マグマ 大使。 マグマ大使 (テレビドラマ)

macdonald.360heros.com: マグマ大使: 菊池正美, 小杉十郎太, 深見梨加, 伊藤美紀, 松井菜桜子, 高木渉, 金尾哲夫, 大塚明夫, 石田彰, 宮内幸平, 大平透, うえだひでひと: generic

マグマ 大使

漫画:マグマ大使 作者 出版社 掲載誌 発表号 1965年5月号 - 1967年8月号 OVA:マグマ大使 原作 手塚治虫 監督 シリーズ構成 キャラクターデザイン 宇田川一彦 発表期間 1992年 - 1993年 話数 13 - 『 マグマ大使』(マグマたいし)は、の作品、およびこれを原作にしたテレビ番組『』および。 そして、これらの作品の主人公の名である。 マグマ大使とは、の創造主アースが、地球侵略を狙う「の帝王」ゴアとの戦いのために生んだ「ロケット人間」である。 マグマ大使は、アースがマモル少年に与えた特殊な笛によって呼び出される。 マモル少年たち正義の味方と、地球征服を企む宇宙の帝王ゴア、ゴアが差し向ける敵との戦いを描く。 概要 [ ] 少年月刊誌『』に5月号から8月号まで連載。 テレビ版と異なり、はほとんど登場せず、どんな人間にも変身できる人間モドキや一つ目の種族サイクロップスなどの等身大の怪人が多く登場しており、また、宇宙の帝王ゴアもテレビ版以上に積極的な活躍を見せた。 後半はバラエティに富んだ展開ではあったが、作者である手塚の過密スケジュールのため、別の人物による代筆となっている。 この為、代筆部分を自分名義の作品とすることを手塚自身が容認できず、後半のサイクロップス編は単行本化されていない。 登場人物 [ ] マグマ大使 アースによって地球を守るために作られた「ロケット人」。 厳密に言うとロボットではない生きたロケット。 体色は金色で、自在に巨人の姿からロケットに変形する。 武器は頭部の2本のアンテナから出す熱線と怪力。 両腕を高速回転させるとジェット気流を巻き起こし、気圧の変化によって空気の凸レンズを作ることも可能。 胸部からは様々な種類のミサイルを撃ち出す。 モル 女性のロケット人でマグマの妻。 作中では戦闘シーンは少なく、アースの助手をすることが多い。 奥の手に無数の分身を作り出す「無機増殖術」を扱う。 ガム マグマとモルの子供。 マグマがマモルの事が気に入ったのでアースに「こんな子供が欲しい」と頼んで作ってもらった。 マモルをモデルに作られたため、マモルに瓜二つ。 マグマ一家の中で唯一、コックピットが作られており人間が搭乗することができる。 小型サイズで搭乗できるという仕様もあって、マモルはマグマ達を呼ぶにあたって最初にガムを呼ぶことが多い。 村上マモル 村上厚の一人息子。 ゴアからの宣戦布告の証人にされるために、家族共々恐竜時代に連れてこられる。 その際にゴアの写真を撮るが、マグマにその写真を貸してほしいと頼まれ、そのまま成り行き上でアースたちの元へついて来てしまう。 マグマから、吹くとマグマ達を呼べる特殊な笛を貰い、マグマ達の一番の協力者となる。 村上厚 マモルの父。 毎回新聞社会部記者。 ゴアの宣戦布告の証人とされた2000人の新聞記者の一人。 マモルの母 作中では本名は出てない。 人間モドキの替え玉が現れたが、マモル曰く「ママはパパと話すときパパのぶしょうヒゲを撫でるはずだ」とのことで見破られた。 ゴア さまざまな星を乗っ取り、その星の王となって悪事を尽くしてきた征服者。 2億 - 3億もの星を手に入れていて、アースと同じくらい長く生きている。 人間体はあくまで仮の姿、で正体(劇中では「本体」と呼称)は怪獣のような姿なのだが、肉食恐竜型 と、クモとムカデを合わせたような虫型の2パターンがある。 宇宙の悪魔と言われてる反面、子供には甘くなるという一面がある。 終盤では虫型形態でマグマと戦うが撃退され、今度はカオスに直談判することで地球をアースの手から奪い取ろうとする。 ゴアの主張にも一理あるとして、双方が選出した戦士たちを戦わせることで地球の覇権を決定するという方向にこぎつける。 ゴアはブラックガロンをけしかけてマグマと戦わせるが、これも失敗に終わる。 その結果を受け入れることができず憤慨したためカオスによって痛めつけられ、全身傷だらけの姿で地球から逃げていった。 しかし、「この美しい星はいつか必ず手に入れる」と独白しており、その執念は今も尽きていない。 アース 30億年前に地球を作った創造者。 マグマ達ロケット人を作った本人である。 杖を持った白髪白鬚の老人といった仙人のような姿をしている。 カオス 終盤に登場。 百億年前にすべての始まりの「原始原子」を作り出した全宇宙の創造者。 アースやゴアの上をいく存在で、時間も長さも音も色も匂いもない光だけの世界に住む。 単純な善悪に左右されない公正な考え方を持ち、アースとゴアの両者の主張を聞いた際、ゴアの「地球を作ったのは確かにアースだが、カオスが作り出した原始原子はアース一人のものではない」という主張を認め、戦いによって地球の支配権を競うことを提案する。 人間モドキ ゴアによって地球人と入れ替える為に作られた特殊な生物。 作中では、人間モドキの原形はゼリー状の「」というものでできている。 このため、殆どの人間モドキは死ぬと溶けてしまうのが特徴。 弱点としては冬虫夏草などの寄生キノコに弱い。 ブラックガロン編では、犬や猫、ネズミ型の動物モドキも登場した。 ダバ ゴアが連れてきた諜報部員の一人。 半人半馬のの姿の宇宙人。 マグマの破壊とアースの居所の探索の任を受けて砂漠に降り立つ。 竜巻を作り出す手裏剣で砂に磁力をつけて、マグマを砂で固め、更には砂の巨人を作り出し襲わせた。 マグマに鎖で縛られて、雷雲の中で雷を受けて倒された。 ゾロリ ゴアが連れてきた諜報部員の一人。 エリダヌス座デルタ星第三伴星の魚型の宇宙人。 星一番のブ男で、ゴアの能力で星一番の美しい姿に整形してもらうのが望み。 マグマの破壊とアースの居所の探索の任を受けて海に降り立つ。 テレポーテーションと腹からナイフを撃ちだす能力を持つ。 アースの隠れ家を突き止めるが、アースに土くれに変えられる。 コイダマリネ ゴアが連れてきた諜報部員の一人。 植物型の宇宙人で名前通り大根に似ている。 マグマの破壊とアースの居所の探索の任を受けて山に降り立つ。 根を伸ばして遠くのものを探ることができる。 休眠中のマグマを発見するも、マモルに大量の農薬を掛けられて、溶けてしまう。 メドウサ 前世紀に送り込まれたマグマ達に差し向けられたゴアの刺客。 アースに化けて本物と互角に闘い、マグマに見破られた時には青銅の山も締め付けて砕いてしまうヘビの髪でマグマとモルを締め上げるも、マグマの放った催眠超音波を放つミサイルでヘビたちを操られてしまい、逆にヘビに飲まれてしまう。 ザボ ゴアがプレアデス星団から連れてきたクモ人間の召使い。 凄まじい重力を誇るの出身。 このため、地球のどんな物がぶつかってもビクともしないほどで、マグマも苦戦する。 また、6本ある手の先から粘ついた糸を出す。 ブラックガロン 人間モドキ作戦が失敗したゴアが新たに送り込んだ刺客。 『』や『』に登場したものと同じ種類のガロンで、体色が黒いのが特徴。 指先から熱線を出したり、自在に分裂・合体をしたりする。 マグマを一度はスクラップにしてしまうほどの実力者。 ゴアに頭脳である「ピック」を抜き取られていたため暴れ続けていたが、マグマからピックを返されると同時に沈静化、自らマグマとの闘いを休戦する。 単行本 [ ]• 『マグマ大使』全2巻()• 『マグマ大使』全3巻()• 手塚治虫傑作選集『マグマ大使』全2巻(秋田書店)• 秋田文庫『マグマ大使』全2巻(秋田書店)、1巻は大平透、2巻はが解説を担当している。 手塚治虫文庫全集『マグマ大使』全1巻(講談社) テレビ版 [ ] 詳細は「」を参照 OVA版 [ ] 1992年から1993年にかけて全13話で制作され、よりVHS、LDが発売された。 復活させられたゴアとマグマ(アース)との対決を主軸に描いているが、それを取り巻く周辺環境や過程(飛鳥父娘とに関わる要素、国家の謀略など)については大きな脚色が加えられている。 特に本編後半に差し掛かるまで村上厚、マモル父子の周辺を除いて可視状態のマグマは敵とみなされ、人間(国家)からもさまざまな攻撃を受ける(実は日本国家の中枢が秘密裏にゴア側と古くから取引を交わし、という利益を得ていたため)。 監督のをはじめとするスタッフの大半は、1991年から1年間放映されたテレビアニメ版『』の制作終了後に続投する形で手がけている。 10周年の節目となる2002年6月25日には、より『手塚治虫アニメワールド』の一集としてDVD-BOXが発売されている。 スタッフ [ ]• 原作、オリジナルキャラクター:手塚治虫• 企画:清水義裕、鵜之沢伸• プロデューサー:久保田稔、岡崎茂、久保聡• 監督:• 音楽:• シリーズ構成:• キャラクターデザイン、総作画監督:• 美術監督:岡田和夫• 撮影監督:野口肇• 音楽制作:• 録音監督:• 音楽監督:東上別符精• 主題歌• 「愛がある星」• 「マグマ大使主題歌」• 厚と友子夫妻の一人息子。 アースからマグマを呼ぶ笛を授かり、地球侵略をたくらむゴアに狙われている。 テレビ版での年齢は小学生であったが、本作では14歳となっており、自分の置かれた境遇に年相応に苦悩しつつ、アースや厚の正義の力に後押しされて成長して行く。 エンディングでは「マモル」表記だが、本編の自宅の表札では「護」と表記されている。 マグマ 声: アースによって創造されたロケット人間。 ゴアに対抗する金の巨人。 普段は大型の人間型ロボットのような姿だが、ロケット型に変形して飛行できる。 モル 声: アースによって創造された女性型ロケット人間。 人間サイズ。 ガム 声: アースによって創造された少年型ロケット人間。 人間サイズ。 マモルとそっくりの姿をしており、ロケット型に変形した時はマモルを乗せる。 アース 声: 地球をつかさどる神。 白髪白髭の老人の姿をしている。 ゴア 声: 地球を侵略しようとしている悪の権化。 はるかな昔に飛鳥一族により封印されたが、復活する。 しかし、地球創世の戦いで封印された際に飛散した自分の身体の一片が人間を作りだしていた真実をアースによって見せられ、地球を傷付けた人間を滅ぼすために総攻撃を決意する。 村上厚(むらかみ あつし) 声: マモルの父で新聞記者。 友人の飛鳥文明に呼び出されたことから、この「事変」に携わる。 ゴアの円盤にまつわる記事は上層部に黙殺された。 文明から託された祠の写真をめぐり、マモルや関田らをに連れて行き、独断で調査取材活動を図る。 国家がゴア側と結託している事実を突き止める。 村上友子(むらかみ ともこ) 声:深見梨加 マモルの母親で厚の妻。 ゴアに捉えられ、人間モドキのアルテミラに入れ替わられてしまう。 飛鳥文明(あすか ふみあき) 声: 村上厚の友人。 悪の権化であるゴアとそれに対抗する力を持つマグマの両者を封ずる一族の末裔。 ゴアの復活をたくらむ鬼に殺害されるが、霊的存在となって娘の未来を守り導く。 祠の写真が収められたペンダントを厚に託す。 飛鳥未来(あすか みき) 声: 文明の娘。 文明が殺されたため、村上家に匿われる。 霊的存在となった文明に導かれ、マグマを覚醒させるという使命を悟って命を捧げた。 関田淳也 声: 厚の部下でアシスタントをしている。 梅村さやか 声: 若いフリージャーナリスト。 ゴアの手下による侵略で壊滅状態に陥った都心にて調査を進めていた際、マモルと遭遇する。 その後、厚と淳也のいる新聞社にネタを売り込み、行動を共にする。 この騒動はであると信じている。 キャラクターの外見は『』のサファイア()に、口調は『』のとほぼ同化している。 国東 声: 国家情報部次長。 上席の命によりゴア陣営と接触するが、マグマの登場により次第にゴアたちに疑念を抱く。 今井和夫 声: 厚や国家情報部周辺者以外で最初に人間モドキの存在を目の当たりにし、それに追われるマモルたちを自宅で匿う。 今井幸枝 声: 今井和夫の妻。 今井ミドリ 声: 今井家の娘で高校生。 実は人間モドキ「NRT384」であり、本物のミドリと入れ替わってから2年が経過している。 今井夫妻を慕っており、今井家に侵入した人間モドキとの戦いで焼死する。 ウドー ゴアの右腕。 文明が厚に託したペンダントに収められていた祠の写真の直近にある巨大な坑底で封印されていたが、ゴアの復活により目覚めることとなる。 生身の人間を滋養としている。 アルテミラ 声:深見梨加 ウドー配下の人間モドキ。 マモルの母、友子とすり替わりマモルの殺害を命じられるが、自分を母と信じて愛してくれたマモルに情が移った末、彼を守りたい一心からウドーを裏切る。 その後、マモルに改めて「母さん」と呼ばれた直後、ウドーによって致命傷を負い、マモルに看取られながら息を引き取る。 人間モドキ ゴアの命令によって人間と入れ替わり、マモルたちを狙うエイリアン。 化けの皮が剥がれると、蛸の足状の無数の触手で巻き付いて攻撃する。 その他 声:、、、、、、、、、 サブタイトル [ ]• 我が名はゴア• 黄金(きん)の巨神• 静かなる侵略• 二人のマモル• 国家の思惑• 疑惑の戦士マグマ• 大いなる使命• 狙われた笛• ウドー復活• 母、その愛• 大地の怒り• マグマ死す!• 愛がある星 その他 [ ] 『』 による手塚原作のパロディー漫画。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 後篇が収録されていない「」版(全三巻)では、あとがきで手塚自身が「この先はほぼとの代筆なので」とコメントしている。 ガムの話では土から生まれた存在。 ダメージを受けた時は土の中に埋めることで体力回復ができる。 TVのゴアゴンゴンと違って角が無くずんぐり体型、ティラノサウルスやゴジラに似ている。 ただし、虫型形態は本人が「俺の三つ目の本体」というものの一度しか出てこず、アースやカオスなどの同格以上のキャラの前で見せた正体はいずれも肉食恐竜型の方である。 マモルの母に化けていた人間モドキは、ガムに高圧電流を浴びせられた際にアメーバのような姿になった。 また、のっぺりとしているが人型を保った死体も登場した。 のとによるユニット。 アマチュアの同人グループ。 出典 [ ].

次の

マグマ大使

マグマ 大使

手塚漫画二大スター夢の共演! さて前巻で地球から出ていたはずのゴアが何故かあっさり地球に舞い戻って来て、送り込んだのが、 「ブラックガロン」 あの名作「魔神ガロン」の黒バージョンです。 がマグマ大使と奇跡の共演ですね。 「魔神ガロン」は1959年から3年に渡って「冒険王」で連載されました。 ガロンが手塚先生のお気に入りのキャラで「鉄腕アトム」にも登場してるんですよ。 よく見ると、ガロンのコスチュームはアトムに似ています。 さながらハード版アトムですが。 一方、ガロンの心臓部のピックはどことなくアトム似。 なぜか頭にWのマークが、ガロンとピックで二人で一つという意味でしょうか。 ピックがいないとただの破壊者です。 この関係性だけで既にサスペンスフル。 何が起こるか分からないドラマ性をもってますね。 お正月の東映映画でオールスターが共演するような、あるいは東映まんが祭りで「デビルマンVSマジンガーZ」が対決するような、盆と正月がいっぺんに来たようなお祭り感がありますね。 究極の親子愛 マグマ大使の息子ガムの命がけの冒険 さて、大変、まだマグマ大使は完全に回復していない。 直接戦ってもまたガロンには歯が立たないだろう。 ガロン唯一の弱みが、胸の心臓部に入る小さな小さな少年ピック。 ピックこそがガロンの頭脳と言うべき機能を持っていて、ピックが心臓部に入ると、暴れていたガロンが理性をとりもどしておとなしくなります。 ですがそのピック。 あろうことか悪の帝王ゴアが円盤の中に幽閉していたのでした。 決死の覚悟で父マグマ大使を救うためにゴアの円盤に侵入するガム。 ピックを救出して脱出したものの、まもる君のうちについた頃には力尽きてダウン。

次の

懐かしの特撮「マグマ大使」第1話・第2話 ゴアがとにかく怖かった

マグマ 大使

人間型とロケット型に変形する。 基本身長は6mで巨大化もする。 モル マグマの妻である銀色のロケット人間。 ガム マグマがアース様に頼んで作ってもらったトリコロールカラー(赤白青)の子供のロケット人間。 アース様 地球と地球上の人間・動物の創造主。 村上マモル(江木俊夫) ゴアの写真を撮ったことでマグマと出会った少年。 マグマに気に入られ、マモルをモデルにしてガムが作られた。 マグマ達を呼ぶことができるロケット型の笛を渡される。 村上厚(岡田真澄) マモルのパパ。 国際的に活動する「NPI通信社」の敏腕記者。 ゴア(大平透) 宇宙征服を企む怪物。 地球を狙いコウモリ型円盤に乗ってやってきた。 第1話 わたしがゴアだ ゴアの使いを名乗る怪しい男が村上家に電話をかけ「明日の朝6時に面白い物を見せてやる。 特ダネだ。 記事にしろ」と伝えた。 翌朝、村上家の周囲は原始時代のジャングルに変貌しており、恐竜に襲われた親子の頭上にコウモリ型の謎の円盤が現れ、恐竜を一撃で倒した。 _カッコいいパパだよねー。 海外作品を観てるみたいだった。 ゴアが地上に降り立ちマモルはその姿を写真に撮った。 _私は幼い頃、ギラギラ光る鬼のようなゴアが怖くて怖くて、ゴアが出てくるとテーブルの下にもぐり込み隠れて観ていた記憶があります。 「私がゴアだ。 ゴアはやがて地球の帝王となるだろう」 と新聞記事にすることを要求して消え、周囲の世界も元に戻っていた。 友達に話しても信じてもらえないマモルは証拠のカメラをそっと持ち出し外に出ると、家の前に金色のロケットが飛来して人型に変形した。 「私の名はマグマ。 天から来た人類の味方だ」 ゴアのことを記事にすると地球が混乱するからとカメラを要求するが、マモルが断るとカメラはマグマの手に吸い寄せられた。 _マグマの顔も相当カッコいいよね! 「ありがとう。 これでゴアの正体が突き止められる」 カメラを奪われたマモルはマグマの足にしがみつき、マグマはそのままロケットに変形して飛び立ってしまった。 第2話 宇宙怪獣モグネス襲来す マグマは火山島の基地へマモルを連れてきた。 そこにはマグマの妻モルとアース様がいた。 フィルムを複写しカメラを返すとアース様は、ゴアは地球を狙って宇宙のどこからかやってきた恐ろしい力を持つ怪物であること、ゴアを倒す為にロケット人間のマグマとモルを作ったことをマモルに教えた。 「アース様、お願いがあります。 この少年のような勇気のある良い子が欲しくなったのです」 とマグマが言うと、アース様はマモルをモデルにロケット人間の子供 ガムを作った。 マグマは友達の印としてロケット型の笛をマモルに渡した。 _このロケットペンダント、欲しかったなぁ〜。 「ひとつ吹けば息子のガム、ふたつ吹けば妻のモル、そしてみっつ吹けば私が飛んで行くからね」 マモルはガムが変形したロケットに乗って家路についた。 その頃、通信社の村上記者は静岡で起こった大地震の取材のため新幹線で向かうことになったが、静岡では山肌が崩れ地中から姿を現した怪獣が暴れ出し、通りかかった新幹線が襲撃されてしまった。 怪獣は、村上記者の記事が通信社の上司に信用されず、一向に騒ぎにならないことに痺れを切らしたゴアが怒って地球に派遣したものだった。 4話で1エピソード 『マグマ大使』は 4話で1エピソードという構成になっています。 村上一家とマグマの二つの家族のドラマがしっかり描かれているのです。 長くなってきたのでエピソードの後半は次回に持ち越します。 今日はここまで。

次の