シャドバ 復習 ヴァンパイア。 【シャドウバース】ミッドレンジヴァンパイアのローテーション最新デッキレシピ【シャドバ】

【Shadowverse】シャドバがつまらない、イライラする理由はこの3つだと思う|ゲームメインのサブカル総括シティ

シャドバ 復習 ヴァンパイア

公開した場合、このカードは消滅する。 【ファンファーレ】相手のリーダーか相手のフォロワー1体に4ダメージ。 自分のリーダーを4回復。 8コストと軽くなって使いやすくなった代わりに全体的にダウンして痒い所に手が届かなくなることもありそうではあります。 ですが、効果の本命は強制的な復讐テキストの方でしょう。 マリガンで手札にある場合は発動しないため、トップドローないし悪夢の始まりなどの自ターン中のドローによって発動することになります。 特定のドロー枚数までに絢爛のセクシーヴァンパイアを引ける確率をデッキ投入枚数別に見てみると以下のようになります。 途中にドロソを挟むとその枚数分だけ確率が上昇します。 なお、これまでの処理の仕方から考えると悪夢の始まりで2枚同時に絢爛のセクシーヴァンパイアを引いてしまった場合は恐らく両方消滅してしまいそうです… カード考察 単体では復讐入りするカードとしては不十分 3投カードを早いターンで引ける確率から考えれば自明で、このカードだけで復讐ヴァンパイアの復讐入り要素を満たそうとするには無理があるでしょう。 ヴァルツもローテ落ちしますが、幸運なことに堕落の漆黒・アザゼルもRoGで追加されるため、それだけで6枚でかなり期待出来ます。 さらに揺らぎの斬姫・ナルメアやライカンベルセルクまで積めば万全な復讐入り体制になると言えるでしょう。 幸い、絢爛のセクシーヴァンパイアは素で使っても復讐デッキの顔を詰める動きと相性が良く、何ならレイジコマンダー・ラウラで疾走を付与すれば9点飛ばせます。 このため、他のカードで復讐入りしたとしても必ずしも無駄にはならないでしょう。 どちらにせよ、スレイ疾走を前提にした機械ガン寄せの機械ヴァンパイアより強く動くためにはレイジコマンダー・ラウラを引くことがマストになるように思っています。 一方、アンリミテッドでも絢爛のセクシーヴァンパイアと堕落の漆黒・アザゼルのおかげで即死しにくい状態で復讐入りしやすくなります。 アグロ寄りのヴァンパイアが回復ビショップに駆逐されそうなので、ヴァンパイアは自傷構築か復讐かが本命になると考えていますが、アザゼル進化が実質ライフ20よりもライフが高くなる場面が多そうなことや、自傷で減ったライフを疾走で詰め切る動きがミラーで強そうなことなどから復讐が本命になるのではないかと考えています。 このため、アンリミテッドでの評価をSとしています。 今後の展望 機械ヴァンパイアとの熱い戦いが幕を開ける お互い凶悪なハンドバフと疾走、回復力を持つデッキで可能性に溢れているとは思います。 ですが、現時点で復讐ヴァンパイアの図抜けて強いムーブは レイジコマンダー・ラウラへの依存が強過ぎる認識です。 ラウラはALT実装のカードなのでローテ落ちまでは間がありますので、それまでにラウラへのアクセスが安定するサーチカードやラウラと同レベルの凶悪なフィニッシャーが追加されればTier1を狙える位置にあるデッキだと思っています。 執筆者プロフィール.

次の

【シャドバ】復讐ヴァンプのアンリミテッド最新デッキ【シャドウバース】

シャドバ 復習 ヴァンパイア

復讐ヴァンパイア(ローテーション、12連勝デッキ) <> ローテーション12連勝の復讐ヴァンパイア。 ラブリーサキュバス・リリムの採用が特徴的。 3コストで1/5のスタッツで、自分のターンでの自傷時にPPを1回復できる。 3コストの標準スタッツは2/3か3/2なので、攻撃力と体力の合計値は5で、リリムはそれより1点分高い。 体力が高くて盤面に残りやすいので、PP軽減の効果を発揮させやすい。 デッキ中の自傷カードは、糸蜘蛛の悪魔(3枚)、鋭利な一裂き(3枚)、絡み付く鎖(2枚)、ベルフェゴール(3枚)、闇夜の姫・ヴァンピィ(3枚)の計14枚。 細かく言うと、復讐状態でも自傷となるカードは、鋭利な一裂きと絡み付く鎖の計5枚のみ。 糸蜘蛛の悪魔、ベルフェゴール、闇夜の姫・ヴァンピィの計9枚は通常状態でのみ自傷となる。 復讐状態では、鋭利な一裂きや絡み付く鎖が実質1コストになるので、ダークジェネラルや(ブラッドクイーン)ヴァンピィの疾走などと組み合わせて、1ターンに大ダメージを与えられる。 通常状態では、糸蜘蛛の悪魔とベルフェゴールを5PPで一緒に出せるので、ベルフェゴールを出す時の隙を守護でカバーできる。 デッキ全体としては、5コスト以上のカオスシップ、緋色の剣士、ヴァンピィ、エメラダの4種類がすべて3枚採用で重めの復讐ヴァンパイアとなっている。 リリムが上手く盤面に残れば、手札をさばきやすくなる。

次の

【シャドバ】復讐ヴァンパイアでアンリミ15連勝のデッキレシピ!アンリミ環境だと小型フォロワーが多いから新旧ユリウスが刺さりすぎる?!デッキコードあり!

シャドバ 復習 ヴァンパイア

機械ヴァンプ(20連勝デッキ、ローテーション) <> senamaru氏がローテーション20連勝を達成した機械ヴァンプのデッキレシピです。 アディショナルの新カードは「背徳の狂獣」が3枚採用されています。 (カードテキストはこのページの下の方にあります) 背徳の狂獣は、「ドローをするたびに盤面かリーダーにランダム1点を与える」という非常に強力なリーダー付与能力を持っており、デッキ全体もこの新カードを活かすように組まれていますね。 具体的には「」「」が3枚ずつで、ドローを強化したデッキ構築になっています。 「背徳の狂獣」の能力が働いていると「鋼鉄と大地の神」が非常に強力で、仮に9枚融合していて相手の盤面が空だったりすると、相手リーダーに9点ダメージが飛ぶという恐ろしい性能になります。 お互いに相性の良い 「背徳の狂獣」と「鋼鉄と大地の神」をどちらもサーチできるので、「ワンダーコック」の重要度が上がり3枚採用になっている感じですね。 このデッキでは「」が不採用ですが、「背徳の狂獣」「」がどちらも3枚で機械以外のカードが多くなっているため、これ以上入れたくないのかもしれないです。 あるいは、6PPのタイミングで「背徳の狂獣」+「()」として、ドロー2枚で2点飛ばしつつ、次の「」を着地させるための動きがあるので、6コストのネレイアを抜いているということでしょうか。 アディショナル前の機械ヴァンプよりも、フィニッシュの部分で「」や「」への依存度が下がっているイメージです。 「背徳の狂獣」のリーダー付与能力を働かせておいて、「鋼鉄と大地の神」から「鋼鉄と大地の神」を引いて連鎖させ、ひたすらドローしまくって相手リーダーの体力を削るというプランが生まれています。 仮にデッキ枚数30枚の時に「背徳の狂獣」を進化させたとして、デッキ枚数が残り10枚になるまで戦ったとすると、ランダム1点のダメージが合計20回ばらまかれることになります。 これだけで相手リーダーの体力をかなり削れますし、盤面も処理しやすくなるので、進化時能力としては破格の性能ですね。 3コスト枠で「」が不採用なこともあり、全体的に機械カウントが進みづらくなるという問題はありますが、「」の採用で少しでも機械カウントを進みやすくしたり、 機械カウントがなかなか進まなくても「背徳の狂獣」と「鋼鉄と大地の神」のコンボで戦えるという感じだと思います。 【進化時】このバトル中、自分のリーダーは「自分のターン中、カードを自分のデッキから手札に加えるたび、ランダムな相手のリーダーかランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。 これをX回行う。 Xは「加えたカードの枚数」である」を持つ。 リーダーはこの能力を重複して持たない。

次の