中 日 ドラゴンズ ウエスタン。 ウェスタン・リーグ地方試合。中日ドラゴンズ、蒲郡で40回目の公式戦開催(阿佐智)

ウェスタン・リーグ地方試合。中日ドラゴンズ、蒲郡で40回目の公式戦開催(阿佐智)

中 日 ドラゴンズ ウエスタン

歴代本拠地 [ ]• - ごろ• ごろ - ごろ ()• - 歴史・概要 [ ] 創設年度は不明であるが、にで行われた開幕戦、対名古屋ドラゴンズ戦の前座試合を両チームの二軍で行い、1-1で引き分けたことが当時の記事より確認される。 (現在の)に在った鳴海球場を主たる拠点として、関西ファーム・リーグに参加。 翌にが球団経営から撤退したことに伴うの改称に合わせ、中日ドラゴンズへ改称。 、と共に関西ファーム・リーグを脱退し、に参加。 球団名を 中日ダイアモンズに改める。 この際、同リーグでは一軍のフランチャイズと別に本拠地を置くことが決まり、の草薙球場を本拠に定める。 しかし、同時期に球団の練習拠点及び合宿所は鳴海から中日スタヂアム(現在のナゴヤ球場)へ移り、試合開催も静岡から名古屋市のが中心となった。 に関西ファーム・リーグが再編されて成立したに参加、より球団名を一軍と同じ中日ドラゴンズへ再び改称。 に大幸球場が閉鎖された後はより名鉄阿久比グラウンドを本拠としていたが、にが開場したことに伴い、それまでの一軍本拠地・ナゴヤ球場を1998年にナゴヤドームと同じサイズへ改良した後、1999年より本拠地を移転し現在に至る。 ナゴヤ球場では3塁側スタンド裏に合宿所・室内練習場がある事からそちらに近い3塁側のベンチを利用しているが、などそれ以外の開催球場では従来通り、1塁側ベンチを使用する。 沿革 [ ]• 遅くともこの頃までには名古屋ドラゴンズ二軍として結成• 関西ファーム・リーグに参加• 中日ドラゴンズに改称• 関西ファーム・リーグを脱退、中日ダイアモンズに改称し新日本リーグへ参加。 静岡市を本拠とする• ウエスタン・リーグに参加• 再び中日ドラゴンズに改称• ナゴヤ球場へ本拠地を移転• で毎年行われているに第60回大会から唯一プロとして参加する。 地元・東海地方のチーム・とで決勝戦を戦い、4対1で勝利しベーブルース杯初優勝となる。 でが監督を務める社会人野球チームと試合を行った。 これは同年4月22日に創刊55周年のお祝いにを訪れた萩本が球団オーナーでもある白井文吾と会って計画を持ちかけたことにより、計画された。 当日は試合自体が公式戦でないため、試合中は萩本がいつものように場内マイクを使ったパフォーマンスが見られたほか、ヘルメットを被る事を条件に、事前募集により当選した一般客が1・3塁側のカメラ席で観戦するという企画も催された。 試合は茨城ゴールデンゴールズが1点を先制するも、中日が3点を奪って逆転。 そのまま5対1で中日が勝利した。 また当日は試合の模様がの自社制作で生中継され、試合が早く終了したこともあり、通常のヒーローインタビューに加え、萩本の要請により、敗戦者インタビュー? も実施された。 社会人野球ベーブルース杯に連覇(但し、この年から同大会優勝チームに与えられる「」の出場権は規定により得られず、2位のが属するの出場枠が1つ拡大する) 監督・コーチ [ ] この節のが望まれています。 監督職空席時の監督職に準ずる役職を含む• - : (第1次)• - :• : 宮坂達雄 (第2次)• - :• - : (第1次)• - : 杉山悟 (第2次)• - :• : 井手峻 (第2次)• - :• - :• - :• - :• - : (第1次)• - :• - :• - :• - :• - :• - :• など東海3県下の局(2007年度 -。 ・で行われる試合を中心に年間数試合中継)実際の制作は東海テレビプロダクション 解説者は東海テレビと東海ラジオ専属者が務める。 ちなみに第1回目のナゴヤ球場で行われた試合中継の解説者は、当時昇竜館・館長で元中日選手のだった。 スターキャットは自社のコミュニティチャンネル、他のケーブルテレビはを通じて放送している。 (2012 - 13年度。 対のみ、録画放送あり。 上記と体制は同じで共同制作扱いとなるが、スカイ・A(阪神)側からはマスターがある大阪へ映像・音声を伝送するための衛星中継車(親会社のABCが保有)と野球解説者(主に上田二朗)の派遣にとどまっている。 2013年はファーム交流戦の対巨人戦の中継も実施した。 ドラゴンズライブTV(2014年度 -。 最上記の中継のうち数試合をUSTREAMで配信する。 脚注 [ ]• - ・2009年6月24日の紙面より [ ]• - 中日スポーツ・2009年8月11日の紙面より• - 中日スポーツ・2009年9月10日の紙面より• 参考文献:『中日ドラゴンズ70年史』 中日新聞社刊 208 - 227頁 外部リンク [ ]•

次の

【試合レポート対談】 カープ・ウエスタン戦 2019年3月26日中日ドラゴンズ戦

中 日 ドラゴンズ ウエスタン

261. 355. 320 阿知羅 拓馬 17 3 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 2 0. 000. 000. 000 阿部 寿樹 3 13 11 3 4 1 0 0 5 3 1 0 0 0 2 0 0 1 1. 364. 455. 222. 222. 300 石垣 雅海 81 313 284 30 69 15 0 5 99 28 8 6 0 2 25 1 2 69 6. 243. 349. 307 石川 駿 85 330 300 30 95 17 3 5 133 44 2 3 1 3 16 0 10 47 8. 317. 443. 000. 000. 000 石田 健人マルク 18 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 000. 000. 000 石橋 康太 46 139 118 13 22 5 0 4 39 12 0 0 1 1 12 0 7 33 3. 186. 331. 297 伊藤 康祐 67 276 258 29 60 17 4 2 91 26 9 1 3 2 12 0 1 34 8. 233. 353. 000. 000. 211. 395. 286 梅津 晃大 9 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 0. 000. 000. 000 大野 奨太 20 41 31 2 8 0 1 0 10 2 0 0 3 0 6 0 1 5 0. 258. 323. 000. 000. 000. 000. 000. 000. 000 小熊 凌祐 27 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 000. 000. 000. 000. 000. 000. 000 勝野 昌慶 15 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 000. 000. 000 桂 依央利 42 112 106 5 16 2 1 1 23 10 0 0 3 0 1 0 2 35 1. 151. 217. 174 加藤 匠馬 8 18 18 3 8 1 0 0 9 2 0 0 0 0 0 0 0 3 0. 444. 500. 211. 281. 268 木下 拓哉 8 25 23 2 7 1 0 1 11 2 0 0 0 1 1 0 0 3 0. 304. 478. 320 木下 雄介 22 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 000. 000. 000 近藤 弘基 80 161 149 20 32 9 0 3 50 17 6 2 0 1 11 0 0 39 2. 215. 336. 000. 000. 000 清水 達也 18 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 000. 000. 000 杉山 翔大 49 122 111 17 28 2 1 1 35 10 0 2 0 1 10 0 0 19 4. 252. 315. 311 鈴木 翔太 22 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 000. 000. 000 鈴木 博志 23 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 000. 000. 000. 000. 278. 292. 250. 296. 307 武田 健吾 11 35 32 5 7 1 0 2 14 5 0 0 0 0 1 0 2 7 1. 219. 438. 286 武山 真吾 29 14 12 1 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 2 0 0 2 1. 167. 167. 286 田島 慎二 23 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 000. 000. 000 谷元 圭介 16 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 000. 000. 000 堂上 直倫 1 4 4 1 2 1 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 500. 750. 259. 412. 210. 298. 000. 000. 000. 000. 000 平田 良介 5 15 12 2 5 1 0 0 6 0 0 1 0 0 3 0 0 1 1. 417. 500. 533 ブリトー 10 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 000. 000. 000. 000. 000 福田 永将 10 35 32 6 8 4 0 1 15 7 0 0 0 0 3 0 0 5 2. 250. 469. 314 福谷 浩司 11 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0. 000. 000. 241. 352. 335 藤嶋 健人 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 000. 000. 000 A.マルティネス 52 155 140 16 36 11 1 2 55 21 1 1 0 0 14 0 1 28 5. 257. 393. 000. 000. 000 又吉 克樹 18 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 000. 000. 143. 200. 189 松井 佑介 39 124 115 8 24 7 0 3 40 16 0 0 0 0 8 0 1 22 3. 209. 348. 266 松坂 大輔 6 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 000. 000. 000. 000. 257. 321. 286 三ツ間 卓也 25 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 000. 000. 000 三ツ俣 大樹 53 209 186 21 48 9 1 2 65 19 4 1 5 2 16 0 0 41 2. 258. 349. 315. 537. 353 山井 大介 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 000. 000. 000 山本 拓実 13 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 000. 000. 000 吉見 一起 15 2 2 1 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0. 500. 500. 500 ロメロ 3 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0. 000. 000. 317. 439. 385.

次の

7月27日(土)・28日(日)、丸亀でウエスタン・リーグ公式戦開催|球団ニュース|ニュース|阪神タイガース公式サイト

中 日 ドラゴンズ ウエスタン

歴代本拠地 [ ]• - ごろ• ごろ - ごろ ()• - 歴史・概要 [ ] 創設年度は不明であるが、にで行われた開幕戦、対名古屋ドラゴンズ戦の前座試合を両チームの二軍で行い、1-1で引き分けたことが当時の記事より確認される。 (現在の)に在った鳴海球場を主たる拠点として、関西ファーム・リーグに参加。 翌にが球団経営から撤退したことに伴うの改称に合わせ、中日ドラゴンズへ改称。 、と共に関西ファーム・リーグを脱退し、に参加。 球団名を 中日ダイアモンズに改める。 この際、同リーグでは一軍のフランチャイズと別に本拠地を置くことが決まり、の草薙球場を本拠に定める。 しかし、同時期に球団の練習拠点及び合宿所は鳴海から中日スタヂアム(現在のナゴヤ球場)へ移り、試合開催も静岡から名古屋市のが中心となった。 に関西ファーム・リーグが再編されて成立したに参加、より球団名を一軍と同じ中日ドラゴンズへ再び改称。 に大幸球場が閉鎖された後はより名鉄阿久比グラウンドを本拠としていたが、にが開場したことに伴い、それまでの一軍本拠地・ナゴヤ球場を1998年にナゴヤドームと同じサイズへ改良した後、1999年より本拠地を移転し現在に至る。 ナゴヤ球場では3塁側スタンド裏に合宿所・室内練習場がある事からそちらに近い3塁側のベンチを利用しているが、などそれ以外の開催球場では従来通り、1塁側ベンチを使用する。 沿革 [ ]• 遅くともこの頃までには名古屋ドラゴンズ二軍として結成• 関西ファーム・リーグに参加• 中日ドラゴンズに改称• 関西ファーム・リーグを脱退、中日ダイアモンズに改称し新日本リーグへ参加。 静岡市を本拠とする• ウエスタン・リーグに参加• 再び中日ドラゴンズに改称• ナゴヤ球場へ本拠地を移転• で毎年行われているに第60回大会から唯一プロとして参加する。 地元・東海地方のチーム・とで決勝戦を戦い、4対1で勝利しベーブルース杯初優勝となる。 でが監督を務める社会人野球チームと試合を行った。 これは同年4月22日に創刊55周年のお祝いにを訪れた萩本が球団オーナーでもある白井文吾と会って計画を持ちかけたことにより、計画された。 当日は試合自体が公式戦でないため、試合中は萩本がいつものように場内マイクを使ったパフォーマンスが見られたほか、ヘルメットを被る事を条件に、事前募集により当選した一般客が1・3塁側のカメラ席で観戦するという企画も催された。 試合は茨城ゴールデンゴールズが1点を先制するも、中日が3点を奪って逆転。 そのまま5対1で中日が勝利した。 また当日は試合の模様がの自社制作で生中継され、試合が早く終了したこともあり、通常のヒーローインタビューに加え、萩本の要請により、敗戦者インタビュー? も実施された。 社会人野球ベーブルース杯に連覇(但し、この年から同大会優勝チームに与えられる「」の出場権は規定により得られず、2位のが属するの出場枠が1つ拡大する) 監督・コーチ [ ] この節のが望まれています。 監督職空席時の監督職に準ずる役職を含む• - : (第1次)• - :• : 宮坂達雄 (第2次)• - :• - : (第1次)• - : 杉山悟 (第2次)• - :• : 井手峻 (第2次)• - :• - :• - :• - :• - : (第1次)• - :• - :• - :• - :• - :• - :• など東海3県下の局(2007年度 -。 ・で行われる試合を中心に年間数試合中継)実際の制作は東海テレビプロダクション 解説者は東海テレビと東海ラジオ専属者が務める。 ちなみに第1回目のナゴヤ球場で行われた試合中継の解説者は、当時昇竜館・館長で元中日選手のだった。 スターキャットは自社のコミュニティチャンネル、他のケーブルテレビはを通じて放送している。 (2012 - 13年度。 対のみ、録画放送あり。 上記と体制は同じで共同制作扱いとなるが、スカイ・A(阪神)側からはマスターがある大阪へ映像・音声を伝送するための衛星中継車(親会社のABCが保有)と野球解説者(主に上田二朗)の派遣にとどまっている。 2013年はファーム交流戦の対巨人戦の中継も実施した。 ドラゴンズライブTV(2014年度 -。 最上記の中継のうち数試合をUSTREAMで配信する。 脚注 [ ]• - ・2009年6月24日の紙面より [ ]• - 中日スポーツ・2009年8月11日の紙面より• - 中日スポーツ・2009年9月10日の紙面より• 参考文献:『中日ドラゴンズ70年史』 中日新聞社刊 208 - 227頁 外部リンク [ ]•

次の