豆 ご飯 献立。 納豆ご飯に合うおかず7選と副菜やスープ、おすすめ献立メニュー!|献立寺

グリンピースご飯 (豆ご飯) レシピ|【みんなのきょうの料理】おいしいレシピや献立を探そう

豆 ご飯 献立

豚肉の生姜焼き タレがしっかり絡み付いた豚肉と一緒に豆ご飯を食べると、お肉と豆の旨味が混ざり合いとても美味しく食べられます。 一品でしっかり野菜も食べたい時は、玉ねぎ、にんじん、ピーマンを千切りにしたものを一緒に炒めると一石二鳥! 簡単にお野菜たっぷりの生姜焼きになります。 鶏肉の胡麻味噌焼き 味噌と練りゴマのタレを使って、鶏肉がとても柔らくなりおいしいです。 こちらもお野菜をプラスするなら、ナスやししとうなどを一緒に加えて炒めると美味しいですよ! 3. 肉じゃが 肉じゃがも豆ご飯との相性抜群です! 牛肉入りきんぴらごぼう ごぼうと人参だけのきんぴらだと副菜の位置づけになりますが、お肉を入れる事でメインにもなります! お肉の旨味がしっかりとごぼうに吸収されて、美味しいですよ~。 もやし・豚肉・にらの炒め物 材料と作り方はとてもシンプル! ここに、ニンニクを入れると食欲増進してしまうおいしいおかずです! 豆ご飯と一緒に食べれば、栄養面でも満足なおかずになります。 さばの味噌煮 さばの味噌煮は、魚の旨味と味噌が本当に美味しいです! しっかり味のサバと控え目な味付けの豆ご飯はよく合いますよ! サバの味噌煮以外では ・カレイの煮つけ ・ブリの照り焼き ・鮭のホイル焼き ・お刺身 などもおすすめです。 お魚料理はどれでも合わせやすいですね。 豆ご飯が塩っけのあるものなので、お魚の塩焼きはちょっと塩辛く感じるかもしれませんね。 甘辛の煮つけやあっさりホイル焼きなどがおすすめです。 豆ご飯の副菜はコレがおすすめ! メインのおかずにお肉やお魚を使った場合、副菜は野菜中心のものを取り入れるとバランスがとれます。 今回ご紹介したメインに合わせやすいお野菜中心の副菜もご紹介しておきますね! 1. さつまいもの甘煮 甘い煮物はお口直しになります! よく洗い、水に5~10分くらいつけておくと、さつまいもの芯まで水分が行き渡り美味しくなります! 2. 里芋の煮物 弱火でしっかりじっくり煮るとホクホク感がでて美味しく出来上がります! 里芋は皮をむいて下処理するのが面倒なので、冷凍里芋をよく使います。 大根とハムのサラダ シャキシャキの大根とハムをクリーミーなマヨネーズで絡めて作ったサラダです。 練り辛子を入れると美味しくなります。 濃い味のメインに合わせるのにピッタリなサッパリ副菜です。 しめじとねぎのごま醤油炒め ごま油で具材を炒めるだけの簡単な副菜です。 みりんと醤油で味付けをすればおいしい副菜の出来上がりです。 ほうれん草のひき肉炒め こちらも炒めるだけの簡単な副菜です。 豚ひき肉や、ほうれん草にニンニクを加えることで豆ご飯にもよく合い箸が進みます。 カブとエビのそぼろあん 炒め物や焼き物に合わせるのにおすすめです。 エビの旨味がにじみ出た薄味の煮汁が大根によく絡んで、ホッとする一品です。 優しい味なので、食欲がない時にでも食べられますよ。 かぼちゃの煮物 かぼちゃの煮物は甘くて、ご飯のお供としてはちょっと・・・という人も多いかもしれませんね。 でも、塩気が効いた豆ご飯とともに食べると甘さと塩気がかなりマッチしおいしく食べることができますよ。 スポンサーリンク 豆ご飯の献立の組み合わせ紹介! 豆ご飯に合うおかずや副菜を紹介してきましたが、実際に豆ご飯を作る献立メニューの組み合わせもどうぞ! 豆ご飯の献立1 ・豆ご飯 ・豚肉の生姜焼き ・里芋の煮物 ・あさりの味噌汁 生姜焼きメインで食べ応えがある和食の献立です! あさりの味噌汁と豆ご飯の組み合わせも、とても相性がいいですよ。 豆ご飯の献立2 ・豆ご飯 ・牛肉入りきんぴらごぼう ・さつまいもの甘煮 ・きゅうりの浅漬け ・大根の味噌汁 それぞれに野菜も入って、バランスのいい献立になります! ボリューム的には控え目なので、豆ご飯をしっかりと味わえる組み合わせだと思います! 豆ご飯の献立3 ・豆ご飯 ・ハンバーグ ・温野菜 ・大根とハムのサラダ ・コンソメスープ ハンバーグに、温野菜と大根のサラダを合わせて、野菜もたくさん食べられるメニューです。 豆ご飯の献立5 ・豆ご飯 ・すき煮 ・ほうれん草のひき肉炒め ・トマトのサラダ ・おしんこ すき煮は、白菜や糸こんにゃく、焼き豆腐などを入れるとボリュームがあるメインのおかずになります! 副菜は、サッパリするトマトサラダとお新香がおすすめです。 まとめ 豆ご飯には、甘辛味のおかずをメインにするとガッツリ献立に。 控え目の味付けのものにすると優しい和食の献立になります。 その時の気分に合わせて、おかずを決めてみてくださいね!.

次の

納豆ご飯に合うおかず7選と副菜やスープ、おすすめ献立メニュー!|献立寺

豆 ご飯 献立

納豆ご飯に合うおかず7選 1. 冷や奴 朝の時間のない時間でもぱぱっと用意出来て喉越しのいい豆腐は納豆と合います。 ごま豆腐も濃厚さが絶妙に合いますよ。 うちではごま油+醤油+かつお節が定番の食べ方ですが、これに海苔を追加したりねぎを散らすのも美味しいです。 たまご焼き 朝ごはんの定番ですよね。 だし巻きたまごだとなおいいと思います。 じゅわっとだしが出てくるのがとても美味しいです。 たまご焼きは私は甘い派ですが夫がしょっぱい派なのでいつもしょっぱめで作ってます。 朝の忙しい時間にささっと出せるし今は100円ショップで電子レンジで作れる卵焼き器も売ってるので時短になりますよ。 焼き魚 朝からしっかりめのご飯で焼き魚も納豆ご飯に合いますよ。 朝なら塩焼きが食卓に並ぶご家庭も多いと思います。 鮭や鯖、アジの干物がホテルの朝食ビュッフェでも並んでいます。 朝はエネルギーチャージしなくてはならないし、ちょっと早く起きて純和食な朝ごはんもいいですね。 裏ワザですが、鮭にサラダ油を全体にかけてサランラップでくるんでパックしておくと焼いた時に身がパサつかず美味しいらしいです。 野菜炒め ねばねば納豆がメインなのでシャキシャキした食感をプラスするのもおすすめです。 これなら冷蔵庫にある野菜だけで作れますし、野菜をとることで栄養バランスも良くなります。 また、肉をいれるとボリュームも出て子供や男性に喜ばれます。 うちの野菜炒めの定番はもやし、拍子切りにしたにんじん、ざく切りキャベツ、しめじと他に冷蔵庫にあるものを鶏ガラスープの素、醤油、塩コショウで炒めたものですが、朝でもぱぱっとできておすすめです。 にんじんは火が通るのに時間がかかるのであらかじめレンジでチンしてから炒めてます。 煮魚 和食の定番、煮魚。 煮魚があると本格的な和食の献立になりますよね。 落ち着く味でほっこりします。 魚嫌いの子供も煮ればくさみが和らぐので食べやすくなると思います。 納豆ご飯と食べるなら味噌煮や煮付け、甘露煮、佃煮などの和風のほうが合うと思います。 最近は缶詰めやお惣菜で種類が豊富にあって便利ですよね。 豚のしょうが焼き しょうが焼きも納豆ご飯にあいますよ。 しょうがを多く入れて辛めに作るとご飯にもあいますし、甘めだと子供にも食べやすいですよね。 スタミナもついて納豆ご飯だけだとタンパク質が不足しますが豚肉で補えます。 豚肉にはビタミンBが含まれていて、疲労回復にいいらしいです。 たまねぎは血液サラサラ効果があります。 ダイエット中だと敬遠されがちな肉ですが肉は糖質がないので糖質制限していても安心して食べれます。 煮物 筑前煮や肉じゃがなどの煮物もおすすめです。 和食なので納豆にあいますし、主張し過ぎないのにしっかり味もついていて懐かしくなるお袋の味ですよね。 肉が入っているのもおすすめですが、魚が入っているのもいいですよ。 ブリ大根や鯖缶と大根の煮物も食べ応えがあって美味しいです。 納豆ご飯に合う副菜・スープ4選 1. みそ汁 やっぱりみそ汁は絶対合います。 王道ですよね。 わかめと豆腐やにんじんと大根、旬の野菜をいれるとより一層美味しく感じますよね。 前日の夜から煮干しやかつおぶしを水につけてだしをとると朝少し楽になりますよ。 私はついでに野菜も切っておいて朝は入れるだけにしています。 また、余裕がある時にみそしるに入れる野菜を切ってジップロックなどに入れて冷凍しておくと作る時に楽です。 豚汁 具沢山に作ると野菜もとれますし、彩りにもなります。 豚汁があればおかずもささっとしたものでもいいのも魅力ですよね。 おひたし ほうれん草を茹でてかつおぶしと麺つゆ等をかけていただくおひたしは簡単に作れるのでおすすめです。 最近はコンビニにも冷凍のほうれん草が売られていたりして茹でる手間がないのが嬉しいところですよね。 うちではほうれん草+白菜のおひたしが人気です。 白菜も茹でて食べやすい大きさに切ります。 芯の部分が甘くなって野菜嫌いなうちの子供もよく食べてくれます。 これにオクラもいれて納豆と混ぜてからご飯にかけるっていう方もいらっしゃるのではと思います。 夏の食欲がない時でも食べやすく、のりと麺つゆだけで充分美味しいのでおすすめです。 納豆ご飯のおすすめ献立メニュー 献立例1.

次の

豆を使ったレシピ・作り方一覧(1260件)

豆 ご飯 献立

納豆ご飯に合うおかず7選 1. 冷や奴 朝の時間のない時間でもぱぱっと用意出来て喉越しのいい豆腐は納豆と合います。 ごま豆腐も濃厚さが絶妙に合いますよ。 うちではごま油+醤油+かつお節が定番の食べ方ですが、これに海苔を追加したりねぎを散らすのも美味しいです。 たまご焼き 朝ごはんの定番ですよね。 だし巻きたまごだとなおいいと思います。 じゅわっとだしが出てくるのがとても美味しいです。 たまご焼きは私は甘い派ですが夫がしょっぱい派なのでいつもしょっぱめで作ってます。 朝の忙しい時間にささっと出せるし今は100円ショップで電子レンジで作れる卵焼き器も売ってるので時短になりますよ。 焼き魚 朝からしっかりめのご飯で焼き魚も納豆ご飯に合いますよ。 朝なら塩焼きが食卓に並ぶご家庭も多いと思います。 鮭や鯖、アジの干物がホテルの朝食ビュッフェでも並んでいます。 朝はエネルギーチャージしなくてはならないし、ちょっと早く起きて純和食な朝ごはんもいいですね。 裏ワザですが、鮭にサラダ油を全体にかけてサランラップでくるんでパックしておくと焼いた時に身がパサつかず美味しいらしいです。 野菜炒め ねばねば納豆がメインなのでシャキシャキした食感をプラスするのもおすすめです。 これなら冷蔵庫にある野菜だけで作れますし、野菜をとることで栄養バランスも良くなります。 また、肉をいれるとボリュームも出て子供や男性に喜ばれます。 うちの野菜炒めの定番はもやし、拍子切りにしたにんじん、ざく切りキャベツ、しめじと他に冷蔵庫にあるものを鶏ガラスープの素、醤油、塩コショウで炒めたものですが、朝でもぱぱっとできておすすめです。 にんじんは火が通るのに時間がかかるのであらかじめレンジでチンしてから炒めてます。 煮魚 和食の定番、煮魚。 煮魚があると本格的な和食の献立になりますよね。 落ち着く味でほっこりします。 魚嫌いの子供も煮ればくさみが和らぐので食べやすくなると思います。 納豆ご飯と食べるなら味噌煮や煮付け、甘露煮、佃煮などの和風のほうが合うと思います。 最近は缶詰めやお惣菜で種類が豊富にあって便利ですよね。 豚のしょうが焼き しょうが焼きも納豆ご飯にあいますよ。 しょうがを多く入れて辛めに作るとご飯にもあいますし、甘めだと子供にも食べやすいですよね。 スタミナもついて納豆ご飯だけだとタンパク質が不足しますが豚肉で補えます。 豚肉にはビタミンBが含まれていて、疲労回復にいいらしいです。 たまねぎは血液サラサラ効果があります。 ダイエット中だと敬遠されがちな肉ですが肉は糖質がないので糖質制限していても安心して食べれます。 煮物 筑前煮や肉じゃがなどの煮物もおすすめです。 和食なので納豆にあいますし、主張し過ぎないのにしっかり味もついていて懐かしくなるお袋の味ですよね。 肉が入っているのもおすすめですが、魚が入っているのもいいですよ。 ブリ大根や鯖缶と大根の煮物も食べ応えがあって美味しいです。 納豆ご飯に合う副菜・スープ4選 1. みそ汁 やっぱりみそ汁は絶対合います。 王道ですよね。 わかめと豆腐やにんじんと大根、旬の野菜をいれるとより一層美味しく感じますよね。 前日の夜から煮干しやかつおぶしを水につけてだしをとると朝少し楽になりますよ。 私はついでに野菜も切っておいて朝は入れるだけにしています。 また、余裕がある時にみそしるに入れる野菜を切ってジップロックなどに入れて冷凍しておくと作る時に楽です。 豚汁 具沢山に作ると野菜もとれますし、彩りにもなります。 豚汁があればおかずもささっとしたものでもいいのも魅力ですよね。 おひたし ほうれん草を茹でてかつおぶしと麺つゆ等をかけていただくおひたしは簡単に作れるのでおすすめです。 最近はコンビニにも冷凍のほうれん草が売られていたりして茹でる手間がないのが嬉しいところですよね。 うちではほうれん草+白菜のおひたしが人気です。 白菜も茹でて食べやすい大きさに切ります。 芯の部分が甘くなって野菜嫌いなうちの子供もよく食べてくれます。 これにオクラもいれて納豆と混ぜてからご飯にかけるっていう方もいらっしゃるのではと思います。 夏の食欲がない時でも食べやすく、のりと麺つゆだけで充分美味しいのでおすすめです。 納豆ご飯のおすすめ献立メニュー 献立例1.

次の