笠井 信輔 病気。 笠井信輔アナ、悪性リンパ腫の完全寛解報告「万感の思い」

笠井信輔アナ 退院から1週間余り「急に足がむくんで」焦り「月曜日に病院に行くことに」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

笠井 信輔 病気

tobe. yoko がシェアした投稿 - 2019年 9月月26日午後11時13分PDT 元フジテレビアナウンサーの笠井信輔さんがこのほど、 悪性リンパ腫を患っていることがわかりました。 奇しくもこの情報が場がれた日は、 白血病で闘病中だった競泳選手の池江璃花子さんが退院した、という嬉しいニュースが報じられたところ。 笠井信輔さんといえば、今年の9月にフリーに転身したばかり。 そして大先輩でもある小倉智昭さんと同じ事務所に所属。 すでに事務所へ依頼の仕事の 20本の内16本の仕事が決まっていたということですが、全てキャンセルされたということ。 これからは病気の治療に専念するということです。 一体どんな病気なのか。 そして、今現在の笠井信輔さんの病状やがんのステージはどのようなものなのか気になるところです。 笠井信輔 元フジアナ 悪性リンパ腫の報道について 笠井信輔さんが 悪性リンパ腫に侵されている報道がこちら。 フジテレビを退社しフリーに転身した笠井信輔アナウンサー(56)が、この悪性リンパ腫に罹患していることが12月17日、週刊新潮の取材で判明した。 テレビ局関係者が言う。 「笠井アナは9月末でフジテレビを退社しました。 一方、悪性リンパ腫の診断が下ったのは11月下旬のことだったそうです。 社員時代ではなく、フリーになってから病気が見つかったことになります。 現在、笠井アナは、テレビ局などを回り、病状の説明を行っているそうです。 ひとまずは仕事をキャンセルし、治療に専念する考えのようです」 引用:Yahoo! JAPANニュース 笠井信輔さんは今年 2019年 9月末にフジテレビを退社。 その後は、小倉智昭アナと同じ事務所『オールラウンド』へ。 笠井信輔さんがフリーで活躍するという期待は、事務所は持ちろん、業界でも大きいものでした。 すでに数本のテレビ出演も決まっていた状況。 そんな中、12月17日、『週刊新潮』の取材で、笠井信輔さんが今現在、悪性リンパ腫に侵されていることがわかったと言います。 ネットの反応を見てみると、 某テレビ番組のロケに出演していた笠井信輔さんが、番組の後半で、とても疲れた症状を見せていた という。 そのネットで書き込みの方は、もしかすると、この時点ですでに病に侵されていたのでは?と呟いていました。 笠井信輔さん自身は異常を感じていたのでしょうか? それで検診を受けた、あるいは、事務所の定期健診で、今回の病気が発覚したのかも知れません。 まだ病状の詳しい報道がされていませんが、何れにせよ、悪性リンパ腫に侵されていることがわかったことは不幸中の幸いではないでしょうか。 笠井信輔が悪性リンパ腫でどんな病気なのか? 笠井信輔さんを襲った 悪性リンパ腫。 この病名は最近よく耳にするようになったと感じるのは、筆者だけでしょうか。 この 悪性リンパ腫とはどんな病気なのでしょう。 悪性リンパ腫は、血液細胞に由来するがんの1つで、白血球の1種であるリンパ球ががん化した病気です。 全身のいずれの場所にも病変が発生する可能性があり、多くの場合は頸部(けいぶ)、 腋窩(えきか)、 鼠径(そけい)などのリンパ節の腫(は)れが起こりますが、消化管、眼窩(がんか:眼球が入っている骨のくぼみ)、肺、脳などリンパ節以外の臓器にも発生することがあります。 ネットの反応のように、笠井信輔さんは、体になんらかの以上を感じたのかもしれませんね。 このことについては、後日改めた事務所より発表があるということ。 もしかすると、笠井信輔さんが悪性リンパ腫に侵されていると報道された翌日 12月18日 放送の『とくダネ! 』で小倉智昭さんの口から何かしら語られるのではないでしょうか。 何れにせよ、笠井信輔さんの今現在の病状、ステージなどはわかり次第、追記いたします。 笠井信輔が悪性リンパ腫でネットの声は? 笠井信輔さんが悪性リンパ腫についてネットの声は以下の通り。 ・名前 笠井信輔 ・生年月日 1963年4月 ・出身地 東京都世田谷区 ・最終学歴 『早稲田大学』 ・所属事務所 『オールラウンド』 ・趣味 映画鑑賞・舞台鑑賞・カラオケ 笠井信輔さんの 年齢は56歳 2019年現在 祖父は劇作家・脚本家の阿木翁助。 妻は元『テレビ東京』社員の茅原ますみさんで1990年に結婚。 奥さんが他局の方というのはちょっと意外ですね。 また、子供は25歳、21歳、16歳 2019年現在 の3人の息子がいます。 大学卒業後、1967年に『フジテレビ』に入社。 1989年4月から『おはよう!ナイスデイ』に出演。 spして1999年からフジテレビ退社まで『情報プレゼンター とくダネ!』のサブキャスターとして出演。 2019年7月30日にフリーに転身と小倉智昭さんと同じ事務所『オールラウンド』に所属を発表。 同年9月末日で『フジテレビ』を退社。 同年10月1日より『オールラウンド』所属として活動。 現在のレギュラーはCSフジ『男おばさん!!』 また、笠井信輔さんといえば、『宝塚歌劇団』の大ファンとして有名です。 笠井信輔 元フジアナ 悪性リンパ腫の現在!ステージや病状や症状は?仕事は全てキャンセルで治療に専念について 笠井信輔さんのこの報道は、本当にびっくりしましたし、信じられませんでした。 筆者は毎日、朝の情報番組『とくダネ! 』を観ていたのでこの報道には本当にショックでした。 2ヶ月前に笠井信輔さんと仕事をしたラジオ関係者の話によると 「 元気で、病気の様子は全くなかった」 としています。 2ヶ月前といえば、10月でしょうか。 病気が発覚したのが11月ということ。 ラジオの仕事の頃、もしくはその後に何らか、体の不調があったのかもしれません。 この報道を受けて、親子のように『とくダネ! 』を支えてきた小倉智昭さんの心中を察すると、言い表すことのできない悲しみを抱えていらっしゃるのではないかと思います。 きっと、笠井信輔さんが悪性リンパ腫に侵されていると報道されてしまった以上、翌日 12月18日 放送の『とくダネ! 』で話題に触れないわけにはいかないでしょう。 今現在の笠井信輔さんの状況、そして小倉智昭さんのコメントはどのようなものになるのでしょうか。

次の

笠井信輔アナが語った「悪性リンパ腫」その衝撃の発覚経緯とは?

笠井 信輔 病気

笠井信輔アナがガン公表 今回の件について、デイリー新潮は以下のように報じています。 フジテレビを退社しフリーに転身した 笠井信輔アナウンサー(56)が、 悪性リンパ腫に罹患していることが12月17日、週刊新潮の取材で判明した。 テレビ局関係者が言う。 「 笠井アナは9月末でフジテレビを退社しました。 一方、悪性リンパ腫の診断が下ったのは11月下旬のことだったそうです。 社員時代ではなく、フリーになってから病気が見つかったことになります。 現在、笠井アナは、テレビ局などを回り、病状の説明を行っているそうです。 ひとまずは仕事をキャンセルし、治療に専念する考えのようです」 笠井アナは1963年4月生まれ。 都立狛江高校から早稲田大学へ進学。 87年にアナウンサーとしてフジテレビに入社した。 同期は塩原恒夫(56)、中井美穂(54)、青木美枝(54)という顔ぶれになっている。 出典: 報道にある通り、元フジテレビで、現在はフリーのアナウンサーとして活動している 笠井信輔アナがガンを公表しました。 この血液ガン=悪性リンパ腫というのは、リンパ球が悪性のものに変わり、増殖していってしまう病気。 国立がん研究センターのHPがによれば、以下のように解説されています。 悪性リンパ腫とは? 悪性リンパ腫は、血液細胞に由来するがんの1つで、白血球の1種であるリンパ球ががん化した病気です。 全身のいずれの場所にも病変が発生する可能性があり、多くの場合は頸部(けいぶ)、 腋窩(えきか)、 鼠径(そけい)などのリンパ節の腫(は)れが起こりますが、消化管、眼窩(がんか:眼球が入っている骨のくぼみ)、肺、脳などリンパ節以外の臓器にも発生することがあります。 出典: 原因不明の疾患であり、 高熱や倦怠感などに襲われると言います。 この点においては、同じく血液のガンと呼ばれる白血病と似ています。 出典: 笠井アナといえば、フジテレビの朝の情報番組である 『とくダネ』のイメージが強いでしょう。 MCである小倉アナと共に、 1999年から2019年9月末まで司会を務めていました。 一方、笠井アナはこのタイミングでフリーアナウンサーへの転向を発表していました。 ネットでは 『長年続けてきたのに、フリーになったからと言ってなぜとくダネを降板するの?』と話題に。 今回の悪性リンパ腫の公表にからめて、病気が降板理由だったのでは?という声も一部で上がっていますが、これは関係ないでしょう。 週刊新潮の報道にもあるように、降板は9月末。 悪性リンパ腫と診断されたのは11月下旬ということで、時系列的にも病気は影響していないものと思われます。 降板の明確な理由については不明ですが、2019年12月13日に出演した『ノンストップ!』で、フリーになった経緯を以下のように説明していました。 笠井はフリーを決意するまでの数年間は「世代交代の波、自分の持ち場が減ってきた」と痛感していたといい「『とくダネ!』を20年やって、確実に自分の出番が減ってくる」という現実に直面していたという。 もちろん「台本を書いたり、後輩の指導」といった、ベテランならではの仕事はあるが「(しゃべる)持ち場は減って、確実に世代交代がきているとひしひしと感じる」としみじみ語った。 悪性リンパ腫の診断が11月下旬だったということなので、このノンストップへの出演の際には診断された後だったということになります。 ネットの反応 今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか? ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。 フリーになった途端… ご本人に悔いはないかも知れないけど、サラリーマンだと病休もあるし、傷病手当もありますよね。 大病ですが、何とか乗り越えられますように。 満を持しての退社、一番ヤル気がみなぎっている時でもあり、 フリーになられて不安を感じている事もあるでしょうに… なんてタイミングの悪さでしょう。。。 気を落とされずに、まずは治療に専念なさってください。 本人も悔しい思いを抱えていると思いますが、まずは健康あってのこと。 今は治療に専念して元気になって、また私たちに元気な顔を見せてほしいです。

次の

笠井信輔

笠井 信輔 病気

元フジテレビでフリーの笠井信輔アナウンサー(57)が9日、自身のインスタで「急に足がむくんで」週明けの月曜日に病院に行くことになったことを報告した。 笠井アナは「ちょっと困りました」と切り出し、「2、3日前から足がじんじんするなと思っていたら急に足がむくんできました」とむくんだ両足の写真を投稿。 「入院して4ヶ月半 むくんだことがなかったので、ちょっと焦ってます」とつづった。 心配の声が寄せられる中、「追伸」として「すみません。 ちょっと慌てて、ここにどうしようなんて皆さんに問いかけるような質問をしてしまって申し訳ないです」と投稿し、「病院に電話して、月曜日に病院に行くことになりました」と明かした。 続けて「痛みは無いので、あと排尿は充分あるので、少し様子見ます」とも。 「ご心配おかけしました。 今すぐ大変だ、と病院に駆けつける状況では無いようなので、大丈夫です」と記した。 笠井アナは昨年9月末に32年間勤務したフジテレビを退社。 フリーとして新たな道を歩みだした矢先、体の痛みや倦怠(けんたい)感を訴えて11月に検査したところ、血液のがんの一種である「悪性リンパ腫」が腰と肩に見つかった。 12月19日に都内の病院に入院し、病気を公表。 4カ月以上に及ぶ入院治療を終え、先月30日に、都内の病院を退院したばかり。

次の