取り急ぎ ご 連絡 まで。 「取り急ぎご報告まで」は使い方に注意!例文や言い換え方を解説

メールで「取り急ぎご報告まで」は失礼?“取り急ぎ”の意味と正しい使い方

取り急ぎ ご 連絡 まで

「取り急ぎご報告まで」の意味と使い方 「取り急ぎご報告まで」の意味は「とりあえず報告します」 「取り急ぎご報告まで」は、「 とりあえず報告だけします」といったニュアンスで使用される言い回しで、ビジネスメールなど状況や結果を報告する場面でよく使用されるフレーズです。 「取り急ぎ」という言葉は「 とりあえず、急いで」という意味の言葉です。 本来ならば、詳細を説明する必要があるけれど、現時点で十分に対応することができないという状況であるということへの「相手への許しや理解を得たい」という意味で使用します。 「取り急ぎご報告まで」は急いでるときに使用する 「取り急ぎご報告まで」は、 急いでいるときに使用するフレーズです。 まだ完璧に準備ができているというわけではないが、報告だけする必要があるという場面や、とにかく急いでいて今は時間がとれないので、報告だけしますという場合に使用します。 「取り急ぎご報告まで」の敬語表現は「取り急ぎご報告させていただきます」 「取り急ぎご報告まで」は、「取り急ぎご報告まで」は「取り急ぎご報告させていただきます」という敬語を略した表現です。 「取り急ぎご報告まで」を敬語表現にする場合は、 ・取り急ぎご報告させていただきます ・取り急ぎご報告いたします というように、後ろに続く言葉を敬語表現する必要があります。 「取り急ぎご報告まで」のビジネスでの例文 「まずは取り急ぎご報告まで」は経過や結果を簡潔に伝えるとき 「まずは取り急ぎご報告まで」は、 経過や結果を関節に伝えるときに使用する言い回しです。 例えば、「会議の結果」や「検証の結果」、「作業の途中経過」などを簡潔に伝えるといった場面で使用します。 「まで」という言葉には、 現段階での結果や過程を伝えるという意味合いがあります。 したがって、詳細はまで説明できないが「念のため耳に入れておいてほしい」といったことを伝える場合に使用されます。 例文 「取り急ぎご報告までですが、このまま順調に進めば3日までには作業終了いたします」 「取り急ぎご報告までですが、ただいま利用者の皆様への事情説明を終えました」 「取り急ぎご報告までですが、現在工予定をしていた三分の一の工程が終了しています」 「取り急ぎご報告まで」を使用する場合の注意点 急ぎの連絡のときのみ使う 敬語だが、省略した表現なので目上には失礼 「取り急ぎご報告まで」は、 急ぎの連絡のときのみ使用する表現です。 上述したように、「取り急ぎ」は「とりあえず急いで」という意味の言葉であるため、急用以外で使用するのは不自然です。 普段から使用してしまうと、本当に急いでいるときとの区別がつかなくなってしまいますし、雑に報告されていると思われてしまう可能性があります。 本当に急で伝えなければならないことがあるときのみ使用しましょう。 「取り急ぎご報告まで」は、上述したように「取り急ぎご報告させていただきます」という敬語表現を省略した言い回しです。 したがって 目上の人や取引先相手のかたに使用するのは避けるべきだといえます。 とくに、「〜まで」ろいう言い切った形で使用してしまうとぶっきらぼうな印象を与えてしまう可能性があります。 同じ部署の上司など親しい間柄であれば使用しても問題ありませんが、特に取り吹き先相手や距離感のある上司には使用する場合は、きちんと「取り急ぎご報告させていただきます」という敬語表現で使用しましょう。 必ず改めて連絡いれる 「取り急ぎご報告まで」という言葉は、急いで要件のみを報告するという場合に使用されるので、 必ず改めて詳細を説明する連絡を入れる必要があります。 つまり、「取り急ぎご報告まで」という言葉には、 詳細や最終的な結果は後日伝えますというニュアンスまで含まれているのです。 文末に「後日改めて連絡いたします」といった一言を伝えておき、全てがまとまり次第改めて連絡をいれるとスムーズでいいでしょう。 その他の要件は入れない 「取り急ぎご報告まで」は、ひとまず伝えなければならない必要事項のみを伝えるといった場合に使用する言葉です。 したがって、急ぎで伝えなければいけないこと以外の内容を一緒に書いてしまうと、何が必要事項であるか読み手に伝わりづらくなってしまいます。 とにかく読み手に簡潔に、わかりやすい文章にするためにも その他の要件を入れるのは避けるべきです。 「取り急ぎご報告まで」の丁寧な言い換え 「まずはご報告申し上げます」 「まず」には、「 はじめに・最初に」という意味があります。 「取り急ぎ」という表現は「まず」と言い換えると丁寧になります。 つまり、「まずはご報告申し上げます」は「 最初に報告させていただきます」といったニュアンスの丁寧な言い回しです。 例文 「来週の会議の日程が決まりましたことをまずはご報告申し上げます」 「略儀ながら書面をもちましてまずはご報告申し上げます」 「まずは結果のみ失礼いたします。 詳細は追って連絡いたします。 取り急ぎご報告まで」 「取り急ぎのご連絡にて失礼いたします」「ご報告のみにて失礼いたします」 「失礼いたします」は、 謝罪の意味込めた結びの言葉して使用できる表現です。 「取り急ぎ」のあとに「失礼いたします」とつけることで、「 本来ならばきちんと詳細を含めて報告をしなければいけないところを要件のみ簡潔に済ませて申し訳ありません」という意味を込めることができます。 例文 「メールに添付されていた資料を拝見しました。 取り急ぎのご連絡にて失礼いたします」 「明日の会議の日時が下記の通り変更になりました。 取り急ぎご報告のみにて失礼いたします」 「取り急ぎご報告でした」「以上、取り急ぎご報告申し上げます」 「取り急ぎご報告でした」「以上、取り急ぎご報告申し上げます」は、 文末に使用できる丁寧な言い回しになります。 例文 「この度は見積書を送っていただき、誠にありがとうございます。 本日無事に受け取りました。 取り急ぎご報告でした」 「明日の会議の日時が下記の通り変更になりました。 以上、取り急ぎご報告まで」 「取り急ぎご報告いたしましたが、後ほど〜」 上述しているように、「取り急ぎご報告」という表現をしたうえで報告などの連絡をした場合は、 改めて詳細の連絡を入れるのがマナーです。 例えば、 ・取り急ぎご報告いたしましたが、後ほどご連絡いたします ・取り急ぎご報告いたしましたが、詳細は追ってご連絡いたします ・取り急ぎご報告いたしましたが、改めて詳細をお伝えしたいと存じます というように、「取り急ぎ〜」で簡潔に内容を伝えた上で「後ほど改めてご連絡いたします」と続けると、相手側も「また後で連絡してくれるんだな」と安心することができますし、スムーズにやりとりをすることができます。 例文 「今回のプロジェクトに関する日程が以下の通り決定いたしました。 取り急ぎご報告いたしましたが、詳細は追ってご連絡いたします」 「今回の件ですが、新規プロジェクトとして話を進めていくことになりました。 取り急ぎご報告いたしましたが、改めて詳細をお伝えしたいと存じます」 「社員旅行の日程が決まりました。 詳細は追ってメールいたします。 取り急ぎご連絡まで。 」 恐縮ですが〜 「恐縮ですが」は、 謝罪や申し訳ない気持ちを表すことができます。 「恐縮」の元々の意味は「身もちぢまるほどに恐れ入ること」です。 「恐」は「恐れ多い」という意味で、「縮」は「身が縮こまる」という意味なので、イメージは簡単につくと思います。 「恐縮」は堅い表現なので日常会話ではあまり使いませんが、謙譲語ではありません。 「恐縮ですが」というフレーズは「感謝」のニュアンスはほとんどありません。 「謝罪」の意味すら薄く、単に申し訳なさを表現してるだけの場合が多いです。 例えば ・要件のみのご報告で大変恐縮ですが ・取り急ぎのご報告のみで恐縮ですが というように使用することができます。 例文 「会議の日時変更の件了解いたしました、取り急ぎご返事まで」 「結果のみ取り急ぎご返事いたします。 詳細は追って連絡いたしますのでよろしくお願いいたします」 取り急ぎご連絡まで ご報告と同様に、 相手に今すぐ伝えるべきことがある場合に使います。 「まで」で終わることに抵抗がある場合や、目上の相手には「取り急ぎのご連絡失礼いたします」などにして用いましょう。 「メールに添付されていた資料を拝見しました。 取り急ぎご連絡まで」 「来週の会議の日程が決まりました。 詳細は追ってメールいたします。 取り急ぎご連絡まで」 取り急ぎ拝受のご連絡まで 「拝受」は受け取ることをへりくだって言う言葉です。 つまり、 「受け取る」「受領」の謙譲語となります。 相手に何かを受け取ったことを連絡する際に使います。 例えば送ってもらった資料を、中身はまだ確認する前に受け取ったことを連絡する際に「資料を送っていただき誠にありがとうございます。 取り急ぎ拝受のご連絡まで」などと使います。 例文 「この度は見積書を送っていただき、誠にありがとうございます。 取り急ぎ拝受のご連絡まで」 「頼んでいた資料が届きました。 お手数おかけしました。 取り急ぎ拝受のご連絡まで」.

次の

「取り急ぎご報告まで」は使い方に注意!例文や言い換え方を解説

取り急ぎ ご 連絡 まで

「取り急ぎ」は「急な事態が起きたため、十分な準備や対応はできないが、急ぐべきこととして」といったニュアンスになります。 つまり、「とりあえず急いで何かを連絡する必要があり、細かい説明は省略するが用件のみを伝える」ときに使用する表現です。 取り急ぎお礼まで(取り急ぎ御礼まで) 本来相手にお礼をする際は、取り急ぎするものではありません。 ビジネスシーンで「取り急ぎお礼まで」を使う場合、いくつか伝えなければならない用件がある時にまずお礼だけさせてもらうといった意味で使います。 ただ相手によってはお礼を取り急ぎですることを失礼だと思う人もいますので ビジネスシーンで感謝を伝える際は「取り急ぎ」は使わないほうが無難です。 また一般的に取り急ぎお礼をする場合であっても、丁寧にお礼の言葉を述べてから「取り急ぎお礼まで」を使うようにしましょう。 ・先日はお忙しい中お時間をいただき、誠にありがとうございました。 取り急ぎお礼まで。 ・本日は貴重なお話を聞かせていただき、深く感謝申し上げます。 取り急ぎ御礼まで。 ・演奏会は先ほど終了いたしました。 ご高覧いただいた皆様に心より感謝申し上げます。 取り急ぎお礼まで。 取り急ぎご連絡まで ご報告と同様に、相手に今すぐ伝えるべきことがある場合に使います。 「まで」で終わることに抵抗がある場合や、目上の相手には「取り急ぎのご連絡失礼いたします」などにして用いましょう。 ・メールに添付されていた資料を拝見しました。 取り急ぎご連絡まで。 ・来週の会議の日程が決まりました。 詳細は追ってメールいたします。 取り急ぎご連絡まで。 取り急ぎ拝受のご連絡まで 「拝受」は受け取ることをへりくだって言う言葉です。 つまり、「受け取る」「受領」の謙譲語となります。 相手に何かを受け取ったことを連絡する際に使います。 例えば送ってもらった資料を、中身はまだ確認する前に受け取ったことを連絡する際に「資料を送っていただき誠にありがとうございます。 取り急ぎ拝受のご連絡まで」などと使います。 ・この度は見積書を送っていただき、誠にありがとうございます。 取り急ぎ拝受のご連絡まで。 ・頼んでいた資料が届きました。 お手数おかけしました。 取り急ぎ拝受のご連絡まで。 また、なぜ省略するのかという疑問を持たれてしまう可能性があります。 目上の人、特に、取引先やお客様に対しては使用するべきではありません。 「取り急ぎ」は、急ぎで対応することを表しています。 「取り急ぎ」を使うときは急ぎで伝えなくてはいけない用件のみを伝えて、他の連絡事項や用件は入れないようにします。 例えば、「取り急ぎ」は「他にもたくさんお伝えしたいことがありますが、いったんこの連絡で報告したいことのみお伝えいたします」といった意味合いのため、たくさん報告が書いてある文章で使用するのは不自然になります。 しかし、どうしても他の用件も伝えたい場合は、別途連絡する旨を伝えるようにしましょう。 また「取り急ぎ」は本当に急を要する用件にだけ使用せずに、普段なんとなく多用してしまうと、本当に急ぎの用件だとしても、取り扱ってくれない場合が出てきてしまいます。 「取り急ぎ」は本当に急を要する場面だけに使用するように気をつけましょう。 「取り急ぎ」を使用した場合、相手としては、あらためて連絡が来ることを待っている場合があります。 そのため連絡を再度しないと相手に失礼なので、あとで正式な連絡を入れるようにしましょう。 お礼やお詫びをするときには使用しない 「取り急ぎ」は「とりあえず」という意味なので、お礼をするときには不適切な表現になります。 例えば、「取り急ぎ御礼まで」という言い方もできますが、この場合は「とりあえず、時間がないけれど感謝いたします」といったニュアンスになるので、大変失礼なイメージになってしまいます。 お礼は本来心を込めてすることなので、「取り急ぎ」を使ってしまうとお礼を簡略化しているようで気持ちが全く伝わらないです。 また「取り急ぎ謝罪まで」「取り急ぎお詫びまで」といったお詫びするときも同様です。 誠意を込めてお礼や謝罪をするときは、「取り急ぎ」の使用は控えるようにしましょう。 「まず」は漢字で書くと、「先ずは」となります。 「取り急ぎ」は「まず」に言い換えることができます。 例えば、「取り急ぎご報告まで」を「まずご報告をいたします」と省略せずに言うと、気持ちが伝わりやすくなります。 「まずは」は「取り急ぎ」と比べると、急いでいるというニュアンスが薄くなるので、本当に急を要する要件の場合は「取り急ぎ」を使用するのが良いでしょう。 例文 ・まずは書面にて失礼いたします。 ・まずは用件のみにて失礼いたします。 ・まずは御礼申し上げます。 略儀ながら 「略儀(りゃくぎ)」は、 「正式な手続きを省略したやり方」を意味しています。 「ながら」は「〜ではあるが」「〜にもかかわらず」という意味になります。 つまり「略儀ながら」は、 「簡単なやり方ですが」という意味になります。 例えば「略儀ながら書中まで」といった場合は「直接会って伝えるべきことですが、手紙で失礼します」といった意味合いになります。 今後直接会う予定がない場合にも使うことができます。 「略儀ながら」は「取り急ぎ」と比べると少しカジュアルな印象の言葉なので、本当に急いでいる場合は「取り急ぎ」を使用するのが良いでしょう。 例文 ・略儀ながら書面をもちまして御礼のみを申し上げます。 ・略儀ながら書面にてご挨拶申し上げます。 要件のみのご報告で大変恐縮ですが 「恐縮ですが」は、 謝罪や申し訳ない気持ちを表すことができます。 「恐縮」の元々の意味は「身もちぢまるほどに恐れ入ること」です。 「恐」は「恐れ多い」という意味で、「縮」は「身が縮こまる」という意味なので、イメージは簡単につくと思います。 「恐縮」は堅い表現なので日常会話ではあまり使いませんが、謙譲語ではありません。 「恐縮ですが」というフレーズは「感謝」のニュアンスはほとんどありません。 「謝罪」の意味すら薄く、単に申し訳なさを表現してるだけの場合が多いです。 例えば 「要件のみのご報告で大変恐縮ですが」と使えば、「要件だけのご報告で大変申し訳ありませんが」となります。 例文 ・要件のみのご報告で大変恐縮ですが、ご確認のほどお願いいたします。 ・要件のみのご報告で大変恐縮ですが、ご検討の程よろしくお願いいたします。 末筆ながら 「末筆ながら」は「まっぴつながら」と読みます。 「末筆」は、手紙やメールの結びの言葉として使われる言葉の一つです。 「末筆ながら」は 「これで手紙を書き終えますが」「これで筆を置きますが」といった意味になります。 「末筆ながら」は手紙の結びでの書き出しの言葉として、末文に使う言葉になります。 「末筆ながら」は、手紙文で結びの言葉の書き出しとして使用するフレーズです。 結びの言葉の内容として最も一般的なのが、相手の健康や幸福を祈念する言葉です。 その他にも、相手の成功・活躍・発展などの言葉もよく書かれます。 いずれにしろ形式的な部分なので、構えて書くようなものではなく、さらりと簡潔にまとめた方がスマートです。 相手や相手の家族の健康を願う気遣いがあると、読んでいる相手に良い印象を与えることができます。 「末筆ながら」は非常に丁寧な表現なので、手紙やメールで使用することができます。 ただ「末筆ながら」は「急いでいる」というニュアンスは含まれないので、本当に急いでいることについては「取り急ぎ」を使用するのが良いでしょう。 例文 ・末筆ながら、ご返事が遅くなりましたことを深くお詫び申し上げます。 ・末筆ながら、ご家族の皆様によろしくお伝えください。 第一に 「第一に」は、 「物事の一番はじめであるさま」「真っ先に挙がるさま」「何よりも重要であるさま」を意味しています。 「第一に」は「取り急ぎ」とは少しニュアンスが異なりますが、「最初に」「真っ先に」という意味合いで使用します。 ただ「第一に」はビジネスシーンではあまり使用されない表現ではあります。 例文 ・第一にご連絡差し上げます。 ・第一にお礼を申し上げます。 「取り急ぎ御礼まで」は、手紙でメールでお礼を述べる場合に、「本来は言葉で尽くすべきですが、とりあえずお礼だけでも急いで申し上げます」といったニュアンスになります。 とりあえずお礼を言うときに「取り急ぎ御礼まで」と使うことが多いですが、これだけだとなんだか素っ気ないイメージがあります。 「御礼」についてはしっかりと伝えるべきなので、「取り急ぎ」の意味とは一致しないため不自然な言い方になってしまいます。 ただ「取り急ぎ御礼まで」に一言足すだけで、丁寧な言い方にすることができます。 例えば、 「取り急ぎ御礼のみで失礼いたしますが、のちほどご連絡します」といったように、「とりあえず連絡だけで申し訳ありませんが、また連絡します」といったような文を付け足します。 他にも、 「取り急ぎお礼だけで申し訳ありませんが」「取り急ぎお礼のみで申し訳ございませんが」といった文を足すだけでも印象は違ってきます。 このプロジェクトの進捗に関して、取り急ぎ連絡まで。 となります。 が、実際にはネイティブはあまりこの表現を使いません。 「取り急ぎ連絡まで」と英語で表現する場合は、 I just wanted to let you know that... についてお知らせだけしたかったです。 とより直接的に伝える方が自然な英語になります。 また、「reminder」という単語を使い表現することも可能です。 「reminder」は「何かを思い出させるもの」という意味で日本語の「通知」という言葉に近いです。 「friednly reminder」で「覚えていると思いますが念のため」という柔らかいニュアンスになります。 This is a friendly reminder that... に関する連絡です となります。 これも「取り急ぎ連絡・報告まで」に近い表現と言えます。

次の

取り急ぎご連絡までの使い方って知ってる?目上の人に使うとダメ?

取り急ぎ ご 連絡 まで

コンテンツ目次• メールが届いたことを伝えたり、日程変更を伝えたりするなど、詳しい情報や内容の確認を後回しにしてでも相手に連絡したいときに使います。 「取り急ぎ」と記入した場合、詳しい情報や内容について後日改めて連絡をとらなくてはいけません。 「取り急ぎ」というのは、「とりあえず急いで対応した」「間に合わせの処置」といった意味も含まれています。 そのため、取引先や目上の人に対して使用するのは失礼にあたるので避けたほうが無難。 ただし、お互いに急ぎだということが分かるような親しい関係の上司・先輩に対しては使っても問題ないでしょう。 また、 他の要件を一緒に伝えることもマナー違反です。 」と添えると良いでしょう。 <関連記事>• では、取引先や上司、先輩など、目上の方に緊急で連絡したいときはどうすれば良いのでしょうか。 「取り急ぎ」は失礼な表現になってしまうため、「まずは」に言い換えます。 また、より丁寧に表現するため「申し上げます」「失礼いたします」といった言葉で締めると良いでしょう。 「取り急ぎご連絡まで」を言い換えるときは以下のような文言を使います。 ・まずはご連絡のみにて失礼いたします ・まずはご報告を申し上げます ・まずはご案内申し上げます 上記の言葉に、気持ちを一言添えるのも良いでしょう。 お礼の気持ちを伝えたいときは、「お手紙でお送りするべきところ失礼かと存じますが、まずはお礼かたがたご挨拶を申し上げます」などと書くと丁寧です。 <関連記事>• 実際にメールを作成するときに慌てないように、事前にいくつか覚えておくのがおすすめです。 以下では、よく使用されている一文を解説します。 【基本的な締めの一文】 一番当たり障りが無く、どのような場面でも使用できるものです。 個性がないため、相手に印象を強く残すことはできませんが、悪い印象を与えることもないため覚えておくと良いでしょう。 ・よろしくお願いいたします ・どうぞよろしくお願いいたします ・ご検討お願いいたします ・何卒ご検討ください 【返答がほしいときの一文】 このメールを読んだら返答して欲しい、というときは、文末に書いておくと良いでしょう。 ビジネスメールの場合、多くは返信をするものですが、一文添えておくと念を押すことができます。 また、「いつまでに返信してほしい」という希望があるときは、併せて記入しておきましょう。 どうぞよろしくお願いいたします 【返信不要の場合の一文】 場合によっては、特に返信がいらないメールを送るときもあるでしょう。 相手の負担を軽減するために、返信不要の旨を記載しておくと良い印象を与えることができます。 ただ返信不要の旨を伝えるだけではなく、「何かあればいつでもご連絡ください」という言葉を添えるのもおすすめです。 ・なお、返信は不要です ・ご確認いただければ、返信は不要です ・何か不都合がございました場合は、ご連絡ください 相手が見えないメールは、特に言葉や表現に気をつけたいもの。 言葉を付け足したり、表現方法を工夫したりすることで、コミュニケーションが円滑にとれるでしょう。 転職活動中のマナーに不安がある方は、エージェントを利用するのもおすすめです。 ハタラクティブでは、面接日や入社日などの調整をアドバイザーが代行。 さらに、退職願の書き方や提出方法、入社に必要な書類の準備、内定承諾方法なども細やかにサポートしています。 初めて転職するという方や、効率的に転職活動を進めたいという方は、まずはハタラクティブにご相談ください。 おすすめ記事• 付き合い残業って何?なくならない理由と対処法• 未経験の業界に転職できるでしょうか?• ニートになりそうな予感?自力でニートから卒業するには• 未経験からSEを目指すためには• 気になる!通勤時間の平均や長い場合のメリットとは• 自分に合った職業に就きたい人が実践すべきことは?• 新入社員の年収はどれくらい?給与がいい会社を選ぶポイント• 他人と比較する時間があれば、過去の自分と比較を• 就活に失敗してフリーター?!そんなときはどうする?• 雇用保険が受給できない人へ。 求職者支援制度のススメ• 大学院中退の理由と就職活動のポイント• 自己啓発は就職に活かせる!採用者へのアピール方法.

次の