マトリックス 監督。 あの「マトリックス」が帰ってくる『マトリックス4』の製作が決定!

新作『マトリックス4』について徐々に明らかに!内容にまつわる様々な”仮説”も浮上?

マトリックス 監督

ラナ・ウォシャウスキーとリリー・ウォシャウスキーのウォシャウスキー姉妹は、キアヌ・リーブス主演による『マトリックス』を監督。 同作は2作の続編とスピンオフアニメーション作品をはじめ、何作ものゲームが展開されるなど世界観の広がりを見せた。 さらに日本のアニメ「マッハGoGoGo」を実写化した『スピード・レーサー』や『クラウド アトラス』などの意欲作で、常に新たな映像世界を見せ続けたきたウォシャウスキー姉妹。 その原点ともいえるのが、2人が初監督を務めた本作だ。 窃盗で捕まったコーキー(ジーナ・ガーション)は5年の刑期を終え出所し、マフィアのメンバーが所有するアパートの空き部屋改修を任される。 隣の部屋には組織のマネーロンダリングを担当する幹部のシーザー(ジョー・パントリアーノ)とその情婦のバイオレット(ジェニファー・ティリー)が住んでいた。 コーキーと出会ったバイオレットは彼女を一目見て気に入り2人は深い仲となる。 そんななか、組織の会計士の200万ドル横領が発覚。 シーザーの部屋で会計士の拷問が行われる。 その様子に嫌気がさしたバイオレットは、コーキーにシーザーと別れたいからその金を奪い逃げようと持ちかける。 彼女に惹かれてはいたがマフィアの恐ろしさもよく知っていたコーキーは躊躇するが、取り返した金の受け渡しの話を聞いてある計画を思いつくのだった。 2人はマフィアの金を奪い逃げ切ることができるか…という物語。 出演はバイオレット役に『ライアー ライアー』などのジェニファー・ティリー。 コーキー役に『ドリヴン』のジーナ・ガーション。 シーザー役に『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』のジョー・パントリアーノ。 ラナ・ウォシャウスキーは昨年『マトリックス』シリーズの新作を製作することを発表。 キアヌ・リーブスとキャリー=アン・モスが再びネオとトリニティーを演じるという。 同作の今後に期待が高まるなか、公開当時世界に衝撃を与え、いまなおその新鮮さを失わないシリーズの原点を改めてじっくり味わいたいところ。 《笠緒》.

次の

『マトリックス』ウォシャウスキー姉妹の監督デビュー作『バウンド』サタ☆シネで放送

マトリックス 監督

マトリックス The Matrix 監督 脚本 ラリー・ウォシャウスキー アンディ・ウォシャウスキー 製作 製作総指揮 アンドリュー・メイソン ラリー・ウォシャウスキー アンディ・ウォシャウスキー アーウィン・ストフ ブルース・バーマン 出演者 音楽 オリジナル 非オリジナル 撮影 編集 製作会社 配給 公開 上映時間 136分 製作国 言語 製作費 63,000,000ドル 興行収入 171,479,930ドル 463,517,383ドル 85億円 配給収入 50億円 次作 『 マトリックス』( The Matrix)は、の。 もしくは、それ以降のシリーズの総称でもあり、この映画を題材にしたのこと。 日本公開。 であるが、のファイトのテイストも含んでいる。 ストーリーの各所にや暗示を置き、やというも表現している。 従来のCGにはない、やなどのを融合した斬新な映像表現は「映像革命」として話題となった。 1999年のでは、、、を受賞。 あらすじ トーマス・アンダーソンは、大手ソフトウェア会社のメタ・コーテックス に勤めるである。 しかし、トーマスにはあらゆるコンピュータ犯罪を起こす天才 ネオという、もう1つの顔があった。 平凡な日々を送っていたトーマスは、ここ最近、起きているのに夢を見ているような感覚に悩まされ「今生きているこの世界は、もしかしたら夢なのではないか」という、漠然とした違和感を抱いていたが、それを裏付ける確証も得られず毎日を過ごしていた。 ある日、トーマスは「起きろ、ネオ(Wake up, Neo. )」「マトリックスが見ている(The Matrix has you. )」「白ウサギについて行け(Follow the white rabbit. )」という謎のメールを受け取る。 ほどなくして トリニティと名乗る謎の女性と出会ったトーマスは、トリニティの仲間の モーフィアスを紹介され「あなたが生きているこの世界は、コンピュータによって作られた仮想現実だ」と告げられ、このまま仮想現実で生きるか、現実の世界で目覚めるかの選択を迫られる。 日常の違和感に悩まされていたトーマスは現実の世界で目覚めることを選択する。 次の瞬間、トーマスは自分が培養槽のようなカプセルの中に閉じ込められ、身動きもできない状態であることに気づく。 トリニティたちの言ったことは真実で、現実の世界はの反乱 によって人間社会が崩壊し、人間の大部分はコンピュータの動力源として培養されていた。 覚醒してしまったトーマスは不良品として廃棄されるが、待ち構えていたトリニティとモーフィアスに救われる。 トーマスは、モーフィアスが船長を務める工作船「ネブカドネザル号」の仲間として迎えられ、ハッカーとして使っていた名前「ネオ」を名乗ることになった。 モーフィアスはネオこそがコンピュータの支配を打ち破るであると信じており、仮想空間での身体の使い方や、拳法などの戦闘技術を習得させた。 人類の抵抗軍の一員となったネオは、仮想空間と現実を行き来しながら、人類をコンピュータの支配から解放する戦いに身を投じていく。 登場人物 「」も参照 キャスト 役名 俳優 日本語吹き替え ソフト版 版 機内上映版 ネオ(トーマス・A・アンダーソン) モーフィアス () トリニティー エージェント・スミス オラクル サイファー タンク エイポック マウス スウィッチ ドーザー エージェント・ブラウン エージェント・ジョーンズ ラインハート 金尾哲夫 -? チョイ ドゥジュール(白いうさぎの女) 警部補 宝亀克寿 宅配便の男• ソフト版吹き替え - ・・収録 その他吹き替え - 、、 演出:、翻訳:久保喜昭、プロデューサー:尾谷アイコ(ワーナー・ホーム・ビデオ) 録音・調整:土屋雅紀、音響制作:中西真澄/米屋林太郎(プロセンスタジオ) 制作:ワーナー・ホーム・ビデオ/プロセンスタジオ• フジテレビ版吹き替え - 初回放送:2002年10月5日『』 21:05-23:39 その他吹き替え - 、、、、 演出:、翻訳:栗原とみ子(追加収録分:古瀬由紀子)、調整:金谷和美 効果:リレーション、録音:スタジオ・ユニ、制作: 2015年2月7日にで放送された際にカット部分を同一声優で追加録音したものが放送された。 その際、モーフィアス役のは故人のためが代役を務めた。 地上波放送履歴 回数 放送日時 放送局 番組名 放送時間 吹替版 1 2002年10月5日 21:05-23:39 フジテレビ版 2 2003年6月6日 21:03-23:34 3 2005年4月2日 フジテレビ 21:00-23:34 4 2008年12月20日 21:00-23:25 5 2011年6月24日 日本テレビ 金曜ロードショー 21:00-22:54 ソフト版 スタッフ• 監督:(アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー)• 製作:• VFX:(MVFX)• 音楽:• カンフーアクション指導: 作品解説 「MATRIX」という語 詳細は「」を参照 「Matrix」はの「母」を意味する materから派生した語で、転じて「母体」「基盤」「基質」「そこから何かを生み出す背景」などの概念を表す。 本作では、コンピュータの作り出した仮想現実を「 」と呼んでいる。 撮影 は()で主に行われた。 影響 作品はからのやのまで様々なものに影響を受けた上で、特にの哲学を基調としたとは語っている。 ギブスンはマトリックスを「間違いなく究極の芸術品」と絶賛してる。 「MATRIX」という言葉自体はギブスンのにも見られ、ボードリヤールの著書『シミュラークルとシミュレーション』の中にも掲げられており、これが出所となったという見方もある。 作中ではのボードリヤールの本が映るシーンも見られる。 2作目からボードリヤール本人をアドバイザーに迎える計画があったが、断られたという。 ウォシャウスキー兄弟曰く、脚本の大部分はの『 Wake Up』を聴きながら書き上げたとのこと。 映画でもエンディング・テーマに起用されており、そのバンド名やその活動自体が正にマトリックスの世界そのものとされている。 影響を受けた作品 詳細は「」を参照 出版のの著書。 監督のは『』からストーリーのヒントを得たという。 劇中でネオがチョイに渡したディスクを隠していた本がこれであり、モーフィアスが語る「現実の砂漠」の出所もボードリヤールである。 出版のの小説。 当初、監督のウォシャウスキー兄弟は『』の映画化を目指したがスポンサーがつかず、企画が変更された。 共通点は「マトリックス」という、が自我を持つ聖域の「ザイオン」、人体に埋め込んだジャックにプラグを挿してへ移動、凄腕ハッカーの主人公が恋仲になった女戦士を通じて謎の男が率いるチームに参加するというメインキャラ達の相関などである。 なお下記の『攻殻機動隊』も、『ニューロマンサー』の影響を受けたとされる。 公開の監督による映画。 人間に変装した宇宙人たちによって知らぬ間に支配されている世界が舞台であり、主人公はふとしたことから入手した特殊なサングラスを通して宇宙人の変装を見破れるようになり、その状況を暴露するために奔走するという内容。 人類がなにものかに知らぬまま支配されているという点が共通している。 原作:、監督:による。 製作のが「監督のウォシャウスキー兄弟が私に『攻殻機動隊』を見せて、俳優による実写で映像化したいと言った」と明言しているように 、この作品からされた。 オープニングの黒い画面にグリーンの文字が流れる通称「」 、後頭部にプラグを挿す、ビルの屋上に着地した際に地面のコンクリートがめくれ上がる、ロビーでの銃撃戦で柱が粉砕される、市場での銃撃シーンでが被弾して割れる、全裸で水溶液に浸かる人間などが共通している。 ウォシャウスキーらが監督の押井守と面会した際、マトリックスの企画が攻殻より前であることを主張されたという。 押井は自作も他作品の演出を拝借していると言い、気にしていなかったという。 なお、押井はマトリックスがあまり好きではなく、自分の演出が実写になるとこれほど恥ずかしいものだったのかと思い知らされ、恥ずかしかったと語っている。 原作・監督:によるアニメ映画。 マトリックスに影響を与えたとされる。 原作・監督:によるアニメ映画。 アクションシーンの表現に影響を受けたとされる。 ウォシャウスキー兄弟とマトリックスのスタッフが好きなアニメの一つとして知られ 、ウォシャウスキー兄弟が製作で参加した『』にも影響が見られる。 映画監督。 サングラスと黒いロングコートにというスタイル、を多用した銃撃戦、銃を複数用意して弾が切れたら再装填せずに捨てて次を抜く、激しい銃撃にコンクリートの壁が崩れるなどの描写は、ウー監督が得意とするガンアクションの演出と酷似している。 映画俳優。 カンフーアクションの際の手足の動きや顔の表情などに、リーの影響がある。 「考えるな。 感じるんだ」という台詞は、リーの代表作『』で使われた言葉。 映画俳優。 キアヌ・リーブスはマトリックスに出るための準備として見た『』『』『』によりジェット・リーを知りスタイルのヒントになったという。 またマトリックスでカンフーアクションの指導を行ったは上記の3作に関わった人物でもある。 DVD 2000年に発売されたDVDは、3種類のパターンのDVDが順番に発売された。 3種類ともジャケットのパターンが異なる。 コメンタリーはとが担当、コーネル・ウェストは劇中に出演もしている。 当時はまだDVDプレイヤーが普及する前で、日本全国でも十数万台しか再生機器が流通していない状況であり、今作のDVDは同時期に発売されたの売り上げに大きく貢献(一気に百万台以上の再生機器が発生したことになる)、DVDプレーヤー普及となるキラーコンテンツの一つとなった。 以前のDVDはメインメニュー画面が4:3だったが、この映画のDVD発売を境にメニュー画面も16:9となり、ワイドテレビ対応になった。 これらのうち2種類を購入した人を対象として、抽選で2,000名に「特製ケース付きオリジナル(全3種類のうち1種類)」が当たるキャンペーンが行われた。 マトリックス コレクターズ・ボックス完全英語版 特製ボックスにオリジナル台本や特大ポスターなどのグッズが封入された豪華版。 本編DVDは日本語吹替え、日本語字幕なしの完全英語版。 マトリックス 特別版 本編に加え、映像特典を追加した特別版。 マトリックス ROM対応特別版 特別版の内容にROM特典を追加した内容。 主にPC向けの特典。 日本語吹替えが未収録の代わりにコレクターズ・ボックス完全英語版に収録されていたサウンドトラックを収録。 関連作品 オリジナルビデオ• The Animatrix 劇場映画• The Matrix Reloaded• The Matrix Revolutions ゲーム• には映画をモチーフとしたゲーム『 』が発売された。 『マトリックス リローデッド』の内容と密接に関連している。 米国社は、『マトリックス レボリューションズ』後の世界をモチーフにしたネットゲーム『 The Matrix Online』のサービスを展開している。 12月には『 』が発売された。 脚注 []• 現・ウォシャウスキー姉妹• 2009年12月12日閲覧。 映画ランキングドットコム. 2018年8月12日閲覧。 社団法人日本映画製作者連盟. 2010年4月6日閲覧。 が実在する。 「」ではなく原理的な意味でと表現するべきという動きもあるが、現実のアメリカのセキュリティ企業やハッカーグループの多くはクラッカーよりもハッカーを圧倒的に多く使っており、コンピューターに侵入する意味でハッキングと呼びそれを行う人間をハッカーと呼称するのはしばしば日本では誤解されているが決して誤用ではない• このコンピュータの反乱については、『』を参照。 The Matrix is arguably the ultimate "cyberpunk" artifact. —William Gibson, 2003-01-28, , The William Gibson Blog• Taking the Red Pill: Science, Glenn Yeffeth, p. Joel Silver, interviewed in "Making The Matrix" featurette on The Matrix DVD. もっとも、攻殻機動隊はアラビア数字が横方向に流れるが、マトリックスは仮名が縦方向に流れるという相違もある。 Rose, Steve 19 October 2009. "Hollywood is haunted by Ghost in the Shell". The Guardian. 勝つために戦え!〈監督ゼッキョー篇〉p. 312• 勝つために戦え!〈監督ゼッキョー篇〉p. 318• , Official Website 1999年11月6日. 2012年9月28日閲覧。 アニマトリックス 特典映像 Scrolls to Screen: The History and Culture of Anime• Cyber Keanu by J. Bondy - Keanu Reeves on Matrix - interview, making-of article 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - (英語)• - (英語).

次の

『映画マトリックス4』監督ウォシャウスキー姉妹は性転換?兄弟じゃないの?

マトリックス 監督

今年の8月にワーナー・ブラザースは、シリーズ3作を手掛けたラナ・ウォシャウスキーが監督、脚本&製作総指揮をする新作の製作を発表。 さらには主人公のネオを演じたキアヌ・リーヴスと、トリニティ役のキャリー=アン・モスも同役で続投すると発表し、ファンは大喜びした。 モーフィアス役を演じたローレンス・フィッシュバーンが再び出演するかどうかは、未だ発表されていない。 再び原作の登場人物を蘇らせて、優れた才能のある友人たちと仕事ができて光栄です」とだけコメントしている。 『マトリックス』は公開された当時、現実の真偽を題材にしたことで、実体二元論や組織社会の陰謀論を観客に問いかける、画期的な哲学作として讃えられた。 第1作目から20年たった現代においても、これらのテーマに観客が共鳴することは間違いない。 当時は斬新だったコンピュータと人類の意識の交差というコンセプトも、現代ではウォシャウスキー監督が創造する世界をより高度なビジュアルで描けるテクノロジーが揃っている。 【写真を見る】欠かせないキアヌ、キャリーほか新メンバーも!? ネオもトリニティも、過去作のストーリー中で既に「死滅」したことになっているのだが、撃たれても復活する能力があるネオを劇中で復活させる方法は、複数あるだろう。 シリーズ過去3作では、ネオの肉体に生きた脳がないと、バーチャル・リアリティーには行けない設定になっているが、本作ではマトリックスのコンピュータの記憶階層に保存されていたネオの「意識」が蘇り、映画『ジェミニマン』 公開中 のウィル・スミスのように、キアヌ・リーヴスをCGで若返らせて、7人目の救世主として登場させることも考えられる。 脚本は、ウォシャウスキー監督に加えて、『クラウド アトラス』 12 の原作者デヴィッド・ミッチェルと、小説「ノーホエア・マン」で知られる、作家のアレクサンダル・ヘモンが共同執筆する予定。 新作も内容の濃いストーリーが期待できそうだ。 「マトリックス4 仮題 」の公開日は正式に発表されていないが、 来年シカゴで撮影が開始される予定。

次の