エロ 未成年。 「成人向け同人誌」ほしがる未成年 ルール違反みかけたサークル参加者「節度を守って」

未成年とのエロメール

エロ 未成年

代理購入まで側の手は及びません。 法律・条例に違反してるか取り上げて欲しいです」 を制作しているというの50代女性から、コムの公式に取材依頼が寄せられた。 女性はこうしたについて、「どうしてもその作品が欲しいから、悪気なくこうした行為に走るのでは」と想像する。 取材を進めると、成人向けを作るからは「どう対処するのが最善か、の度に考えています。 この問題は多くの成人向け作品を出してるが常に抱えています」という声が聞こえて来た。 代理購入、目の当たりに 「万が一なにか起こったときには、の世界。 側も気をつけているけど、これまでを好きな人たちが、頑張って作り上げてきた文化を崩すのはとても簡単だと思います」 こう話すのは、で「代理購入」を目の当たりにしたことがある参加者の。 は、で成人向けのを頒布していた。 表紙にであることを明示し、中身も性器の一部を黒ベタで修正している。 は、30〜40代くらいの女性にを販売したが、その後、少し離れたところにいたくらいのに本を渡す姿を目撃。 は、のの中身を確認した上で、にしまったという。 購入する人も次々に来る中、席を立つこともできず、はその場から手招きして女性を呼んだが、去って行った。 「信頼関係で成り立っている」 は「わいせつな文書、図画、電磁的記録」などを配ったり、公然と陳列したりすることを禁止している。 多くのの要項では刑法上の「わいせつ」(1項)に抵触するの頒布は禁止されており、商業誌と同様に、性器の露骨な描写などには黒ベタなどの修正が施されている。 また、刑法上の「わいせつ」にあたらない場合でも、地域の青少年条例のにあたる場合もある。 の青少年条例では、性的感情を刺激する図書などを青少年に頒布、販売、閲覧などさせないように努めるよう定められている。 国内最大規模の「()」が参加者向けに送っている冊子「」にも、青少年条例の対象となるものについては「か判断がつきにくい場合には身分証等で年齢確認を行い、には販売、頒布、閲覧等をさせないで下さい」と記載がある。 が別ので売り子をした際には、成人向けの本を頒布していると分かった上で未成年が買いに来ることもあった。 そこで身分証の提示をお願いしたところ、買うのをやめた人もいたそうだ。 「自分で年齢確認される立場とわかっている人は身分証を持って来ますし、大体の人はを守ってやっている。 お互いに迷惑をかけないために、節度を守っている」 「誰かに頼んで買ってもらいたいほど、読みたい気持ちも。 でも、作者への敬意があるなら、は守ってほしい。 の即売会は、信頼関係で成り立っていて、皆が注意しあってやってきた。 結局は気遣いの問題だと思っています」法的には? こうした行為は法的に問題ないのだろうか。 鐘ケ江啓司は「この問題で適用が考えられるのは、青少年健全育成条例と、刑法の詐欺罪」だと話す。 「ただ、例えばの青少年健全育成条例については、指定図書でないの販売等の禁止はあくまで努力義務のため、購入者や販売者、代理購入業者に犯罪が成立することはありません。 また、詐欺罪も財産上の損害がない場合には、詐欺罪は成立しないなどと言われることもあり、未成年が成人と偽って成人向け雑誌を買うような事例も実務や学説で、詐欺罪が成立しないと想定されています」 一方で、が代理購入業者には販売しないといった対応をとることも、法的に問題はない。 鐘ケ江は「誰に売るかはが決めることです。 運営者やが自主を定めて運用していくことが適切な対処でしょう」と話した。 運営側「自分のをしっかり見てもらうことが第一」 運営側は、どう考えているのだろうか。 「売られた後まで全て責任をとるというのは難しい。 がせめてやれることは、作品がに該当するか判断することと、自前に来たの参加者に閲覧・頒布しないように配慮することの2点です」 の頒布責任についてこう話すのは、「CITY」などを運営する「赤ブーブー通信社」()の頒布物担当者だ。 HPでも「について考えよう」と発行時の注意点をまとめ、の頒布責任について「一旦の手許から離れたは、そのの所有者が管理者として家庭内においてもの者に閲覧させないように努力する必要があります」と記載している。 ここ十数年、代理購入について具体的に相談されたことはないと言い、「参加者側の意識は相当高い。 だからこそ、を守らない人が目立つのかもしれない」とみる。 「参加者には自分のをしっかり見てもらうことが第一です。 なら悪質なを特定できれば、その人にに来ないでくださいなどの通告や個別の対応が可能で、代理購入だけで全体が崩れることはないと思っています」 それよりも運営側として注意しているのは、作品を置いたままが無人になることだ。 席を離れる場合は、による立ち読みを防ぐため、机の下に隠したり、布を被せたりするよう徹底してほしいと話す。 の入場時に運営側として全員に年齢確認を行うのは物理的に難しく、赤ブーブー通信社では、作品を置いたまま席を外しているを見かけた場合、一時的に販売停止の札を貼っている。 「水際で止められることこそが即売会の強みです。 これが守られなければ、を区分けしたり、1冊ずつ袋に入れてもらったりしなければいけなくなります。 参加者にも一般参加者にも負担となり、今の即売会の形がガラッと変わる可能性があると思います」 は、自分たちでを作り、秩序を保ってきた歴史がある。 何か問題がおきればを余儀なくされる恐れもあり、好きなものを守るために主催者や側は入念な対策をしている。 すべての参加者が人に迷惑をかけない範囲で楽しむことが大前提だろう。 「成人向け同人誌」ほしがる未成年 ルール違反みかけたサークル参加者「節度を守って」 関連ニュース•

次の

【小出恵介】未成年の相手女性の画像あり!LINE流出!17歳のシングルマザーだったとは~

エロ 未成年

1審では「罰金10万円」の有罪判決だったが、2審では一転して、無罪判決となった。 報道によると、元店員は4月、大手「」の内の店舗で、パネル式の年齢確認で「私は20歳以上です」のを押した少年に対して、2箱を販売した疑いが持たれていた。 争点になったのは、元店員がを売った相手について、未成年と認識していたかどうかだ。 1審の丸亀簡裁は「少年は頬ににきびがあり、あどけない顔で、一見してとわかる顔立ちだった」などとして、罰金10万円の有罪判決を下した。 しかし、高松高裁は「元店員が少年の顔を見た時間はきわめて短時間」「少年は身長約167で成人であってもおかしくなく、制服も着ていなかった」として、未成年と認識していたと認めるには合理的な疑いがあると判断した。 今回の逆転無罪判決をどうみたらいいのか。 刑事事件にくわしい荒木樹に聞いた。 罰金といえども、刑事罰ですので、処罰するにあたっては、刑法の一般原則にしたがう必要があります」 荒木はこうた。 どのような原則なのだろうか。 「刑法では、『罪を犯す意思(故意)がない行為は罰しない』と規定されています(刑法38条)。 犯罪として処罰するには、検察官が、犯罪の成立を立証する必要があります。 『故意』が存在することについても同様です。 未成年にを販売した店員については、どうだろうか。 「(1)を販売した相手がであることと、(2)相手がを使用することについて、それぞれ認識していることが必要です。 検察官がこれらの点を立証できなければ、『故意』があるとはいえません。 また、検察官は、有罪の立証にあたって、証拠に照らして合理的な疑いを持たない程度に立証しなければなりません。 「おそらく、店員側は裁判で、『を販売した相手がだとは知らなかった』と弁解したと思われます。 このような場合、検察官は、他の証拠から店員に『故意があった』と立証しなければなりません。 今回のについてざっくりといえば、1審判決が『顔立ちから未成年だとわかる』と結論づけたのに対して、2審判決は『短時間しか見ていないのであれば、未成年だとわからないかもしれない』という結論に至ったと思われます」 未成年に対するの販売規制は、今後どうあるべきだろうか。 「刑事罰で規制しようとすると、刑事裁判の原則上、どうしても立証のが高くなり、かえって運用がむずかしいという面があります。 個人的には、たとえ不注意であっても、未成年にを売った店に対する注意・指導などの『行政的規制』を課すことができる法律の制定も、考えるべきではないかと思います」 荒木はこのように述べていた。 (コム) 【取材協力】 荒木 樹(・たつる) 釧路会所属。 検事任官、東京地検、札幌地検等の勤務を経て、退官。 出身地であるで荒木法律を開設し、民事・刑事を問わず、地元の事件を中心に取扱っている。 jimdo. 未成年にタバコを売ったけど・・・元コンビニ店員はなぜ「逆転無罪」になったのか? 関連ニュース•

次の

中高生・未成年のみなさんへ

エロ 未成年

中高生・未成年のみなさんへ ツイキャスはご存知の通りインターネットを利用しています。 意識してもしなくても、インターネット上に動画、映像、文章などアップロードすることは インターネットを利用できる世界中のすべての人がそれを見られるということです。 友達同士で使っていても、実は知らない人たちが見ている、見ることが可能なのがインターネットです。 インターネットおよびツイキャスを利用するにあたり、 こんなことはみなさん自身に危険が及ぶ、また、 みなさんが他の人を傷つけたり、他の人の権利を侵害してしまうかもしれない。 そんな注意点をまとめてみました。 公共の場所とはちょっと違うかもしれませんが、 実はそれよりもっとたくさんの人が見ることができるインターネット。 自分の身も人の権利や心も守って、より良く楽しく使っていきましょう。 録画を公開する時の注意 上にも書きましたが、インターネットに動画など情報をアップロードするというのは、他の人、インターネットを利用できる人すべてがそれを見ることができるということです。 一度アップロードしたものは、すぐ削除すれば大丈夫、と思うかもしれませんが、削除する前に他の人が保存したり、コピーしたりしているかもしれません。 ツイキャスは現在公式では動画をダウンロードする機能はありませんが、技術を持った人や工夫すれば可能です。 考えたくないかもしれませんが、もしかしたら知らない内に他のwebサイトにアップロードされて出回ることもありえます。 公開してよい録画か、一度考えてから公開しましょう。 個人の住所や所属が特定できる情報を、簡単にさらさない、教えない 知らない人に勝手に家の場所や学校が知られたり、調べられたりしたら怖いですよね? 自分から文章(プロフィール、コメントなど)で提示するのはもちろん、配信の時に自宅が特定できるような映し方もしないように出来るだけ気を付けましょう。 【気を付けるもの】 - 住所や家、近所の様子、外観がわかるもの - 電話番号 - メールアドレス - 学校の名前・LINEのIDなど ラジオ配信や合言葉の設定の機能 そうは言っても映像だと不意に他のものが映ってしまうかもしれない、 それか知ってる人にだけ見られるなら問題ないじゃない、 そんな時はラジオ配信、合言葉をつけての配信をおすすめします。 もう知ってるかもしれませんが、ラジオ配信は写真などの画像、静止画を表示して声だけを配信、 プライベート配信は、合言葉を自分で設定して、その合言葉を知っている人だけが配信を見ることができます。 自分の顔を映すのはちょっと抵抗がある、動画ではしにくい状況、まったく知らない人に見られるのは嫌だ、 そんなときはこれらの機能を使ってみてください。 学校からの配信 最近学校の中の様子を配信する人が増えています。 とても楽しそうな様子が伝わってくるのですが、一方で授業中に配信したり、もしかしたらツイキャスに映りたくない他の子まで映ってしまっていることがあります。 とりあえず、授業中はきちんと授業に集中しましょう。 そして映す内容など、ちゃんと周りに配慮をしましょう。 休み時間など、授業時間外でも配信することは、大人の方は良くないと思う人も多いかもしれません。 でもそれは、周りに配慮できているか、もしくは学校によっては先生方が良いとされるかによって変わってくると思います。 なので学校から配信したいときは、そんな点を考えたり訊いたりして、ツイキャスをして良い時か場合かを考えてみてください。 時にはちゃんと先生に相談しましょう。 性的な配信 これはツイキャスではもちろん禁止しています。 もし面白そうだなと思ったら、今まで書いたリスクをもう一度だけ 考えてみてくださいね。 ツイキャスでは規約に違反した配信はなどを行う場合があります。 お風呂からの配信 お風呂からの配信は、本当に危険で、普通の人はやりません。 お風呂配信を見に来る人たちは、エロ目的がほとんどであり、アブナイ人達や怖い人達も多く含まれていて、ストーカーなど犯罪に巻き込まれる危険でいっぱいです。 お風呂配信をしていると、ネットの掲示板で晒されて拡散されるので人が来ます。 知らないうちに名前や学校、写真なども流出しているケースも多くあります。 身体が映っていなくても、こういった危険性は変わりません。 録画を残さないようにしても、画像を撮って残している人たちがいますので、後々まで嫌な思いをしなければならなくなるリスクがあることを忘れないでください。 お風呂からの配信は、本当に危険ですので、普通の人は絶対にやりません。 その他、気になったことなどあれば是非お気軽にくださいね。 ツイキャスではみなさんが安心して楽しめるよう日々頑張ってます。 みなさんもルールを守って楽しくつかってくださいね。 保護者のみなさまへ わたしたちは「ツイキャス」という動画配信サービスを提供しています。 たくさんの方々に利用して頂き大変嬉しく思っておりますが、使用していただいている方々の中には、未成年の方も少なくありません。 インターネットが利用された様々なトラブル、事件が聞こえる昨今、また動画配信というサービスの特性上、 わたしたちの提供するサービスももちろん例外でなくその可能性をはらんでいます。 まだネットのリテラシーが浸透していない未成年の方々をお守りするための わたしたちのの日頃の取組について説明させて頂ければと思い、この文を掲示しております。 ツイキャスとは何か ツイキャスとは、簡潔に言うと、動画をPCまたはスマートフォンより配信、またそれを閲覧する、というサービスです。 ユーザーは見ている配信に対してコメントなどを投稿することができ、配信者は配信をしながらその場でコメントを読むことができます。 リアルタイムで双方向のコミュニケーションをとることができます。 どのようなことにお子さんたちは利用しているか ツイキャスは芸能人の方や政治家などにも利用して頂いていますが、 中高生の方は主に、自分の日頃の出来事を話す、またそれを聞く、離れたところにいる友達に向けて楽しんでいる様子などを送る、 女の子は、流行のメイクを練習している様子を配信してその感想を聞く、などさまざまな目的で使って頂いています。 基本的には、楽しいことやその雰囲気の共有、いろんな出来事や感情の分かち合いというのが主だった使い方となっています。 未成年の方々への啓蒙 先の文章にも書きましたが、インターネットは利便性と同時に危険性もはらんでいます。 また、動画配信という特性上、どうしても個人情報などの漏えい、 それによる事件やトラブルの発展、など心配されるのはもっともと思われます。 まず、ツイキャスは未成年の方に向けてトップページに本ポリシーを掲載しております。 主にインターネットの特性やその危険性、その上で注意してほしいことをまとめてあります。 特に、個人情報を漏えいしないように注意を促しています。 ・身元がばれることを口頭で言わない(学校名、住所、その他の電話番号やメールアドレス、LINEのIDなど) ・制服・家の外観などを映さない など ツイキャスの監視体制 1. 公序良俗に反する配信、コメントの利用停止 ツイキャスでは、配信している動画を常時モニタリングし、公序良俗に反する映像の配信やコメントがあった場合には利用停止、または禁止にする措置をとっています。 利用者による配信、コメントの通報機能 ツイキャスの配信には、配信をしている方や配信を見ている方が公序良俗に反する映像やコメントを通報する機能がございます。 ここで報告された映像やコメントはツイキャスの運営事務局がすべてチェックし、公序良俗に反すると判断された場合には 利用停止、または禁止にする措置をとっています。 詳細に関しましてはをご覧頂けますと幸いです。 映像以外のコミュニケーション ラジオ配信や合言葉の設定の機能に関して映像を不特定多数に配信することに抵抗がある方には、ツイキャスではやラジオ配信、 合言葉をつけての配信をおすすめしています。 ラジオ配信は写真などの画像、静止画を表示して声だけを配信するネットラジオのような機能です。 また、プライベート配信は、合言葉を自分で設定して、 その合言葉を知っている人だけが配信を見ることができる機能です。 不特定多数の方に見られる、顔や周りの様子を見せるのが心配、という方にはこれらの方法をご利用いただいています。 運営について いくら予防策を講じても、心配が尽きないのはもっともと思われます。 その場合、すぐにお子さんにインターネットの利用を禁止するのではなく、リテラシーについて教えながら、危険性を減らして楽しむ方向に促して頂けないか、というのがツイキャスの想いです。 ツイキャスを楽しんでくれている子たちが、何に楽しさを感じているのか、よかったら聞いてみて頂けないでしょうか。 ツイキャスはただ動画を配信するだけではなくて、それを見た人がコメントをしたり、画像に表示されるアイテムを送って、面白いよ、応援してるよ、楽しいよ、などの反応が返ってきます。 また、見ているだけでも、同年代の子が最近あった話や何気ない話をするのを聞くことに楽しみを感じていただいている場合もございます。 インターネットというものがここまで普及した現代、インターネットとうまく付き合って、正しい使い方に導いていきたい、また導いて頂きたい、というのがツイキャスの想いです。 ツイキャスの楽しさや危険性などをご理解いただいた上で、お子様に安心、安全な使い方を教えていただけますと幸いです。 わたしたちツイキャスも、安心して楽しんで頂けるよう、日々頑張って運営をさせていただきます。

次の