スライダー ゲーム アプリ。 水着美少女とウォータースライダー。「スライダー★ガールズ」が配信中

爽快なアトラクションを楽しもう!ウォータースライダーで熾烈なバトルを繰り広げるレースゲームアプリ「アクアパーク.io」|@DIME アットダイム

スライダー ゲーム アプリ

スライダーを動かすと数字が変化するアプリを作ってみましょう。 スライダーの部品設置 Step. 今回は sliderDemo というアプリ名にしました。 Step. 2 スライダーの確認 新規プロジェクトの作成準備ができましたら、早速スライダーを作成していきましょう。 スライダーは XCodeの中に雛形がありますので、 画面左のファイル群から Main. storyboard を選択し、次に画面右上の Library ボタンを押して、 検索欄に slider と入力しましょう。 Step. 3 スライダーキットの設置 先ほど Library から探してきた スライダー部品を左クリックしたままストーリーボードに ドラッグ&ドロップ。 Step. 4 スライダー設置の確認 スライダーの設置が完了すれば、ストーリーボード上にスライダーが表示されます。 Step. 5 テキストの準備 スライダーの値を表示する テキスト欄 を準備しておきましょう。 先ほど スライダー部品 を Library から探した要領で Label を検索し、ストーリーボードに貼付け。 Step. 6 レイアウト 部品の設置が一旦完了しましたので、ここでレイアウトを整えておきましょう。 これである程度部品のレイアウトが整うでしょう。 これで部品の準備は完了。 次はスライダーの振る舞いなどをプログラミングしていきましょう。 スライダー部品の接続 Step. 7 ViewController. swiftを開く 画面右上の Show Assistant Editor ボタンをクリックして、ViewController. swiftファイルを開きましょう。 Step. 8 部品の接続 次はストーリーボード上の部品をコントローラーに接続していきます。 部品の接続は、部品を 右クリックしたまま 、 ViewController. swift 内のコードに ドラッグ&ドロップ。 今回部品の振る舞いが必要となる ラベル と スライダー を接続します。 Step. 9 ラベルの接続設定 ラベル接続の際は、上記のように Name欄に任意の値を入力。 Nameは、プロパティに値しますね。 Step. 10 スライダーの接続 スライダーもラベル同様に ViewController. swift 内に 右クリックしたまま ドラッグ&ドロップ で接続します。 この時設定画面では、 Name以外に、接続方法を変更する必要が。 Connection: Action Name: 任意の名前(今回は sliderValue) Type: UISlider Event: Value Changed Arguments: Sender 今回は一般的なスライダーの設定を選択していますが、 Event項目では 値の変更以外に、• Touch Down• Touch Drag Enter• Touch Drag Exit• Touch up Inseide• Editing Changed など 15種類の振る舞いが用意されています。 また Arguments(引数)は Sender 以外に Sneder and Event など機能的なものが用意。 参考までにスライダー一つでもいろいろな振る舞いができることを知っておきましょう。 一旦部品の接続が完了したら、以下のようなコードになりました。 スライダーのプログラミング Step. 11 スライダーの値をラベルに渡す スライダーでポインターを動かした時の値は、 value 、ただこれではスライダーの value と分かりませんので、スライダー接続の際にセットした sender( Arguments 引数 )を使って表現。 つまり sender. value これがスライダーのポインターの値を意味します。 次にこの値を表示するために ラベル を活用します。 ラベルの変数は、ラベルの名前と text という引数を用いて表現できますね。 label. text これでスライダーのポインター値を表現できそうです。 スライダーのポインター値 を ラベルに代入 sender. text コードで書くと以下のように。 label. value しかし、エラーが。 なんとスライダーのポインター値(value)は、データ型が float型。 これに対して text は文字列。 label. value の右辺を文字列型に変更してあげればよさそうですね。 label. value はい、これでスライダーのポインター値が表示されると思いますので、シミュレーターを起動してみましょう。 ちょっと小数点では数字が見難いですね。 また 0. 7578125 という数字ではなく普通の整数値の方が一般的。 このあたりのスライダーの数値を制御してみたいと思います。 スライダーの値を変更して整数にする Step. 12 スライダーの最小値・最大値 スライダーの最小値と最大値は、XCode右サイドバー内の Show view attributes inspector ボタンをクリックすると設定できます。 コードを記述しても制御できますが、こちらの方が簡単。 画面を確認してみますが、小数点がちょっとジャマですね。 次は、数値を整数型にして見やすくしてみましょう。 Step. 13 スライダー値を整数に スライダーのポインター値を意味する value は、 float型でしたよね。 これを整数型に変更してみましょう。 value label. value を sliderValue という変数に格納。 このとき sender. value に Int をつけて型変換します。 そして sender. value の値を受け継いだ、 sliderValue を label. text に割り当てます。 これで float型だった value が整数型として label. text に受け渡されます。 サンプルコード ここまでご紹介したコード(XCodeファイル)です。 スライダーの応用 直感的に値を変更できるスライダー機能、どんなところで活用できそうでしょうか?私はファイナンシャルでの活用を思いつきました。 例えば、ドルを円に変える操作。 空港などではレートを前に、「ん〜だいたい換金したらこれぐらいかな」と考えるもの。 またインドなどでは、電卓も使わずに一瞬で円がルピーに変わり、「ちょっと、騙されてない??」と思うヒマもなく時が過ぎていくもの。 これ、スライダーで解決!?できそうです。 (上記画像) スライダーの値で計算 これまで紹介したスライダー・プログラムでは、スライダーのポインター値を Label に渡して表示していました。 この表示前に一旦計算式にスライダーのポインター値を代入すれば、スライドと同時に計算できそうです。 IBOutlet weak var numberLabel: UILabel! value label. スライダーのポインター値 sliderValue に 110 をかけて、 invest という定数に代入。 そして invest を numberLabel で表示。 もう少し Swift を勉強して、今のレートを取得できる API を使うとより実践的なアプリになりそうですね。 レイアウトが崩れた場合 一旦スライダー機能ができた後にレート機能を追加し、シミュレーションした際にレイアウトがおかしいことに。 こういった時は、一回オートレイアウトを解除してみましょう。 CodeCamp提供のアプリマスターコース 当メディアを運営しているCodeCampではアプリマスターコースを現役エンジニアのマンツーマンレッスンという形で提供しています。 このコースの特徴は• 開発スキルを磨いて、自分がつくりたいアプリを開発• 実際にアプリを作るのでポートフォリオとしても使用できる 無料レッスン受講後の申し込みで 10,000円クーポンをプレゼントしています!ぜひお試しください。 普段スライダーを使う分には便利でいいのですが、開発側に回るといろいろ大変だということが分かりますね。 しかし、スライダーが使えると、画像加工やゲームなど色んな場面で活用できそう。 「スライダー以前にラベルが分からない」「引数やプロパティといった専門用語は嫌い」という方、今後の充実したアプリ開発のために一度 Swiftおよび XCodeの基礎を学んでみませんか? 時間的に、体力的に、、、と言い訳を考える前に、 場所と時間を選ばないオンラインのプログラミング・スクール いかがでしょう? 無料相談や無料体験も行っていますので、気軽に検討できると思いますよ。 未経験でも、現役エンジニアの手厚い指導が受けられるCodeCampのレッスン【無料体験】とは?.

次の

清涼感!おすすめの水ゲームアプリ8選

スライダー ゲーム アプリ

もっとリズムを感じて、もっと刺激を受けて、もっとチャレンジングなステージがあなたを待っている! 世界の11億のプレイヤーと一緒にピアノタイル2三周年アニバーサルを楽しもう! ゲーム特徴: 1.シンプルで、誰でも上手になれる! 2.リズムに合わせて、スピードの限界に挑戦しよう! 3.競技場、スリルとチャレンジ! 4.オリジナル、クラシック、楽器演奏、様々なスタイルが楽しめる! 5.友達と競い合うランキングシステム! 6.臨場感のある音楽演奏! 7.Facebookでデータ共有、デバイスを越えた体験! 8.チャレンジして、ボーナスをゲット! ゲームルール:ホワイトタイルに触れない!ブラックタイルをタップ! サポート:ゲーム中に問題が発生した場合、gpfeedbackpt2 gmail. comまでご連絡お願い申し上げます。 または、設定>ヘルプよりご連絡承ります。 ビジネスパートナー:cheetahgames cmcm. cmcm. cmcm. cmcm. イベントとかいいから、もとのゲームの方をもうちょっと改善して欲しい。 広告が多いっていうのは、特に感じない。 ただ、最クラシックの作曲家のアルバムがあったホームに課金のポップ曲アルバムを置いているから、ホームがあまりいらないように感じる。 あと、欲を言えば演奏音が電子音だから、 誰かの演奏から作ったやつとかをやってくれたらすごく嬉しい。 とても楽しくプレイさせて頂いていたのだが、端末を変更した時にものすごく残念に思った事がいくつかある。 端末を変える際にFacebookを使って引き継ぎ出来るとの事だったので、アプリ内からサイトに飛ぼうとした。 しかし、「Facebookログインの実装に問題がある」と表示され、ログイン画面を開く事すら出来なかった。 2つの端末、iOS12と13でやったのにも関わらず同じ画面が出たので、恐らくピアノタイル側の問題。 2, アカウントを変えると以前課金したものを呼び戻す事が出来ない。 ピアノタイル側のアカウントが違うから当たり前と言えば当たり前なのだが、課金した楽曲などは買ったアカウントでログイン出来なくなると虚空に消える。 Appleを通して買ってるのだから購入履歴を復元できるかと思ったが、そうもいかなかった。 つまり1,2を合わせると、「いくら課金しても端末が壊れたり、新しいものにしたりすると課金が無駄になる」。 なんともアコギな商売だ。 3,報告フォームから報告が出来ない。 1の件に関してアプリ内から報告しようとしたが、フォームの項目3つにちゃんと記入しているのにも関わらず「記入漏れがある」と指摘してくる。 これでは何も要求出来ない。 その上突然英語になる。 自分は英語が達者な訳ではないので、英文で報告するのが面倒になる。 3の理由からレビュー欄にて長々と「日本語」で報告させて頂いた。 運営には是非ともGoogle翻訳を使って読んで頂きたい所存。 引き継ぎしようとしたらエラーで出来なくなっていて、調べても結局諦めたという人がいました。 もう一度してみると入力すら出来ず… 【エラー】 「アプリが設定されていません:このアプリは開発モードになっているため、アクセスできません。 登録済みのテストユーザーに切り替えるか、アプリの管理者にアクセスをリクエストしてください。」 こう表示されていました。 結構頑張ってたので最初からとなるとキツいです。 そして、調べた時に「ログインできない」と困ってる方がたくさんいたので、英語で書いた方が対応してくれるのかもしれませんが日本語でも対応してくれることを願います! また、広告も増えてるのでもう少し少なくしてもらえれば助かります。 直ったらインストールするので、早めの対応よろしくお願いします。 長文になってしまい申し訳ありません。

次の

水滑り!無料のウォータースライダーゲーム4選

スライダー ゲーム アプリ

スライダーを動かすと数字が変化するアプリを作ってみましょう。 スライダーの部品設置 Step. 今回は sliderDemo というアプリ名にしました。 Step. 2 スライダーの確認 新規プロジェクトの作成準備ができましたら、早速スライダーを作成していきましょう。 スライダーは XCodeの中に雛形がありますので、 画面左のファイル群から Main. storyboard を選択し、次に画面右上の Library ボタンを押して、 検索欄に slider と入力しましょう。 Step. 3 スライダーキットの設置 先ほど Library から探してきた スライダー部品を左クリックしたままストーリーボードに ドラッグ&ドロップ。 Step. 4 スライダー設置の確認 スライダーの設置が完了すれば、ストーリーボード上にスライダーが表示されます。 Step. 5 テキストの準備 スライダーの値を表示する テキスト欄 を準備しておきましょう。 先ほど スライダー部品 を Library から探した要領で Label を検索し、ストーリーボードに貼付け。 Step. 6 レイアウト 部品の設置が一旦完了しましたので、ここでレイアウトを整えておきましょう。 これである程度部品のレイアウトが整うでしょう。 これで部品の準備は完了。 次はスライダーの振る舞いなどをプログラミングしていきましょう。 スライダー部品の接続 Step. 7 ViewController. swiftを開く 画面右上の Show Assistant Editor ボタンをクリックして、ViewController. swiftファイルを開きましょう。 Step. 8 部品の接続 次はストーリーボード上の部品をコントローラーに接続していきます。 部品の接続は、部品を 右クリックしたまま 、 ViewController. swift 内のコードに ドラッグ&ドロップ。 今回部品の振る舞いが必要となる ラベル と スライダー を接続します。 Step. 9 ラベルの接続設定 ラベル接続の際は、上記のように Name欄に任意の値を入力。 Nameは、プロパティに値しますね。 Step. 10 スライダーの接続 スライダーもラベル同様に ViewController. swift 内に 右クリックしたまま ドラッグ&ドロップ で接続します。 この時設定画面では、 Name以外に、接続方法を変更する必要が。 Connection: Action Name: 任意の名前(今回は sliderValue) Type: UISlider Event: Value Changed Arguments: Sender 今回は一般的なスライダーの設定を選択していますが、 Event項目では 値の変更以外に、• Touch Down• Touch Drag Enter• Touch Drag Exit• Touch up Inseide• Editing Changed など 15種類の振る舞いが用意されています。 また Arguments(引数)は Sender 以外に Sneder and Event など機能的なものが用意。 参考までにスライダー一つでもいろいろな振る舞いができることを知っておきましょう。 一旦部品の接続が完了したら、以下のようなコードになりました。 スライダーのプログラミング Step. 11 スライダーの値をラベルに渡す スライダーでポインターを動かした時の値は、 value 、ただこれではスライダーの value と分かりませんので、スライダー接続の際にセットした sender( Arguments 引数 )を使って表現。 つまり sender. value これがスライダーのポインターの値を意味します。 次にこの値を表示するために ラベル を活用します。 ラベルの変数は、ラベルの名前と text という引数を用いて表現できますね。 label. text これでスライダーのポインター値を表現できそうです。 スライダーのポインター値 を ラベルに代入 sender. text コードで書くと以下のように。 label. value しかし、エラーが。 なんとスライダーのポインター値(value)は、データ型が float型。 これに対して text は文字列。 label. value の右辺を文字列型に変更してあげればよさそうですね。 label. value はい、これでスライダーのポインター値が表示されると思いますので、シミュレーターを起動してみましょう。 ちょっと小数点では数字が見難いですね。 また 0. 7578125 という数字ではなく普通の整数値の方が一般的。 このあたりのスライダーの数値を制御してみたいと思います。 スライダーの値を変更して整数にする Step. 12 スライダーの最小値・最大値 スライダーの最小値と最大値は、XCode右サイドバー内の Show view attributes inspector ボタンをクリックすると設定できます。 コードを記述しても制御できますが、こちらの方が簡単。 画面を確認してみますが、小数点がちょっとジャマですね。 次は、数値を整数型にして見やすくしてみましょう。 Step. 13 スライダー値を整数に スライダーのポインター値を意味する value は、 float型でしたよね。 これを整数型に変更してみましょう。 value label. value を sliderValue という変数に格納。 このとき sender. value に Int をつけて型変換します。 そして sender. value の値を受け継いだ、 sliderValue を label. text に割り当てます。 これで float型だった value が整数型として label. text に受け渡されます。 サンプルコード ここまでご紹介したコード(XCodeファイル)です。 スライダーの応用 直感的に値を変更できるスライダー機能、どんなところで活用できそうでしょうか?私はファイナンシャルでの活用を思いつきました。 例えば、ドルを円に変える操作。 空港などではレートを前に、「ん〜だいたい換金したらこれぐらいかな」と考えるもの。 またインドなどでは、電卓も使わずに一瞬で円がルピーに変わり、「ちょっと、騙されてない??」と思うヒマもなく時が過ぎていくもの。 これ、スライダーで解決!?できそうです。 (上記画像) スライダーの値で計算 これまで紹介したスライダー・プログラムでは、スライダーのポインター値を Label に渡して表示していました。 この表示前に一旦計算式にスライダーのポインター値を代入すれば、スライドと同時に計算できそうです。 IBOutlet weak var numberLabel: UILabel! value label. スライダーのポインター値 sliderValue に 110 をかけて、 invest という定数に代入。 そして invest を numberLabel で表示。 もう少し Swift を勉強して、今のレートを取得できる API を使うとより実践的なアプリになりそうですね。 レイアウトが崩れた場合 一旦スライダー機能ができた後にレート機能を追加し、シミュレーションした際にレイアウトがおかしいことに。 こういった時は、一回オートレイアウトを解除してみましょう。 CodeCamp提供のアプリマスターコース 当メディアを運営しているCodeCampではアプリマスターコースを現役エンジニアのマンツーマンレッスンという形で提供しています。 このコースの特徴は• 開発スキルを磨いて、自分がつくりたいアプリを開発• 実際にアプリを作るのでポートフォリオとしても使用できる 無料レッスン受講後の申し込みで 10,000円クーポンをプレゼントしています!ぜひお試しください。 普段スライダーを使う分には便利でいいのですが、開発側に回るといろいろ大変だということが分かりますね。 しかし、スライダーが使えると、画像加工やゲームなど色んな場面で活用できそう。 「スライダー以前にラベルが分からない」「引数やプロパティといった専門用語は嫌い」という方、今後の充実したアプリ開発のために一度 Swiftおよび XCodeの基礎を学んでみませんか? 時間的に、体力的に、、、と言い訳を考える前に、 場所と時間を選ばないオンラインのプログラミング・スクール いかがでしょう? 無料相談や無料体験も行っていますので、気軽に検討できると思いますよ。 未経験でも、現役エンジニアの手厚い指導が受けられるCodeCampのレッスン【無料体験】とは?.

次の