ハングアウト アカウント削除。 ハングアウトはアンインストールできないんですか?

Googleハングアウトの使い方!招待やビデオ通話・画面共有方法も解説[PC/スマホ]

ハングアウト アカウント削除

国内で普及しているメッセンジャーアプリと言えばLINEですが、日本ではなぜLINEが普及しているのか? その理由は単純で 「周りの皆が使っているからどうしてもLINEを使うことになる」からでしょう。 しかしLINEは過去ニュースを見てもセキュリティ面でどうなの?と感じてしまいます。 そもそもAndroid端末ならば、ユーザーの安全性を第一に考えているGoogleのメッセンジャーアプリ 「ハングアウト」が始めからプリインストールされています。 おそらくハングアウトが何のアプリか知らない人がほとんどなのではないでしょうか? ハッキリ言ってこれがあれば、わざわざ余計なものをインストールする必要もなく他のメッセンジャーアプリは不要です。 Googleアカウントさえ持っていればすぐに利用できます。 よって Android端末を利用している人はGoogleアカウントも持っているはずなのですぐに利用できるのです。 は好きなユーザーと会話、ビデオ通話、チャットなどができるメッセンジャーアプリです。 シンプルで使いやすくチャットでは画像、動画、地図などをチャット画面からすぐに添付できます。 アプリはAndroid版、iOS版、PC版が用意されています。 ハングアウトは Google Chromeを使っていればブラウザ画面からもすぐにアクセスできたり、G-mail画面からもアクセスできるのでとにかく利便性がいいです。 またアカウントを同期すればどのデバイスからでもすぐにアクセスできるので、煩わしい引継ぎ認証などは不要です。 ハングアウトの初回起動時 ハングアウト初回起動時には、Googleアカウントを1つ持っている場合はそのまま自動的にログインします。 Googleアカウントを複数持っている場合はアカウント選択画面で使用するアカウントを選択します。 アカウントに電話番号を設定していない場合は、SMSによる電話認証画面が表示されます。 しかし、通話はせずメッセージだけやり取りしたい場合はそのまま利用可能です。 ハングアウトTOP画面の見方 ハングアウトのUIはG-mailアプリと似ており、G-mailを使っている人でしたら馴染みのある画面で直感的に操作できると思います。 左上がメニュー、右下のプラスアイコンがチャット作成です。 実にシンプル。 メニューの項目も最小限で無駄がないです。 ハングアウトのメニュー ステータス ステータスでは予定やアイデア、今の気分を入力すると自分とハングアウトできる全てのユーザーで共有できます。 通知をスヌーズ スヌーズとは最初に通知した後、再度通知をする機能です。 時間を設定することで再度通知されます。 招待 招待では自分の電話番号、もしくはメールアドレスを知っているユーザーから直接連絡を受けるか受けないかを選択できます。 ここでどちらかを選択しても、いつでも設定から変更できます。 アーカイブ済み アーカイブ済みはリストに表示されているユーザーとの会話を非表示にできる機能です。 アーカイブ済みにした会話でもそのユーザーから新しいメッセージを受信した場合にはリストに表示されます。 設定 設定も非常にシンプルです。 チャットにリンクが貼られていた場合にハングアウトブラウザで開くか開かないかの設定と、 アカウント設定のみです。 アカウントを選択するとアカウント設定画面になります。 項目は、 ハングアウトダイヤルはインストールするだけで通話画面が追加されます。 チャット画面と通話画面はスワイプで瞬時に移動できます。 Googleアカウントのユーザー名もしくは電話番号から検索します。 直接ダイヤルを打ち込む場合は、画面下のアイコンをタップするとダイヤル入力画面になります。 画面右上のプラスアイコンをタップすると発信に関する説明を読むことができます。 同意するを選択した場合は利用規約に記載されている ハングアウトで緊急通報の発着信はできないことに同意することになります。 国際電話を利用の際はその国によって通話料がかかりますので、上画像にあるリンクから確認してください。 当然パケットを消費しますので、パケ放題でない場合は注意しましょう。 グループでの会話 ハングアウトではグループを作成することができ、グループ会話は150人まで参加できます。 ビデオハングアウトではグループ会話は25人まで参加できます。 グループの作成 グループを作成するにはチャット画面の 新しい会話をタップします。 新しいグループをタップします。 任意のグループ名を入力して右上のチェックアイコンをタップするとグループが作成されリストに表示されます。 リストに表示されたグループの上をタップ長押しすると上部バーにアイコンが表示されます。 アイコンは3つありそれぞれの機能は以下のようになっています。 招待リンクをタップしてオンにします。 あとは ユーザーを追加から追加します。 また、 リンクの共有ではグループのリンクを作成できます。 作成したリンクを相手に教えることによって、相手はそのリンクからグループに参加することができます。 G-mailやメモ帳を選択することで、グループのリンクが自動で添付、または表示されます。 グループからユーザーを削除 グループからユーザーを削除できるのは、 グループを開始したユーザー 名前、電話番号、メールアドレスのいずれかを使用して追加されたメンバー のみとなります。 グループからユーザーを削除するには、 メンバーから削除したいユーザー名を選択してグループから削除を選択します。 削除したユーザーはグループのメンバー全員に削除したことが表示されます。 再度招待するには、名前、電話番号、メールアドレスのいずれかを使用して招待できます。 しかし、 削除されたユーザーはグループのリンクからは再度参加できません。 オプション画面の一番下に グループから退出するがありますのでタップします。 退出を選択するとグループから退出できます。 PC版ハングアウトについて PC版ではGoogle Chromeの拡張機能としてが用意されています。 拡張機能をインストールせずともブラウザから直接ログインして使用することも可能です。 またGoogle検索のTOP画面からもすぐにアクセスできます。 右上のアプリメニュー一覧にあります。 G-mail画面からもすぐハングアウトにアクセスできます。 左のメニュー下部からハングアウトを始めることができます。 Google Meetについて ハングアウトは2020年にサービス終了との誤報が流れていた時期もありましたが、実際は Google Chatと Google Meetへサービス分割しました。 Google ChatとGoogle Meetはクラウド型ビジネス向けソリューションのを利用することで使える有料サービスです。 Google Chat ビジネスチーム向けに設計されたメッセージングプラットフォーム。 現時点で28言語に対応。 各チャットルームは最大 8,000 人のメンバーをサポート。 Google Meet ビジネス仕様の安全性の高い会議ツール。 「G Suite」と「G Suite for Education」で提供されている。 そして、先日2020年04月29日ににて 「Google Meet」をすべてのGoogleユーザーに無料で提供することが発表されました。 Google Cloud公式ブログによると、 「5月初旬から数週間かけて順次お使いいただけるようになります。 」と書かれています。 また、 「無料版の Google Meet では、会議毎に60分の時間制限がありますが、本制限は2020年9月30日までは無効です。 」とも書かれています。 よってGoogle Meetは2020年9月30日まで無料開放されるようです。 個人用アカウントでGoogle Meetを利用する場合、ウェブはから利用が可能になります。 iOS,Androidはアプリで利用が可能になります。 まとめ もはやGoogleの利便性は他の追随を許さないレベルまできています。 Googleアカウントを持っているだけで様々なサービスを利用できますし、ブラウザがChromeの場合、アカウントにログインしていれば瞬時に目的のサービスへアクセスできます。 ハングアウトのデメリットと言えば、国内で使っている人をあまり見かけないのでこの利便性を分かち合えないことですかね~。 ビスネスシーンでも活躍すると思うのにどうも日本はガラパゴス体質でこういった事の融通が利かないんですよね 汗 他に分からないことがあればで確認できます。 iOS版も用意されていますが、Android端末をお持ちならデフォルトで入っていると思いますので一度試してみるのもありかと。 ガラパゴス化したアプリを使うのもいいですけど、グローバルなアプリを使うのも新鮮でいいですよ。 新しい発見があるはずです。

次の

Androidでハングアウトの着信音が鳴らない症状

ハングアウト アカウント削除

格安スマホ・ 格安SIMの弱点として 通話の定額サービス等がなく通話料が高いということがあります。 しかし通話に関しては ツールを活用することによって電話代を節約することが可能です。 通話代を安く済ませるために利用するサービスとしては、「 プレフィックスサービス」と「 IP電話」があります。 今回はIP電話の1つである「 ハングアウトダイヤル」を紹介します。 電話番号の付与はないので発信専用にはなりますが個人的にはかなり使いやすく重宝しています。 「ハングアウトダイヤル」を利用した通話に関しては、 電話回線を使用した通常の通話ではなく、インターネット回線を利用して行う「IP電話」になります。 通話の品質については通常の電話と比べるとよくありませんが、個人的にはあまり気になりません。 ただ、状況によっては多少の遅延があったりする時がありますので注意が必要です。 グーグルアカウントを持っていれば誰でも利用でき、 事前にアカウントに通話代金をチャージする形で利用します。 ライン電話と比べて便利な点としては 使わなかったクレジットはいつでも支払ったクレジットカードに払い戻しも可能です。 最初の起動時にクレジットの購入を求められますので支持に従って入金します。 最近、発信者通知にも対応しました。 ただし、Docomoへの通話の際は詐欺対策での仕様で通知不可になるようです。 日本国内の通話の料金に関しては下記のようになっています。 ・固定電話へ 1分3セント ・携帯電話へ 1分9セント ・IP電話等へ 1分3セント もちろん「 ハングアウト」を利用している人同士の通話は無料ですよ。 通常の通話が1分40円で、プレフィックスサービスを利用したとしても1分間で20円なのでかなり安いのがわかると思います。 ハングアウトダイヤルの使い方 使い方は簡単です。 今回はiPhone版のアプリのスクリーンショットです。 Android版もほとんど変わりませんよ。 まずはアプリのダウンロードからです。 Android版は「 ハングアウト」のアプリの他に「 ハングアウトダイヤル」というアプリをダウンロードする必要があります。 から2つのアプリをダウンロードします。 iPhone版は下記の「ハングアウト」のアプリだけで通話もOK カテゴリ: ソーシャルネットワーキング 現在の価格: 無料 インストールが終わったら起動しましょう。 iPhoneアプリであればそのまま電話のタブを、Androidアプリの場合は「ハングアウトダイヤル」のアプリをダウンロードすると電話のタブが表示されますので選択します。 発信者番号の通知がONになっているとポップアップで番号を表示してくれます。 通話の履歴とアカウントの残高が確認できます。 真ん中にあるダイヤルのマークをタップするとダイヤルの画面に移ります。 通常の電話と同じように普通にダイヤルをしてください。 右上から連絡先を選択することも可能です。 発信の前に通話する電話番号と料金が通知されますので問題なければ「発信」を選択するだけでOK。 通常の電話と同じように使用できるので簡単に使うことができると思います。 まとめ 私の使い方としては、待ち時間で通話が長くなるサポートセンターへの電話や、お店への予約の際などは ハングアウトダイヤルを利用しています。 比較的短くて安定した品質が必要なビジネスの連絡等に関しては楽天でんわなどの プレフィックスサービスを使用するように使い分けています。 また、間違えて通常の電話アプリを使わないようにショートカットを削除したりと料金を抑える工夫をしています。 通話が高い 格安スマホですが プレフィックスサービスやハングアウトダイヤルを利用することによって通話代を抑えることができますので是非一度使ってみてください。

次の

[解決済み]ハングアウトメッセージ/履歴会話を削除および復元する方法

ハングアウト アカウント削除

iPhone か iPad でハングアウト アプリ を開きます。 [ 使ってみる] をタップします。 Google アカウントを選択するか、別のアカウントにログインします。 します。 こうすることで、他のユーザーがハングアウトであなたを見つけられるようになります。 電話番号を確認しない場合は、[ スキップ] をタップします。 複数のアカウントにログインする• iPhone か iPad でハングアウト アプリ を開きます。 メニュー アイコン をタップします。 お使いのアカウントの横にある下向き矢印 をタップします。 [ アカウントを管理] をタップします。 アカウントを選択するか、追加します。

次の