インコ ペレット。 インコにペレットをあげるときの量やあげ方について│ぴよため

バードペレット おためし用小分けサンプル 選べる全22種 /メール便OK :147

インコ ペレット

インコやオウムの餌といえば、稗・粟・黍・カナリーシードなどの種子がミックスされたシード餌を思い浮かべる方も多いと思いますが、鳥専門の動物病院やペットショップへ行くと、シード餌よりもペレットを与えた方が良いとオススメされることがあります。 ペレットとは、総合配合成形飼料と呼ばれる餌のことです。 インコやオウムは何万年も前から植物の種子を主食として食べている動物ですが、種子だけではたんぱく質やビタミン、ミネラルなどを摂取することができません。 そのため、彼らは不足した栄養素を補うために野菜や果物、昆虫や動物の死肉などを食べることがあります。 しかし、人間の世界に住むインコやオウムの場合、食事の内容や時間などは全て飼い主によって決められているため、彼らは自由に不足した栄養素を補うことが出来ません。 その結果、身体を維持することができず、体調不良や重篤な病を引き起こし、最悪の場合、死に至ることもあります。 ペレットは、栄養不足になりがちなインコやオウムを救うために誕生した人工飼料であり、メーカーごとに配合されている成分などは微妙に異なりますが、これだけでほぼ全ての栄養素を補うことができ、含有されている脂肪分も平均7%ほどですので、肥満予防にもなります。 ペレットはドッグフードやキャットフードと同じ、インコやオウムの健康維持のために開発された餌ですので、鳥類に詳しい動物病院の獣医師やペットショップでは、シード餌よりもペレットを与えた方が、新米飼い主さんも彼らの健康管理がしやすくなるなどの理由から推奨されています。 しかし、人間の手によって作られた人工飼料であるペレットは、自然界に存在しないため、ペレットを始めて見るインコやオウムたちは食べることに抵抗を感じ、くちをつけようとしないことも多々あります。 そこで、今回はインコの主食ペレットについて、ペレットの選び方とペレット食への切り替え方や主食としてペレットを与えることのメリットデメリットをご説明します。 ペレットは、人間の世界で暮らしているインコやオウムたちにとって、健康なからだを維持するために必要な栄養成分が全て配合された総合栄養食ですので、どうしても食べさせたいという飼い主さんも多いと思います。 ですが、ペレットはここ十数年のあいだに誕生した歴史の浅い食べ物であり、本当に彼らの健康を維持することが可能なのかどうかという信頼性に欠ける部分があるのも事実です。 さらに、現在日本をはじめ、世界各国で販売されているペレットの多くがアメリカなどの海外製であり、国産にこだわっている飼い主さんからすると少々抵抗があるかもしれません。 そこで、今回はペレットの正しい選び方をご紹介します。 まず、ペレットの選び方で気を付けなければならないのが、 「色と臭い」です。 いくら栄養バランスが整っている餌だといっても、色や臭いがキツイものは人間でも食べたいとは思わないですよね。 特に色の強いペレットは着色料が使用されていることが多く、人間には害が無くても、インコやオウムに害がないとは限りませんので、こういった色や臭いの強いものは与えるのを避けた方が良いでしょう。 次に気を付けたいのが、 「ペレットのサイズ」です。 ペレットに含まれている栄養成分は、どのメーカーもほぼ同じですので、どんな種類のインコやオウムに与えても問題無いように思われますが、それは誤った解釈です。 例えば、オカメインコを中心に実験を繰り返し行ったとされるラウディブッシュ社のペレットを大型インコに与えた場合、大型インコと小型・中型インコのオカメインコとでは1日に必要な栄養量が異なるため、大型インコにペレットを与えても栄養不足を補うことが出来ないということになります。 実際に大型インコを飼養している飼い主さんたちがペレットを飼い鳥に与えたところ羽つやが悪くなったという報告が上がっています。 もう1つ気を付けなければならないのが 「安全性」です。 日本では、海外産と聞くと添加物や農薬の不安から国産のものを購入する傾向がありますが、ペレットに関してはアメリカなどの海外産の方が国産よりも安全性が高いため、鳥専門の動物病院やペットショップでも国産よりも海外産を強く推奨しています。 なぜ海外産のペレットの方が国産よりも安全性が高いのかと言いますと、オーガニックに関する意識やオーガニック原料の自給率などが日本と比べて欧米の方がはるかに高く、インコやオウムに関する栄養学の研究も日本より進んでいるからです。 もちろん、日本でも国産無農薬の穀物は販売されておりますが、オーガニックバードフードの製造はほぼ行われておらず、国内メーカーでペレットを製造・販売している製品で原材料を明確にしているのは1社のみとなっています。 日本は人間に関する食の安全性などは世界でもトップクラスを誇っているのですが、インコやオウムなどの動物になると安全性などに疎い一面がありますので、「海外産だから危険、国産だから安全」という概念は捨て去った方が良いでしょう。 シード餌からペレット食への切り替え方 インコやオウムにとって、自然界に存在しないペレットは未知なる食べ物となるため、シード餌からペレット食への切り替えはとても難儀なものとなります。 これはインコやオウムの種類や性格にもよりますが、いくらお願いしようが、強制しようが、死にかけようが、頑なにペレットを食べない子もいますので、その場合は彼らの健康のことを考え、ペレットに切り替えず、今までどおりシード餌を中心とした食生活を続けるようにしましょう。 シード餌からペレット食へと切り替えが可能な子の特徴は、幼い頃からペレットに触れている子です。 鳥類は物心がつくと、様々なものに対する好みがはっきりするようになり、その子の個性も徐々に際立ってきます。 しかし、人生経験の浅い時期の彼らはとても柔軟なので、ペレット食を中心とした食生活を考えている飼い主さんは挿し餌から成鳥の餌へと切り替える際、シード餌を一切与えずにペレット食を与えれば、インコやオウムたちは「これが自分の餌なんだ!」と認識するようになります。 ペレット食により抵抗を無くすためには、ヒナ食の定番となりつつある「パウダーフード」を活用することがオススメです。 ペレット食だけではなくシード餌も食べてもらいたいという飼い主さんの場合も同様です。 インコやオウムに「ペレット食が自分の餌なんだ」と認識させたとしても、何万年も前から種子を食べ続けてきた彼らにとって、幼い頃にシードを与えなくても、自然と食べることができます。 人工的なものほど彼らは強烈に拒むので、将来ペレット食とシード餌どちらを食べさせたいのかで悩んでいる方は、慣れるまでペレット食を与え続け、成鳥になったらペレット食とシード餌を与えるようにすると良いでしょう。 では、成鳥となったインコやオウムの場合、どのように切り替えてゆけば良いのでしょうか。 成鳥のシード餌からペレット食への切り替え方• シード餌に砕いたペレットの粉を振りかける。 慣れてきたら、粉に加えて小粒のペレットを少量シード餌に混ぜる。 インコやオウムがペレットを砕いている様子を確認したら、お昼の食事をペレットだけにし、夜寝る前にシード餌をお腹いっぱい食べさせる。 お昼に与えたペレットを食べていることを確認したら、夜に与えるシードの量を徐々に減らしてゆき、ペレットを多めに入れます。 一か月かけてゆっくりペレットの量を増やしてゆきます。 完全にペレットを主食として定着させることができたら成功です! ペレット食への切り替えが完了したら、一か月以上あいだを置いて寝る前のおやつとしてシードを少量与えても問題ありません。 ただし、シードを与え過ぎると逆戻りしてしまう恐れがありますので、ほんの少しだけ与えるようにしましょう。 ペレットのメリットデメリット ペレット食に切り替えたいという飼い主さんにメリットとデメリットについてご説明します。 ペレット食のメリットは、• 全ての栄養成分をバランスよく摂取することができる• 含有されている脂肪分がどのメーカーも平均7%ほどなので肥満防止になる• 餌の補給がラクチン• 初心者飼い主さんでも栄養管理が簡単にできる 一方、ペレットによるデメリットは、• 単食になりやすいため、ストレスが溜まる• 1つのメーカーのペレットばかり与えてしまうと慢性症状が表れる恐れがある• インコやオウムが好んで食べたくなるものではないので、シードからの切り替えが非常に難しい• 値段が高く、海外産が多いので入手が困難• 人工飼料なので添加物や農薬が心配 などが挙げられます。 ペレットを与える際は、インコやオウムの種類や性格などを考えて切り替えたり、与えたりするのがポイントですので、まずは鳥類専門の動物病院やペットショップ、ブリーダーにペレットに切り替えた方が良いのかどうかなどを相談することから始めましょう。 今回はインコの主食ペレットについて、ペレットの選び方とペレット食への切り替え方、主食ペレットを与えることのメリットデメリットについてご説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。 ペレットは自然界に存在しない食べ物ですので、いきなり出されて食べてほしいと言われても、インコやオウムは困ってしまいます。 人間もそうですが、初めて見る者に対しての抵抗は凄まじいものですので、どうしてもペレット食に切り替えたいという飼い主さんは、鳥類専門の動物病院やペットショップ、信頼できるブリーダーに相談するようにしましょう。

次の

インコのペレット~ペレット比較と感想~海外メーカー編

インコ ペレット

大切なお知らせ CAP!ではコロナウイルス感染予防と拡大防止のため、 下記の対策を継続して参ります。 少人数での作業となりますため、ご不便をお掛け致しますが、 皆様へ下記のご協力をお願い申し上げます。 お電話が繋がりにくくなっております 作業人数制限中のため、お電話の対応により出荷作業に影響が出る場合もございますので、 お願い申し上げます。 海外商品の入荷状況につきましてはお問い合わせ前に。 ご注文内容に変更がないよう、確定前にご確認をお願い致します 送付先住所やご注文個数のお間違いが増えております。 受注後はスタッフ全員で直ちに出荷作業に入りますのでご対応が難しい場合もあり、 ご変更やキャンセルが出ないようご協力をお願い致します。 輸入商品の入荷や納期につきましてのご案内は出来かねます 現在、世界的に貿易や物流で遅延や延期が発生しております。 海外輸入商品の納期や生産の継続につきましてのお問い合わせが増えておりますが、感染終息の目処が立たない中、世界情勢も不安定になっておりますので、現時点では確定情報もなく詳細のご案内が出来かねます。 皆様にはご心配をお掛けしておりますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 当店ではフード類全てに賞味期限を記載しております。 誰にも先が見えない状況でご不安、ご心配をお掛けしておりますが、 【愛鳥さんのために今できる備え】のお役に立てますよう努力を致します。 カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。 前払い・決済手数料は無料です。 振込手数料はお客様負担となります。 商品到着後、請求ハガキにてお支払いください。 実店舗との兼ね合いで在庫切れの場合や、注文が込み合う時期は数日間お時間を頂いております。 その際はメールまたはお電話にてご連絡致します。 あらかじめご了承下さい。 営業時間帯について プライバシーについて 営業時間:10:30〜17:00 ご注文・メールのお問い合わせは 24時間受け付けております。 お気軽にお問い合わせ下さい。 メール、お電話、FAXでのご注文は承っておりませんのでご了承ください。 お取引・お問い合わせ等で知りえたお客様の個人情報のすべてを裁判所、警察機関等、公共機関からの提出要請があった場合以外第三者に譲渡・利用することは一切ありません。 どうぞご安心下さい。 メールアドレス:info cap. では、お客様から頂きましたご注文や質問へのお返事を 必ず2営業日以内に返信させて頂いております。 万一当店よりメールが届かない場合は、大変お手数をお掛け致しますが、再度ご連絡下さいますようお願い致します。 早急に対応致します。 限定品や取寄せ品のキャンセルはお受け出来ません。 ご注文の返品・交換・キャンセルに関しまして詳しくは、 をご確認ください。

次の

インコ用ペレットのズプリーム(ZuPreem)まとめ~入手しやすくバリエーション豊富

インコ ペレット

ビタミン群• ミネラル• カルシウム これら不足するものは野菜などの副食や、ボレー粉などでカルシウムの摂取が別途必要になります。 ボレー粉など副食については別の記事で解説しています。 シードには皮が付いたタイプのものと、皮むき処理された皮なしタイプのものがあります。 どちらも種類別・単種で購入できますが、複数のシードがインコにとって適正な割合で配合された混合シードがあります。 初心者ならいろんな種子が混ざって栄養価が調整されている混合シードを選んでおけばいいでしょう。 細かく栄養管理したい場合は種類別に揃えて自分でブレンドしても良いですが、栄養面を熟知した玄人向けです。 また、インコの種類によっては果物・フルーツを好んで食べるものもいます。 そんなインコ用に果物が含まれた混合シードもあります。 皮付きシードの特徴 皮つきシードは種の皮が付いたままの状態でインコに与えるもので、インコが自分で餌を剥いて食べます。 皮を剥くという行動だけですが、健康なインコにとってはこれも楽しみのひとつになります。 皮付きシードのメリット・デメリット 皮つきシードのメリットとデメリットをチェックしておきましょう。 皮付きシードのメリット 皮つきシードには次のようなメリットがあります。 皮つきに比べて栄養価が低い• 皮がないので乾燥している• 皮を剥く楽しさがない• 皮付きより腐敗しやすい シードの主な種類と特徴 シードにも様々な種類のものがありますが、混合シードにも必ず入っているような主な種類の特徴を紹介します。 ヒエの特徴 ヒエはカロリーはやや低めですが、アワとキビに比べてやや脂質が高めです。 またカルシウムを多く含む特徴があります。 とはいえ必要なカルシウム全てを補えるわけではないので、副食などで別にカルシウムを摂る必要はあります。 アワの特徴 低カロリーですが炭水化物を多く含んでいます。 アワにも赤アワと白アワがありますが、白アワの方が一般的です。 キビの特徴 キビは高カロリー高タンパクですが、脂質が低くタンパク質を多く含む特徴があります。 混合シードの割合 市販されている混合シードは「ヒエ:アワ:キビ=5:2:1」程度の割合で混合されていることが多いようです。 自身で与える場合もこの割合を参考にして、体調に合わせて調整してみましょう。 カナリーシードが配合されているものも カナリーシードも穀物の一種ですが、脂質が高いため主食としてメインで与えると肥満の原因にもなるものです。 カナリーシードが悪いとは言いませんが、割合的に高い率で配合されている混合シードは控えた方が無難だと思います。 どちらかというと大型インコ向けですね。 その他のシード類 シードはこれまで紹介したもの以外にも次のようなものがあります。 ソバの実• ひまわりの種• アサノミ• サフラワー• ナタネ• エゴマ いずれもそれぞれの特徴がありますが、基本的にはヒエ・アワ・キビと副食でまかなえます。 混合シードを選ぶときの注意点 混合シードといってもいろんな種類があり、ブレンド内容も違います。 なかにはひまわりの種が多く含まれているものもあり、それだとかなり脂質が高い食事となるためブレンド内容には注意が必要です。 混合シードを選ぶときには飼育するインコに合ったものを選ぶようにしましょう。 自分でどんな餌が合うのかを調べるのも大切ですが、併せてショップの店員の意見も聞いてみましょう。 ペレットは人工の総合栄養食 ペレットは人工的に作られたエサで総合栄養食のようなものになります。 ペレットの特徴やメリット・デメリットを詳しくみていきましょう。 ペレットの特徴 ペレットはインコに必要となる栄養のほとんどすべてをそれひとつで補えるように作られた総合栄養食を言います。 ただ色つけされているだけのものもあれば、粒・色ごとに味が違うタイプもあります。 色の付いているペレットはフンの色にも影響することがあるため、健康チェックの妨げになることもあります。 個人的には見た目だけの違いなのでナチュラルタイプがおススメです。 また、着色料に不安がある場合はナチュラルタイプの無着色のものを選ぶといいでしょう。 シードの与え方と保存方法 シードはそのまま開封して与え、その袋のまま保存をしてもかまいません。 ですが、そこでひと工夫することで、より安心して与えられ、清潔に保存することもできます。 シードの与え方 購入したばかりのシードでも意外と汚れています。 下の画像はシードをストッキングに入れて水のみですすぎ洗いしているところですが、かなり濁っていますね。 殻に付着した汚れなのでこれ全てを食べるわけではありませんが、水洗いをした後に与えるとより安心な餌として与えることができます。 もちろんすすぎ洗いなしで与えたからといって病気になるようなことではないと思うので、洗わなくても問題ないでしょう。 シードの保存方法 シードのほとんどは海外からの輸入品です。 だからというわけではないと思いますが、穀物の種であるためか虫の卵などが混入しているケースがあります。 常温でそのまま保存しているといつの間にか虫が湧いているという話も聞いたことがあります。 可能であれば保存容器やジップロックなどに移して冷蔵保存すれば新鮮に保存できるだけではなく、虫がわくのも予防できます。 ペレットの与え方と保存方法 ペレットは総合栄養食なのでこれといって与え方もないように感じるかもしれませんが、ちょっと意識してほしいこともあります。 ペレットの与え方 ペレットはほとんどの栄養素をそれだけで補えるのですが、メーカーや商品によって味が異なるのは前述したとおりです。 栄養バランスも違っているので一種類のペレットを与え続けるのではなく、2~3種類程度のペレットを交互に与えることで栄養の偏りを予防することができます。 また、単調な味の変化にもなるので複数のエサを準備するのをおすすめします。 ペレットの保存方法 ペレットは人工的に加工されているので虫の卵が混入することはまずありませんが、外から虫が入って増えてしまう可能性はあります。 やはりペレットもできれば別容器に移して冷暗所で保存したほうが鮮度も保てるのでおすすめです。 シードからペレットへの切り替え方 ペレットのメリットが大きいこともあり、シードからペレットへの切り替えをするケースが多くあります。 しかしこれまでシードに慣れ親しんできたインコがペレット食に移行するのにはスムーズでないこともあります。 シードからペレットへの切り替えをする場合は次のことを意識したり試してみるといいでしょう。 シードに粉末状のペレットを加える• ペレットを粉末から砕いたものへ• ペレットに砂糖を少しかける インコは糖分を好むため• オヤツとして与えてみる ただしペレットは商品によって味が異なるようで、ペレットを食べてるインコでも、ペレットの種類を変えると食べなくなることもあります。 つまり今食べてくれないペレットでも、エサを変えれば食べてくれることは良くあります。 個体差で好みの違いもあるので、ペレットへの移行は気長に挑戦しましょう。 産卵期・換羽期には高エネルギーなエサを ペレットでは人工的に栄養のコントロールが容易なため、産卵期や換羽期などより体力を必要とする時期に与えたい高エネルギーなエサもあります。 食欲のあるインコなら量を食べても安心なように低エネルギーのものを選ぶといいですし、あまり食べれないのであれば少量でもエネルギーを補えるように栄養価の高いペレットをあたえるという工夫も可能です。 コラム:ペレットとシードは併用がおススメ ペレットは栄養価に優れているため、シードから完全ペレットに移行をしていく方も多いものです。 ペレットに慣れてくれたらこの比率でもちゃんと食べてくれています。

次の