一重 まぶた 炎上。 一重まぶたと二重まぶたの違いとは?人種でも違う?

「一重まぶた=非国民みたいな生きづらい世の中」 ネット上に蔓延するルッキズム=外見主義

一重 まぶた 炎上

もくじ• 人種の違いとまぶたの関係 二重まぶたが多い人種とは? 二重まぶたというと、外国人のぱっちりした彫りの深い二重を想像される人もいるかと思いますが、外国人は二重まぶたの人が多いです。 主に、欧米やアフリカ、西南アジアなどの国は、二重まぶたが多いです。 人種でいうと、ネグロイド(黒人)や、コーカソイド(白人)が二重まぶたの特徴を持っています。 白人が二重まぶたが多い理由とは? では、なぜ白人や黒人は二重まぶたが多いのでしょうか?その理由は、以下の通りです。 ・遺伝によるもの ・まぶたの皮膚が薄く二重になりやすい ・顔の彫りが深いため もともと、白人は、二重まぶたが多いので、遺伝により二重まぶたになる確率が高いのです。 そして、顔の構造の違いも関係しているようです。 日本人に比べて、白人は額と鼻が前に出ていて、目の部分が窪んでいるため、目を開けると窪みにまぶたが折りたたまれて、二重まぶたになるのです。 一重まぶたが多い人種とは? 一重まぶたというと、切れ長でクールなイメージを持たれますが、一重まぶたが多い国は、日本や、韓国、中国などアジア圏がほとんどです。 一重まぶたは、人種でいうと、モンゴロイド(黄色人種)の持つ特徴の一つなのです。 人種により、二重まぶたなのか一重まぶたなのか、分かれることがわかりましたが、なぜ、私たち日本人は一重まぶたが多いのでしょうか? 日本人が一重まぶたが多い理由とは? 一重まぶたは、今から約2万年前のはるか昔の、氷河期に現れたようです。 シベリアに住んでいた人々が、寒冷地に適応するために、ぱっちり薄いまぶたの二重まぶたや、濃い体毛は、寒さに対応できないため、脂肪のある一重まぶたへと変わったと言われています。 二重まぶたと一重まぶたの構造の違いとは? 二重まぶたの構造 二重まぶたには、上眼瞼挙筋という筋肉が二重まぶたを作っていて、大きく関係しています。 上眼瞼挙筋は、まぶたを開く筋肉です。 上まぶたの皮膚付近に近づくと枝分かれして、一部は瞼板につながり、もう一部は眼輪筋を通して、皮膚に繋がっています。 そのため、まぶたが開くと、皮膚に繋がっている上眼瞼挙筋の枝分かれしている部分が引っ張られ、まぶたが引っ張られて二重まぶたになります。 一重まぶたの構造 一重まぶたは、上眼瞼挙筋の枝分かれが、皮膚に繋がっていない、あるいは、繋がりが二重に比べて弱いことで、まぶたの上の皮膚が持ち上がらないため、一重まぶたなのです。 簡単に言うと、二重まぶたとは、皮膚が折り込まれて二重になるので、二重アゴのようなもので、一重まぶたは、まぶたの皮下脂肪が分厚いので、まぶたが上に持ち上がらないので一重なのです。 二重まぶたと一重まぶたの脂肪の違い 二重まぶたと一重まぶたでは、まぶたの脂肪量が多いか少ないかで違いが出てくるようです。 まぶたの脂肪が薄いと二重になりやすく、逆にまぶたの脂肪が多いと、一重まぶたになります。 なので、もともと二重まぶたが多い白人や黒人は、まぶたの脂肪量が少ないうえに、二重まぶたが優性遺伝するため、二重まぶたなのです。 逆に、日本人や、中国、韓国人は、まぶたの脂肪が多いために、一重まぶたになりやすいのです。 寒さに耐えられるようにまぶたが一重に変わったと言われていますが、人間の体は不思議ですよね。 環境適応による変化ですね。 一重まぶたが二重に変わることもある?! もともと、一重だった人が大人になるにつれて、二重まぶたになることがあります。 その理由は、目の周りにあった脂肪が減り、薄くなることで二重まぶたになるのです。 人間のまぶたの脂肪は、年齢が上がると、薄くなると言われています。 お肌も年齢を重ねると、ハリがなくなってシワができていくように、まぶたも脂肪でピンと張っていたまぶたが痩せることで、二重になるのです。 生まれたばかりの赤ちゃんのまぶたは、脂肪が多いので、本当は二重でも一重というケースも多いようです。 二重まぶたと一重まぶたのメリット、デメリットの違い 二重まぶたと、一重まぶたの人種による違いや、構造上の違いなどわかりましたが、二重まぶたと一重まぶたのメリットや、デメリットはどんな違いがあるのでしょうか? 二重まぶたと、一重まぶたのメリット、デメリットをそれぞれ比較してみました。 一重まぶたのメリット ・まぶたの皮膚が厚く、目の保温効果となる。 ・目への外からの衝撃を防ぐ。 一重まぶたのデメリット ・まぶたが分厚いため、腫れぼったく重たい目元になる。 冷たい人とみられることも。 二重まぶたのメリット ・目が大きく見えるので、明るい印象になる。 二重まぶたのデメリット ・まぶたが薄いため、目の保温効果は低い。 ・外からの衝撃に弱い。 二重まぶたの遺伝の関係 まぶたは、遺伝による影響が大きいです。 メンデルの法則という遺伝の法則があります。 遺伝子には、優性と劣性があります。 二つを交配させると優性が優先されるというのが、メンデルの法則です。 なので、まぶたの遺伝は、一重よりも二重が優先されるので、二重の人と一重の人の子供は、二重まぶたになる確率が高いのです。 二重の白人同士の子供は、二重になります。 白人や黒人に二重まぶたが多いのは、この遺伝が大きく関係しているのです。 二重まぶたの種類 二重まぶたといっても、様々なタイプがあります。 3種類の二重まぶたが存在します。 1 末広型 目尻に向かい幅が広がっていく二重。 芸能人の新垣結衣さんや、綾瀬はるかさんが末広型の二重です。 日本人に多い二重タイプです。 2 平行型 上まぶたに沿って平行に広がっている二重。 芸能人の浜崎あゆみさんが平行型の二重です。 華やかな印象です。 日本人は少ないです。 3 奥二重 二重の幅が狭く、ぱっと見では、一重に見られるまぶた。 日本人に多いです。 幅の広い平行型の二重は、西洋人のまぶたのように皮膚が薄くないとならないようです。 つまり、日本人のまぶただと、なりにくいということです。 一重の魅力 日本人は、二重まぶたに憧れる人が多い風潮がありますが、二重まぶたが多い国の人からは、日本人の一重がミステリアスで魅力的と人気があるようです。 日本人は、西洋人の彫りの深い顔立ちを魅力的に感じますが、世界から見るアジア人女性の一重まぶたは、オリエンタルで個性的な魅力があるようです。 一重まぶたと二重まぶたの違い まとめ 一重まぶたと、二重まぶたの違いについてお伝えしましたがいかがでしたか? 人種の違いにより、二重まぶたになりやすい人種と、一重まぶたになりやすい人種がありましたね。 そして、二重まぶたと一重まぶたの構造の違いもありました。 二重まぶたになりやすいのは、皮膚が薄いことと、まぶたの筋肉が関係していました。 一重まぶたは、まぶたの脂肪が多いことが特徴でしたね。 そして、一重まぶたが誕生したのは、はるか昔、厳しい寒さから身を守るために、一重に変わったことから一重まぶたの特徴を持つモンゴロイドが現れました。 さらに、二重まぶたは遺伝が関係していましたね。 二重まぶたは優性遺伝のため、二重まぶたが遺伝しやすいことにより、二重になりやすいことがわかりました。 一重まぶたは、西洋人から見ると、ミステリアスで魅力的という印象がありました。 このように一重と二重の違いには、様々な理由があったんですね。 日本人の魅力である一重を生かしてメイクを楽しみたいですね。 かんたん!夜寝ている間に二重まぶたのクセをつける「ナイトアイボーテ」 朝起きるとぱっちり二重まぶたになっている! 二重まぶたにしたいと日々努力やコンプレックスと戦っている一重まぶたさんや奥二重まぶたさんにアイプチやアイテープを使用している方は多いと思いますが、 特に人気が高くおすすめの方法は 「夜寝ている間に二重まぶたのクセを付ける」という方法の 「ナイトアイボーテ」! 一重まぶたさんや奥二重まぶたさんの中でも、本物のぱっちり二重まぶたが手に入る!と高く評価されて人気になっています! 寝ている間に二重まぶたのラインがクセ付くので、朝のアイプチやアイテープでの苦労がなくなりますよね! また、アイプチやアイテープなどの二重まぶた形成で 不自然な仕上がりにお悩みだった方にはとてもおすすめの方法ですよ! アイメイクを落とした後でも二重まぶたのままなので、「朝起きたら誰だか分からない!」という一重まぶたさんや奥二重まぶたさんのお悩みを解決してくれます! 「ナイトアイボーテ」実際に使用している方はどんな感じ? とっても簡単に寝ている間に二重まぶたをつくれて、しかも毎朝のアイプチやアイテープの努力もいらずメイクを落としても自然な二重まぶたが続く 「ナイトアイボーテ」。 実際に使っている人の感想も気になりますよね。 使うほどくっきり二重に。 メイクの自信がつく。 朝イチのパッチリ度が全然違うからお気に入り!• 他のアイテムはお化粧を落としたら一重だったけど、ナイトアイボーテはお化粧を落としても二重のラインが残っている。 日に日にどんどん二重のラインが定着してすっぴんでも二重の線がくっきり。 普通の二重のりとつけ方は一緒なのですんなり付けれた。 夜ナイトアイボーテをつけて寝れば日中は何もつけなくてもぱっちり二重!• 思ったよりも簡単で早くクセが付く! ナイトアイボーテは期間限定で割引していることもあります。

次の

一重まぶたは美しくないの?外見で差別する「ルッキズム」メディアが増幅: J

一重 まぶた 炎上

ネット上で飛び交うトレンドワードの中で、「クローズアップ現代+」の占部ディレクターが注目したのは、「一重まぶた」だった。 ある男性が「日本人はよく二重まぶたにあこがれるけど、一重まぶたもかわいいと思う。 みんなもっと自信をもって」と投稿したら、10分後に女性と思われるこんな書き込みがあった。 「なにが一重まぶたはかわいいだ。 私はただ二重まぶたになりたいだけなんだよ。 お前らが良いと思っても、私は嫌なんだよ。 二度と口に出すな」 この投稿がさらに目を引き、批判やら賛同など12時間で1万件以上もの書き込みがあった。 「自分は二重だからって一重を見下す人は、他のパーツは残念なやつばかり。 二重だけで偉そうにしないでほしい」「男性ウケは狙ってないけど一重まぶたを見下す二重女性が嫌いだから二重になりたい」などだ。 まぶたの形によって不利益を被る辛さを訴えていた。 全身整形で1000万円 背景にあるのは「ルッキズム」と呼ばれる外見にもとずく差別だった。 占部ディレクターがこのテーマを象徴するような整形アイドルの「轟ちゃん」に話を聞いた。 轟ちゃんは全身整形でこれまで1000万円を費やしたという。 そのつど、手術の様子や術後の腫れあがった顔の映像をYou Tubeに投稿していて、チャンネル登録者数は36万人にのぼるという。 轟ちゃんは中学時代は自分の顔に劣等感を抱き、人と話すのが苦手だった。 初めて整形手術したのは18歳の時。 まぶたがコンプレックスだったため、一重を二重にした。 さらに、幅広のパッチリした二重に再手術。 しかし、その後、思うところがあって、一重に近い奥二重の3度目の手術を行った。 「私はもともとそういうトレンドとかに踊らされやすい側の人間だったんですよ。 でも、いつ 一重の 呪いが解けたかと言われると、世間一般に言う『美しい』に、自分の『美しさ』が当てはまらなかったんだなって気付かされた時です。 今の奥二重に戻してからだと思います」と話す。 ゲストのラッパー/アーティストのなみちえさんは、メディアのあり方に苦言を呈した。 「二重まぶた神話は、メディアによって形成されていると思う。 たとえば、ハーフメイクとか外国人風メイクは、一般的に目がパッチリ。 見た目を似せさせようとして、それを売りにしているんです。 それ自体がアイデンティティーの喪失。 それが商業的に扱われることによって社会が動いていることに対し、とても問題があると思います」 (2019年11月13日放送「追跡!トレンドワード~「一重まぶた」炎上の深層~」).

次の

【一重メイク】あやみん(福山絢水)がオススメするアイメイク&カラコンをご紹介!!一重すっぴんが可愛いすぎ!【マツコ会議】

一重 まぶた 炎上

二重瞼 番組ではそのユーチューバーの女性がネットで公開した手術中や術後経過の写真なども紹介されたが、番組のテーマとしては美容整形の実践的な話ではなく、ちょうどSNS上で炎上中だった「一重まぶた」を巡る事例や議論だった。 その炎上のきっかけとなったのは、「一重まぶたはかわいいと思う」という男性らしきユーザーのツイッター発言。 その発言に至るまでの経緯は把握していないが、この発言に続き、「みんなもっと自信を持って」という親切なのか尊大なのか分からない一言を付け加えたことで、一重まぶたに悩む女性と思しきユーザーが猛反発したらしい。 曰く、「なにが一重まぶたはかわいいだ。 私はただ二重まぶたになりたいだけなんだよ。 お前らが良いと思っても私は嫌なんだよ。 二度と口に出すな。 」 「お前らが良いと思っても私は嫌なんだよ。 」 この感情的な表現の是非はともかくとして、言わんとすることは僕のような美容医療に関わる医師にとっては永遠のテーマともいえる響きと重みがある。 そして時には落とし穴にもなる。 話は今から55年前にさかのぼる。 1964年の秋のことだ。 ニューヨーク州の大学病院で8年間の武者修行を終えた僕が日本に帰国して、古巣である東大病院で迎えた最初の患者は20歳の女子大生だった。 鼻を高くしてほしいという彼女は美人というほどではなかったかもしれないが、日本人女性らしいかわいらしさがあり、その鼻の形や大きさは顔全体とのバランスもとれていた。 その彼女に僕はこう尋ねてしまった。 「そのかわいらしい鼻をなぜみっともなくしたいのですか?」 数年後の僕ならもう少しまともな言葉をかけることができたはずだが、当時の僕は8年ぶりに日本の土を踏んだばかり。 アメリカでは、事故などにより損傷した場合の再建手術のほか、美容目的で鼻を小さく低くすることはあっても高くすることはめったになかった。 からかわれたと思ったのか、あるいは侮辱されたと思ったのか、彼女は憮然として診察室から出て行ってしまった。 この一件は浦島太郎のような僕にとって、帰国早々に受けた「お前が良いと思っても私は嫌なんだよ。 」という洗礼だった。 彼女はそんな捨てゼリフこそ吐かなかったが、僕の診察室には戻ることはなかった。 さて、「一重まぶたは生きづらい!? 」に話を戻そう。 番組では、ネット上のメッセージや街頭インタビューで寄せられた声として、一重まぶたや他の外見上の悩みや差別、それに対する意見などが紹介された。 中には日本の将来を憂いたくなるような価値観から出たものもあったが、少し救われる思いがしたのは、意外なことに前述の整形ユーチューバー女性の言葉だった。 「一重まぶたは生きづらい!? 」 中学時代から自分の顔にコンプレックスを抱き続けてきた彼女が初めて美容整形を経験したのは18歳の時の重瞼術、まぶたを二重にする手術だったそうだ。 その後、二重の幅をさらに広げる手術をしたが、今はいわゆる「奥二重」にまで戻した。 その道のりを経て、自分の思う「美しい」が世間が言う「美しい」とは違っていたことに気づき、一重まぶたの「呪いが解けた」のだという。 まぶた以外の部位の呪いは解けていないのかもしれないが、一つの山に登り、その頂上から下界や他の山々を眺めたことで、ある満足感とともに気づきを得たということだろう。 僕が日本に戻ってきた1960年代当時、日本の美容整形の世界は想像を絶するような無法地帯だった。 手術ミスや合併症などで表面化や事件化したものもわずかながらあるが、美容医療の場合、命に関わるようなトラブルは稀だ。 大半は時間や時代の流れの中に埋もれていった。 僕はアメリカで顔面をはじめとする再建・修復のための形成外科手術を多く手掛けていたということもあり、帰国後は美容整形後の不満や問題を抱える患者のため、修復手術を行うことも多かった。 「美容整形患者」になるだけのつもりで最初の一歩を踏み出したであろう人が、僕と出会う時には再建手術のための「形成外科患者」になっていたことも少なくない。 そして残念ながら、そのような事例は今も多い。 今や厚労省の医療機関に対する広告規制は焼け石に水と言っても良いほど、個人による情報発信の手段は多様化している。 裏で企業や医療機関と連携した手法も多いという。 見た目のコンプレックスや差別による「生きづらさ」を美容医療で克服した人たちがネットで積極的に情報発信することは必ずしも悪いことではない。 ただ、美容医療に限らず医療には必ずリスクが伴うため、それが新たな「生きづらさ」を生む可能性は常にある。 また、発信された情報に影響を受けた人が無用なリスクを不用意に抱えてしまう可能性もある。 ネットで影響力のある人たちがこのようなことも念頭に情報発信してくれることを願っている。 [執筆/編集長 塩谷信幸 北里大学名誉教授、DAA(アンチエイジング医師団)代表] 医師・専門家が監修「Aging Style」.

次の