モバイル suica 定期 券。 JR東日本:モバイルSuica>モバイルSuicaをはじめる>会員登録

定期券を継続購入したい。

モバイル suica 定期 券

モバイルSuica(スイカ)の概要!アプリならではの機能充実 モバイルSuica(スイカ)は携帯端末にアプリをダウンロードして使うタイプのSuicaです。 これまでのカードタイプとは違い、機能も増えているので、どのようなアプリなのか、基本的なことについて説明します。 年会費無料で利用できる モバイルSuicaのサービス開始当初は1,050円(税込)の年会費がかかっていましたが、2020年2月26日から年会費が無料になりました。 2月26日以降に登録した人、もしくはそれ以前から継続して利用している人は、無料で利用できます。 AndroidもAppleも利用可能 利用できる端末ですが、• Android端末• Apple社製端末 両方に対応できます。 ただしGoogle Pay版のモバイルSuicaでは、定期券やモバイルSuica特急券の購入ができないなど機能が一部制限されるので注意が必要です。 モバイルSuicaアプリとGoogle Payは1つのモバイルSuica情報を共有する形で併用することも可能となっているので、まずはGoogle PayでモバイルSuicaを登録し、必要に応じて後からモバイルSuicaアプリをダウンロードするという使い方をしてもいいかもしれません。 一方、iPhoneやAppleWatchといったアップル社製端末では、Apple PayでモバイルSuicaを利用することになります。 しかもモバイルSuicaの機能はすべて制限なく使うことができます。 モバイルSuicaならいつでもどこでもチャージできる カードタイプですと、チャージ機がないと入金ができませんでした。 駅の券売機やチャージのできるお店に行かないとチャージができなかったのですが、モバイルSuicaはクレジットカードからチャージしますので、いつでもどこでもチャージ可能です。 1回のチャージ金額:500円単位、10,000円まで指定可能• チャージ上限額:20,000円 ビューカードを登録している方は、オートチャージ機能もついているので、自動改札にタッチして入場するだけでチャージができてしまうという便利さです。 モバイルSuicaのチャージ方法を一覧でまとめておきますね。 ただし原則2:00~4:00まではサービス停止時間となっており、チャージ不可能なので注意してください。 残高表示は24時間可能 カードタイプのSuicaですと、カードを見てもいくら入っているのか、残高がわかりませんが、モバイルSuicaならアプリを立ち上げるだけで、24時間いつでも残高を確認できます。 Android限定の機能ですが、ホーム画面にあるスイカのアイコンをタップするだけで、アプリを起動しなくても残高がわかります。 利用の履歴も最高100件までスマホで確認できるので、便利ですね。 端末を選ばずに使えるし、年会費も無料になってますます便利になるね! モバイルSuica(スイカ)におすすめのクレジットカード3選 モバイルSuicaにはクレジットカードを登録する必要があります。 もちろん、お手持ちのカードでも利用はできるのですが、どうせ使うなら、よりお得な方がいいですよね。 そこで、Suicaチャージでポイントが3倍(1. 5%還元)貯まるおすすめのクレジットカードを厳選して3枚ご紹介していきます。 モバイルSuicaでポイント3倍!ビックカメラSuicaカード ビューカードの中でもおすすめは、年に1度でも利用すれば年会費が無料になるビックカメラSuicaカードです。 このカードは他のビューカードが基本還元率0. 5%なのに対し、0. 5%のJRE POINTの他にも0. 5%のビックポイントが獲得できる為、基本還元率が1%と高い点が魅力です。 現金と同じ率でポイントがもらえてお得です。 貯まったビックポイントは、1,500ポイントをSuicaの1,000円分として利用できますし、JRE POINTは1ポイント1円として1ポイント単位でSuicaにチャージして使えます。 ビューカードはレジャー施設を割引価格で楽しめるなど優待が大変豊富なクレジットカードですから、お出かけにも役立ちますよ。 Suicaへのチャージでポイントが3倍も獲得できますし、オートチャージにも対応できますからモバイルSuicaを利用する方には一押しのクレジットカードですね。 カード名称 ビックカメラSuicaカード 年会費 524円(税込) 初年度無料 年1回以上の利用で次年度以降も無料 スペック ・Suicaチャージでポイント3倍(1. 5%還元) ・基本還元率1%の高還元 ・オートチャージ機能 ・最高1,000万円の国内旅行傷害保険 ・最高500万円の海外旅行傷害保険 ・優待豊富 駅ビルをよく利用する方にはJRE CARD 駅ビルをよく利用する方ならJRE CARDがおすすめですよ。 このカードはアトレやペリエなどの駅ビルで3. 5%の超高還元で利用できるからです。 年会費も524円(税込)と格安ですし、WEB明細に切り替えれば年間600円分のポイントが付与されますので、実質無料と言えます。 ビックカメラSuicaカード同様、Suicaへのチャージでポイント3倍(還元率1. 5%)獲得できますので、駅ビルをよく利用する方ならJRE CARDの方がお得ですよ。 カード名称 JRE CARD 年会費 524円(税込) スペック ・Suicaチャージで1. 5%還元 ・駅ビルで3. 5%の超高還元 ・優待豊富 ・最高最高1,000万円円の国内旅行傷害保険付帯 ・最高500万円の海外旅行傷害保険付帯 ワンランク上のサービス!ビューゴールドプラスカード ビューゴールドプラスカードは入会時に5,000円分のポイントが貰える上に、年間決済額が100万以上で翌年も同様に特典がつきます。 また、年間の利用額に応じて、さらにボーナスポイントがつくので、年会費以上のポイントがもらえる可能性も。 使い方によっては、年会費が実質無料になるのです。 ビューゴールドプラスカード会員の方なら東京駅構内にあるビューゴールドラウンジも利用頂けますから、新幹線や特急電車の待ち時間も優雅に過ごせますし、付帯する旅行保険の補償額も手厚くなります。 もちろんSuicaチャージでポイント獲得できます。 通常の3倍になるので、かなりお得です。 ビューカード会員共通の優待も利用できますから、年間100万以上決済する方なら、ゴールドの方がお得ですよ。 モバイルSuicaを利用するなら、Suicaチャージでポイントが3倍獲得できるビューカードが断然おすすめだよ。 このカード一択といっても過言じゃないね。 モバイルSuica(スイカ)の使い方!買い物から切符の購入まで モバイルSuicaは、電子マネーとしてお買い物に使うほか、定期券や乗車券の購入もスマホひとつでできるようになります。 電子マネーでお買い物 モバイルSuicaの電子マネー機能は、主にJR東日本エリアでの鉄道利用や加盟店でのお買い物に利用することができます。 加盟店にはオンラインショップも含まれており、ネット決済にも利用可能です。 参考までに主要な加盟店を一部ご紹介しましょう。 ジャンル 加盟店 コンビニ ・セブンイレブン ・ローソン ・ファミリーマート ・ミニストップ など スーパー・ショッピングセンター ・イオン ・イトーヨーカードー ・ららぽーと(一部店舗) ・ドン・キホーテ など その他小売店 ・ビックカメラ ・紀伊國屋書店 ・洋服の青山 ・ココカラファイン など 飲食店 ・ガスト ・かっぱ寿司 ・マクドナルド ・甘太郎 など 交通系 ・KMタクシー ・第一交通 ・オリックスレンタカー ・国内線ANA(機内販売) ・ENEOS など エキナカ・駅ビル ・キオスク ・New Days ・S-PAL ・テルミナ など オンライン ・Amazon ・楽天市場 ・DMM. com ・高速バスネット など さらにモバイルSuicaは、以下の交通系電子マネーの相互対応エリアでも利用することが可能です。 エリア 電子マネー 北海道エリア SAPIKA、Kitaca、ICAS nimoca 関東エリア PASMO 東海エリア TOICA、manaca 関西エリア ICOCA 九州エリア SUGOCA、nimoca、はやかけん ただし、エリアによってエリアまたぎの利用やチャージ、加盟店での電子マネー利用など一部の機能・サービスに制限がある場合があるので注意が必要です。 定期券もスマホで購入できる モバイルSuicaで定期券も購入できます。 もちろん、利用もスマホで! わざわざ駅の窓口に行かなくても購入できますし、切り替え時期で混んでいるときに並ぶ必要もありません。 忙しい人にはとてもありがたいサービスでしょう。 利用できる定期券は、基本料金の大人用定期券です。 通勤定期券(割引なし)• 通学定期券(大学生、専門学校生)• グリーン定期券• 新幹線定期券(FREX、FREXパル) もちろん、JR東日本と連絡している私鉄各線の定期券もモバイルSuicaで購入可能ですが、高校生以下の学生用定期券など割引定期券は対象外です。 グリーン車Suicaシステムでグリーン料金も割引 グリーン車Suicaシステムを利用すると車内改札を省略することができます。 まずは、モバイルSuicaでグリーン券を購入します。 乗車したら座席上方の「グリーン券情報読み取り部」にタッチします。 「空席(赤)」から「着席(緑)」に変わったらOK。 あとは、目的地までゆっくり座って入られます。 ちなみに、モバイルSuicaで購入したグリーン券には「モバイルグリーン料金」が適用されますので、通常よりも安い料金で利用できますよ。 エクスプレス予約サービスも利用できる 「エクスプレス予約サービス」は、新幹線チケット発売日の1週間前から予約申し込みできる『事前申し込みサービス』が利用できたり、手数料無料で何度でも予約変更が可能など、モバイルSuica特急券と近いシステムを備える便利なサービスです。 モバイルSuicaはJR東日本が提供するサービスですから、基本的にはJR東日本エリアの乗車券でないと予約・購入できません。 しかし、モバイルSuicaを入れておけば、東海道・山陽新幹線の指定席も予約できるのです。 モバイルSuicaの情報をエクスプレス予約に登録するか、ビューカードを持っている人は、エクスプレス予約の特約に申し込むことで、同時に登録ができます。 さらにチケット価格も通常よりお得な会員価格が適用され、区間によっては10%以上の割引が受けられるケースもあります。 登録には年会費が1,000円(税抜き)がかかりますが、西日本方面への出張が多い人などは、登録しておくと便利でしょう。 そうだね。 スマホひとつで定期券も購入できるし、今までみたいに混んでいる窓口に並ばなくて済むんだよ。 チケットの割引も受けられるし、JR東日本をよく使うなら、モバイルSuicaを使った方が断然お得だね。 新幹線eチケットサービス開始で割引も受けられる これまでは、「モバイルSuica特急券」サービスによって、新幹線の切符をスマホで購入できる上に、改札もチケットレスで通過することができました。 「モバイルSuica特急券」は2020年3月13日でサービスを終了し、代わりに「新幹線eチケットサービス」が開始しました。 「えきねっと」から会員登録するだけ 「新幹線eチケットサービス」の使い方は簡単です。 「えきねっと」から会員登録をしたら、あとはスマホかパソコンから希望の列車を予約します。 登録したクレジットカードによって、予約成立とともに決済も終わるため、あとは改札を通るときにモバイルSuicaをかざすだけ!チケットレスで乗車できます。 東北・北海道• 秋田 の各線で利用できます。 乗車券と料金券が一体となったチケットで、指定席は所定の運賃から200円引きになります。 もちろん、自由席もグリーン車も予約できますよ。 最大で6名まで予約できますので、家族旅行にも便利です。 「えきねっとトクだ値」で割引 便利なだけじゃなく、さらに割引を受けられるサービスもあります。 それが、「えきねっとトクだ値」です。 インターネット予約限定、区間限定の切符で、通常料金から10~15%割引になります。 座席数や列車に制限があるものの、利用したい時間に対象の列車があれば非常にお得です。 乗車日の1ヶ月前から当日の午前1時40分までの申し込みになりますので、期限を過ぎないように注意しましょう! 「お先にトクだ値」で最大30%オフ 利用日の13日前までに申し込むと、さらに割引率が大きくなる、「お先にトクだ値」も是非利用しましょう。 例えば、東京ー新青森間の通常料金(はやぶさ)17,470円が13,090円に割引!25%もお得になります。 東北、山形、秋田、北海道新幹線• 上越、北陸新幹線• JR東日本の特急列車• JR北海道の特急列車 が対象となっています。 前もって決まっている旅行の予定があれば、早めにチケットを予約しよう! こんなに便利!モバイルSuica(スイカ)4つのメリット モバイルSuica(スイカ)は、電子マネーや定期券として使えるだけでなく、ポイントをお得に貯めるなど、他にはないメリットもあります。 WEB登録で乗車賃もポイントの対象 他の交通系ICカードでは、電車の料金がポイントになることは基本的にありません。 しかしモバイルSuicaなら、50円ごとに1ポイントたまるんです! まずは、「JRE POINT サイト」に会員登録をしてください。 その上で、モバイルSuicaを登録すればOK。 実は、カードタイプのSuicaでもポイントは貯まるのですが、こちらは200円ごとに1ポイント。 なんと、4倍もの差があります。 乗車賃だけでなく、定期券やグリーン券の購入でも、同様にポイントが貯まります。 サービス 還元率 加盟店での電子マネー利用 0. 5% モバイルSuica定期券購入 2% 従来、駅の券売機や窓口など特定の場所でしか購入できなかったチケット類や定期券を気軽に空いた時間に手配することが可能になるので、忙しい方でも不便なく利用することができますよね。 しかも購入したチケットや定期券をそのままモバイルSuicaで利用可能というのですから、利便性の面ではいうことなしです。 カード型のSuicaと比べてみても、場所の制限を受けないというのは大きな差であり、抜きんでたメリットといえるでしょう。 ビューカードならオートチャージが可能 モバイルSuicaの多彩なチャージ方法の中でも、最も特徴的かつ便利なのはやはりクレジットカードチャージでしょう。 登録したクレジットカードで好きな時に、好きな場所でチャージができるモバイルSuicaなら、残高不足だけどチャージができなくてSuica決済ができない…なんていう状況にはなりません。 さらにビューカードを持っていれば、より便利なオートチャージサービスを使うことができます。 プリペイド型の弱点ともいえる事前チャージの手間を最大限軽減するクレジットカードチャージは、モバイルSuicaの見逃せない利点です。 端末が故障、紛失しても安心 アプリで一番心配なのは、スマホをなくしたり、壊れてしまった時はどうするか?ということです。 でも、モバイルSuicaは、スマホに何かあった時にも再発行の手続きをすれば、また利用できるようになるので、安心です。 カードタイプでもポイントは貯まるけど、還元率を考えたら、モバイルSuicaを使わない手はないよ!貯まったポイントも有効利用できるし、買い物にもモバイルSuicaを使ってポイントを貯めていこう! モバイルSuica(スイカ)は登録方法も簡単 それでは、モバイルSuica(スイカ)の実際の登録方法について説明します。 スマホとクレジットカードを用意 モバイルSuicaを使うには、当然ですがスマホが必要です。 それともう一つ、登録するクレジットカードが必要です。 モバイルSuicaでは、決済をクレジットカードで行いますので、手持ちのクレジットカードを一つ登録しなくては使えません。 利用できるクレジットカードは以下の通りです。 ビューカード• JCB• VISA• MasterCard• アメリカン・エキスプレス• ダイナースクラブ• JR東海エクスプレスカード もしクレジットカードを持っていない、もしくは登録したくないという場合には、次章でご紹介する「EASYモバイルSuica」の使い方をご覧ください。 モバイルSuicaのアプリをダウンロードして会員登録• まずはモバイルSuicaをダウンロードします。 初期画面の中から新規入会登録を選びます。 会員規約に同意してから、会員情報を入力します。 クレジットカード情報を登録します。 登録はこれで終了!簡単ですよね。 Suica定期券(カード)を切り替える場合 Suica定期券を使っている方も、モバイルSuicaに切り替えができますが、新規会員登録時しかできないので注意してください。 モバイルSuicaに新規登録した後には切り替えができなくなってしまいます。 初回のみということを覚えておいてください。 また、高校生以下の通学定期券や割引の定期券などは対象外となっています。 切り替え方法は最後に定期券情報を入れるだけです。 アプリをダウンロードしたら、通常の新規会員登録と同じように、会員情報やクレジットカード情報を入力した後に「定期券を切り替える」という項目を選択します。 現在使っている定期券の内容を入力して、再度「定期券を切り替える」を選択すると、定期券が使えるようになります。 そして大事なのが、定期券を登録した翌朝の5時以降に「SFの移行操作」という操作を行うことです。 ログインをして、この操作を行わないと、電子マネーの利用やチャージなど、定期券以外の機能が使えませんので注意してください。 ちなみに「SF」とは「Stored Fare(ストアードフェア)」の略で、「貯められた運賃」「運賃がチャージされている状態」というような意味です。 ですから、SF=電子マネーと考えておくと良いでしょう。 定期券から切り替えを行った時には、元々のカードタイプにチャージされていたものを移行する必要があるので、この操作をお忘れなく! SF移行操作をした後は、「みどりの窓口」でカードを作った時の預かり金(デポジット)500円を返してもらえます。 アプリをダウンロードしてクレジットカードの情報を登録するだけだから、思い立ったらすぐに使えるようになるよ。 EASYモバイルSuica(スイカ)で試してみるのもあり クレジットカードを登録したくない人は、「EASYモバイルSuica」を使ってみましょう。 定期券は使えず、電子マネーの機能に限定されていますが、モバイルの便利さを体感してみたい人におすすめです。 モバイルSuicaをダウンロードして、「EASYモバイルSuica」を選択し、会員登録するだけで使えるようになります。 EASYモバイルSuicaで使える機能 クレジットカードを登録していないので、オートチャージなどは利用できません。 店頭での現金チャージ• ネット決済• 電子マネー この機能が使えます。 後からクレジットカードを登録することも可能 実際に、モバイルSuicaの便利さを体感して、やっぱりクレジットカードを登録して、定期券やチャージを便利にしたいなと思ったら、後からクレジットカードを登録すればOKです。 クレジットカード情報が登録されれば、普通のモバイルSuicaとして利用できますよ。

次の

JR東日本:モバイルSuica>モバイルSuicaをはじめる>会員登録

モバイル suica 定期 券

今回は「モバイルSuica」で定期券購入をした際になにか理由があって「モバイルSuica」の定期の払い戻し」を行ないたいという人に向けて、 定期の払い戻し手続き・解約方法についてくわしく説明をしていきたいと思います。 「モバイルSuica」で定期券購入をした際に、やっぱり変更・払い戻し手続きを行いたい場合はどのような方法で払い戻しをするのか理解しておくことで、スムーズに定期券購入の解約などができますのでしっかり覚えておくといいでしょう。 また、「モバイルSuica」で払い戻しをする方法とお得に解約する時期も説明をしますので、合わせてお読みになられてください。 損をしないようにお得な時期に解約をすることも大切ですので頭に入れておいてください。 「モバイルSuica」で定期券購入した場合に、後で払い戻しを行いたい場合は、スマートフォンにインストールされている「モバイルSuicaアプリ」からそのまま定期の払い戻しを行うことができます。 敵の変更・払戻しは手軽に行うことができます。 わざわざ駅まで足を運んで定期の払い戻しをする必要がありませんので、いつでも「モバイルSuicaアプリ内」で定期券購入をしてたとしても払い戻しをすることができますので、安心をしてください。 それでは「モバイルSuicaアプリ」を起動させて 定期券の払い戻し方法を行っていきたいと思いますので、操作手順を真似して行ってみてください。 基本的な、モバイルSuica 定期券の払い戻し方法を説明をしていきたいと思います。 つづいては、「モバイルSuica」の定期の払い戻し後に「JREポイント」がどうなるのか?について深堀をしていきたいと思います。 今まで「JREポイント」を貯めていた人ほど心配になってくると思われます。 JREポイントが失効してしまうと話になりません。 「モバイルSuica」の定期の払い戻し後でも 「JREポイントは引き継ぎ可能」となっています。 JREポイントはそのまま残りますので安心をしてください。 ちなみに、まだJREポイントを利用していない人は登録するべきです。 Suicaを購入したら必ずJREポイントに登録をしておくとお得になります。 Suicaでお買い物をするたびに「JREポイント」が貯まります。

次の

【安くてお得】モバイルSuicaで「2区間(分割)定期券」を購入する方法

モバイル suica 定期 券

筆者は、都内の自宅からアイティメディアまで徒歩と電車で通勤しています。 自宅からは複数の駅へとアクセス可能ですが、「モバイルSuica」を使いたいという理由から、主にJR線を通るルートを取っています。 モバイルSuicaとの付き合いはそれなりに長く、ビューカード以外のクレジットカードでも利用登録できるようになった12年前から使い続けています。 定期券を買うのに定期券発行のできる自動券売機(指定席券売機を含む)や「みどりの窓口」に並ぶ必要がないからです。 おサイフケータイ対応のAndroidスマートフォン(以下「スマホ」)でモバイルSuicaを使いたい場合、モバイルSuicaアプリの他にGoogleが提供する「Google Pay」アプリを使う方法があります。 その典型が「モバイルSuica定期券の購入」……なのですが、 一定の条件を満たすことでGoogle PayアプリからもモバイルSuica定期券を購入できます。 Google Payアプリに表示された「Renew(更新)」の文字 「あれ、定期券更新できるのかな……」と思いつつ、Renewボタンをタップ。 すると、定期券の有効期限の選択に移ります。 モバイルSuicaアプリと同様に「1カ月」「3カ月」「6カ月」から選べます。 有効期限を選んだら「Select payment(支払い方法の選択)」をタップします。 次の画面には、定期券の区間、新しい有効期限と支払い金額と、支払いに使うカードを選ぶプルダウンメニューが出てきます。 ここでの支払いに使えるのは、モバイルSuicaにひも付けたカード……ではなく、 Google Payに登録されたカード(Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club)。 つまり、 普段モバイルSuicaで使っているカードでなくても構わないということです。 ただし、あくまでもできるのは「継続」のみ。 定期券の新規購入や有効期限が切れた後の再購入、通学定期券における毎年4月以降の初回継続購入はできません。 領収書が必要な場合は、モバイルSuicaのからダウンロードできます。 使い方次第では地味に便利です。 Google Payで作ったSuicaをひも付けて登録しても構いません Google Payアプリにより定期券の継続購入ですが、少なくともサービスイン(2018年5月24日)時点ではできませんでした。 Webアーカイブサービス「」を使っての履歴を確認した所、 少なくとも10月4日にはGoogle Payアプリで継続購入できる旨が追記されたようです。 地味に重要な機能拡充だと思うのですが、JR東日本もGoogleも特に告知をしていなかったようです。 そういえば、NTTドコモの「d払い」がJCBカードに対応した際も、店頭払いできるようになってから1カ月後の5月に入って知る、ということがありました。 こちらはWebサイトの「お知らせ」で告知はされたのですが、報道関係者向けの告知は特にしなかったようです。 「Google PayでのモバイルSuica定期券の継続購入」や「d払いのJCBカード対応」は、恐らく「大規模な拡充」でないと判断されたのでしょう。 関連記事• 「モバイルSuica」が2020年2月26日から年会費を無料にするそうです。 いろいろな疑問が湧いてきたので、東日本旅客鉄道(JR東日本)に質問してみることにしました。 JR東日本は、2020年2月26日以降に「モバイルSuica」の年会費を無料にすると発表した。 また、フィーチャーフォン全機種とAndroidスマホの一部機種は2020年2月25日または2020年12月22日にサービス提供を終了とする。 今日(6月27日)、Android版「モバイルSuica」アプリとiOS版「Suica」アプリがバージョンアップしました。 Android版では、バージョンアップによって「あること」が発生します。 東日本旅客鉄道(JR東日本)は、2019年9月に「モバイルSuica」の銀行チャージを終了する。 終了日時は、7月24日1時が三菱UFJ銀行、9月25日0時がみずほ銀行とじぶん銀行。 関連リンク•

次の