ギガライト と ギガライト 2 の 違い。 【ギガらくWi

ドコモのギガホ/ギガライトをわかりやすく完全解説

ギガライト と ギガライト 2 の 違い

ドコモの現在の料金プランは「ギガホ」と「ギガライト」が基本となっていて、音声通話、データ通信、SPモードの料金を一体化した料金プランとなっています。 大容量データ通信ができる「ギガホ」は月額6,980円、データ通信をあましない「ギガライト」は月額2,980円〜5,980円となっていて、スマホ環境に合わせてプランを選ぶことができます。 ここでは、 ドコモの新料金プラン・「ギガホ」と「ギガライト」の詳細と従来のベーシックデータパックとの違いについて詳しく比較していきたいと思います。 なお、「ギガホ」または「ギガライト」を契約することで「Amazonプライム」が1年間無料となるキャンペーンも開始しています。 従来のIPS接続料金(SPモード)と音声通話は料金プランに含まれていますが、かけ放題をする場合は音声オプションを付ける必要があります。 ただし、「ギガホ」と「ギガライト 」は基本的に月々サポートや端末購入サポートによる端末割引がないので実際のトータルの金額はさほど差はありません。 (時期によっては端末割引がある場合もある。 ) iPhone 7(32GB)を購入した場合 オプション名 ギガホ(新プラン) ウルトラデータLLパック 基本料金 6,980円 データ:8,000円 シンプルプラン:980円 SPモード:300円 合計:9,280円 iPhone 7(32GB) 1,650円(24回払い) 1,100円(36回払い) 1,650円(24回払い) 割引 — -1,500円 合計 8,630円(24回払い) 8,080円(36回払い) 9,430円 ドコモのiPhone 7はApple Storeで買うよりも安い39,800円で手に入れることができます。 なので、ギガホとの組み合わせでも従来のプランよりも安くなる可能性が高そう。 旧プランのウルトラデータパックLLを使っているユーザーは今回の新プランにより通信料金を抑えることができそうです。 ドコモのギガライトの料金イメージ ギガライトは20GBのプランが廃止されてしまいましたが、60GBのギガホが6,980円なのでベーシックパックの7,000円より安く使うことができるようになっています。 こちらのプランも端末代金の割引を受けることができないので実際の料金は高くなります。 iPhone 7を購入の料金比較 仮にiPhone 7(32GB)を購入して5GBのデータ通信をした場合の料金を新旧プランで比較してみました。 iPhone 7(32GB)を購入した場合 オプション名 ギガライト(新プラン) ベーシックパック 基本料金 〜5GB:4,980円 データ〜5GB:5,000円 シンプルプラン:980円 SPモード:300円 合計:6,280円 iPhone 7(32GB) 1,650円(24回払い) 1,650円(24回払い) 割引 — -1,500円 合計 6,630円 6,430円 ギガライトとベーシックパックの比較だとギガライトの方が200円高くなってしまいました。 つまり、ドコモの新料金プランはデータ通信をたくさんするユーザーは安くなりますが、あまりデータ通信をしないユーザーは高くなる傾向があるようです。 データプラス:1,000円 データプラスはギガホ・ギガライトのデータ通信量をシェアすることでデータ通信をすることができるプランです。 つまり、iPadにデータパック(Xi)のSIMカードを入れて親回線のギガホまたはギガライトのデータ通信量を使って通信をすることができます。 新プランのデータプラスならプラス1,000円でギガホまたはギガライトのデータ通信をシェアすることが可能となっています。 iPhoneをドコモで契約しているならiPadは合わせて買ってしまった方がお得に使えるのかも。 特にギガホだとデータ通信量が60GBあるのでシェアもしやすいので良いですよね。 ケータイ向けの新プランは結構安くていいんじゃないでしょうかね? 家族割「みんなドコモ割」:500円〜1,000円割引 従来のプランはシェアオプションを組み合わせることで料金を安くすることができましたが、シェアオプションが廃止されるため家族割プランが復活します。 家族割の対象の料金プランは「ギガホ」と「ギガライト」の二つのみです。 みんなドコモ割 プラン名 月額料金 (2年定期契約の場合) 1回線 2回線 3回線以上 みんなドコモ割の割引金額 0円 -500円 -1,000円 ギガホ(Xi) 6,980円 6,980円 6,480円 5,980円 ギガライト(Xi) ~7GB 5,980円 5,980円 5,480円 4,980円 ~5GB 4,980円 4,980円 4,480円 3,980円 ~3GB 3,980円 3,980円 3,480円 2,980円 ~1GB 2,980円 2,980円 2,480円 1,980円 夫婦二人でドコモを使えば1回線あたりが500円の割引を受けることができるので合計1,000円安くなります。 お子さんの3人で使えば1回線あたりが1,000円の割引を受けることができるので合計で3,000円の割引となります。 例えば、夫と妻が〜1GB、子が〜3GBのギガライトを使った場合の料金はこうなります。 ただし、夫のスマホの端末割引は25ヶ月目で0円になるので3年目以降は13,080円となります。 夫 妻 子 基本プラン ギガライト 〜5GB:4,980円 ギガライト 〜1GB:2,980円 キッズケータイプラン:500円 音声オプション 5分かけ放題:700円 — — みんなドコモ割(2回線) -500円 -500円 0円 ドコモ光セット割 -1,000円 0円 0円 各回線の料金 4,180円 2,480円 500円 ドコモ光 5,200円 合計 12,360円 これを新料金プランのギガライトに変更して試算してみるとこうなりました。 キッズケータイプランは家族割の対象にはならないので2回線での試算となります。 ドコモの新プランの料金 24ヶ月以内の料金は旧プランの方が安くなりますが、25ヶ月目以降の料金は700円ほど安くなります。 月々サポートや端末購入サポートといったサービスが終了してしまうので端末代金込みで見ると最初の24ヶ月間は通信料金が高くなってしまうみたいです。 25ヶ月以降は端末代金の支払いが終了するので長く同じ端末を使うのであれば新プランの方が安くなりそう。 たった700円ですが、従来のプランのべーシックシェアパックだと親回線のデータ量をシェアし二人で5GBを分け合う形になっていましたが、新プランのギガライトなら各回線で5GBと1GBのデータ量を確保しつつ全体の料金を少しだけ安くすることができます。 ギガライトとベーシックシェアパックの比較(3回線) では、家族3人で使った場合の料金を比較してみます。 旧・ベーシックシェアパックでシェアオプションを組み合わせると最初の24ヶ月間は10,660円となり、25ヶ月以降は12,860円となります。 (端末代金は考慮してません。 ギガライトの料金(3回線) 夫 妻 子 基本プラン ギガライト 〜3GB:3,980円 ギガライト 〜1GB:2,980円 ギガライト 〜1GB:2,980円 音声オプション 5分かけ放題:700円 — — みんなドコモ割(3回線) -1,000円 -1,000円 -1,000円 ドコモ光セット割 -500円 0円 0円 各回線の料金 3,180円 1,980円 1,980円 ドコモ光 5,200円 合計 12,340円 うーん…。 新プランで安くなるシチュエーションがなかなか出てこないですね。 ギガライトとベーシックパックの比較(1回線) では、お一人様だとどうなるのかギガライトとベーシックパックで比較してみました。 旧プランはdocomo withで端末を購入した場合を想定しているので1,500円の割引を受けることができます。 ギガホとベーシックパックの比較(1回線) プラン名 ギガホ(新) ベーシックパック(旧) 基本料金 〜60GB:6,980円 データ〜20GB:7,000円 シンプルプラン:980円 SPモード:300円 合計:8,280円 割引 — -1,500円 合計 6,980円 6,780円 ギガホ(〜60GB)とベーシックパック(〜20GB)の比較だとギガライトの方が200円高くなります。 データ量が違うのでデータ通信をたくさんする人は新プランの方がお得になるのかもしれません。 ギガホとウルトラシェアパック30の比較(3回線) 大容量プランの場合はどうなるのか比較してみましょう。 旧プランはウルトラシェアパック30を契約してシェアオプションでデータ量を分け合うことができます。 全員で90GBのデータ通信が使えるようになりますが、こんなに使うのかな…。 ギガホの料金(3回線) 夫 妻 子 基本プラン ギガホ 60GB:6,980円 6,980円 6,980円 音声オプション 5分かけ放題:700円 — — みんなドコモ割(3回線) -1,000円 -1,000円 -1,000円 ドコモ光セット割 -1,000円 -1,000円 -1,000円 各回線の料金 4,980円 4,980円 4,980円 ドコモ光 5,200円 合計 20,140円 めちゃくちゃ高くなってしまいました。 ドコモは家族3回線で使った場合で安くなるって言ってましたが、どういうことなんだろう。 確かに妻と子をギガホじゃなくてギガライトにすれば安くすることができますが。 これは安いのかも。 ただし、iPad本体の端末割引がなくなるので実際は料金に差はないでしょう。 3年目以降も料金が安いまま維持できるのが新プランのメリットと言えそうですね。 長くiPhone 7を使うなら新プランの方がいいんかも? ちなみに、ので問題はないかと思います。 つまり、新プランになることで事実上の値上げってやつでしょうかね。 では、家族2人がiPhone 7を購入した場合はどうなるのか。 つまり、 新料金プランは家族で購入することができれば従来のプランよりも安く料金を抑えることができる…ということになります。 スマホおかえしプログラムについて 新料金プランに合わせて端末の購入方法も新たに36回払いを選ぶことが可能となっています。 さらに、24ヶ月後に端末を返却することで残り12ヶ月分の費用を免除してくれる「スマホおかえしプログラム」もスタートしています。 主にハイエンドスマホを対応としたプログラムとなっていますが、定期的に新しいスマホに機種変更していくという方にとっては頼もしいサービスと言えるでしょう。 詳しくはこちらの記事をどうぞ!.

次の

ドコモの5Gギガホ・5Gギガライトプランまとめ!4Gとの違いや料金・キャンペーン・特徴を徹底解説

ギガライト と ギガライト 2 の 違い

ギガホ・ギガライト の概要 料金プラン プラン名 月額料金 (2年定期契約の場合) 利用可能データ量 ギガホ 6,980円 30GB ギガライト ステップ4 <~7GB> 5,980円 7GB ステップ3 <~5GB> 4,980円 ステップ2 <~3GB> 3,980円 ステップ1 <~1GB> 2,980円 プランはギガホとギガライトの2つのみ。 従来は音声プランとデータプランで計10種類くらいある中から選ぶ感じだったので、ここは非常にシンプルになりました。 30GB定額のギガホ、7GBまで段階制のギガライトだけなので覚えるのも簡単ですね。 ギガライトは従来どおりですよ。 料金イメージはこんな感じ。 ただ、この図は後述する割引を加味した価格になっています。 分かりづらいね。 2台目プラスの代わりの「データプラス」 ギガホ・ギガライトにはシェアパックや2台目プラスがありません。 そのかわりに、タブレットやモバイルルーターは「データプラス」に加入できます。 「データプラス」では月額1,000円でペアになる音声回線のデータ量を一緒に使うので、実質2台目プラス的な感じですね。 ただし、 ペアに設定できるのは1回線までなで、シェアパックのように1つの音声回線に対して複数のデータプラスをぶら下げる、ということはできなくなっているので注意が必要です。 音声オプション 音声オプション名 オプション料金 通話料 なし — 家族間国内通話:無料 家族以外への国内通話:20円/30秒 5分通話無料オプション 700円 <1回あたり5分以内の通話> 国内通話無料 <1回あたり5分超の通話> 家族間国内通話:無料 家族以外への国内通話:20円/30秒 かけ放題オプション 1,700円 国内通話無料 音声通話は上表の通話オプションを別途追加する感じです。 データ量を30GB定額か7GBまでの段階制の2つから選んで、必要であれば音声オプションをプラス。 これだけなので選択肢はかなり少なくて確かにシンプルです。 家族や会社での利用による割引 ギガホ・ギガライトでは今までのシェアの概念がなくなった代わりに、家族や会社で複数人でドコモを利用しているとき、人数に応じて割引額が変わる「みんなドコモ割」があります。 プラン名 「ファミリー割引」or「ビジネス通話割引」グループ内の音声回線数 1回線 2回線 3回線以上 ギガホ — (6,980円) -500円 (6,480円) -1,000円 (5,980円) ギガライト ステップ4 <~7GB> — (5,980円) -500円 (5,480円) -1,000円 (4,980円) ステップ3 <~5GB> — (4,980円) -500円 (4,480円) -1,000円 (3,980円) ステップ2 <~3GB> — (3,980円) -500円 (3,480円) -1,000円 (2,980円) ステップ1 <~1GB> — (2,980円) -500円 (2,480円) -1,000円 (1,980円) ファミ割 or ビジネス通話割 のグループ内の音声回線の数に応じて、最大で月額1,000円が割り引かれます。 ギガホ回線が1つで他の家族がシェアパック、という場合でも割引率が変動する仕組みです。 内容は、 契約者の誕生月に期間・用途限定のdポイントがもらえるというもの。 dポイントステージに応じてもらえるポイントは変わります。 いままでは2年契約を更新するタイミングで3,000ptもらえていましたが、1年に1回ポイントがもらえるようになりました。 ポイントの獲得にはユーザー自身による手続きが必要なので、忘れないようにしましょうね。 dポイントクラブステージ 進呈ポイント数 プラチナ 3,000pt 4th 2,000pt 3rd 1,500pt 2nd 1,000pt 1st 500pt 最大6ヶ月間 1,000円割引の「ギガホ割」 2019年9月30日までにギガホに加入すると、 最大6ヶ月間、月額1,000円割引が受けられる「ギガホ割」が実施されます。 はじめてスマホ割 ドコモのケータイからギガホ・ギガライトに申し込み or 他社ケータイからギガホ・ギガライトに申し込みすると、 最大12か月間月額1,000円の割引が受けられる「はじめてスマホ割」が適用されます。 新規受付を終了するもの 以下は、ギガホ・ギガライトの登場に合わせて新規受付を終了するプランと割引です。 2019年5月31日で新規受付を終了するサービス• 「月々サポート」「端末購入サポート」「機種変更応援プログラム」「機種変更応援プログラムプラス」「光単独タイプビジネス割」 2019年9月30日で新規受付を終了するサービス• iモード 2020年3月31日で新規受付を終了するサービス• また、端末購入サポートの利用期間中に新プランに変更すると解除料が発生してしまいます。 僕もiPhone XSの月サポがあって、ジョジョスマホを端末購入サポートを利用して購入しているので、利用期間が終わるまでは新プランに変更すると結構お金がかかってしまうんですよねぇ…. ギガホ・ギガライトについて、簡単ではありますがまとめてみました。 シンプルになったのか逆に複雑になったのか…みたいなところではありますが、前回の端末購入から2年以上経過していて月サポや支払いが終わっているという人はギガホ・ギガライトにしたら安くなるんじゃないかな?という感じですね。 それ以外の人はそれらの割引の分価格が上がることになりますし、端末購入サポートで購入している人は解除料がかかってしまうので、身動きとれないなぁ…というアレでしょう。 参考:.

次の

ドコモの新プラン「ギガホ」と「ギガライト」にだまされないために。

ギガライト と ギガライト 2 の 違い

「ギガホ」と「ギガライト」の特徴 「ギガホ」と「ギガライト」は、音声通話とデータプランの基本料金がセットになった形の料金プラン。 端末代金と通信料金を切り離した設計になっており、いわゆる分離プランです。 なので、通信料金は割安になっていますが、端末購入に関するサポート(割引)は縮小されています。 「ギガホ」の料金プラン 「ギガホ」の概要 「ギガホ」は月間30GBまで使える定額制料金プラン。 月額は6980円で、2019年9月30日までにプラン変更すると「ギガホ割」として6か月間1000円引きの割引を受けられます。 また、この他にも「みんなドコモ割」「ドコモ光セット割」などの割引を適用することも可能です。 「ギガホ」の通信速度制限 「ギガホ」では月間30GBまで使用でき、月間30GB以上使用すると速度制限がかかります。 今までは、速度制限がかかってしまうと最大128kbpsに制限されていましたが、「ギガホ」では速度制限がかかっても最大1Mbpsで通信することが可能です。 大幅に速度制限が緩和されたことで、速度制限後もある程度は使えるといった形になりました。 「ギガライト」の料金プラン 「ギガライト」の概要 「ギガライト」は、毎月のデータ通信量によって利用料金が変動するタイプの料金プラン。 月間データ通信量に応じて2980円から5980円の間で利用料金が変動します。 1GBまでは2980円• 1GB〜3GBは3980円• 3GB〜5GBは4980円• 5GB〜7GBは5980円 なお、一定の条件を満たせば「ギガライト」へ変更することで毎月1000円の割引を12か月にわたって受けられます。 その他にも、「はじめてスマホ割」や「みんなドコモ割」といった割引制度も適用可能です。 「ギガライト」の通信速度制限 「ギガライト」では、月間7GB以上データ通信を行うと送受信の通信速度が最大128kbpsに制限されます。 「ギガホ」のように最大1Mbpsで通信することができるわけではないので注意が必要です。 「ギガホ」と「ギガライト」で適用可能な割引制度 みんなドコモ割 「みんなドコモ割」は、家族がドコモで契約していた場合に、契約している回線の数に応じて割引が受けられる制度。 2回線 がドコモで契約している場合は500円引き• 3回線がドコモで契約している場合は1000円引き となっています。 なお、旧料金プランで契約している回線についても1回線分として数えることになっているので、家族全員が「ギガホ」や「ギガライト」で契約しなくても「みんなドコモ割」の恩恵を受けることが可能です。 ドコモ光セット割 「ドコモ光」を契約している場合、「ギガホ」や「ギガライト」の月額料金が割引される制度です。 「ギガホ」を契約している場合は、月額1000円引き• 「ギガライト」を契約している場合は、利用データ量に応じて0円から1000円引き の割引を受けられます。 「ギガホ」と「ギガライト」の注意点 「かけ放題」がついていない 「ギガホ」と「ギガライト」の音声通話の料金 「ギガホ」と「ギガライト」では、家族間の国内通話のみが無料となっています。 それ以外は30秒あたり20円の通話料が必要です。 オプションサービス「かけ放題」の料金 「ギガホ」と「ギガライト」では、かけ放題はオプションサービスとして用意されています。 5分以内の通話が無料になる「5分通話無料オプション」が月額700円、国内通話が完全無料の「かけ放題オプション」が月額1700円です。 「docomo with」は対象外 特定の機種の購入を条件で割引する「docomo with」が、「ギガホ」と「ギガライト」では利用できません。 端末代金と通信料金を切り離した分離型プランなので、この点は仕方がないでしょう。 「月々サポート」「端末購入サポート」は対象外 上記の「docomo with」と同様に「月々サポート」や「端末購入サポート」も対象外です。 購入を検討している端末によって、どのプランが有利になるかは大きく変わってしまうので、契約時には「ギガホ」「ギガライト」とあわせて旧プランの料金も検討するようにしましょう。 2年縛り 「ギガホ」や「ギガライト」は2年契約を前提としています。 契約から2年後の更新期間以外の期間で解約をすると9500円の解約金が発生してしまうので、注意が必要です。 なお、2年縛りが無い形で「ギガホ」や「ギガライト」を契約することもできますが、利用料金が大幅に高くなってしまうので現実的ではありません。

次の