スノー ボール ペット。 映画『ペット』のスノーボールが可愛すぎてつらい

人気アニメ続編『ペット2』でうさぎのスノーボールが悪役からスーパーヒーローに?

スノー ボール ペット

マックス — ルイ・C・K/設楽統(したらおさむ) 本作の主役であり、犬のマックスはジャック・ラッセル・テリアと呼ばれる小型のテリア犬種。 飼い主のケイティのことを溺愛し、いつも一緒にいたがる寂しがり屋です。 そんな彼の声をオリジナル版で担当したのは監督、俳優、脚本家としてマルチに活躍するルイ・C・K。 人気トーク番組「レイト・ショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマン」や「レイト・ナイト・ウィズ・コナン・オブライエン」の脚本を担当していることで知られ、これまでディズニー映画はもちろん声優としては無名に近い存在。 それでも今回急遽主役に抜擢されています。 一方で日本語吹き替え版に挑むのはお笑い芸人のバナナマン設楽統。 最近、テレビで見ない日はないほどバラエティ番組の司会として活躍している設楽統ですが、アニメの声優としても実力を発揮しています。 「」ではウォルター・ネルソン役を演じており、イルミネーション・エンターテインメント製作の映画の常連になりつつあります。 デューク — エリック・ストーンストリート/日村勇紀(ひむらゆうき) マックスが住む家に転がり込んでくる大型犬といえばデューク。 ニューファンドランドと呼ばれる種類の犬で、長くて茶色の毛が特徴です。 体が大きいわりには臆病で猫たちに囲まれただけでも逃げ出すほど。 マックスとは気が合わず、最初は衝突してばかりですが、途中から徐々に心を開いていきます。 そんなデュークを演じるのはアメリカ人俳優のエリック・ストーンストリート。 コミカルな役を演じることで知られ、米ドラマ「CSI:科学捜査班」や「モダン・ファミリー」などが代表作です。 対する日本語吹き替え版はバナナマンの日村勇紀。 お笑い界ではすっかりお馴染みの日村勇紀も相方と同じく「」にウォルター・Jr. ・ネルソン役で出演しており、コンビで連続共演を果たしています。 本作では二人で絡むシーンも多くコンビ芸が見もの。 ギジェット — ジェニー・スレイト/沢城みゆき 真っ白な毛をしたメスのポメラニアンといえばギジェット。 マックスに恋心を抱く乙女であり、本作のヒロイン。 ギジェットは普段は可愛らしい犬ですが、怒らすとパンチが飛ぶほど怖いです。 マックスを救うためならいかなるリスクも覚悟の上で飛び込んでいく姿はオス顔負け。 そんなギジェットを演じるのはジェニー・スレイト。 アメリカでコメディー女優として知られるいわば女芸人です。 代表作はトーク番組の「サタデー・ナイト・ライブ」で、声優としてはディズニー映画「」で重要キャラクターのベルウェザー副市長役を務めています。 対する日本語吹き替え版では声優はもちろんナレーターや女優として知られる沢城みゆきが役を射止めています。 ケイティ — エリー・ケンパー/佐藤栞里(さとうしおり) マックスとデュークの飼い主の女性といえばケイティ。 マックスのこともデュークのことも外で拾ってきた心優しい一面を持つ一方で、いまいちマックスの気持ちを理解しない鈍感な一面も持つキャラクターです。 動物好きでおそらく独身で、家から出て行くときは彼女がどこに行くか分からないとマックスはいつも不思議に思っています。 そんなケイティを演じるのはアメリカの若手コメディアン、エリー・ケンパー。 米ドラマ「アンブレイカブル・キミー・シュミットで主演となったこと一躍有名になりました。 一方日本語吹き替え版にはモデルの佐藤栞里が登場。 「non-no」、「PINKY」の専属モデルとして知られ、TV番組「1億人の大質問!? 笑ってコラえて! 」にもMCとして出演しています。 ちなみに声優はこれが初挑戦。 メル — ボビー・モイニハン/かぬか光明 マックスの友達で、元気一杯のパグといえばメル。 劇中、するお茶目なキャラクターで出番は少なく、脇役ながら可愛らしさはピカイチです。 そんなメルを演じるのはコメディー俳優のボビー・モイニハン。 「サタデー・ナイト・ライブ」、「レイト・ナイト・ウィズ・コナン・オブライエン」などのトーク番組でお馴染みの俳優です。 日本語吹き替え版は声優のかぬか光明が担当。 クロエ — レイク・ベル/永作博美(ながさくひろみ) 太ったトラネコといえばクロエ。 良く言えば優雅、悪く言えばのろまな猫で、いつもゴロゴロしているスローなキャラクターです。 しかしいざマックスを助けに行くとなると、真っ先に賛成し、ほかの仲間を説得するなど正義感あるキャラクターです。 そんなクロエを演じるのはアメリカ人女優のレイク・ベル。 一方で日本語吹き替え版は女優の永作博美が抜擢されています。 いわずと知れたベテラン女優で、TVドラマ、映画などの出演作は数知れず。 しかしながら意外にも声優はこれが初挑戦だそうです。 ノーマン -クリス・ルノー/梶裕貴(かじゆうき) 方向音痴なモルモットといえばノーマン。 いつも道に迷ってしまい、自分のアパートにたどり着けないというおとぼけキャラで、かなりドンくさいのが特徴。 みんなからもよく突っ込まれている役回りです。 そんなノーマンを演じるのは本作の監督でもあるクリス・ルノーです。 「怪盗グルーの月泥棒」や「怪盗グルーのミニオン危機一発」で共同監督を務めた一人で、同シリーズではデイブの声も担当しています。 最近、アニメ映画では監督が声優として出演することが多くなっていますが、「」でもミニオンの声はほとんどがもう一人の監督のピエール・コフィン一人でこなしています。 さて、日本語吹き替え版は声優の梶裕貴が担当。 若手の声優ながら最近「進撃の巨人」、「ポケットモンスター XY」、「ワールドトリガー」、「七つの大罪」など次々と話題作で主要キャストを務めるなど今ノリに乗っている一人。 日本のアニメ作品に多く出演しているほか、洋画や海外アニメでも活躍の場を広げています。 タイベリアス — アルバート・ブルックス/宮野真守(みやのまもる) ほかの動物を食べようとするタカといえばタイベリアス。 鎖につながれていたところをギジェットに助けてもらいながら、食べてしまいたいという衝動に駆られるハングリーな動物で、ギジェットだけでなくノーマンのことも狙う危険なキャラです。 しかし一度ギジェットと仲良しになると、マックスを探すのを手伝ってくれるなど根はいい奴です。 そんなタイベリアスを演じるのは、コメディー俳優として知られるアルバート・ブルックス。 声優としても活躍中で最近では「ファインディング・ニモ」や「」でマーリン役を演じています。 対する日本語吹き替え版はイケメン声優の宮野真守に白羽の矢が当たっています。 声優だけでなく、舞台俳優や歌手としても活動していた経験を持ち、アニメ「DEATH NOTE」や「機動戦士ガンダム00」でのパフォーマンスが有名。 海外アニメでは「怪盗グルーのミニオン危機一発」と「」といったイルミネーション・エンターテインメントの作品に連続出演しています。 ポップス — ダナ・カーヴィ/銀河万丈(ぎんがばんじょう) 下半身が悪く、後ろ脚を車に乗せて歩く老犬といえばポップス。 犬たちが開くホームパーティーでギジェットと出会い、マックスたちの居場所を見つけるためにアドバイスを送ります。 両目がまぶたと毛で覆われて前が良く見えず、ほかのペットに皮膚を引っ張ってもらうというコミカルな一面を見せます。 そんなポップスを演じるのはアメリカのコメディー俳優であるダナ・カーヴィ。 映画俳優としてはそこまで知られていませんが、トーク番組「サタデー・ナイト・ライブ」の司会者を長年務めたことで有名です。 一方、日本語吹き替え版はベテラン声優、銀河万丈が挑戦。 洋画の吹き替えではシルヴェスター・スタローンやアーノルド・シュワルツェネッガーなどタフな役を演じることが多いです。 彼を演じるのはアメリカのスタンドアップコメディアンとして知られるハンニバル・バーエス。 テレビ番組はもちろん、映画にも数多く出演しており、マーベルの「スパイダーマン・ホームカミング」にも出演が決まっているほか、アニメーション映画「」にも声の出演を果たしています。 日本語吹き替え版には声優の青山穣が登場。 青山穣は「」でもスチュワートの声を担当したことで知られ、すっかりイルミネーション・エンターテイメントのファミリーになりつつあります。 スノーボール — ケヴィン・ハート/中尾隆聖(なかおりゅうせい) 早口で口の悪いウサギといえばスノーボール。 本作の最大の悪役であり、幾度となくマックスたちに襲い掛かるボスキャラです。 小さな体に前歯が出っ歯なのが特徴。 そんなスノーボールを演じるのはアメリカ人のコメディー俳優ケヴィン・ハート。 黒人特有の早口トークを得意としている俳優で、数多くのコメディー映画に出演しています。 日本語吹き替え版は大ベテラン声優の中尾隆聖が悪役に挑みます。 中尾隆聖は海外アニメにも数多く出演した経験を持ち、「トムとジェリー」、「ムーラン」、「わんわん物語」、「ディズニー 三人の騎士」などディズニーアニメでも活躍しています。 オゾン — スティーヴ・クーガン/山寺宏一(やまでらこういち) 体毛のない、ちょっと不気味な猫といえばオゾン。 スフィンクスと呼ばれる品種で手足が異様に細長く、大きい黄色い目をしているのが特徴。 スノーボールの子分のような存在です。 そんな彼を演じるのはイギリスのコメディー俳優スティーヴ・クーガン。 本作で唯一のイギリス人キャストで、イギリス訛りの英語を話すユニークなキャラクターを演じています。 「怪盗グルーのミニオン危機一発」ではサイラス役で出演しています。 日本語吹き替え版を担当したのはやまちゃんの愛称で知られるタレント、山寺宏一。 三谷幸喜監督の作品に俳優として数多く出演しているほか、バラエティー番組の司会者としても有名。 声優としてはアイス・エイジシリーズ、アラジンシリーズ シュレックシリーズ、リロ・アンド・スティッチシリーズなどに続けて出演しています。 >> 関連記事 「」 「」 「」.

次の

映画「ペット」のスノーボールちゃんがかわいすぎて死にそう|akiko_saito|note

スノー ボール ペット

製作は。 監督はとヤーロー・チーニー。 とを舞台に、飼い主がいない間のペットの暮らしぶりを描く作品である。 開催のにてプレミア上映が行われた後、アメリカで2016年から上映された。 ストーリー 小型犬の マックスは、飼い主の ケイティと共にのアパートで暮らしていた。 彼は子犬の頃にケイティに拾われ、お互い幸せな日々を送ってきたが、マックスはケイティが日中ずっと家にいないことだけを残念に思っており、ケイティの帰りを待つ間は毎日のように近所に住む他のペット達とつるんでいた。 ある日、ケイティがから大型犬の デュークを引き取り、家に連れて帰ってくる。 デュークはマックスに横柄な態度で接するが、結局マックスに言いくるめられる。 それが気に入らないデュークは、翌日ペットシッターによって近所のペット達と共にへ連れて行ってもらった際、マックスをドッグランの外に連れ出し、彼をゴミ箱に放り込んで自分だけ家に帰ろうとする。 しかし、それが原因で野良猫のボス・ オゾンに目を付けられ、オゾンによって首輪を切られてしまう。 首輪がない二匹はすぐさま動物管理局の職員に捕らえられ、バンに載せられる。 バンの運転手は更にもう1匹のウサギを見付けて捕らえようとするが、その正体は「元ペット団」の長 スノーボールであった。 スノーボールは手下(ブタ、ワニ、トカゲ)と共にバンを乗っ取り、そこに載せられていた仲間の猛犬を解放する。 マックスとデュークも解放を懇願すると、スノーボールは「お前らはまだペットだから」と拒絶するが、デュークは「実は飼い主をミキサーで砕いて殺した」と嘘をつく。 それに感銘したスノーボールは下水道にある自らのアジトへ連れて行くが、そこへ来たオゾンの仲間にまだペットであることをバラされ、追われる身となる。 更に、逃げる途中でスノーボール達の最大の指導者である大蛇を誤って殺してしまい、一層スノーボール達の怒りに火を点けてしまう。 二匹は下水道を伝ってへ脱出し、彼らを振り切ることに成功するが、辛うじて飛び乗ったで辿り着いたのは、マンハッタンではなくだった。 その頃、マックスの友達も彼がいないことに気付く。 ポメラニアンの ギジェットは彼らを誘ってマックスを探しに行こうとするが、皆外に出るのを躊躇う。 納得のいかないギジェットはアパートの屋上で飼われている凶暴なタカの タイベリアスを脅迫してオゾンを連れてきてもらい、マックスとデュークの手がかりを得る。 ギジェット達はケイティが帰る前にマックスを探し出すべく、オゾンの証言を元に元ペット団のアジトへ赴く。 そこではスノーボールがあの2匹の仲間だとして攻撃を仕掛けてくるが、辛うじて振り切る。 怒りが収まらないスノーボール達は、ブルックリンへ向かう。 一方、マックスとデュークはブルックリンでソーセージ工場を見つけ、意気投合していた。 実はデュークの旧家もこの近所にあったが、ある晩、蝶を追って外へ出たところ、家が分からなくなり、そのまま保健所へ連れて行かれてしまったのだ。 記憶を頼りに旧家を訪ねると、そこにいた猫に「元の飼い主は亡くなった」と告げられる。 2匹は現在の家主に通報され、動物管理局に捕らえられるが、逃れたマックスは動物管理局のバンを追いかける。 その途中でスノーボールらと遭遇し、復讐を受けそうになるが、スノーボールの手下も捕らえられてしまい、スノーボールは止む無くマックスと手を組むことにする。 スノーボールとマックスはハイジャックしたでへ赴き、動物管理局のバンに追突する。 ところがバンと路線バスは横転し、バンはデュークやスノーボールの手下を車内に残したまま橋桁工事の足場に突っ込んでしまう。 マックスは気絶したスノーボールを口にくわえて車外へ連れ出すが、それを追跡してきた元ペット団に見られ、スノーボールを食べようとしていたと誤解される。 その場に集結した元ペット団に攻撃されそうになるが、ちょうどそこへやってきたギジェット達により、元ペット団を追い払うことに成功する。 しかし崩れかけた足場の上でバンはいよいよイースト川へ墜落しそうになる。 マックスはデュークを救出しようと試みるが、バンごと川へ墜落し、水中で檻の鍵を紛失してしまう。 二匹の危機を目前にしたスノーボールは川へ飛び込んで鍵を取り戻し、デュークは無事救出される。 マックスとデュークは無事ケイティの帰宅前に家に戻り、彼女も仲良くなった二匹を見て喜ぶ。 一方のスノーボールは帰ろうとしたところを少女に捕まえられ、家に連れて行かれるが、あっさりとそれを受け入れてしまう。 マンハッタンの街には、普段通り飼い主との時間を楽しむペットで溢れていた。 キャラクター・声優 カッコ内は原語版/日本語吹替の順で掲載。 マックス(/〈〉)• スイートピー( )• 同年7月、アルバート・ブルックス、ハンニバル・バーエス、ボビー・モイニハン、レイク・ベル、エリー・ケンパーがそこへ加えられた。 公開 元々は2016年2月12日の公開が予定されていたが、同年7月8日に延期された。 2016年6月16日のアヌシー国際アニメーション映画祭にてプレミア公開が行われた。 公開方式は2D、3D、DMR式IMAX-3Dの3種。 同時公開は『ミニオンズ:アルバイト大作戦(Mower Minions)』。 日本では2016年()に、2D版・3D版(字幕/吹替)が公開された。 また、日本での公開初日には、が2018年に公開予定であることが発表された。 興行成績 2016年8月9日までの本作の収入は制作費の7500万ドルに対して総計5億0690万ドルとなっており、そのうち北米地域では3億2340万ドル、他地域では1億8340万ドルの収入を上げている。 北米 アメリカ合衆国とカナダでの初日上映スクリーン数は4370に上り、PG指定映画としては『』の記録を破る最高記録、また全映画としても『』を越え歴代7位となった。 一方、初週末興行収入は7000万ドルと予想され、1億ドルとするメディアもあった。 公開前の木曜日(7月7日)に行われる事前上映では530万ドルの収入を上げ、同様の公開方式では、同スタジオ作品としては『ミニオンズ』の630万ドルに続き2位、アニメーション映画全体としては『(920万ドル)』『ミニオンズ』に続き3位となった。 翌日の上映初日(7月8日)には3830万ドルの収入を上げ. 、更に翌日の土日(7月9日・10日)には、当初の予想を超える1億0440万ドルを記録し、週末興行ランキングで1位に付けた。 この初週末興収は、アニメーション映画としては歴代6位、7月公開の映画としては歴代6位、ユニバーサル・スタジオの映画としては歴代4位であり 、原作映画(他に原作や前作を持たない映画)としては『』の9010万ドルを上回り歴代最高となった。 2週目の週末(7月16日・17日)は同週初公開に『』がありながら1位を維持したが、興収は5080万ドルと前週比マイナス51. 3週目(7月23日・24日)は『』に抜かれ2位となったが、依然として同週初公開の『(ホラー映画)』『』を上回る2930万ドルの興収を上げた。 公開26日目の8月3日には累計興収が3億ドルとなり、全世界でも4億ドルを突破し 、2016年の映画としては第7位となった。 この時点の累計興収は、ユニバーサル・スタジオの映画としては7位、全世界のアニメーション映画としては12位となっている。 日本 日本では、2016年8月11日の()より、全国363スクリーンにて上映が開始された。 8月11日から()までの成績は、観客動員数78万9500人、興行収入9億8282万円となった。 また、土日だけでもそれぞれ37万人、4億6746万円を上げ、2週間前から公開され、公開初週よりV2を維持してきた『』を抜き、初登場にして週末興行ランキングで1位を獲得した。 また、同スタジオ作品が日本国内の週末興行ランキングにおいて1位を獲得したのは本作で初となった。 翌週(20日・21日)の週末興行ランキングでも1位となり、8月11日から8月21日までの成績は動員188万3759人、興収23億1262万0700円を記録した。 これは2015年に国内最終興収52億円をあげた『ミニオンズ』を上回るペースとなっている。 3週目(27日・28日)には『』の公開により順位を2位に落とし、2日間の動員は23万3912人、興収2億9915万0700円となった。 4週目(9月3日・4日)は更に『シン・ゴジラ』に逆転され3位となったが、依然として動員15万4854人、興収1億9920万1000円という成績を見せ、公開25日間で動員300万人、興収35億円を突破した。 その後、公開39日目には興収40億円を突破している。 2点を獲得した。 同サイトの総評では「ペースが速く、面白い。 才能ある声優陣は賞賛に値する。 本作は活発で自然発生的な家族・友人のあり方の多様性を描いている」とされた。 では、39コメントより100点満点中61点と評価され、「概ね好意的な評価」となった。 ピーター・トラバースはアメリカの大衆文化誌、『』にて、この映画を 4つ中 3つ星と評価し、「『』さながらに動物たちが何でもやってのけるその有様は観客を奮い立たせ、"愛らしい"満足感で劇場を後にすることができる」とした。 ライターのスコット・トビアスは、本作を「ペットで演じる『トイ・ストーリー』」と評し、各登場人物の性格があまり際立っておらず、ストーリーもこじつけの感動ものであることを強調した。 紙のスティーブン・リーは、この映画をこの映画を 4つ中 3つ星とし、「大ヒット作『』は、文化も地位も種も違う動物同士であっても、互いを認めて暮らせばうまく共生できるという事を示してきたが、本作も『ズートピア』とほとんど同じような手法で、団結力と友情、そして人々を分かつ心の溝を埋めるということに関しての『教条』となった。 ふわふわの動物達だって、複雑な心を持ってるし、空だって飛ぶ。 」と評した。 一方で、『トイ・ストーリー』との類似に関して酷評する意見も見受けられた。 Web雑誌『』のマシュー・パーキンソンは、2者のストーリーを比べた上で「『ペット』はまるで幼児番組をそのまま長くしただけのようなボッタクリ作品」とした。 情報ブログ『』のイーサン・アンダートンは登場人物の構成について批判し、 マックスとデュークの関係を「とそのものであり、それ以上でも以下でもない」と強調した。 受賞 年 映画賞 賞 結果 2017 第28回賞 アニメーション映画部門 未決定 出典• Time, Stephanie Zacharek July 8, 2016• Deadline. 2015年4月16日閲覧。 FirstShowing. net 2015年6月17日. 2015年6月25日閲覧。 2016年6月3日. 2016年6月3日閲覧。 Box Office Mojo. 2016年8月10日閲覧。 『 2017年3月下旬号』p. Deadline. 2015年1月19日閲覧。 TheWrap. 2015年1月19日閲覧。 VidCon. 2016年5月25日閲覧。 IMAX. 2016年7月6日閲覧。 お笑いナタリー. 2016年8月11日. 2016年8月12日閲覧。 2016年7月8日閲覧。 2016年7月8日閲覧。 2016年7月8日閲覧。 2016年7月9日閲覧。 Anthony D'Alessandro 2016年7月1日. ' '. 2016年7月2日閲覧。 2016年7月8日閲覧。 Anthony D'Alessandro 2016年7月8日. ' '. 2016年7月8日閲覧。 Pamela McClintock and Rebecca Ford 2016年7月8日. 2016年7月9日閲覧。 Scott Mendelson 2016年7月8日. 2016年7月9日閲覧。 Joey Nolf1 2016年7月10日. 2016年7月11日閲覧。 Anthony D'Alessandro 2016年7月11日. 2016年7月12日閲覧。 Pamela McClintock 2016年7月10日. 2016年7月10日閲覧。 CS 2016年7月10日. Comingsoon. net. 2016年7月10日閲覧。 Pamela McClintock 2016年7月17日. 2016年7月17日閲覧。 Pamela McClintock 2016年7月24日. 2016年7月24日閲覧。 Nancy Tartaglione 2016年8月2日. ' '. 2016年8月3日閲覧。 ' '. 2016年8月3日閲覧。 ' '. 2016年8月3日閲覧。 ' '. 2016年8月3日閲覧。 com 2016年8月29日. 2016年8月31日閲覧。 com 2016年9月5日. 2016年9月6日閲覧。 T-SITEニュース 2016年9月21日. 2016年10月17日閲覧。 2016年8月8日閲覧。 2016年7月15日閲覧。 cinemascore. com. 2016年7月9日閲覧。 [ ]• Tobias, Scott 2016年7月17日. Rea, Steven 2016年7月8日. Sim, Jonathan 2016年5月8日. Moviepilot. 2016年7月17日閲覧。 Parkinson, Matthew 2016年7月8日. The Escapist. 2016年7月17日閲覧。 Anderton, Ethan 2016年7月17日. SlashFilm. 2016年7月17日閲覧。 com. 2017年1月12日. 2017年1月12日閲覧。 外部リンク• (英語)• (日本語)• - (英語)• - (英語)• - (英語).

次の

ペット2

スノー ボール ペット

映画館で鑑賞したところ、白くてふわふわした外見、かわいらしいしぐさ、豊かな表情、それに反して性格が超サイコ、「ダークナイト」のジョーカーを彷彿とさせる頭のおかしさ、エディ・マーフィみたいな機関銃トークというギャップにやられて、以来毎日毎日スノーボールちゃんのことを考えています。 これほど複雑に入り組んだ魅力的な悪役というのは最近なかったインパクトで、テン年代の映画史に残る素晴らしいキャラクターだと思います。 そんなスノーボールちゃんにやられた私は、アニメにハマった子供のように同じYouTubeの予告編を100回ぐらいリピートして見るわ、暇さえあればGoogleで画像検索して悦に入り、お気に入り画像を保存したアルバムを一枚一枚前から後ろに、後ろから前にめくってニヤニヤするという不気味な人間になってしまいました。 これがスノーボールちゃんの初登場シーン。 ニューヨークの路上のマンホールからのぞく白いお耳。 たまらなく愛らしい後ろ姿!!!!!! 「うさぎちゃん、どうしたの?」と声をかける動物保護員を見つめるスノーボールちゃん。 か、、カワイイ、、、!!!!! かわいそうに、保護してあげなきゃ、、 そう話かけた瞬間、豹変するスノーボール!! 保護員に殴る蹴るの暴行を加え、ノックアウトしてしまいます。 「お前は逃げろ!!」と相棒に訴える保護員。 実はスノーボールちゃんは、昔マジック用のうさぎとして飼われていたのですが、うさぎを使ったマジックが時代遅れになったので捨てられたという悲しい過去があり、その恨みから人類を滅ぼす地下組織を作ってボスになったんです。 これが悪の組織の仲間たち。 豚は刺青の練習台に使われていたので、全身タトゥーまみれです。 みんな人間に勝手な理由で捨てられた元ペットたち。 スノーボールの声を担当しているのは、ケビン・ハートさんといういまアメリカで大人気の黒人のコメディアン。 ドスのきいた、エッジーでシャープでいきのいい声があてられています。 とってもかわいいスノーボールちゃんは人類滅亡を願うサイコ野郎なので、喜びに輝いている顔をしている時はたいてい「飼い主をぶち殺した」みたいなひどい話を聞いたときか、もしくはひどいことを考えているときです。 歯並びもリアル! どっちが先に噛まれる?って聞いてます。 うれしそう。 しかしそれにしても、ちょっとかわいすぎじゃないですか?「怪盗グルー」でお馴染みのイルミネーション・エンターテインメントによる超高精細CGによって、ふわふわの真っ白な毛がぬいぐるみのように風になびいて、めちゃくちゃかわいいんです。 そして驚きなのが、ものすごく豊かな表情。 人間の俳優だって、こんなにたくさんの表情があるでしょうか?!可愛らしい風貌で、くるくる表情が変わる3DCGのアニメキャラというのは、なんだか立体感によってとてつもなくかわいらしいんですよ。 「ジャングル・ブック」は完全に3次元のリアルな動物を完璧に再現したものでしたが、「ペット」の動物は二次元アニメの可愛らしさを3DCGにしてしまった。 これがなんともいえない不思議な魅力があって、何べん見ても見飽きない。 取り憑かれたようにその可愛らしさに惹かれてしまう。 目が真っ青なのがカワイイ!! 肉球があるところがカワイイ!!! おなかがまんまるでかわいい!!!!! 目がキラキラしててカワイイ!!! もう何をどうやってもカワイイ!!!!! 「動くぬいぐるみ」という言葉がありますが、スノーボールちゃんはまさに動くぬいぐるみ。 しかも2次元的なかわいらしさを兼ね備えたままで、3Dアニメで動いてる。 これはすさまじい驚異です。 いまの私の脳内では、6畳間にスノーボールちゃんが1000匹ぐらい敷き詰められたなかでもモフモフしたいという妄想が繰り広げられています。 しかし二次元に恋をして厄介なのはなんといっても 出費。 この調子ではとんでもない額をスノーボールちゃんに貢いでしまうのでは、、と思ったのですが、さすがにこのかわいらしさを現実に降臨させるのは困難なようで、グッズが アホほどかわいくないので大丈夫でした。 ぜひ劇場で見てみてください。

次の