コロナ 旅行 会社。 【コロナに勝つ!ニッポンの会社】Withコロナの旅行・観光は「近」「短」 星野リゾート「マイクロツーリズム」宣言: J

これからの旅行はどうなる?アフターコロナの新しい観光スタイル

コロナ 旅行 会社

こんにちは。 コロナウイルスが猛威を振るっていますね。 欧米では医療崩壊も叫ばれ、日本も着々と感染者が増えているというのが現状です。 政府が緊急事態宣言を発令しましたが、変わらず会社に出勤という人も多いのではないでしょうか。 休みたくても休めないという状況、このままでいいとは思えません…。 さて、そんなコロナウイルスですが、日本経済、そして世界経済にも大きな影響を与えています。 それは、観光業界も例外ではありません。 むしろ、その影響をダイレクトに受けてしまっているのが観光業界です。 観光業界とは、人の観光、移動に関わる業界で、旅行会社、航空会社、鉄道会社、宿泊施設、お土産屋などのことを指します。 これらの会社は、もれなく大きな影響を受けているのですが、その大きさは、それぞれの業界、会社の大きさなどによって異なります。 最近では、日系大手航空会社が銀行に多額の融資を受けたことや、外資の航空会社の大型解雇が話題になりました。 そのように大きな影響を受けている観光業界の中でも、 今回は、旅行会社がコロナウイルスによって受ける影響を解説していきます。 旅行会社は、就職先としても人気がある会社です。 就活中の学生は、今後の旅行会社の状況は気になるところだと思います。 後半には、今旅行会社へ就職を目指すのはどうなのかといったところまで、お伝えしていきます。 ぜひ、最後まで読んでいってください。 まず初めにコロナウイルスによる、旅行会社への現在までの状況についてお伝えします。 言わずもがなですが、コロナウイルスが流行り始めたころから、予約していた旅行はキャンセルが相次ぎ、感染の拡大につれて怒涛のキャンセルラッシュです。 現在では、旅行会社が海外ツアーを中止するという対応をしています。 そうなるとどうなるのかは皆さんの想像通りで、売上はなくなります。 この記事を執筆している4月9日現在では、日本でも緊急事態宣言が発令され、旅行どころの話ではなくなっています。 旅行会社は、販売する主な商品である『旅行』を売ることができなくなっているのです。 この現象は、会社の大きさ問わず旅行会社に影響を与えています。 エイチアイエスでは、2020年の10月期の売上高の見通しを1250億円下方修正しました。 これは1980年の創業以来初の赤字とのことです。 また、中小の旅行会社、約50社が去年比74%の売上減とのこと。 既に倒産している旅行会社もあり、コロナウイルスが凄まじい影響を与えていることが分かります。 旅行会社の特徴 さて、ここで、旅行会社の特徴という視点からコロナの影響を見ていきます。 旅行会社の特徴として、在庫を持たないという点があります。 旅行会社は、航空会社やJR、ホテルなど、いわゆる他社の提供するサービスを素材として仕入れ、それを代理販売するという事業構造です。 つまり、 在庫を持たないということは固定費が少ないということになります。 これがどういうことかを、航空会社と比較してみます。 航空会社は、航空機という巨大なモノを保有しています。 まず、この航空機の維持費に大きなお金が必要になります。 次に燃料費です。 コロナの影響で乗客が数名になっても飛ぶ便はあり、得られる売上は少ないのに、燃料、機体整備などの費用は馬鹿にならないのです。 このような固定費、燃料費が航空会社には大きな負担となっているのです。 そして、旅行会社には、このコストが航空会社と比べてかからないのです。 極端に言えば、旅行会社は人と電話さえあれば始められるビジネスなので、このような感染症が広まった状況においても、 他の会社ほど負担するお金が少ないのです。 負担するのは、人件費、賃料、その他もろもろの料金くらいですね。 だからと言って、これがメリットになるわけではないのですが、航空会社などと比較してこういう特徴があるという点は頭に入れておいた方がいいでしょう。 今後の見通し では、今後旅行会社はどうなるのでしょうか。 体力勝負です。 それぞれの旅行会社は、コロナ終息後の旅行需要の大幅な増加を期待して今は耐えています。 しかし、それも時間の問題。 企業が持つお金が尽きたらそれまでなのです。 大手の旅行会社は、倒産の危機に陥っても国が助けるという可能性はありますが、中小の旅行会社にはおそらくそれがありません。 そして、今現在コロナの終息の見通しは立っていません。 日々増していく感染者の報道を見ればわかると思いますが、終息する気配がないです。 コロナ終息のめどが立たない限り、どの会社も倒産まっしぐらです。 旅行事業以外の柱事業を持っていれば、そちらの利益で持ちこたえることもできますが、ほとんどの旅行会社では、そのような会社はほとんどありません。 エイチアイエスは、旅行事業の他に、ホテル事業やハウステンボスの経営も行っていますが、それらもすべて、旅行需要に影響を受ける事業なので、もろとも売上減で、ピンチです。 今後の旅行会社には、旅行以外の柱となる事業を持つことが求められているのかなと思いました。 リストラはあるのか 結論から言うと、リストラはあります。 既にリストラが行われている会社はあります。 入社前に内定が取り消されたというニュースもありました。 人以外の資産を持たない旅行会社がリストラを行うのは、最後の手段でしょう。 しかし、 逆に言えば、旅行会社などの、人以外の資産を持たない会社は、経営が危機に陥れば、人しかコストを削減する材料がないという言い方もできます。 どの企業もコロナ終息まで耐えるために、さまざまな取り組みをしていきますが、それも限界が来るときは来ます。 どんなに人を大切にしている会社でも、限界が来たらリストラをせざるを得ません。 そして、今の状況が続けば必然とそうなります。 というか、倒産すればどちらにしても失業なので、同じですね。 今、旅行業界に勤めている方、リストラ、失業は他人事ではありません。 覚悟するか、自分のスキルを身につけることに注力しましょう。 今、旅行業界への就職は考えてはいけない? 今、この状況下で、旅行会社へ就職するのはどうなのか。 結論から言うと、今、旅行会社へは就職すべきではないです。 どの旅行会社も、もっと言えば観光業界のどの会社も、一年後に存続しているかわかりません。 それは、大手であってでもです。 一年後になくなっているかもしれない会社に就職したいですか。 嫌ですよね。 なので、コロナが落ち着くまでは、旅行会社への就職はやめておくべきです。 どうしても旅行会社で働きたいという方は、まずは他の業界に就職して、コロナ終息後にまだ力のある旅行会社に転職すべきだと思います。 ちなみに、つい先日、とある企業が21卒就職人気企業ランキングを発表しましたが、上位5位以内に旅行会社、航空会社が3社もランクインしていました。 そのアンケートが少し前に行われたものとはいえ、驚きました。 さすがに今同じアンケートをしたら違う結果になるとは思いますが、どうでしょうか。 まとめ 今回は、旅行会社が、コロナウイルスによって受ける影響についてお伝えしてきました。 コロナが旅行会社に与える影響は甚大です。 どの会社も一年後まで生き残るかは誰も分かりません。 そんな状況下で旅行会社ができることは、耐えること、そしてコロナ終息後の旅行需要の大幅な増加までにできる準備を行うことです。 そして、 コロナが終息し、落ち着くまで旅行会社への就職はやめておくのが賢明です。 リストラもあるかもしれません。 一刻も早くコロナが終息するように、一人一人ができることをすることが大切だと思います。 やれることをやって、この危機を乗り越えていきましょう。 最後まで読んでくださってありがとうございました。 ではまた。

次の

アフターコロナの旅行業界がどうなるかを予想してみる|Takaya Shinozuka|note

コロナ 旅行 会社

[画像のクリックで拡大表示] 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)によって、すぐさま大きな打撃を受けたのが旅行業界だ。 年間10億の旅行者を生む巨大産業も、一つ所にじっと留まることを余儀なくされるウイルス禍に対しては無力だ。 状況は刻々と変化するため、旅行業界の損失を正確に把握するのは難しい。 世界の大手旅行会社が所属する業界団体、世界旅行ツーリズム協議会は、パンデミックが何カ月も続けば全世界で7500万人の雇用と2. 1兆ドル(約228兆円)の収益が失われると予想する。 損失は日々続いており、4月2日にはブリティッシュ・エアウェイズが3万6000人を一時休職にする予定だと報告された。 世界旅行ツーリズム協議会のCEO、グロリア・ゲバラ氏は、雇用喪失が身近に迫っていることによって「世界中で何百万という家族が現実的で深刻な不安にさらされている」と話し、各国政府に旅行会社への支援を要請している。 米国は最も打撃を受けている国の1つだ。 米国旅行協会は5月までに460万人の雇用喪失を見込んでいるが、この数字はさらに大きくなっていくだろう。 1週間の失業給付申請件数はなんと660万件に上り、前週比で2倍だった。 ここ半世紀の中で突出した増加である。 雇用減少の主な理由は観光旅行の落ち込みで、例えばネバダ州ではラスベガスのカジノや巨大ホテルが打撃を受けている。 [画像のクリックで拡大表示] 3月29日、米国内でのウイルス感染拡大を止めるべく、トランプ大統領は旅行、通勤、10人以上での集会を制限する行動指針を少なくとも1カ月、場合によっては6月まで延長すると発表した。 夏休みの計画にもストップがかかるかもしれない。 「最悪のタイミングです」と、米商務省旅行観光局部長のイザベル・ヒル氏は話す。 「春夏は、旅行業界が収益の大部分を稼ぎ出す季節です」 「9・11のときよりも6倍から7倍、旅行業界への打撃は大きなものです」と、米旅行協会会長のロジャー・ダウ氏は話す。 同協会は海外からの米国旅行と国内旅行の促進を図り、米国で2. 6兆ドルの生産額を上げ1580万の雇用を抱える旅行産業を代表する。 米国議会は直ちに2兆ドル(約220兆円)の経済対策法案を可決した。 失業者や、規模を問わずあらゆる事業者を支援するためのものだ。 こうした支援策は、旅行業界にとってどんな意味を持つのか? 備えなく、憂いあり 観光業界の大部分は、何の障害もない明るい未来が続くものとして財務戦略を描いてきた。 開かれた国境と、高い観光需要。 市場の浮き沈みにも左右されない巨大産業だ。 国際航空運送協会によれば、新型コロナウイルスが世界を席巻する前、デルタ航空やユナイテッド航空を含む国際航空会社は平均して2カ月未満分のキャッシュフローしか有していなかった。 対して、アップル社には6年分をカバーできるキャッシュフローがある。

次の

これからの旅行はどうなる?アフターコロナの新しい観光スタイル

コロナ 旅行 会社

観光庁が主要旅行業者48社の旅行取扱状況(速報)によると、2020年3月の総取扱額は、新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛や旅行中止の影響を受け、前年同月比71. 内訳は、国内旅行が同63. 7%減の916億2967万円、海外旅行が同84. 7%減の225億8921万円、外国人旅行が同71. 4%減の58億1673万円と、いずれも大幅なマイナスとなった。 3月の減少率は2月の18. 緊急事態宣言が全国に拡大した4月は、さらに取扱額の悪化が見込まれる。 旅行商品ブランド(パッケージツアー:募集型企画旅行)については、国内旅行の取扱額が同75%減の234億129万円、取扱人数が同76. 7%減の80万7010人。 海外旅行は、取扱額が同78. 1%減の85億917万円、取扱人数が同84. 3%減の3万3016人にとどまった。 外国人旅行は取扱額が同93. 8%減の3259万円、取扱人数は同94. 6%減の2318人と壊滅的な減少となった。 各社別を見ると、48社すべてが大幅な減少。 阪急交通社は海外旅行の取扱額が同98. 日本旅行も海外旅行の取扱額は同98. 報道資料より2020年3月を含めた2019年度の状況を見ると、総取扱額は前年度比8. 内訳は、国内旅行が同8. 旅行商品ブランドでは、国内旅行は取扱額が同9. 報道資料より.

次の