問題を自力で全て解いてみる• 自力で解いた後、わからなかった箇所を調べて、もう一度回答する• 間違えをあぶりだし『用語集』『参考書』で確認と熟読! です。 各大学の問題をみると、世界史の問題にはブームがあることに気づきます 例えば昨年度の2017年はドイツの宗教改革500周年!あのルター! 「君、歴史を勉強しておいて、現代のことわかってないって言わないだろうなあ?あん?」って大学のメッセージが込められてる『宗教改革』に関する問題は多かったんじゃないかと! 流行を当て、予想問題を作れるようになれば神!復習のさらに上の次元の極みですね スポンサーリンク 王道の復習こそ近道の復習 世界史はひろ〜〜い地域・時代が試験範囲。 事実、覚えなきゃいけない事柄はものすごく多いです 暗記は世界史じゃねええ!と綺麗事は言えず、暗記がまず何より大事です。 今回紹介した「ノート・参考書・過去問」での復習方法は、実際に僕がやってきたこと全てです• 自力で内容を理解する・覚える• 覚えたところを自力で付属のノートでの穴埋め等で確認する• 覚えてない・忘れてしまったところはもう一度戻ってよ〜〜く読む• 再び覚えたら、もう一度付属のノートでの穴埋めで再確認する というくっっっそ遠回りに見える方法で、くっっっそつまらない方法が、一番近道だったことに気づきました そのためにも時間(1日1〜2時間ほど)毎日確保して、覚えては忘れる覚えては忘れるを繰り返す必要がありますね。 根気強く粘り続けましょう 「ノート・参考書・過去問」をただやるだけで終わらず、本記事での「復習方法」をぜひ参考にしてみてください。 オリジナルで改良してみても全然OKです さらに具体的な世界史の勉強方法(インプット・アウトプット)については下記をどぞ!.

次の

【講師直伝】世界史の勉強の仕方&おすすめの参考書【受験勉強】

世界 史 の 勉強 の 仕方

学校の定期テストからセンター試験、二次試験に到るまで世界史は全て独学で対応可能です。 逆に、学校や予備校の授業だけに頼り切るのは危険です。 それは世界史という科目の性質上仕方のないことなのです。 そもそも日本史や世界史、地理などの社会科目は英語や数学、国語などの重要科目に比べて重要度が低くなりがちで、演習や過去問を解く際にも後回しにされがちです。 また、他にも同様な高校は多いと思いますが、筆者の高校では通史が終わるが高3の夏明けでした。 ここから復習と過去問等の演習を始めているようでは手遅れです。 つまり、 予備校の授業に頼り切ることなく世界史を独学で勉強していかなければいけないのです。 もちろんやみくもに暗記しているだけでも成績は伸びないので• 正しい勉強のやり方• 自分にあった良い参考書 この2つを意識することが大切です。 最初に世界史全体を把握しておくことで、全体としてどれくらいの分量があるのか、内容の濃い大事な分野はどこなのかといったことをはじめに把握することができます。 これを知っておけば、2周目で細かい知識をいれていく時に効率よく勉強ができます。 そのため、圧倒的に時間短縮ができ、その分もっと詳しい知識を暗記することができます。 なので、まずは 歴史全体の流れを掴むことが最優先だと考えてください。 横軸での関係もしっかり まずはじめに通史を終わらせるということを上で解説しました。 通史(歴史全体のストーリー)というのは言うなれば歴史の縦軸です。 最初は縦軸を勉強してください。 次に、2周目以降で細かい知識をいれていく際に意識して欲しいのが 横軸でのつながりです。 日本史であれば基本的には日本国内の事がメインです。 しかし、世界史となると世界全体のことに目を向けなければいけません。 その際に、同時代に別々の地域で起こっていた出来事を関連付けて記憶していくようにしてください。 模試や本番の試験では、縦軸だけでなく横軸にも目を向けないと解けない問題がたくさん出てきます。 まとめノートは作るべき? 世界史に限らず、自分なりのまとめノートを作成している人がいます。 世界史において、まとめノート作成はやってはいけない勉強法です。 なぜかというと、世界史の膨大なストーリーをまとめるのに時間がかかってしまい、多くの人は自己満足で終わってしまうからです。 もちろん自分の知識をしっかりと整理したり見やすい物を作ることは、多少効果があるとは思います。 しかし、いちいちまとめノートを作ることは圧倒的に時間の無駄です。 コスパが非常に悪いのです。 受験においては英語や数学など他の重要科目に時間を割かなくてはなりません。 世界史のまとめノートごときで時間を取っている暇はないのです。 自分で作らなくてもよくまとまった参考書はいくらでもありますので、とにかく筆者は まとめノート作成をオススメしません。 短期間で伸ばす!定期テストの世界史独学勉強法 世界史の勉強といっても、学校の定期テストだったりセンター試験、二次試験と様々な試験があります。 基本的には勉強方法は同じなのですが、ちょっとしたテクニックは変わってきます。 「実況中継」でテスト範囲の概観を掴む• 教科書を流し読み• 授業プリントで細かい内容を暗記• 一問一答でアウトプット• 「定期テストは捨てる」 「実況中継」でテスト範囲の概観を掴む 高校の世界史は教科書をベースに先生が授業をしていると思います。 しかし世界史の教科書には、基本事項と深い知識が並列して載っており最初読んだときは流れを掴みにくいのが実際です。 そこでまずは有名な世界史の参考書「世界史B講義の実況中継」を使ってテスト範囲の概観を掴んでいきましょう。 この参考書の詳しい解説は後ほどします! 教科書を流し読み 「実況中継」で外観を掴んだら次は教科書の同じ範囲を流し読みしていきましょう。 最初に教科書を読んだときとは違ってしっかりと内容が頭の中に入ってくるはずです。 ここで大事なのは、教科書に時間を取られすぎないことです。 あくまでも「実況中継」や授業プリントをメインに勉強していってください。 授業プリントで細かい内容を暗記 次は授業中にもらったプリントやノートを見返してより細かい知識をいれていきましょう。 先生が定期テストで出題するポイントはプリントやノートに大きく書かれていることが多いので、ポイントになりそうなところを意識しながらテスト対策をしていってください。 一問一答でアウトプット ここまで知識をいれていく作業を解説してきました。 それが終わったらもう一つやらなければいけないことがあります。 それはアウトプットです。 知識をいれただけでは何の意味もないので、それがしっかり定着しているかどうかの確認をしましょう。 入試が近くなったら「定期テストは捨てる」 そもそも定期テストを捨てる 勉強しない といった選択肢もありです。 勘違いして欲しくないのですがは、あくまでも定期テストの勉強をしないと言っているのです。 世界史そのものを捨てろなどとは言っていません。 高校には難関国公立を目指す人もいれば様々なランクの私立文系を志望している人もいるかと思います。 ですが、高校の定期テストでは志望校に関係なく一律で同じ問題が出題されるため。 明らかに自分の志望校には必要ない問題まで出題されていることがあります。 入試が近くなったら、定期テストの範囲だったとしても自分の志望校に不要な知識を覚える必要はありません。 筆者も東大志望だったため、早慶で出題されるようなものすごく細かい知識などは捨てていました。 高校の成績が関係ない大学を受験する人は、割り切って自分の志望校の勉強をするのもありです! 「」 この記事で学校の定期テストについて解説しています。 【大学受験】センターの世界史独学勉強法 基本的には定期テストと同じ センター試験であっても基本的には学校の定期テストと同じ勉強法で対策できます。 まず概観、次に知識、最後にアウトプット。 この流れです。 定期テスト対策の時に紹介した「実況中継」、これを使ってひと通りのストーリーを頭にいれていきます。 そのあとはセンターの過去問を解きつつ、解らなかった問題は教科書や実況中継に戻ってその都度知識をいれていきましょう。 その際、まとめノートではなく直接参考書や教科書に書き込むようにしてください。 いつ頃までに通史を終わらせる? では、いつまでに通史を終わらせていつから過去問演習を始めれば良いのでしょうか。 学校の授業で通史が終わるのはだいたい高3の秋くらいだと思いますが、目安としては 独学で高3の夏休み前までには終わらせておきたいところです。 秋以降に始まるセンター対策の際に通史を一通り終わらせておけば余裕を持つことができるかと思います。 センター9割は楽勝 センター世界史のレベルなら9割以上、なんなら満点を取ることは難しくありません。 なぜなら、センターレベルなら暗記で完結してしまうからです。 もちろん実況中継や教科書を何周もして、さらに横軸での関係をしっかり把握しておくことが前提ですが、逆に言えばこれさえやればセンター試験は楽々突破できます。 この記事で触れた内容も含め、「」でセンター世界対策について詳しく解説しています。 独学で世界史を勉強する場合の必携参考書一覧 東大生筆者オススメの世界史の参考書5つを紹介します。 これだけ揃えれば世界史は独学で勉強できます。 詳説世界史B 改訂版• 世界史B講義の実況中継シリーズ• 世界史Bの点数が面白いほどとれる本• 東進 世界史B一問一答• 歴史のストーリーを理解しながら暗記を進めていく世界史にとって教科書はなくてはならないものです。 学校で別の教科書を使っている場合はそちらでも構いませんが、教科書をしっかりと熟読しましょう。 解説をしっかり読み込むことができればストーリーもすんなり入ってくるはずです。 対象となる層は全ての人で、前提知識0の状態から始めることができます。 さらには学校の定期テストレベルから東大・一橋などの超難関校レベルまでを網羅しているため、シリーズで買い揃えれば合格間違いなしです。 多くの人がためになった参考書と評価していますし、筆者もこれは買ってよかったと思っています。 どちらか使いやすい方を選べば良いのではないでしょうか。 センター前に詰め込むならこの1冊で間違いないと思います。 世界史の基礎がしっかりできていればセンター9割前後は堅いです。 通史を終えた後に単語やその他の知識を詰め込んでいくには必須の参考書です。 難関国公立だけでなく、難関私大にも対応しています。 東進やその他の一問一答と比べても大差なく、自分にあったものを使うようにしてください。 ただ、あまり色がなく、分量が多いため、途中で飽きてしまう可能性もあります。 早稲田・慶應などの超細かい知識が必要とされる大学を目指す方にオススメです。 傾向としては• 古代から現代まで幅広い• 地域も特に絞られておらず、全地域から• 教科書の内容で完結 という感じです。 東大の世界史は縦軸・横軸共に理解しているかを問う問題が出題されるため、生半可な知識では到底太刀打ちできません。 過去問研究を繰り返し、徐々に慣れていくしかないのです。 しかし、東大世界史は教科書の範囲からしか出題されません。 逆に言ってしまえば 教科書を隅から隅までマスターしてしまえば東大世界史は攻略できてしまうのです。 高校の教科書におさまらず一部大学レベルの知識を要求してくる一橋大学の世界史とは違って、東大の世界史は教科書をしっかり理解できれば解けてしまいます。 「」で東大世界史の 勉強法についてさらに詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

次の

世界史勉強法|世界史が得意になる勉強法を徹底解析!

世界 史 の 勉強 の 仕方

こんにちは、まこさんです。 かれこれ世界史の勉強+指導歴は7年近くにもなりました• 浪人時代の1年間• 大学学部生の4年間• どうしてごちゃごちゃになるのか... と考えた時、「誰が何やった?」「あの戦争はどこで起きた?」「あの条約はどこの国と結ばれた?」のように.. そもそもひとつの用語をきちんと覚えきれてないところに原因がありました 時代と地域も代わる代わる書かれてたら、さらに頭の中はカオスになる一方ですねw 以下のように「5色分け」をします 人 persons :集団、民族、皇帝、組織 もの items :作品、建築、貨幣 こと events :戦争、遠征 考え ideas :思想、条約、制度、政策 場所 place :国、都、 具体的には• アメンホテプ4世(人)= 赤• パルテノン神殿(建築)= 青• フレンチ=インディアン戦争(戦争)= 紫• ウンキャルスケレッシ条約(条約)= 黄色• ゴール朝(国)= 緑 な感じ! で、世界史の用語解説の部分を... パルテノン神殿は ペルシア戦争で破壊されたので、将軍の ペリクレスが、 フェイディアスに修繕工事を命令した のように色分けでマークできるようになります *当時作ってた『通史』のノートには蛍光ペンで5色に分けてました カラーは適当に決めましたが、それぞれ似たり寄ったりならないものがいいですね この「5色分け」のメリットは• 流れを掴みやすくなる• 視覚イメージで覚えやすくなる• 帝国主義(植民地時代)から現代史• 世界大戦とグローバリズム 1〜4巻まであり世界史参考書で最もボリューミー。 受験範囲をもろともカバーしてるので、早慶・東大を目指すなら必須の本ですね 『ナビゲーター』のやり方(復習方法)は.. 1週目:暗記しようとせず、授業を聞くつもりで丁寧に読む• 2週目:よくわからない箇所を重点的に!資料集・用語集をフル活用する+別冊の復習ノートを内容を確認しながら埋める!• 3週目以降:因果関係をパーフェクトに!無限に繰り返し用語の暗記へ!• 『教科書』をもとに、大学の入試問題が作成される!• 『教科書』の記述が、論述問題の回答として最適! 上記、2つの理由があるからですね。 受験の世界史でハイパー通用する!というわけです 教科書と全く内容は同じですが 【重要用語】が空欄で自分で教科書を作ります 『ナビゲーター』と『山川の世界史』を読みながら、空欄を 赤ペンで埋めること!そして、 赤シートを使って何度も何度も教科書の記述をインプットしましょう 具体的なやり方は• 1つの単元のインプット(教科書・授業・ナビゲーター)をする• 読んだインプットの教材をみつつ、書き込んでみる• 何もない状態で、自力で書き込んでみる• なにも見ずに1年分を自力で解く!• あやふやな箇所を参考書で確認、脇に正解をメモ!• 全体を通して答え合わせと解説の読み込み!• 間違えた問題の時代・地域を『ナビゲーター』『山川の教科書』で再確認!• 翌日、もう一度同じ年度を解き、パーフェクトを目指す! 苦手(頻繁に間違えてしまう)な範囲をあぶりだします。 つまり、復習すべき箇所を見つけ出すのが過去問の最大目的です! 同じように、大学別の過去問も挑戦しては復習をします。 そこで大学すべ〜〜〜ての過去問が集結してるのがこれ!!!! 『2018年度 全国大学入試問題正解 世界史』 全ての大学の『世界史入試問題』が集結する 電話帳 この電話帳のやり方と復習方法は• 志望大学の問題を自力で全て解いてみる• 志望学部系の問題を自力で全て解いてみる• 自力で解いた後、わからなかった箇所を調べて、もう一度回答する• 間違えをあぶりだし『用語集』『参考書』で確認と熟読! です。 各大学の問題をみると、世界史の問題にはブームがあることに気づきます 例えば昨年度の2017年はドイツの宗教改革500周年!あのルター! 「君、歴史を勉強しておいて、現代のことわかってないって言わないだろうなあ?あん?」って大学のメッセージが込められてる『宗教改革』に関する問題は多かったんじゃないかと! 流行を当て、予想問題を作れるようになれば神!復習のさらに上の次元の極みですね スポンサーリンク 王道の復習こそ近道の復習 世界史はひろ〜〜い地域・時代が試験範囲。 事実、覚えなきゃいけない事柄はものすごく多いです 暗記は世界史じゃねええ!と綺麗事は言えず、暗記がまず何より大事です。 今回紹介した「ノート・参考書・過去問」での復習方法は、実際に僕がやってきたこと全てです• 自力で内容を理解する・覚える• 覚えたところを自力で付属のノートでの穴埋め等で確認する• 覚えてない・忘れてしまったところはもう一度戻ってよ〜〜く読む• 再び覚えたら、もう一度付属のノートでの穴埋めで再確認する というくっっっそ遠回りに見える方法で、くっっっそつまらない方法が、一番近道だったことに気づきました そのためにも時間(1日1〜2時間ほど)毎日確保して、覚えては忘れる覚えては忘れるを繰り返す必要がありますね。 根気強く粘り続けましょう 「ノート・参考書・過去問」をただやるだけで終わらず、本記事での「復習方法」をぜひ参考にしてみてください。 オリジナルで改良してみても全然OKです さらに具体的な世界史の勉強方法(インプット・アウトプット)については下記をどぞ!.

次の