住 信 sbi ネット 銀行 メンテナンス。 【住信SBIネット銀行】個人事業主の銀行口座おすすめは?屋号はつけられる?名義はどうなる?その3

SBI証券の定期メンテナンス時間とメンテナンス時間の確認方法

住 信 sbi ネット 銀行 メンテナンス

スポンサーリンク 5秒落ち着いて読めば詐欺メールであることは分かる そもそも、冒頭のようにメールのタイトル画面をチェックする人は少ないでしょう。 私はふと違和感を感じたので確認しましたが、ほとんどの人は確認などせずにメール本文を開くと思います。 (2015年11月28日更新)「住信SBIネット銀行」のシステムが安全性の更新がされたため、お客さまはアカウントが凍結? 休眠されないように、直ちにアカウントをご認証ください。 以下のページより登録を続けてください。 URL --Copyright C 2015 SBI Sumishin Net Bank-- この文面からさっそくいくつか変なポイントが見て取れます。 冒頭の挨拶がない 住信 SBI ネット銀行さんからいただくメールには「いつも住信SBIネット銀行をご利用いただき誠にありがとうござ います。 」というご挨拶があります。 「こんにちは!」なんて軽い挨拶はないでしょう。 日本語が変 微妙に日本語が変ですね。 半角の「? 」とかいかにも文字化けしたような感じで怪しさ満点です。 というかそもそも内容が変 銀行のシステム更新のせいで、勝手にアカウントの凍結やら休眠がなされるはずがありません。 以上より、このメールは正式に住信 SBI 銀行から来た可能性が限りなく低いことが分かります。 URL をクリックする前に、ほんの少し、5秒見直すだけで分かることですね。 違和感を感じたら次にネットで検索してみる 次にやること。 それは同様の事案が他で発生していないかどうかを確認することです。 つまりググッてみよう! メールに記載されていた URL で検索すると・・・ すでにいくつかそれらしいページがヒットしました。 確認してみると、今回のメールとまったく一緒であることが分かります。 違和感を感じたものの、自分だと判断がつかない。 そうした時はやはり検索をかけてみて、同様の事案がないかどうかを必ず確認してみましょう。 すぐに動かず次の情報を待ってみる 今回の偽メールを受け取った当日夜、さっそく本物からもちゃんとメールが来ました。 もちろん宛先は登録しているメールアドレス宛。 なんというか、もう全然違いますよね。 これで安心して最初の偽メールはゴミ箱へポイしちゃいましょう。 【真似しちゃダメ】フィッシングサイトにアクセスしてみる ただこれで終わるのも当たり前でつまらないですね。 メール記載の URL に正面からアクセスしてみます。 URL から漏れる個人情報など知れたもの 今回のこの URL について。 たとえば架空請求系のメールの場合、URL の末尾に個人情報が隠されています。 個人情報とは電話番号やメールアドレスを言います。 そしてその URL をクリックすると「その個人情報が生きている」ということが相手に認識されてしまいます。 使われている番号であることが分かれば、あとは数打つだけ。 ただ逆に考えると、そんな情報しか含まれていないということです。 電話番号が知られようがメールアドレスが知られようが、最悪でもそんなこと程度しか発生しません。 ではレッツゴー。 残念ながら?1日でサイトへのアクセスはできなくなっていた では URL をクリックしてサイトに飛んでみます。 おっと、すでにフィッシングサイトとしてブロックがなされていました。 4種類のブラウザで確認しましたが、いずれも同様。 仕事が早いぜ。 しかしもう少しあがいてみましょう。 警告を無視して先に進めば、詐欺サイトを拝見できるかも。 残念でした。 こちらもやはり別のブラウザで確認しても同様でした。 スクショ取ってないのが痛いですが、ぱっと見は完全に住信 SBI ネット銀行そのものでしたね。 ユーザー ID とパスワードを入力する欄がありましたので、そのまま進んでしまうと口座情報やら住所氏名、さらにはクレカ情報やらの登録を促されたことでしょう。 なお実際にアクセスしてみると、URL も偽装されていたことが分かりました。 ちなみに、「へー、うまく作るもんだ」と感心しつつ、トップページに戻るべく偽サイトのロゴ部分をクリックしたら、 中国語で404エラーが返されました。 詰めが甘いーw.

次の

住信SBIネット銀行の口座解約の方法を解説!手順や注意点と準備するもの!|解約救急車

住 信 sbi ネット 銀行 メンテナンス

携帯電話・PHSから 有料• 番号をお確かめのうえ、お間違えにならないようご注意ください。 受付時間• 詳細は「サービスメニュー詳細」でご確認ください。 お客さまのご質問内容によって、オペレーターが対応する場合と、自動音声(IVR)で対応させていただく場合があります。 お問合せフォームでの受付とさせていただく時間帯にお電話いただいた場合、ショートメッセージにてお問合せフォームのURLをご案内しますのでガイダンスの内容に沿って、携帯電話番号のご入力をお願いします。 なお、ショートメッセージは(0570-001-646)からお送りします。 お問合せフォームでの受付とさせていただく時間帯にお電話いただいた場合、ショートメッセージにてお問合せフォームのURLをご案内しますのでガイダンスの内容に沿って、携帯電話番号のご入力をお願いします。 なお、ショートメッセージは(0570-001-646)からお送りします。 視覚障がいのあるお客さま およびそのご家族さま このお電話では、視覚障がいのあるお客さまおよびそのご家族さまからのお問合せを受け付けしております。 その他のお客さまはカスタマーセンターもしくはお問合せフォームからお問合せください。

次の

ATMのご案内

住 信 sbi ネット 銀行 メンテナンス

フィスコ企業リサーチレポーター馬渕磨理子です。 欧州ではECB理事会が債券購入プログラムの買入れ増額を決定するなど予想を上回る積極的な緩和姿勢が示されたことで、ユーロも対ドル、対円で上昇しました。 また、先週末に発表された米5月雇用統計では、非農業部門雇用者数が大幅な増加を記録し失業率も低下するなど米労働市場の回復を示す結果が示され、ポジティブサプライズとなりました。 さて、今週のマーケットはどうなるのか?チェックすべきポイントについて住信SBIネット銀行の「ウィークリーレポート」を見てまいりましょう。 ユーロについては『先週末にそれまでのユーロの対ドル、対円での上昇が一服したことや米国の労働市場の想定を上回る急速な改善もあり、上値の重い値動きが継続するかもしれません』と伝えるほか、『先週のECB理事会で一旦の材料出尽くし感のほか、先週末6月5日にはドイツ、オーストリアでの国債増発に加え、ドイツでは年内新たに300億ユーロの調達を示唆する報道も聞かれるなど供給過多がユーロの上値を抑制する可能性もあり注意が必要です』という見方も紹介しています。 ポンドについては、今週は『6月12日に英4月の鉱工業生産小売売上高のほか、4月の貿易収支の発表があり、英国の景況感に底入れ期待が高まるか注目されます』と伝えるほか、『離脱交渉や英中銀の金融政策を巡り、ネガティブな材料が示されなければ先週から続く、対ドル対円での日足・転換線を下値支援とする堅調地合いを継続する可能性もあるかもしれません』と考察しています。 参考にしてみてくださいね。 上記の詳細コメントは、住信SBIネット銀行サイト内の「ウィークリーレポート」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。 フィスコ企業リサーチレポーター 馬渕磨理子 《CN》 当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。 掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。 記事の無断転載を禁じます。 当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。 当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。 当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。 当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。 提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。 情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】 0 : 0• narrow-browser-and-phone• medium-browser-and-portrait-tablet• landscape-tablet• medium-wide-browser• wide-browser-and-larger• medium-browser-and-landscape-tablet• medium-wide-browser-and-larger• above-phone• portrait-tablet-and-above• above-portrait-tablet• landscape-tablet-and-above• landscape-tablet-and-medium-wide-browser• portrait-tablet-and-below• landscape-tablet-and-below.

次の