硝酸 イオン イオン 式。 イオン式一覧

「化学式,硝酸イオン」に関するQ&A

硝酸 イオン イオン 式

[ ]内はすべて数値が入ると思って結構です(ここに入れる数値はmM濃度ではなくM濃度で表した数値であることに注意して下さい) 1)10ミリモル(mM の硝酸、すなわち0. 010Mの硝酸では水の寄与は無視できのでKwなどは無関係。 しかもこの硝酸は完全解離している [硝酸]ー>[水素イオン] +[硝酸イオン] 硝酸から0. 01M濃度の水素イオンを出していると理解して下さい [水素イオン] = 0. 01 M 2) ここでpHの定義式を使います pH = -log[水素イオン] 教科書の例題なども参考にして下さい。 それでもすっきりしない場合は恥ずかしがらずに先生にお聞きになったらよいと思います。 (よろこんで教えて呉れる事間違いなしです。 ) 課題を解くことだけが目的で、問題の本質を理解しようとしてないのでは ないでしょうか。 前回の質問での 3さんの回答をよく読めば、それぞれの数字あるいはそれに 準ずるものを書いていますよ。 今まで回答している方が立式しているものってほとんど同じもの なんですが、どうしてこのような式が出てくるか自分で理解できますか? 今までの回答を見ずに式を立てられますか? 夏休みがあとちょっとで終わるからあせっているのかもしれませんが、 分からない課題なら分からないまま出せばいいじゃないですか。 上っ面だけ理解したフリをするよりも、学校が始まってから先生を 質問攻めにして分からないことを完全に解決した方が絶対に役に立ちますよ。 最近、このサイトで夏休みの宿題を丸投げしている感じの人が多いので、 あえて書きました。 この辺は教科書にも書いてあるはずなんだけどなぁ. ごく普通の表記だし. ちなみに H がイオン化したものとしては水素イオンと水素化物イオンの両方が考えられるので, 「Hイオン」だとあいまいです.

次の

硝酸イオンとは何? Weblio辞書

硝酸 イオン イオン 式

[ ]内はすべて数値が入ると思って結構です(ここに入れる数値はmM濃度ではなくM濃度で表した数値であることに注意して下さい) 1)10ミリモル(mM の硝酸、すなわち0. 010Mの硝酸では水の寄与は無視できのでKwなどは無関係。 しかもこの硝酸は完全解離している [硝酸]ー>[水素イオン] +[硝酸イオン] 硝酸から0. 01M濃度の水素イオンを出していると理解して下さい [水素イオン] = 0. 01 M 2) ここでpHの定義式を使います pH = -log[水素イオン] 教科書の例題なども参考にして下さい。 それでもすっきりしない場合は恥ずかしがらずに先生にお聞きになったらよいと思います。 (よろこんで教えて呉れる事間違いなしです。 ) 課題を解くことだけが目的で、問題の本質を理解しようとしてないのでは ないでしょうか。 前回の質問での 3さんの回答をよく読めば、それぞれの数字あるいはそれに 準ずるものを書いていますよ。 今まで回答している方が立式しているものってほとんど同じもの なんですが、どうしてこのような式が出てくるか自分で理解できますか? 今までの回答を見ずに式を立てられますか? 夏休みがあとちょっとで終わるからあせっているのかもしれませんが、 分からない課題なら分からないまま出せばいいじゃないですか。 上っ面だけ理解したフリをするよりも、学校が始まってから先生を 質問攻めにして分からないことを完全に解決した方が絶対に役に立ちますよ。 最近、このサイトで夏休みの宿題を丸投げしている感じの人が多いので、 あえて書きました。 この辺は教科書にも書いてあるはずなんだけどなぁ. ごく普通の表記だし. ちなみに H がイオン化したものとしては水素イオンと水素化物イオンの両方が考えられるので, 「Hイオン」だとあいまいです.

次の

化学の質問ですイオン式 NO3

硝酸 イオン イオン 式

Key: GRYLNZFGIOXLOG-UHFFFAOYAO 特性 HNO 3 精密質量 62. 995642903 g mol -1 外観 無色の液体 1. 5129 g cm -3 -41. 4 n D 1. 397 16. 02 D 危険性 外部リンク 危険• 火災助長のおそれ:酸化性物質• 金属腐食のおそれ• 重篤な皮膚の薬傷及び眼の損傷• 重篤な眼の損傷• 吸入すると生命に危険• 呼吸器の障害• 長期にわたる、又は反復ばく露による呼吸器、歯の障害 二酸化窒素の影響で黄色くなった硝酸 (無水硝酸、N 2O 5)を水に溶かすと得られる、一価の強酸性の液体で、と反応して硝酸塩(水に可溶)を作る。 任意の割合で水に溶け、通常「硝酸」という場合には水溶液を指す。 360 g cm -3, 13. 406 g cm -3, 15. 濃硝酸と濃硫酸の混合物であるを用いたの合成などから爆薬が作られ、他にも染料、などの製造に用いる。 化学的性質 [ ] で、の粉末とともに熱すれば木炭はされてとなる。 有機系の燃料と混合するだけで点火する。 硝酸に触れるとによって皮膚が黄変する。 光に弱く、長時間光を浴び続けると分解し黄色を帯びる。 金属に対する反応 [ ] とは異なり、酸化作用により希硝酸であっても水素よりの小さい金属を溶かすことが可能である。 、を溶かすことはできないが、濃硝酸とを混ぜてを作ることにより、これらの金属も溶かすことが可能になる。 また、、およびなどは濃硝酸中で表面に酸化皮膜を形成しが形成されるため反応が進行しない。 極めて薄い硝酸水溶液の場合、は初期においてガスを発生する。 濃硝酸と濃硫酸を混合した中では以下のようなが成立している。 3 であり純硫酸などに比べるとかなり酸性度は低い。 硝酸の水和 [ ] 硝酸の第一変化および溶解エンタルピー変化は以下の通りであり、および硫酸などより発熱量は少ない。 8 とする推定値もある。 44である。 にはいってがこれを改良し、と硝石との混合物を蒸留し、純粋な硝酸を作っている。 銅・銀などをも溶かし金属に対する作用は硫酸よりも強いということから、強い水という意味のをとり aqua fortis と呼ばれた。 イギリスでは硝石の精という意味の spirit of nitre ともいわれていた。 硝酸という言葉はにによってで acide nitrique と命名されて以来用いられるようになった。 考案の オストワルト法(アンモニア酸化法とも )による生産が一般的である。 この反応においては触媒とアンモニアの接触時間が重要であり、接触時間が長いとアンモニアと一酸化窒素とが反応して窒素が生成されてしまう。 そのほかに粘土によっても酸化に成功した事例もあるが、収率は半分以下である。 ただし僅かなレベルであればの栄養源となる。 7 — 126. 5 である。 硝酸は強いであり、多くの金属と反応するため多種のを生成する。 また一般に、金属の硝酸塩は水に溶解しやすい。 希薄水溶液中におけるは以下の通りである。 硝酸塩 [ ] 詳細は「」を参照 により 硝酸塩類はに分類される。 硝酸イオンは本来であるが、イオンを含むものは有色であることが多い。 主に、肥料、()などに用いられる。 KNO 3• NaNO 3• NH 4NO 3• UO 2 NO 3 2• Ca NO 3 2• AgNO 3• Fe NO 3 2• Fe NO 3 3• Cu NO 3 2• Pb NO 3 2• Ba NO 3 2 硝酸塩鉱物 [ ] 水溶性であるための多い日本国内での産出は確認されていないが、が主な原産国である。 , Niter KNO 3• , Nitratine NaNO 3 生態系における硝酸 [ ] 硝酸はによっての等から、を経てされる。 さらにによって等にされ中等に放出されていく。 なお、の生態系において嫌気性菌のは困難であり、中に硝酸が分解されないまま溜まっていくので、高となる以前の適度な水換えが必要となる。 ただし一般的に、アクアリストにとって硝酸はアンモニアや亜硝酸との比較において性の低いとされている。 アンモニウム塩、亜硝酸塩、硝酸塩は溶存無機態窒素 DIN であり、水域の植物プランクトンや藻類等の窒素源として重要な栄養塩の1つである。 硝酸にまつわるエピソード [ ]• はにより投獄されたが火事により脱獄、そのときに硝酸で顔を焼き人相を分からなくした。 率いるは硝酸を得る際、尿が土にしみこみそれらが硝酸になることを知っていたため、家の床下を掘ったという。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• ウィルキンソン著, 中原 勝儼訳 『コットン・ウィルキンソン無機化学』 培風館、1987年,原書:F. ALBERT COTTON and GEOFFREY WILKINSON, Cotton and Wilkinson ADVANCED INORGANIC CHEMISTRY A COMPREHENSIVE TEXT Fourth Edition, INTERSCIENCE, 1980. SHRIVER, P. ATKINS, INORGANIC CHEMISTRY Third Edition, 1999. シャロー 『溶液内の化学反応と平衡』 藤永太一郎、佐藤昌憲訳、丸善、1975年• Wagman, W. Evans, V. Parker, R. Schumm, I. Halow, S. Bailey, K. Churney, R. Nuttal, K. Churney and R. Nuttal, The NBS tables of chemical thermodynamics properties, J. Phys. Chem. Ref. Data 11 Suppl. 2 1982• 山崎一雄他 『無機溶液化学』 南江堂、1968年• 化学大辞典編集委員会 『化学大辞典』 共立出版、1993年• 田中元治 『基礎化学選書8 酸と塩基』 裳華房、1971年• 参考文献 [ ]• 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の