足 の 指 ぶつけ た 内出血。 足に内出血と痛みが出る原因と症状改善のための対処法

内出血の治し方5選!正しい処置で早く治すようにしよう!

足 の 指 ぶつけ た 内出血

足の爪が内出血する原因 内出血の原因は 強い衝撃で足の爪の中にある細い血管が切れる事で起こります。 足に物を落としたり、強くぶつけたりすると起こります。 また、 小さい靴を履き続けて圧迫し続けていても起こります。 サッカーやマラソンなど長時間靴をはいてするスポーツなどで、足に合わないサイズの靴をはいたまま続けていると、良くできたりもします。 内出血すると、爪の中に血が溜まり血腫(けっしゅ)となりますが、爪が紫色や赤黒く変色し、 場合によっては爪がはがれる事もあります。 痛いのと痛くない場合の違いは? 痛みが無い場合は、爪の中に血があまり溜まっておらず、炎症が起きていないということです。 日常生活に支障が出るほど痛みが強い場合は処置が必要となってきます。 治療法は? 足の爪の内出血は基本的に自然治癒に任せて大丈夫です。 爪が伸びると共に自然と血腫も上がっていき、自然と取れます。 もし、血がたくさん溜まっていたり、痛みが引かない時は炎症を起こしている場合があるので、 日常生活に支障が出るほど痛みが強い場合などは病院を受診した方が良いでしょう。 治療としては、 爪に穴をあけて血を抜き、圧迫固定して自然治癒を待ちます。 血腫は自分で抜く事もできます。 方法は簡単です。 用意するものはライターとクリップです。 初めに、 爪とクリップ両方を消毒した後、ライターでクリップを熱しさらに消毒します。 そして、 血腫の中心部分か、痛みが強い所に慎重にクリップの先を刺して爪に穴をあけ、その後軽く爪を押しながら血を抜いていきます。 勢いよく刺すと、指の部分まで刺さり、指に傷をつけてしまうので、爪に穴を開けていき血が出始めたら後は指で軽く押していくようにしましょう。 血を抜いた後は、消毒をして、ガーゼを巻いてテープで固定します。 自分でもできる血抜き方法ですが、感染や化膿などを考えると病院で処置してもらった方が安心ですね。 内出血の変化 足の爪の内出血は基本的に自然治癒で治しますが、どのように治っていくのでしょうか。 ごく軽い内出血であれば、自然と色が薄れていき、爪が伸びるにつれ、きれいな爪に戻っていきます。 大きい内出血であれば、爪が剥がれます。 新しい爪が生えてくると自然と浮き上がっていき、そのうちポロリと爪が剥がれるのでびっくりするかもしれません。 爪が剥がれそうになっている時は、無理に力を入れてはがさないようにしてください。 新しい爪は、まだ薄くて柔らかいので傷がつきやすいため、指先を柔らかい布などで保護しておくと、きれいに爪が生え変わります。 どのくらいで治る? 足の爪に溜まった血腫は爪が生えていくにつれ次第に治っていきます。 爪が伸びるのには日にちがかかるので、 血腫ができた箇所によっては数カ月かかる場合もあります。 爪の先などは数週間で治る事が多いですが、爪の根元などにできた場合は完全に治る場合は数カ月かかる場合が多いです。 自然に治っていく爪の内出血ですが、 痛みが引かないなどの場合は骨折の可能性も考えられますので、時間がたってもおかしいと感じた時には必ず病院で受診しましょう。 皮膚科、整形外科、外科などで対応してもらえますよ。 大人になると滅多にやらないケガですが、 数年に1度など本当にたまにやってしまうことがありますよね。 後に響かないためにも、対処法などを覚えておきたいものですね。

次の

足の指が打撲で歩くと痛い!腫れと痛みの症状はどの位続くもの?

足 の 指 ぶつけ た 内出血

足の指を思いっきりぶつけてしまうと、とても痛いですよね。 ついつい、ぶつけてしまったタンスの角などを恨みたくなってしまうほどです。 小指などをぶつけてしまうと、ぴょんぴょんと飛び跳ねてしまうくらい痛みがありますよね。 スポンサーリンク 足の指をぶつけてしまったときに、その部分が青くなり内出血してしまうことがあります。 このとき、どのように治療をしていけばよいのでしょうか。 まずぶつけてしまった直後は応急処置として、患部を冷やすようにしましょう。 それ以上炎症を広げないようにすることが重要です。 冷やした後は、テーピングなどで固定しましょう。 固定するのは内出血を防ぐためなのですが、すでに内出血してしまっていても、それ以上出血を起こさないようにすることが重要です。 内出血が広がると、その分熱を持ってしまって炎症が広がり、直りが遅くなってしまう恐れがあります。 あとは、ぶつけてしまった部分を高い位置にあげて安静にしましょう。 仰向けに寝て、台などの上に足を置いて休みます。 スポンサーリンク 心臓よりも高い位置にぶつけてしまった部分が来るようにしましょう。 このようにすることで、血が患部に行ってしまうことを避け、内出血を少なく抑えることができます。 このように応急処置を行うことによって、症状を最小限に抑えることができるようになります。 そのうえで、病院に行って適切な治療を行ってもらうようにしましょう。 なお、ぶつけてしまった部分があまりにも痛くて、歩くこともできない場合や、ほんの少しだけ指を曲げようとしただけでも激痛で曲げられない場合には、指の骨を骨折してしまっている可能性がありますので、早めに病院で診てもらうようにしましょう。 意外と小指というのは人間にとって大きな影響を及ぼすもので、小指を痛めているだけでも普段の行動に支障が出てきてしまうこともあります。 手の小指も、失われてしまうと握力が激減するといわれているくらいなので、足の小指も大事にしていきたいですね。 スポンサーリンク.

次の

ランニングで爪が内出血する原因と治す方法

足 の 指 ぶつけ た 内出血

2019年8月8日 2020年6月15日 こんにちは。 練馬区桜台のNS整骨院 河野です。 「痛みの改善」を常に考え「10年後も痛みなく生活できる体に」をモットーに施術をしています。 今回は、 足の小指をぶつけたら内出血がひどい…いつになったらキレイに治る?ということでお話ししたいと思います。 足の小指をぶつけた!痛いし、内出血がひどい… ひどい内出血だと いつになったらキレイに治るのか気になりますね。 安心してください。 内出血は2~3週間くらいで落ち着いてきます。 意外と長い!と思う方もいると思いますが、 体重がかかりやすく体の一番遠いところにあるので時間がかかってしまいます。 圧迫・固定をしっかりしていれば早い段階で普通に歩けるようになりますが、放っておけば治るだろうと放置していると内出血が治まっても 腫れと痛みが長く残ってしまうことがあります。 人によっては痛みがあまりないけど内出血がひどかったり、パンパンに腫れてるけど内出血はしていなかったりと症状はさまざまです。 時間が経つにつれて痛みが増してきたなんてよくある話ですよね。 足の指をぶつける以外にも、 物を落としたり変な足の着き方をすると簡単に骨折したりヒビが入ったりします。 そんなに痛くないから大丈夫だろうと思ったり、 違和感を残したまま生活していると、背中や腰、股関節などに変な痛みが出ることがあります。 骨に異常があった場合は、無理をせず安静にしましょう。 (ぶつけた後にしばらく様子を見ている方が多いようで「3日前にぶつけた~」とか「ぶつけてから1週間たったのに痛みが治まらなくて~」という人を多く見ます。 ) 折れてる?折れてない? 折れてるか折れてないかの判断は大切ですよね。 個人での判断はなかなか難しいと思います。 ぶつけた直後、明らかに指が変な方向に向いていたり変形が著しい場合は骨折や脱臼の疑いがあります。 体重をかけれないくらい痛みが出ていたり踵を叩くと指先まで響くようであればより可能性が高くなります。 まずは、 自分でできる応急処置を行って専門医や整骨院で判断してもらいましょう。 痛すぎるからと言って救急車は呼ばなくて大丈夫です。 小指をぶつけて命に関わることにはならないはずなので! 下に 自分で行える簡単な応急処置を解説します。 これをやるかやらないかで 痛みの治まり方が違います! 出先だったり医療機関が閉まっている時間帯にケガをしてしまった場合にはやることをオススメします。 しかし、これらは あくまでも自分で行える程度のもの です。 骨折やヒビの有無は病院で正しい診断を受けるべきでしょう。 痛みや内出血がひどい場合は早めに医療機関を受診しましょう。 もし折れてたらどのくらいで治るもの? 足の指の骨が折れてた場合、しっかり治療とリハビリを行って 普通に歩けるようになるまでは1か月以上かかることが多いでしょう。 中には、完全に痛みが消えるまで 3か月以上かかった方もいます。 逆に 3週間ほどで痛みもなくなり普通に歩けるという方もいたのでこれも個人差があります。 変な歩き方をたくさんしてしまって間違った歩行を脳が覚えてしまうと、 歩き方の再教育もしなければならずより痛みが長引くことがあるので気を付けましょう! 子どもが同じように骨折やヒビになってしまった場合は注意が必要です。 子どもの骨は成長しているので大人の骨より治りが早いことが通常ですが、 成長している部分を傷つけてしまうと 指が曲がってしまったりして変形してしまう可能性もあります。 (ただ、見た目の問題が大きく機能的には問題ないことが多いです。 ) 自分で必ずやるべき応急処置 自分で簡単にできる応急処置をご紹介します。 もし、 血が出ている場合は絆創膏などで止血しておきましょう。 保冷剤や氷をビニールに入れて簡易的な氷嚢を作ってもいいですね。 バケツなどに氷を入れて足全体を冷やしてもいいでしょう。 隣の指と一緒にぐるぐる巻きにするといいです。 圧迫しておいた方が腫れが出にくいので、その後に治癒過程に大きく影響します。 (この時、圧迫は継続して行ったままにします。 )イスなどに座って足を下げた位置にしてしまうと、血液が指先の方に向かってしまうのでズキズキ痛むことがあります。 できれば横になって足を上げて落ち着くまで待ちましょう。 何でもすぐアイシング!という方がいますが 一番重要なことは圧迫です。 ズキズキ痛いのであればアイシングしてもいいですが、 アイシングはあくまでも痛みの信号を抑えているだけで傷を治しているわけではありません。 アイシングを行っていれば治るという考えは間違っています。 湿布しておけば治るかなと思って様子を見ていると痛みが引かず、結果的に骨折していたなんてこともよくあります。 NS整骨院では適切な応急処置を施して骨折の疑いがある場合は提携先の整形外科にご紹介をしています。 疑いがない場合は電気治療と超音波治療で痛みと腫れをできる限り早く無くす施術をおこなっていきます。 「小指の腫れが全然引かないんだけど…」「この痛みがしばらく続いているんだけど大丈夫かな?」など不安なことがありましたら一度ご相談ください。

次の