今日の天気は どうですか 英語。 今日の天気はどうですか

明日の天気は何ですか?って英語でなんて言うの?

今日の天気は どうですか 英語

疑問詞(what,who,howなど)を含む疑問文には、主に2種類があります。 この場合は後者ですので、(1)は簡潔に書かせてください。 (1) 疑問詞が主語のとき ・・・ 語順は 疑問詞(=主語)+動詞 ~ ? 例) Who wrote this story? -- I did. 誰がこの話を書いたのですか。 What is wrong with this computer? このコンピュータの何の調子が悪いですか。 疑問詞が主語になっています。 前者は「who」が主語、「wrote」が動詞。 後者は「what」が主語、「is」が動詞です。 意味は「明日の天気はどうなりますか。 」ですから、天気、が主語であって、疑問詞howは主語ではありません。 このとき語順は上のとおりで、疑問詞+[疑問文の語順] となります。 (2)においては、疑問詞を除けば残りは普通の疑問文と語順が同じ、すなわち、上にあるとおり be動詞or助動詞+主語+動詞~? (例/Is this a pen? 、Do you have a pen? ) となります。 Howを除けば Will the wheather be tomorrow? で、ちゃんと一般疑問文の語順になっていますよね。 普通の疑問文も主語のうしろに動詞が来ることを考えれば、beがその位置にあるのは、もっともなことです。 特に倒置などといった特別なことがおきているわけではありません。 be動詞が使われている文を疑問文にするときは、be動詞と主語を入れ替える。 助動詞が使われている文を疑問文にするときは、助動詞と主語を入れ替える。 (こちらが優先) という文法がありますから、それに従っているだけです。 This is mine. This will be mine. (the weather を it で置き換えています) It is fine today. It will be fine tomorrow. 「間に来る」のではなく、「助動詞+主語+動詞」の順になるのです。

次の

「来週の火曜日はいかがですか?」|TOEIC勉強法【YUKI式】で900点突破

今日の天気は どうですか 英語

How is the weather? とその回答 【日本語訳】天気はどうですか? 【使い方とニュアンスの解説】 「How is the weather? 」は、日本語に訳すと「天気はどうですか?」という意味で、もっともポピュラーな天気の尋ね方です。 今回詳しく解説したいのは、この「How is the weather? 」に対する回答の仕方です。 日本の学校の授業では、 How is the weather? 天気はどうですか? と聞かれた場合、 It's sunny. 晴れです。 It's cloudy. 曇りです。 It's rainy. 雨です。 などと答えるように教えられています。 しかし、このように「be動詞+形容詞」の形での回答をするのはアメリカのネイティブスピーカーの答え方はちょっと違います。 「How is the weather? 」に対して「晴れている」「曇っている」「風が強い」など、現在の状態を漠然と答える場合は「It's sunny. 」「It's cloudy. 」「It's windy. 」などと答えてもかまいません。 しかし、 「雨が降っている」「雪が降っている」「嵐が吹いている」など、事象が現在進行形で起こっている場合は「It's rainy. 」「It's snowy. 」「It's stormy. 」と言う人はほとんどおらず、代わりに「rain」「snow」「storm」をing形にして答えるのが一般的です。 現在進行形で「今まさに雨が降っているよ」というニュアンスがing形の回答には含まれています。 例えば、 How is the weather in Tokyo, today? 東京の今日の天気はどうですか? と聞かれたら、 It's raining today, so I've been at home all day. 雨が降っています。 だから1日中家にいます。 というように答えます。 目の前で雨が降っているのであれば「It's rainy. 」ではなく、「It's raining. 」と答えるのが自然です。 最後に注意事項ですが、「the weather」というように必ず冠詞「the」を付けるようにしてください。 次は、人に何かお願いをするときに使う英会話表現を紹介していきます。

次の

英語で天気を聞く文で、「今日の天気はなんですか。」と言う時、...

今日の天気は どうですか 英語

やさしい英会話の表現練習問題の解説です。 練習問題の解答後に参照してみてください。 問題文です 1. was the weather like? (天気はどうですか) 2. It was. (曇りでした。 ) 3. like? (天気はどうでしたか。 ) 4. It was. (雪でした。 ) 5. (天気はどうでしたか。 ) 6. It was. (雨でした。 ) 解答です 1. What 2. cloudy 3. What was the weather 4. snowy 5. What was the weather like 6. rainy 解説です 天気についての問題です。 その日の天気を聞くときの表現と、天気の答え方です。 ( )の中に入る適当な語句だけを入れていきます。 問題1について 問題文にはwas the weather like? が置かれています。 天気の聞き方の形は決まっています。 本文では次のような形でした。 What is the weather like? そこで解答は次のようになります。 What この問題では「天気はどうでしたか。 」と聞いているように過去形の文にします。 そこで解答としてはWhatだけですが、文としては次のようになります。 What was the weather like? 問題2について 天気について答えるところです。 曇りを表すのはcloudyですので、ここではcloudyだけを入れます。 また答えるときはIt is ~とします。 この場合は過去形にしますので、isはwasにします。 解答はcloudyですが、文として考えると次のようになります。 It was cloudy. 問題3について この問題も天気について聞く文を作ります。 形は決まっていますが、問題文ではすでにlike? だけが置かれています。 文として考えると次のようになります。 What was the weather like? 問題4について 天気についての答えです。 ここでは雪を表す語句をいれます。 雪はsnowyです。 文として考えると次のようになります。 It was snowy. 問題5について 3度目の問題です。 聞き方は同じです。 問題文では「? 」がすでに置かれています。 これ以外の語句をいれて、文を完成させてください。 What was the weather like? 問題6について 天気についての答えです。 ここでは雨をあらわす語句を入れます。 雨はrainyです。 文として考えると次のようになります。 It was rainy.

次の