ギガホ amazon。 ドコモのギガホ契約でAmazonプライム1年無料!スタートアップキャンペーンでギガライトも対象

ドコモ、「ギガホ」を契約するとAmazonプライムが1年無料に

ギガホ amazon

ただ、Amazon Mastercard ゴールド所持者が今回のドコモキャンペーンにエントリーするとどうなるのかという事が分かりますので、今回の記事自体は残そうと思います。 ドコモで ギガホ( ギガホライト)を契約している人を対象に Amazonプライム会員資格が1年間無料になるというキャンペーンが2019年12月1日から始まりました。 今年ギガホに変更した方、これから変更を検討していた方にはすごく魅力的なキャンペーンですよね。 ギガホプランへの移行促進、来春参入予定の楽天との差別化、狙いは色々とあるのでしょうが、ドコモユーザーとしてはキャンペーンの内容が額面通りならエントリーしない理由はありません。 でも私のように Amazonゴールドカード会員のドコモユーザーの方はどうでしょう、がっかりしていませんか? ドコモの公式ページに以下のような説明があります。 特典適用期間 1年間 現在「Amazonプライム」会員の方は、会員期間の終了日が1年間延長されます。 Amazonプライム会員ではなかったドコモユーザーは大喜び、すでにプライム会員だったドコモユーザーも会員資格が延長になって大満足。 でも Amazonゴールドカード会員は年会費に会員資格が含まれていますので何か損をしたような気分になりますよね(笑) Amazonゴールドカード会員は今回のドコモのキャンペーンにエントリーしても意味が無いのか? もくじ• ドコモのキャンペーンはAmazonゴールドカード会員には意味が無い? より引用 結論から言いますと、 Amazonゴールドカード会員のドコモユーザーの人も今回の Amazonプライムのキャンペーンにはエントリーはしておきましょう。 意味が無い?いえいえ、意味はちゃんとあります。 Amazonゴールドカード会員が今回のキャンペーンにエントリーするとどうなるのかお見せしつつ、その理由を解説しますね。 キャンペーンのエントリー経過を解説 ドコモのキャンペーンの公式HPからエントリーして進むと、dアカウントのログイン画面になります。 dアカウントの ログインが済むと下のページになります。 画像にある条件をすべて満たしている人は「 エントリーする」をクリックすると下の画面になります。 ここで「 Amazonプライム特典を登録」をクリックすると下のようなAmazonの画面になります。 私はAmazonプライム会員なので右下のボタンは「 会員資格を延長する」となっていますね。 赤丸のところは「 ギフトコードの適用は、お客様の会員資格の更新日に開始します。 」とあります。 つまり今の会員資格が切れる日から1年間延長という意味ですが、Amazonゴールドカード会員はその日に更新してカード年会費を払うのですが果たして?? 「会員資格を延長する」をクリックします。 注文履歴を確認するとお馴染みの画面に「 amazon prime」の会員資格を0円で購入した事になっています。 私はAmazonゴールドカードの更新で2020年9月18日に年会費を支払ってプライム会員の資格がまた1年間始まるのですが、カード会員の方はこの部分がどうなるのか気になりますよね。 Amazonプライム資格延長は持ち越される? 2020年9月18日にAmazonゴールドが更新されると会員期限はどうなるのか? Amazonのカスタマーセンターに問い合わせてみました。 回答は 会員資格は持ち越されるとの事でした。 つまり、Amazonゴールドカード会員は今回のキャンペーンでゲットした1年間の会員資格が ストックされるという事です! 今回、この記事を投稿してからAmazonカスタマーサポートの担当者様より訂正のメールを頂きました。 一部を引用します。 Amazon Mastercard ゴールドの特典とDocomoでのPrimeサービスがご利用いただけるコードを同時にご利用の場合はどのようになるかとご質問をいただきました。 ご登録状況を確認させていただきました時は、AmazonゴールドカードとDocomoのサービスの積載となっておりましたので、この先もAmazon Mastercard ゴールドをご利用いただく限り、一年先のプライム会員登録状況が続くとご案内させていただきましたが、大変申し訳ございません。 再度確認をさせていただきましたところ、重複登録となるために、どちらか一方が無効になってしまう可能性があることがわかりましたので、ご連絡をさせていただきました。 誤ったご案内をしてしまいましたことをお詫びいたします。 ということで、大変丁寧な訂正とお詫びのメールを頂きました。 私からも誤った情報を投稿してしまったことをお詫び致します。 まとめますと、 Amazonプライム会員資格は見た目上、重複登録が可能にみえるが、その場合どちらか一方が無効になってしまう可能性がある。 という事です。 これはつまり・・・ Amazon Mastercard ゴールド所有者はあえて今回のキャンペーンにエントリーする価値は無いという事ですかね?(笑) 2020年の更新時になにか面倒な事になる予感も・・・ ただ、更新時に何か問題が起きた場合は連絡頂ければ対処しますという事なので心配はしていません。 当初の情報が間違っていたことをお詫び致します。 これはAmazonゴールドカード会員であり続ける限り、意味の無いストックではあるのですが、いつか生活スタイルが変わりカードを解約する日が来るかもしれません。 その時に初めて今回のキャンペーンの恩恵を受けられるのです。 そんな時が来るかはわかりませんが、何といっても4,900円相当の会員資格です。 ギガホを契約しているAmazonゴールドカード会員はありがたく頂いておきましょう! 今回のキャンペーンの注意点 この手のキャンペーンの定番ですが、小さな文字で「 特典適用終了条件」なるものが記載されています。 それがこちら 特典適用終了条件 以下のいずれかに該当した場合、本特典の適用を停止させていただく場合があります。 また、一度特典の適用が終了した場合、受付期間中であっても再度特典を適用することはできません。 携帯電話のキャリアは早々変えるものではない気がしますが、これから春にかけて各社とも楽天等の参入で顧客の囲い込みが激しくなってくると予想されます。 今回のキャンペーンの事を忘れて、あ、「このキャンペーンお得かも」という風にMNPで他キャリアに乗り換えたりすると Amazonプライムの資格延長が消滅するという事をお忘れなく(笑) キャンペーンのエントリーはからどうぞ この記事を読まれている方はAmazonゴールドカード会員だとは思いますが、これからゴールドカードを作る事を検討しているという方はこの記事を参考にどうぞ。

次の

ギガホ

ギガホ amazon

ギガホ(定期契約あり/定期契約なし) or ギガライト(定期契約あり/定期契約なし)• dポイントクラブ会員 上記の条件を全て満たすユーザーのみが対象。 特典付与は、1回線につき1回のみ。 ただし、ギガライトでは、「初めてスマホ割」「ドコモの学割」を適用している回線は特典対象外に注意。 「ギガホ」「ギガライト」契約ユーザーが特設サイトからエントリーし、Amazonサイトで「Amazonプライム」利用登録手続きを完了すると、Amazonプライムを1年間追加料金不要で利用可能。 「Amazonプライム」会員登録にあたっては、クレジットカードおよび携帯決済(d払い)のいずれかの支払い方法に設定する必要があります。 は、年会費4,900円(税込)または月会費500円(税込)で、お急ぎ便・お急ぎ日時指定便が無料、国内外の映画・ドラマ・アニメ作品が見放題、音楽聴き放題、電子書籍読み放題など、様々な特典を受けることができるコスパ抜群の有料会員サービスです。 現在、対象プランを契約しているユーザーやAmazonプライム会員も特典の利用が可能。 既にAmazonプライム会員の場合は、会員資格の有効期限が1年間延長されます。 なお、「はじめてのスマホ割」と「ドコモの学割」が適用されている「ギガライト」契約者は対象外に注意。 1年間の無料期間の終了後は、自動的に会員資格が更新され、クレジットカードまたは携帯決済(d払い)から年会費4,900円(税込)が引き落とされます。 継続を希望しない場合は、Amazonの会員ページからユーザー自身で解約手続きをするよう必要があります。 本特典の特設サイトは、2019年12月1日(日)09時00分からアクセス可能。 「ドコモのプランについてくるAmazonプライム」に申し込み• 「Amazon d払いでdポイント5倍還元キャンペーン」に申し込み• キャンペーン期間中、Amazonで「d払い」でお買い物 特設サイトからエントリーした対象ユーザーが、キャンペーン期間中にAmazon. jpでお買い物した際に、「携帯決済(d払い)」で支払うと、通常の5倍のdポイントが付与されます。 通常は、利用金額100円(税込)につきdポイントを1ポイント付与。 キャンペーンが適用されているユーザーは、 ご利用金額100円(税込)につき、通常進呈されるdポイント1ポイントに加え、キャンペーンポイントとして4ポイントのdポイント(期間・用途限定)が還元されます。 還元上限:3,000ポイント/月• 還元時期:翌々月上旬予定• ポイント有効期限:3か月 キャンペーンポイントの還元上限は、月額3,000ポイントまで。 月間7万5,000円以内までのお買い物が還元対象となります。 特設サイトには、2019年12月1日(日)からアクセス可能。 今年最後の大規模セールが、12月6日(金)09時00分からスタートするので、d払いでお得に買い物しちゃいましょう。 携帯端末の値引きを制限する総務省の方針により、携帯電話各社は従来のように大幅値引き・キャッシュバックができなくなりました。 その代わりに、料金プランに各種サービスや魅力的なコンテンツをセットにし、利用者の利便性を高め囲い込みを図るほか、自社の決済サービス(d払い)利用も促す狙いです。 今回のAmazonプライム年会費4,900円が1年間無料特典は、お得感が出て、かなりインパクトがあったのではないでしょうか。 詳細は、ドコモの公式サイトで確認してください。

次の

ギガホ/ギガライトにAmazonプライムが1年ついてくるキャンペーンの詳細解説

ギガホ amazon

でも触れましたが、NTTドコモが「ギガホ」の月間通信容量を倍増するキャンペーンを実施しています。 今回は、ギガホを使いつつも、気になる他社のデータ通信サービスをチェックしていきます。 特典の多い「ギガホ」をモバイルルーターで使う 2月現在、ギガホを契約すると、主に以下のような特典があります。 ギガホ増量キャンペーン• 今回、ギガホを追加で契約したのは、先述の通りこれらの特典に釣られたこともありますが、「現在契約しているシェアパックを廃止して、全回線をギガホや「ギガライト」に移行とどうなるだろうか?」という検証も兼ねています。 ギガホ契約のSIMカードを入れた「Wi-Fi STATION HW-01L」。 この機種はソフトウェア更新で「spモード」の接続情報もプリセットされるようになった うっかりミスで大量のデータ通信を…… シェアパックを最低限にしてデータ通信量を抑えようというチャレンジは、2019年1月にも。 「アプリとかの設定を変えてうまく通信量を抑えられたから、今回も勝利は約束されている!」と考えていました。 ……が、意外にもそうはなりませんでした。 長らくメインのスマートフォンをウルトラシェアパック50で運用し、「遠慮なくデータ通信をしても、容量が毎月余ってしまう」という状況に慣れすぎてしまい、設定をし忘れることが重なり、大量にスマホ単体でのデータ通信をしてしまったのです……。 最大の理由は、Amazonの音楽配信サービス「Music Unlimited」です。 オフライン環境でも音楽が聴けるように準備をしておこうと、Amazon Musicアプリで音楽をダウンロードし始めました。 開始時はWi-Fi(無線LAN)経由の固定回線で通信していたのですが、 モバイルデータ通信中でもダウンロードを継続する設定のままにしていたがゆえに、大量のデータ通信が発生してしまったのです。 ふとスマホを見た所、ドコモから「データ量に関するお知らせ」なるメールが着てきました。 関連記事• オプテージが、MVNOサービス「mineo」の新サービス「ゆずるね。 」と「パケット放題」を発表した。 2つのサービスはどんな狙いがあるのか。 契約数が鈍化する中で、mineoはどう差別化を図っていくのか。 オプテージが、「mineo」向けに新サービス「ゆずるね。 」を3月23日に開始する。 1日の中で通信が最も混雑する12時〜13時の時間帯に、通信をしない宣言をすることで、混雑を緩和させるというもの。 成功回数に応じて特典を付与する。 ドコモが、スマートフォン向け料金プラン「ギガホ」のデータ容量を1月から60GBに倍増させる。 キャンペーン扱いだが終了時期は未定。 申し込みは不要で、自動で適用される。 NTTドコモが、Amazonと連携してAmazonプライムを1年間無料提供する取り組みを始める。 新料金プラン「ギガホ」ユーザーが対象だが、当面の間は「ギガライト」契約者もキャンペーンで対象となる。 【更新】.

次の