ガラパイア。 華麗なるリベンジ 韓国ドラマ

[B!] 第二次世界大戦時代、米兵士の間で流行した拳銃のグリップに恋人の写真を忍ばせる「スイートハート・グリップ」 : カラパイア

ガラパイア

地球に接近する軌道を持つ天体「地球近傍小惑星」の中でも、地球より軌道半径が大きい地球横断型小惑星を「アポロ群」という。 地球に大きく接近することから潜在的に脅威があるとされるグループだ。 今年の9月初旬頃、このグループに属す小惑星「2011 ES4」が月よりも近い距離を通過するそうだ。 7メートル、秒速8. 5キロで宇宙をぶっ飛んでいる。 NASAによれば、そんな代物が9月1日23時49分(日本時間)に地球をフライバイする予定だという。 そのときの地球との距離は0. 地球と月との距離が38万4400キロなので、どれだけすぐそばを掠めていくか分かるだろう。 サイズが小さいため脅威とはみなされていないが、その距離だけなら「潜在的に危険」とNASAがみなすものだ。 3AU未満の軌道を持つ小惑星・彗星」なのだという。 専門家は今回の接近で再び目にできるのではないかと期待しているそうだ。 また9月の接近によるリスクはないそうだが、2011 ES4は2055年にも再び地球に接近するようだ。 このときは7万1000回に1度衝突するリスクがあると推定されている。 ちなみに2020年、潜在的脅威を持った地球横断型小惑星(アポロ群)は2011 ES4を含めて3つあり、9月10月、11月と3か月連続となっている。 2020年に地球に大接近する小惑星(通過日は変動する可能性あり) 2011 ES4:2020年9月1日 2001 GP2:2020年10月3日 2010 JL88:2020年11月6日 以下ネットの反応.

次の

[B!] 高齢の人ほどマスク着用などコロナ感染予防対策をしていないことが日本を含む27か国の調査で判明(英研究) : カラパイア

ガラパイア

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 高齢の人ほどマスク着用などコロナ感染予防対策をしていないことが日本を含む27か国の調査で判明(英研究) : カラパイアはてなブックマーク - 高齢の人ほどマスク着用などコロナ感染予防対策をしていないことが日本を含む27か国の調査で判明(英研究) : カラパイア プレビュー 高齢の人ほどマスク着用などコロナ感染予防対策をしていないことが日本を含む27か国の調査で判明(英研究) : カラパイアはてなブックマーク - 高齢の人ほどマスク着用などコロナ感染予防対策をしていないことが日本を含む27か国の調査で判明(英研究) : カラパイア 高齢の人ほどマスク着用などコロナ感染予防対策をしていないことが日本を含む27か国の調査で判明(英研究) : カラパイア 世はまさに・会。 予防のために、の着用や手洗いの徹底、の実行が望... 概要を表示 世はまさに・会。 予防のために、の着用や手洗いの徹底、の実行が望ましいというは、となった。 新型は軽症でもがあるという結果も報告されており、誰にとってもなが、が高いとされているのがだ。 したにが・死亡する性は、に比べて圧倒的に高い。 だが、が予防策をに守ってと言えば、そうでもないらしい。 もちろん差はあるが、や着用のが低いことが、を含む27か国7万2000人以上をとしたで明らかとなった。 を含む27か国7万2000人以上を ()のチームが調べたのは、新型の予防に対するの態度・遵守状況。 を含む27か国7万2000人以上をに、「があればをす.

次の

[B!] 高齢の人ほどマスク着用などコロナ感染予防対策をしていないことが日本を含む27か国の調査で判明(英研究) : カラパイア

ガラパイア

ジューシーで肉厚なベーコンも良いけれど、カリッカリに焼いたクリスピータイプのベーコンも良いものだ。 ベーコン好きの集まるアメリカでは、板のように立つほどカリカリに焼いたベーコンを好んで食するようだ。 まるでビーフジャーキーのようで、我々の想像するヤツよりもっとカリカリなのだ。 一度食べたら病みつきになるカリカリベーコンは、そのまま食べてもおいしいし、様々な料理との相性もばっちり。 今回はフライパンを使ったカリカリベーコンの作り方のコツを紹介しよう。 使用するベーコンはコンビニなど売られているものでOKだ。 決めては水を入れること。 あとはじっくりコトコト水分と油分を飛ばしていけば、あらやだ素敵。 アメリカンスタイルのカリカリベーコンが出来上がる。 ブロッコリーについていた芋虫を蝶に image credit: ロックダウン中というのは、自宅待機となった人たちがリモートワークに専念する以外にも、この時期しか体験できないことを楽しむにはうってつけだったようだ。 イギリス在住で、普段テレビやラジオの司会者として活躍している男性が、スーパーで夕食の材料にとブロッコリーを購入したところ、芋虫が1匹いるのを発見。 男性はロックダウン期間を利用して、その芋虫を飼育して蝶に育てることにした。 ブロッコリーは店に返品し、別のブロッコリーを新たに購入したところ、そこにもなんと芋虫が5匹も!さらに友人が買ったブロッコリーにも1匹の芋虫を発見。 こうして男性は7匹の芋虫の羽化にチャレンジすることとなる。 ディアトロフ峠事件の謎をついに解明 image by: 1959年、旧ソ連領ウラル山脈北部で男女9名のトレッキングチームが不可解な死を遂げた。 テントは内側から切り裂かれた痕跡があったほか、遺体は下着姿で、頭蓋骨や肋骨を損傷。 中には眼球や舌が失われているものもあった。 数人の衣服からは高い線量の放射線物質まで検出さている。 当時、ソ連の捜査当局は「抗いがたい自然の力」によって死亡したと発表。 しかしあまりにも不可解な状況から、KGBや宇宙人が関与しているなど、さまざまな憶測が流れた。 「ディアトロフ峠事件」と名付けられたこの謎めいた事件も、その発生から約60年の月日を経て、ついに真相が解明されたようだ。 ロシア連邦最高検察庁が雪崩によるものと結論付けた。

次の