発言 小町 パソコン 版。 発言小町厳選トピック集

発言小町厳選トピック集

発言 小町 パソコン 版

スポンサーリンク 発言小町には女性の本音が詰まってます! 発言小町には、気軽にできる相談から、本気で悩んでいる方までたくさんの方が利用しています。 顔の見えない人だからこそ言える本音というのもありますよね。 私も見ていて「わかる、わかる!」と共感できるもの、「えっっ!?こんな人もいるの?」とびっくりする話、育児についての疑問などなど、さまざまな話題で賑わっています。 それぞれ、ジャンル分けされていて、『話題』には日常の生活や身近な話題、『男女』には恋愛・結婚・離婚など、『働く』ではキャリアや職場でのこと、『ひと』では家族や友人、人間関係についての悩みなど、多くのジャンルがあります。 中には『男性発』というジャンルもあり、男性から発信するトピもあります。 発言小町のランキング、みんなが気になる掲示板はこれだ! 発言小町にはたくさんの掲示板があります。 みんなが気になっている、多くの人が関心のある掲示板はどれなのか、気になりますよね。 そのような時には、『ランキング』をのぞいてみましょう。 ランキング方法もアクセス数のみではありません。 ランキングの出し方にもさまざまあり、 「アクセス数ランキング」はもちろん、「レス数ランキング」、「お気に入りランキング」。 そして、トピに対しての投票機能があり、「面白い」、「びっくり」、「涙ぽろり」、「エール」、「なるほど」と見た人が投票できるのです。 その集計結果からのランキングも見ることができます。 私もトピを読んで、「負けずに頑張れ!」思わず応援したくなるような内容に「エール」をポチリました。 発言小町、掲示板を見出すと、本当に止まらなくなります。 先日も男性発のトピで、家事に対しての意見を言っている男性がいて、仕事を持っている女性からは、「仕事と家事の両立についての大変さがわかっていない!!」と、怒りの意見が爆発! 私も読んでいてヒートアップしました。 お互い仕事を持っていても、家事や育児をするのは女性が当然という世の中…。 仕事をしながら家事や育児を頑張っている日本のママ達は本当にすごい! たまには自分で自分をもっと褒めてあげましょう。 スマホ版「大手小町」がリニューアル!PC版との違いは? 発言小町にはスマートフォンで利用できる「ケータイ大手小町」がありましたが、全面リニューアルして「発言小町」となりました。 スマホでも操作しやすく、おしゃれなデザインになり、通勤時間や通学時間、お昼休みのちょっとした時間や、家事のスキマ時間に、気軽に見ることができますよ。 PC版を利用していた方にも、使いやすく刷新され、お出かけ先でも発言小町を楽しむことができます。 さらにPC版にはなかった機能も付きました。 「書きかけ保存」ができるようになったのです。 これはスマホ版では嬉しい機能ですよね。 電車での移動中や、お昼休みなど限られた時間内での利用の場合も多いので、この機能があると、書きかけのレスも安心です。 発言小町の有料会員サービス「百円小町」ができました 使いやすくなったスマホ版の発言小町ですが、さらにもっと楽しみたいという方のために、有料会員サービス「百円小町」もあります。 月額100円の、まさに百円小町です。 こちらの会員になると、会員専用マイページを持つことができるので、気になるトピをお気に入りにいれることもできますし、過去に読んだトピの一覧を「足あと」として記録されるので、前に見た掲示板をもう一度見てみたいという場合も、簡単に探すことができます。 発言小町の膨大なトピの中から探しあてるのは大変なので、この機能は便利ですよね。 人気のトピにはたくさんのレスが付きます、そのトピのどこまで読んだかわかるようになった「しおり」機能も追加されました。 編集部おすすめのトピ一覧が届く『発言小町メール』もスマホに届きます。 読売(ヨミウリ)・オンラインの新コーナー「発言小町+」 多くの方が利用している発言小町。 ヨミウリ・オンラインでは新コーナーとして「発言小町+」がスタートしました。 気になるトピを紹介する「発言小町ニュース」や、トピにまつわるコラムとして、有名人の女性筆者5人が週替わりで担当されています。 こちらは毎週火曜日の読売新聞の夕刊にも掲載されています。 「発言小町大賞」というコーナーでは、年間で一番心に残ったトピックを読者投票を基に編集部が選んだベストトピ大賞です。 どんなトピが大賞になったのか気になりますよね。 見て見ると…やはり、心温まるトピが多い印象です。 思わず涙がポロリと出てしまうような話、親子の絆が印象的なトピなど多くの方の心に残ったのでしょうね。 時間のある時に、ぜひ見ていただきたいと思えるコーナーです。 日常に疲れたすさんだ心が洗われるようです(私の場合…)。 発言小町の楽しみ方は人それぞれです。 日常の何気ない一コマを人に聞いてもらいたい方、仕事のグチを書いてスッキリしたい方、真剣に悩んでいて問題の糸口を探したい方、人には面と向かって聞けないけど実は聞いてみたい疑問…。 発言小町の掲示板を読んで、「大変なのは自分だけじゃないだ」と勇気をもらえたり、「大変だけど明日からも頑張ろう」と思えるトピも多くありますよ。 悩み多き女子、明日からも頑張りましょ~! -.

次の

【レビュー】「Google Chrome」でいつでも“発言小町”をチェック「発言小町ガジェット」

発言 小町 パソコン 版

最初は書き込みはしなかったけれどずっと使っていた。 だいたいリニューアルすると使いにくくなるけれど、 発言小町については途中のリニューアルも最初は抵抗があっても 結局使いやすかったりして、油断して甘えて使っていた。 カテゴリ分けとレスが500文字から800文字になったのが ありがたかった。 500文字だとまとまらないんだもん。 特にMicrosoft Officeとか 途中スマホも使いはじめて、スマホ版は独自のインターフェイス だったけれど、当初はブラウザを偽装してPC版が使え、 気が付くとスマホ版にPC版で表示のリンクがあったので、 スマホに登録している個別サイトは発言小町だけ、 もちろんスマホでも図書館の予約システムや 天気予報、鉄道の路線情報などは使っている そして消費税が8%から10%にあがる2019年10月1日、 突然その日がやってきた…。 ふとスマホから発言小町にアクセスすると、 スマホ版らしい画面が出ていたので、一番下まで行って PC版へのリンク…を探すが無い。 気になっていたトピックだけチェックしようと思ったら 既定がランキング?…いや、新着順に切り替えて… トピックの存在は変わらないので… うわ、レスは古い順だ。 では新着順に切り替えて… えっ、またトピ主さんの初回投稿から読むの? そうだ、「本文を隠す」ボタンを使えば…無いし!! スクロールして…かたまりで広告でてるな…さらにスクロールして… ようやく内容確認。 ではカテゴリを切り替えて…タブが無い? カテゴリ移動のために別のページに飛ぶの? 飛んだら飛んだでまた規定がランキング…! 今までこういうのはCookieでどうにかしてくれたと思うけれど… 個別のトピックに飛ぶと…トピ主さんの初回投稿が長いな。 えっ?また古いのから順?ありえない…。 ありえない、とは思いつつちまちまチェックはした。 トピックの一覧が新着順に表示される。 チェック中のトピックの最新更新日時、レス数から 最後に自分が見てからの更新があったか確認し、クリック 3. やむを得ず各カテゴリの新着順をブラウザのお気に入りに登録 ブラウザのお気に入りからカテゴリに飛ぶ 2. 最初の画面に表示されるのはせいぜい1トピック。 目的のトピックを探すのにスクロール 時間しか入っていないので「すでに見たか」が よくわからない 4. 目的のトピックに移動 レスが古い順固定で表示されるので、 画面をスクロール 初回投稿が長いし、広告が大きい 5. 「新着順」を押す 6. 画面が一番上に戻るので、 トピ主さんの初回投稿と広告をスクロール 7. 人は面倒なことはしないのだ。 さっき引用したYahoo!ニュースには スマホユーザーをいかに「病みつき」にさせられるかが今の課題ですかね。 と書かれているが、多分この操作のためのリソースは割いてくれないだろう。 でも私の好みはあんまりメインストリームでもないんだよね…。 夏もエアコンいらない派だし。 脱インターネットしようと思いつつ、広告ブロックを入れたら快適で 久々のインターネットとの蜜月を過ごしていたのに。 消費税とかは構えていたけれどまったく予告なくやられちゃうとね。 発言小町は自分がトピックを立てるとしんどすぎるので、 自分の質問はOK Waveでしているが、面白そうなトピックがあれば レスはして楽しく使っていたので、これからどうしようかなぁとは思う。 でも多分このリニューアルで卒業かなぁ…。 今のところは結構PV提供してしまっている。。。。 スマホ版でジャンル切り替えたらアクセス数3倍だもんね。 インターネット中毒から足を洗うチャンスだと思って、 安全に参加できるコミュニティはどこかで調達…できないかな。 ちなみに個人的にはこのリニューアルでよくなったと思う点もあって、.

次の

目隠しすべき? パソコンのウェブカメラに潜む危険とは(大手小町(OTEKOMACHI))

発言 小町 パソコン 版

オンラインでの会議や飲み会などの時に役立つパソコン内蔵のウェブカメラ。 盗撮などを防ぐため、ふだんはシールなどを貼って目隠ししている人が少なくないようで、読売新聞の掲示板サイト「発言小町」には、「パソコンのカメラレンズを塞いでいますか?」と尋ねる投稿が寄せられました。 どうすべきなのか、専門家に聞きました。 パソコン内蔵カメラのレンズの上に、小さい紙をマスキングテープで張り付けているトピ主「ヤヤネン」さん。 友人とオンライン飲み会をやろうと盛り上がった時、「やるなら(紙を)はずさなければ」と話したところ、友人が「私も塞いでいる」と言いました。 会社の同僚に聞くと、やはり「カメラが気になってレンズを塞いでいる」と話したそうです。 元々、ドラマのワンシーンで、パソコンがハッキングされて内蔵カメラで部屋の様子が探られるのを見て、塞ぎ始めたという「ヤヤネン」さん。 夫からは「妄想が過ぎる」と笑われましたが、「結構、そういう人は多いのでは」と思い、発言小町に書き込みました。 この投稿に30通近い反響がありました。 「パソコンを買ったばかりの頃、自分では何もしていないつもりなのに突然、画面に自分の顔が映ったんです。 遠隔操作もできるとどこかに書いてあったし、誰かに乗っ取られたら、と怖くなって、花のシールで塞ぎました」(「めんどくさがり」さん)。 「カメラとマイクの設定をオフにしています。 目隠しシールも貼っています。 貼っている理由ですが、パソコンは自動アップデートの際、設定をデフォルト(初期値)に戻したり、新しい推奨基準に変えてしまったりすることがあるからです」(「はい」さん)。 「以前ワイドショーで、やはり他人のPCを遠隔で操作してカメラで盗み撮りする人たちがいるというのを見て、すぐにマスキングテープで塞ぎました。 その時はちょっと明るめの色のものしか手元になかったので、二重にしています。 PCに詳しくないし、物理的に塞ぐのが一番安心かな、と」(「匿名」さん)。 いずれも、ハッキングや盗撮、誤作動などを防止し、安心してパソコンを利用するための自衛策として、物理的にカメラを塞いでいる様子です。 「(パソコンに)はじめから手でスライドさせるシャッターが付いていました。 スパムメールで『あなたの恥ずかしい動画を保存したから金を送れ』」みたいなのが来ますが、カメラを塞いでいないと、不安になるかもしれませんね。 とはいえ、コロナの影響もあり、ビデオ会議も多いので、いちいちふさがないことが多いです」(「やま」さん)。

次の