きのう 何 食べ た 続編。 きのう何食べた?正月スペシャル2020の感想は?視聴率は判明してる?

最終回『きのう何食べた?』続編でやってほしいエピソード多数|エンタMEGA

きのう 何 食べ た 続編

Contents• 「きのう、何食べた?」続編決定!! 「美食晩餐会」第二夜として2020年1月1日放送 テレビ東京はこの年末年始に「美食晩餐会」と題して三夜連続でテレビ東京が誇るグルメドラマを放送します。 その2日目、令和2年1月1日に放送されるのが「きのう、何たべた?」です。 連続ドラマが終わって半年。 ドラマ終了後には「何食べロス」も話題になりました。 続編決定に主演の西島さんは「一刻も早く撮影に入りたい」として、下記のような意気込みを語っています。 今回は1月1日の放送ということで、ご家族や友人、恋人など大切な人に感謝の気持ちを伝えたくなったり、懐かしい誰かに連絡したくなったりするような、そんな心温まるドラマをお送りできるよう、全スタッフ・キャスト一丸となって丁寧に愛情を持って作っていきたいと思います。 ご期待ください。 livedoor news そして、もうひとりの主演内野さんも ゲイカップルの優しい日常生活をおいしそうに描くという、この一風変わった作品が世間の皆様の評価を頂いたということは、自分の予想を超えてとてもうれしいです。 この作品がまだ続くであろうことは僕ら二人もそれなりの覚悟をしていましたので、そのご期待に対してどう向き合っていくのか、これから西島さんはじめスタッフさんとも話し合っていく所です。 livedoor news 主演お二人の意気込みも聞いて、さらに放送が楽しみです。 2LDKの部屋とゲイカップルの二人、二人を取り巻く人々もどこか憎めない人たちばかりで、新年の夜にほっこりできそうです。 「きのう、何食べた?」続編決定!! 「美食晩餐会」第一夜は「孤独のグルメ」 そして、三夜連続放送の1日目は、令和元年12月31日の「孤独のグルメ」。 「孤独のグルメ」が大晦日に放送されるのは3年連続。 松重豊さんが演じる井之頭五郎さんが仕事先で見つけた食事処に立ち寄って食べたいものを自由に食す番組。 美味しそうな料理の数々と松重さん演じる五郎さんの食べっぷりと心の声が楽しいです。 主演の松重さんのコメントです。 3年連続、紅白の向こうを張った孤独な闘いです。 どうせなら高畑さんと西島君と内野さんの力を借りて『忘却のグルメ、きのう何食べた?』にしようと言ったのですが却下されました。 どうせなら海外にも連れてってくれと懇願しました。 ごく薄めのチューハイ程度の視聴率です。 ほろ酔い気分でご覧下さい。 livedoor news 今年の食べ納めは何でしょう? 「きのう、何食べた?」続編決定!! 「美食晩餐会」第三夜は「忘却のサチコ」 そして第三夜は、2018年10月クールに連続ドラマとして放送された「忘却のサチコ」が放送されます。 「忘却のサチコ」は高畑さん演じる女性編集者が結婚式当日に花婿に逃げられ、そのつらさを忘却するためにただひたすらにうまいものを食べるといった番組。 その料理だけでなく、高畑さん演じるサチコのコスプレや全力疾走ぶりも話題になりましたね。 以下、高畑さんのコメントです。 スペシャル、連ドラと、サチコさんとお付き合いしてきて、本当に彼女のことが大好きになってしまったので、またサチコさんに会えると思うと、嬉しく、心躍っております。 ただ、私もほぼ独りの戦いでとても寂しいので、松重さん発案の『忘却のグルメ、きのう何食べた?』には大賛成なのですが、昨夜食べたものがただ思い出せない人の話。 みたいになりそうなので、やっぱり自分の足で立って頑張るしかないのかぁぁ、、! と、背筋が伸びる思いです。 livedoor news さて、三夜連続の「美食晩餐会」。 どんな料理が出てくるのか、4人の主演の皆さんにも期待します!!

次の

西島秀俊、『きのう何食べた?』ロスで続編願う「ケンジに会いたい」

きのう 何 食べ た 続編

よしながふみ氏の漫画(講談社『モーニング』連載中)をドラマ化した『きのう何食べた?』(テレビ東京系)で、ダブル主演の西島秀俊と内野聖陽が、『第16回コンフィデスアワード・ドラマ賞』で主演男優賞を受賞した。 クールだけど、心に秘めた思いを持っている筧史朗役(通称シロさん)を演じた西島が、出演にあたり「プレッシャーを感じた」と言う本作の裏側、恋人役の内野とのやり取りについて語った。 西島 原作の大ファンでしたので、出演のお話をいただいき、とても嬉しかったです。 それと同時に、プレッシャーもありました。 オンエア中にはたくさんの方に、「毎週、楽しみにしています」という声をいただき、感謝の言葉もありません。 内野さんのすばらしい演技に引っ張られ、こうして賞をいただくことができました。 この作品の一員に加われたことを嬉しく思っています。 西島 そうですね。 今まで演じたことのない役です。 シロさんとケンジという同性カップルを演じる難しさや、本作ならではの役への向き合い方について教えて下さい。 西島 何かを強調したり、おもしろおかしく演じることはやめましょうということが、内野さんと監督との共通認識でした。 好き合う2人が、日常を大切に生きている。 時にはぶつかることもあるし、本気でケンカして仲直りをする。 それを真剣に演じました。 その2人の日常が、結果的に視聴者の皆さんに楽しんでいただき、共感していただけたのだと思っています。 一方のシロさんはクールだけど、心に秘めた思いを持っている。 分かりづらいからこその難しさはありましたか? 西島 一見わかりやすいタイプですが、内野さんの演じたケンジも、とても難しい役です。 一方の僕が演じたシロさんは、珍しいタイプだったと思っています。 服装や好きなアイドル、話し方が特殊なタイプではないけれど、ケンジとは違った難しさがありました。 原作や役について、2人がどのように暮らしているのか、漫画原作を実写化したらどうなるのかを、本番が終わり控室に戻っても、ずっと話し合っていました。 共演者や監督との話し合いのなかで、アドリブが増えていったのでしょうか? 西島 1話の撮影が終わり、編集した監督に、「アドリブの演技がとても素敵だったので、カットをした後もカメラを回します」と言われました。 でも、本番で内野さんがいきなり突拍子もないアドリブを入れることもなかったです。 テストの段階で内野さんがアドリブを入れ、それに僕が受け応える。 そして本番で精度を高めていくという感じでした。 ただ、普段から自分に近い人物ということを意識して演じてはいません。 もし、素で笑っているように観えたのなら、自然と自分に近いものを感じていたのかもしれないですね。 この作品は、特に事件が起きるわけでもなく、2人の日常を淡々と描き、そこに食がある。 これだけの人気を得た理由はどこにあると思いますか? 西島 厳しい世の中で、なんでもない日常を丁寧に生きる。 ご飯を作って一緒に食べる温かい食卓は、安全な場所であり、2人の心の繋がりを感じる場所でもある。 その心の繋がりを、自分が思っている以上に相手が思ってくれている、そういうことを食卓で改めて確認する。 その守られた場所を皆さんが求めているのかなと思いました。 日常のなんでもないことを大切にすることで、混沌とした世界を乗り切ろうという思いがあるのかもしれません。 個人的には、そう思っています。 でも出演するにあたり、ドラマで披露したレシピに挑戦しました。 最近では、たまに料理します。 撮影中に内野さんもレシピについて熱心に聞いていましたし、実際に作ってみたようです。 美味しそうに食べてくれるといいですけど……。 今頃、ケンジのことを忘れて、次の舞台に全力投球していると思います。 でも、僕だけ取り残されて、ケンジに会いたい、でも会えないと思っています(笑)。 内野さんは、本番前にスイッチを入れ、集中して役になり切るタイプで、全シーンそうでした。 でも、控室に戻るといつもの内野さんがいる。 ケンジではないんです。 そのギャップに驚き、すごい才能だと感じました。 今は、カメラの前でのケンジはいないので、会えない寂しさもあります。 西島 そうですね(笑)。 シロさんは言葉に出すタイプではないけれど、シロさんの方がケンジのことを大切に思っています。 内野さんには、「また共演したいね」と言っていただけて、嬉しかったです。 ケンジにも会いたいですし、他の役でもご一緒できたらいいなと思っています。 西島 本番ですべてをかけるその姿に、毎日感動していました。 ドラマで共演でき、本当に幸せな時間を過ごせました。 今回、主演男優賞をいただけたのも、内野さんのおかげだと思っています。 ありがとうございました。 最後に、ドラマファンの皆さんにメッセージをお願いします。 西島 番組を応援していただき、ありがとうございます。 素晴らしい原作を実写化するためには、どのようにしたら良いのかを、スタッフとキャスト全員で真剣に考え、向き合いました。 撮影期間が短く、スタッフの方も大変だったと思います。 でも、そういった姿をキャストには見せず、演技に集中できるようにリラックスした空間を作ってくれました。 その結果、たくさんの方からの良い反響に繋がったと思っています。 もちろん、「続編を」と言っていただけると、こんなにも嬉しいことはありません。 僕たちも報われるし、もしかしたらそういう機会が生まれるかもしれません。 僕もケンジに会いたいですし(笑)、それに向かってがんばれたらと思っています。 『第16回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞』フォトギャラリー(関連写真まとめ)• 西島秀俊最新出演作品 映画『任侠学園』• (C)今野 敏 / (C)2019 映画「任? 組長(西田敏行)は社会貢献に目がなく、次から次へと厄介な案件を引き受けてしまう。 今度はなんと、経営不振の高校の建て直し。 いつも親分に振り回されてばかりの阿岐本組No. 待ち受けていたのは、無気力・無関心のイマドキ高校生と、事なかれ主義の先生たちだったー。 監督:木村ひさし 出演:西島秀俊/西田敏行/伊藤淳史/葵わかな/葉山奨之/桜井日奈子/白竜/光石研/中尾彬/生瀬勝久 (外部サイト) 提供元:.

次の

『きのう何食べた?』春ドラマNo.1の高満足度をキープ、終盤迎え早くもロス&続編への期待高まる

きのう 何 食べ た 続編

「きのう何食べた?」元日にSPで復活! - C 「きのう何食べた?」製作委員会 今年4月クールの連続ドラマに続き、スペシャルドラマの元日放送が14日に発表され、大きな反響を呼んでいる&主演の「きのう何食べた?」(テレビ東京系)。 連ドラ終了から半年経たないうちに続編制作に至った経緯について、チーフプロデューサーのが明かした。 今年4月クールに放送された連続ドラマ版は、原作者のよしながも感激した主演の西島、内野のキャスティングが話題に。 [PR] 阿部チーフPは、連ドラ化成功の理由をあらためて以下のように振り返る。 「原作のイラストに忠実に再現したポスターを作ったときにビジュアルのインパクトが凄くて、その時点で成功を確信しました。 つまり、西島さんと内野さんのキャスティングが成功の要因としては大きかったと思います」。 また、視聴者のターゲット層が予想外の広がりを見せたことも大きかったという。 これまでも女性をターゲットにした作品を制作したことがあったのですが、あまりうまく行かなかった歴史があります。 しかし、『何食べ』については圧倒的な数の女性から支持されました。 これは、我々の予想をはるかに超えました。 それと、会社の上層部の人たちが意外に多く観ていました(笑)」 続編となるSPドラマ版は、同じくテレビ東京系の人気グルメドラマ2番組と共に大晦日から正月にかけて放送される(「孤独のグルメ」12月31日放送、「きのう何食べた?」1月1日放送、「忘却のサチコ」1月2日放送)。 連ドラ終了から半年空けないうちに実現する格好となったが、企画はいつ頃から動き始めたのか。 [PR] 「正確な時期は言えませんが連続ドラマの放送が終わった後です。 もちろんもう少し長いスパンで次の展開をいろいろと考えていた訳ですが、反響が予想以上に大きく、日に日に待望論が視聴者だけでなく、関係者や社内からも聞こえてきまして……。 そんな折に、編成から年末年始を『グルメ』にまつわるドラマで固めたいという希望が出てきて、本格的に動いた感じです」 SPドラマの脚本は、連ドラに続いてが担当。 連ドラ版では原作の世界観を踏襲した、笑いあり涙ありの繊細なストーリーが視聴者の心をつかんでいたが、阿部チーフPいわく、原作者のよしながは安達に絶大な信頼を置いているという。 「SPドラマ版制作にあたって、よしなが先生は『脚本は安達さん以外考えられない』という反応でした。 台本をお読みいただき、とても楽しみにしてくださっています」 SPドラマ放送後の展開も気になるが、阿部チーフPに第2シーズン放送の可能性について尋ねると、「いつかはやりたいですね」と意欲を見せていた。 (編集部・石井百合子).

次の