コインランドリー開業。 コインランドリーのオーナーは儲かるのか|開業にかかる費用を解説「イエウール(家を売る)」

無念…日本政策金融公庫のコインランドリー開業融資の申請に失敗!満額回答ならず

コインランドリー開業

コインランドリー経営って? 街中にどんどん増え続けているコインランドリー。 なぜ増えているのでしょう? 女性の社会進出や、共働き世帯が増える中、「外でまとめてお洗濯」という選択肢があります。 夜に洗濯をするのは騒音も気になるもの。 週末に1週間分のお洗濯をまとめてでき、新たな家事の効率化ができるということでコインランドリーを使う女性が増えています。 清潔でオシャレで、居心地の良い。 今のニーズに合ったコインランドリーは増えていますが、まだまだ新しい形態といえます。 コインランドリーなら人件費もかからず、地域の人々に喜ばれるサービスを提供できます。 FEATURES 当社の特徴 当社では自社の勉強のため数店舗経営しておりますので、 実質的なアドバイスも可能でございます。 「こんなお店を作りたい」というあなたのご希望をお聞かせください! カタチにできるよう全力でサポートします!• FEATURES 01 創業40年以上の確かな実績 弊社は創業から40年以上、機械販売やメンテナンスを行ってきました。 温浴施設やクリーニング工場、老人ホーム、病院等の施設で豊富な実績があります。 FEATURES 02 お客様のご要望に合った最適のコインランドリーを提案 当社は特に他とは違ったオリジナルのデザインの店舗に力を入れており、お客様に大変好評です。 FEATURES 03 万全のサポート体制 お店作りは最初が肝心ですので、出店まで、出店してからの収益についてしっかりご説明し、出店後も様々な面からサポート致します。 FEATURES 04 加盟金、ロイヤリティは0(ゼロ)円です 当社のコインランドリー事業はフランチャイズではないので、加盟金、ロイヤリティなどは0(ゼロ)円です。 BENEFITS OF LAUNDROMAT コインランドリービジネスのメリット コインランドリーは基本的には無人経営なので、 人件費や商品仕入れはほとんど必要ありません。 また「洗濯」は日常生活にかかせないものであり、 景気に左右されにくいビジネスです。

次の

【コインランドリー開業】なめちゃいけない変動費!ガス料金編

コインランドリー開業

コインランドリー業界でも歴史は古く、様々な場所で小規模店舗から大型店舗まで実績があります。 長年に渡って培われたコインランドリー開業支援と実績をもとに、お客様に最適なプランを提供させていただきます。 新規事業としてコインランドリーを展開したい…土地活用や資産活用として起業したい…そんな独立開業・経営を目指すお客様のために、出店のご相談から出店にふさわしい立地かの市場調査・開業時の店舗イメージ・開業後の損益分岐などの資産計画まで、しっかり対応致します。 開業後の集客アップに効果的なチラシの配布・わかりやすい操作方法や安心してご利用いただくための案内ボードの設置・効果的な販売促進ツールもご提案致します。 また、コインランドリーのメンテナンスや修理なども行っております。 東京23区をはじめ、埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県など関東全域まで、コインランドリーに関するご依頼をいただければ、迅速に対応させていただきます。 詳細につきましては、ページをご覧ください。 コインランドリーの開業をお考えの方はもちろん! マンションやアパートのオーナー様や店舗を経営されている方! 空店舗・遊休地の有効活用手段として、当社までお気軽にお問合せください。 Information• ゴールデンウィーク休業日を、下記の通り実施させていただきます。 2020年5月2日(土) ~ 5月6日(水) 7日 木 より通常業務となりますので、よろしくお願いいたします。

次の

コインランドリーの独立開業情報一覧|独立・開業・フランチャイズ募集の【アントレ】

コインランドリー開業

コインランドリーのオーナーになるメリット 開業後の手間も少なく、ランニングコストの低さから人気のコインランドリー経営のメリットとはなんなのでしょうか。 ここでは、土地活用でコインランドリーを経営するメリットを紹介します。 ランニングコストがかからない コインランドリーを経営するときには、屋内に機材を設置するため 建物の建築費と洗濯機などの機材の費用が必要です。 建物を用意して機材を設置すれば、お客さんが自分でお金を投入して、洗濯機が洗濯をしてくれます。 スタッフを常駐させる必要はなく、人件費もかかりません。 そして、料金の回収は機器が行うため、未回収のリスクもありません。 毎月必要な経費といえば 、電気代やガス代、水道代などの光熱費と洗剤代程度です。 そのため、開設して運用を始めると月々のランニングコストはそれほどかかりません。 収益性が高い コインランドリーの利回りは、アパート経営などに比べるととても高いのが特徴です。 初期費用もアパート経営だと数千万円から億単位の資金が必要ですが、コインランドリー経営だと 2,000万円程度から始められます。 客単価はとても低いですが、リピーターをつかまえると、安定した収入が得られるようになります。 また、洗濯機などの耐久性は20年から30年といわれており、比較的長期で使えます。 税金を節約することができる コインランドリーの経営は節税効果が高いのが特徴です。 例えば、コインランドリーの土地は小規模宅地の特例が適用できます。 また、コインランドリー開業の際に購入する洗濯機や乾燥機などの設備費用は即時償却が行えます。 通常、設備費用は耐用年数に合わせて数年かけて減価償却を行っていたものが、1年目にすべて 経費として計上できます。 そのため、初年度の利益を大きく圧縮できて、 法人税の支払い額が少なくなります。 このようにコインランドリーの経営では、税金の支払いが大きく抑えられます。 コインランドリーのオーナーになるデメリット コインランドリー経営を行うときには、デメリットがいくつかあります。 事前にデメリットを知り、経営でつまずかないように対処しましょう。 初期費用が高い コインランドリーは屋内で営業されます。 そのため、建物や土地を所有していない場合は、家賃がかかります。 また、洗濯機や乾燥機などの設備機器の購入が必要です。 洗濯機は新品だと、 1台10万円から20万円程度かかり、遠隔操作ができるものだと100万円以上するものもあります。 そして、コインランドリーを運営するには、 給排水設備や電気の工事が必要です。 そのため、小型の店舗のコインランドリーでも 初期費用として2,000万円程度用意する必要があります。 犯罪のリスクがある コインランドリーはほとんどの場合、無人で営業を行い、たまに清掃の人が来たり、見回りの人が来たりする程度です。 立地によっては、深夜になると酔っ払いが入ってきたり、不審者が入ってきたりすることがあります。 下着の盗難や両替機の強盗、設備機器を破損されることもあります。 そのため、コインランドリーを運営するときには、このような 犯罪のリスクを軽減するためのセキュリティ対策も必要です。 近頃では、洗濯中はロックがかかっていて、洗濯物の盗難はすくなくなっていますが、 防犯カメラを設置したり、見回りを行ったりなどの対策が必要でしょう。 コインランドリーのオーナーになるための流れ コインランドリー経営をはじめるときにはどのようにするとよいのでしょうか。 ここでは、事前の準備から必要な手続きを解説します。 コインランドリーのお店に関する計画を立てる コインランドリーの経営を始める前には、事前の準備が大切です。 コインランドリーが集客できる範囲はおよそ 2キロメートルと言われています。 どれくらい集客できるかを予測し、場所を選ぶことが大切です。 店舗の設計をイメージしておくことも必要です。 洗濯機や乾燥機は何台必要か、どのように配置するかも考えなければなりません。 コインランドリーを利用する人の中には、布団や毛布などを洗濯する人も多く、 車での来店が多いので駐車場もあるとよいでしょう。 洗剤やテーブル、椅子などの備品の購入も必要です。 このように必要なものを考えて資金計画を立てるとよいでしょう。 コインランドリーの経営は、 すべてを自分で行う自己経営方式とフランチャイズ方式が選べるので、どのような経営方式にするかも事前に決めておきましょう。 コインランドリーを作るための業者を選ぶ コインランドリーを作るためには、建物が必要です。 建物がない場合には建築を依頼する必要があり、 建築会社を決めなければなりません。 そして、洗濯機などの設備機器を購入する先を選ぶ必要があります。 洗濯機などの設備機器は 購入することもできますし、リースすることもできます。 購入すると償却ができますが、初期費用が大きくなります。 対してリースなら、初期費用が抑えられますが毎月のリース代が発生します。 資金計画を立てるときには、 自己資金をどれくらい用意できるかなどを計算しながら、購入するかリースにするかなどを考えながら業者を選びましょう。 内装の工事も必要なので、内装工事を依頼する会社も選ばなければなりません。 開設届を保健所に提出する コインランドリーを開設するときには、 保健所に「コインオペレーションクリーニング営業施設開設届」の提出が必要です。 そのときに一緒に構造設備の概要や洗濯機等の配置図なども提出します。 コインランドリーの経営には、不特定多数の人が洗濯機を利用するため、保健所は衛生管理を行うように指導しています。 そのため、届け出には 衛生管理責任者や有機溶剤管理責任者の記入欄がありますが、特に資格は必要ありません。 検査済証が交付されたら営業開始 コインオペレーションクリーニング営業施設開設届を行うと、 保健所による検査が行われます。 この検査で問題がなければ、検査済証が交付されます。 検査済証が交付されると、コインランドリーの営業が始められます。 店舗の検査の際には、設備の仕様書や設計図面が必要になる場合があるので用意しておくとよいでしょう。 コインランドリーの開業に必要な費用 コインランドリーの経営にはどれくらいの初期費用が必要なのでしょうか。 ここでは、2パターンの店舗の大きさごとの初期費用のおおよその額と開業後のランニングコストについて解説します。 内装工事や機器などの初期費用 開設にかかわる初期費用は、 店舗の大きさや設備機器の導入台数によって変わってきます。 また、内装工事の内容によっても費用は変わります。 店舗面積が10~15坪の場合 街中でよく見かける、ビルの1階などにあるコインランドリーには、10坪から15坪の規模の店舗が多く見られます。 これらの機器代は 1,300万円くらいとなり、これに内装工事や備品の代金が加わります。 また、そこから電気や給排水設備の工事、看板の工事、ダクトの工事、テーブルや椅子などを考えると 700万円くらいかかります。 そのため、 小型店舗での初期費用は2,000万円程度を考えておくとよいでしょう。 乾燥機は10台程度は必要でしょう。 設備機器の費用は、 2,200万円くらいは必要です。 そして、内装工事は20坪の場合とそれほど変わらないので700万円と考えると、 約3,000万円の初期費用が必要だとわかります。 運営していくためのランニングコスト コインランドリーの経営では、ランニングコストはそれほどかかりません。 スタッフの常駐は必要ないので人件費がかかりません。 集金や清掃の必要はありますが、これも自身で行えばゼロにできます。 また、建物を賃貸して経営している場合には賃料の支払いがあります。 フランチャイズに加盟して経営する場合には、加盟料が必要です。 このように、どのような形態で経営するのかや、清掃や集金を委託するのかなどでランニングコストは変わってきます。 コインランドリー経営を成功させるためのポイント コインランドリーは利用者を把握して、立地を慎重に選ぶことが重要です。 土地活用一括比較情報サイトを活用して、相談できる企業をパートナーにコインランドリー経営を成功させる企業選びの方法を解説します。 利用者の実態を知る コインランドリーを経営する際には、 利用者を把握し立地をしっかりと調査して決めなければなりません。 かつては、コインランドリーの利用者というと、風呂なしアパートに住む学生や若い洗濯機を持っていない世代がメインのターゲットでした。 しかし、誰もが洗濯機を持つ時代になった今、メインのターゲットは変わってきています。 最近では、共働き世帯も増えており、平日にまとまった洗濯の時間がとりづらい主婦の利用も多く、 主婦が利用しやすい立地や環境のコインランドリーが好まれる傾向にあります。 コインランドリーを経営するときには、このように ターゲットを正しく知り、そのターゲットの行動を理解して立地などを選ぶことが大切です。 土地活用一括比較情報サイトを利用する 土地を活用するときには、利益が出る活用方法でないと活用する意味がありません。 しかし、 自身が興味のある土地活用と、その土地に適した活用方法は異なることは往々にしてあります。 このように土地を活用するときには、活用方法が合っているのかや、ほかにもっと収益が上げられる活用方法がないかなど気になる人も多いでしょう。 そのようなときには、 土地活用の一括比較情報サイトを利用すると解決できます。 土地活用の一括比較情報サイトでは、登録された多くの企業の土地活用の専門家に活用プランを提案してもらえます。 「イエカレ」なら、一度に複数の企業に資料を請求できるので、複数のプランを比較しながら検討できます。 資料請求は何社に請求しても 無料です。 請求方法もインターネットから簡単な入力でものの数分で行えます。 最適な土地の活用方法を探しているなら、イエカレを利用して土地の活用プランを検討しましょう。 コインランドリー経営は時間や資金のある人におすすめ コインランドリーは利回りが高く、比較的誰にでも挑戦しやすい土地の活用方法です。 初期費用はかかりますが、アパート経営ほど多くはかかりません。 利回りが高く初期費用の回収も速いですし、特に必要な資格もないので立地選びさえ間違えなければ活用しやすいでしょう。 ただし、コインランドリーでの1人あたりの利益は少ないことと、一度始めると設備機器の移動などは難しいため長期で活用する人向けの活用方法です。 時間をかけてじっくりと土地活用を行うなら、コインランドリー経営を行って土地を活用しましょう。

次の