銀行支店長給料。 地方銀行の年収を徹底解説|給料・初任給手取り・賞与(ボーナス)・各種手当

銀行員の年収って高いの?低いの?【平成29年版】

銀行支店長給料

りそな銀行の年収は815万円でした! りそな銀行の年収の平均は、約815万円でした。 () 年度別の年収は 平成29年:872万円 平成28年:889万円 平成27年:684万円 平成26年:672万円 平成25年:671万円 平成24年:650万円 平成23年:646万円 平成22年:630万円 平成21年:636万円 平成20年:662万円 ここ数年での年収推移は 630万円(最低)~889万円(最高)となっています。 給料:約54万円 りそな銀行とは:元財閥系都市銀行である野村銀行と、地方銀行であった後の都市銀行、あさひ銀行が合併した銀行で、現在はメガバンクとして業界4位となっています。 本社所在地:大阪市中央区備後町2丁目2-1 りそな銀行の設立時期:(旧野村銀行から)1918年5月 性別 平均年収 平均月額給与 男性の平均年収 923万円 59万円 女性の平均年収 697万円 45万円 りそな銀行の30代・40代・50代の年代別年収 りそな銀行の年代別年収は、年齢別年収推移より 30代の年収が約 722万円~(推定) 40代で 839万円~(推定) 50代で 1,007万円~(推定) 30代~50代までの年収増加は約 294万円以上となっています。 あくまでも予測のためご自身でご判断ください。 りそな銀行の推定生涯年収(生涯賃金)を詳しく解説! 上記の平均から算出してみたところ推定 36,096万円となりそうです。 日本の平均生涯賃金が18,380万円なので、平均生涯賃金からの増減は 18,247万円です。 仕事内容・企業ランキング・関連企業 【仕事内容】 個人向けとして、りそなリテール通帳として、くらしの通帳、ゆとりの通帳、その他TIMO(インターネット通帳)など、通帳種類によっては預金残高を担保にして、自動融資を行う通常の定期預金のようなサービスなどがあります。 それ以外では投資信託、外貨預金、外債仲介、退職金運用、各種ローンなどを取り扱っています。 法人向けでは、企業年金業務、不動産、家賃保全信託など、VALUX全銀ファイル伝送サービスなどの入出金明細オンライン出力サービスを行なっています。 【企業ランキング】 2ch企業偏差値ランキングでは55位で、他グループでは55位(りそなホールディングス)、他企業で54位(ゆうちょ銀行)、56位(みずほファイナンシャルグループ)などがありました。 【りそな銀行のグループ企業や関連企業】 ・りそなホールディングス・・銀行持株会社:銀行法により子会社の経営管理業務 ・株式会社埼玉りそな銀行・・りそなホールディングスが管轄する埼玉の都市銀行 ・近畿大阪銀行・・りそなホールディングスの子会社である地方銀行 りそな銀行の支店長や課長の年収を解説! 役員クラスでも、りそな銀行の場合は年収の平均水準は、地方銀行よりも上、最大手メガバンク系列ファイナンシャルよりは低いとされています。 アドバイザークラスが900万円の場合もあれば、課長クラスで750万など、部署によりその差は大きい様です。 体質的には、良い意味で古い会社ですので、40代以降からはでは、職場も居心地はだいぶ良くなるそうです。 入社3年目が、昇格になるかどうかの、ひとつの目安とされますが、確実に一定水準は毎年昇給するので、止まりが40代後半くらいになる感じです。 38歳くらいから課長を目指すイメージでないと、昇格は難しいとされています。 昇格の目安は、グループ全体で2部門以上の就業、海外就業経験、システム導入のプロジェクトに参加したかどうかでほぼ決まるようです。 関連コンテンツ りそな銀行の新卒初任給、採用、面接情報を解説! 新卒の初任給は 20万5,000円(大卒) 23万円(院卒) 17万5,000円(短大・専門卒) となってました。 (平成26年度) 【面接で聞かれること】 ・まず、他のメガバンクへの応募については結構聞かれるみたいですね。 りそなのイメージについては、採用を考えているなら、下準備でどのような事業を行ってるのか、サービス内容など、どれに興味があるのか明確に応える必要があるかもしれません。 ・大学でのサークル活動などは、重点的に聞かれるようですから、人間関係、人付き合いはよく見ているようです。 ・他社の募集を受けたか、その時の面接の印象、親の反応など、何故りそなを選ぶのか?といった質問は多いそうです。 ・意外な感じですが、会社の貢献度よりも協調性について、学業の成績など、面接官からの質問はいたってセオリーに則る平均的なものが多いですね。 親のりそな銀行へ対する反応を見ている点が、ちょっと注目で、ここをどう捉えるかかもしれません。 【求めてる人物像】 社員を総合職と捉え、営業以外は事務職と同じ給与は毎年 【採用(内定)の条件】 近年ではよくあった銀合同士の合併企業ですが、かなり昔のことですので、体質として合併企業によくある派閥的なものは全くないそうです。 昔ながらの大企業体質でもありますので、年配者との話をスムーズにできるような、社会的コミュニケーション能力はスキルの一つかもしれません。 面接での内容も、セオリー通りなのは、やはりそれが背景になっているようです。 他の都市銀行よりも、地域密着型の地方銀行のような体質なので、身近に感じられる人柄は非常に有利かもしれません。 女性の採用も積極的です。 特に、コストに対する意識は企業全体で、効率化の強化を測っている時代ですから、低コストで、一般消費者向けの個口契約でとにかく預金口座を作る、リテール事業がりそな銀行の根幹です。 内定合格率があがるのは、そのビジョンに対して、自分が取り組めるような熱意があるかどうかですね。 元りそな銀行社員のクチコミ年収 20代 業種法人営業:新卒2年目 年収350万円 30歳前半台で昇格は難しいとされていますので、順調に昇給テーブルに乗っかるためには、やはり営業成績を確実に伸ばすしか方法は少ないと言えます。 ボーナスに関しては、過去に公的資金を導入された経緯で、業界水準として低めですが、4年目で院卒なら2万円台のベースアップも期待できるかもしれません。 30代 業種システム開発部主任 年収1,000万円 最も良かった頃の年収になりますが、それでもシステム開発プロジェクトなどに関わると、給与水準はかなり引き上がります。 役職年収と平社員の差額が大きく、そのかわり賞与の水準は下がった気がします。 賞与は、夏がメインで冬の方は次の夏の賞与支給予想額の前払いという位置づけです。 40代 業種営業15年目 年収900万円 前年の成績が成績として評価されるので、年間のモチベーション維持は結構大変かもしれません。 個人渉外を20代で経験し、確実に成績を5年継続して残していけば、基本給は引き上がる印象はあります。 業績連動型賞与は、この業界なら標準的なものなので、公的資金投与の影響も、最近では業績も良くなってきているので、賞与はこれからが期待が持てるといえます。 コンサルティング(itコンサルティング)、総研会社、金融業の年収一覧 シンクタンク、総研系、コンサルティング、金融業の年収をまとめています。

次の

りそな銀行の年収給料・20~65歳の年収推移・役職別年収|平均年収.jp

銀行支店長給料

公務員の役職の順位と年収 僕が勤めていた県は14の役職あり 僕が勤めていた 県庁の役職と順位(表の下に行けば行くほど順位が高い)および、役割と年収を以下の表にまとめました。 地方公務員(都道府県・市町村)ならそんなに変わらないかなと思います。 役職 役割 年収 主事(20代) 下っ端だが、人によってはかなりの質の仕事を受け持つ。 350〜450万程度 主任(31歳〜) 通常は主事より責任の大きな仕事を持たされる。 (同期間の出世差無し) 450〜550万程度 主査(35歳〜) 係長級。 最も脂が乗る時期であり、このポジションの人を見ると将来上に行きそうかそうでないかが分かる。 かなり困難な案件を持たされることが多い。 (同期間の出世差無し) 550〜650万程度 係長(42歳〜) 主査と同じ係長級だが、ここに昇格する時点でようやく出世差がつき始める。 係内に部下を持ってマネジメントをし始める人もいる。 (もっと偉い人が係内にいれば平職員扱い) 650万〜700万程度 副主幹(44歳〜) 課長補佐級。 普通ならこの職の時に部下を持ってマネジメントを行うことになる。 出世する人は踏み台にしてさっさと上に上がるが、ずっとここで停滞する人も多い。 700万〜750万程度 課長補佐(47歳〜) 正直副主幹と大して役割は変わらないが、上へ出世するに当たって通過するためのポジション。 (副主幹と課長補佐にはそれなりの壁あり) 750万〜800万程度 総括課長補佐(49歳〜) 課長に次ぐ課内ナンバー2。 課長の意思決定をサポートするポジションであり、課長に話を持って行く前に内容を裁く重要な役割を担う。 他にも人事評価や課内の雑務などもやったりするので最も大変な役職の一つ。 800万程度 主幹(51歳〜) ここから課長級。 しかし課長では無いので立ち位置が微妙。 850万程度 室長(52歳〜) 課より規模の小さな部署のトップ。 室の数は多くないため、ここを経験しない人も多い。 850万程度 課長(53歳〜) 課のトップ。 規模にもよるが数十人の部下を抱える。 議員との絡みが特に増えてくるポジション。 850〜900万程度 次長(56歳〜) 課ではなく、部の人間として部内各課を担当。 一方、意思決定権は部長にあるために大した権限がなく、ある意味最も暇なポジション。 900〜1000万程度 部長(58歳〜) 部の意思決定権者。 民間の役員級。 この上には副知事と知事しかいない。 1000〜1200万程度 副知事(60歳〜) 公務員試験を合格して入庁した人がなれる最高のポジション。 同期のうちここに到達できる人間は1人いるかいないか。 1500〜1700万程度 知事(年齢はバラバラ) 選挙で勝たないとなることはできない。 社長のこと。 2000〜2200万程度 なお、 年齢はあくまで順当に出世した場合です。 (本庁の課長以上になれる人というのはある程度限られてきます) 基本的には、どんな人であっても50代で副主幹までは出世し、最後は出先の課長(本庁課長補佐級)を勤め上げることになる感じでした。 銀行の役職の順位と年収 銀行は下っ端でも偉そうな名前の役職につく 以下、同様に銀行の役職の順位と役割、年収をまとめました。 (表の下に行けば行くほど役職順位が高い) 役職 役割 年収 行員(20代前半) 入ったら皆ここから。 300〜400万程度 係長(20代中盤〜) 同期入行者は皆ある程度同じようなタイミングで出世する。 係長と言いながら部下はいない。 名前は大げさだが、そこまで上の役でもない。 600〜750万程度 課長(40代前半〜) 次長への通過ポジション。 責任は次長ほどでもなく、残業代もつくので結構美味しいらしい。 1000万程度 次長(40代中盤〜) まさに中間管理職であり、最も大変なポジションの1つ。 (出向時に最も大変なのは次長と感じた) 管理職となり残業時間の制限が外れるため、残業に残業を重ね、休日も出勤というケースが多い。 1000〜1200万程度 小規模支店長(40代後半〜50代前半) ここから支店長。 人によってはさらに上に進んでいく。 役員になるにはここを通ることになるが、厳選された人しか上には上がれないので、概ねここで定年を迎える。 (そのまま退職ではなく、子会社や取引先の会社の幹部として過ごすケースが多い) 執行役員(50代中盤〜後半) ここから役員。 同期入行者の中でここまで来れるのは1〜2%程度。 (役員業務に専念) 常務取締役(50代中盤〜後半) 取締役より偉い。 (役員業務に専念) 専務取締役(50代中盤〜後半) 常務より偉い。 (役員業務に専念) 取締役頭取(代表取締役)(50代後半) 社長。 全ての意思決定権を握る。 2500万程度 取締役会長(60代) 実権なし。 ほぼ名誉職。 ? 僕が出向していたのは地方銀行の役職はこんな感じでした。 公務員に比べて、 若くてもかなり偉そうな肩書きがつくという印象があります。 (外部交渉で、若くても舐められないというか、ある程度有利に働く部分があるのでしょう) なお、支店長代理とか部長代理って凄く上に聞こえますが、全然そんなこともないというのが面白かったですね。 (僕も部長代理でしたし(笑)) 支店長になるのも凄く大変そうでしたが、それ以上に、役員になるためには(役員になってからも)凄くドロドロとした政治争いがあるような感じでした。 役員になり、役員の中で出世していくためには、政治力と運(時の頭取に気に入られるかなど)の要素が大きいと思います。 なお、比較すれば分かりますが、 公務員に比べて年収は明らかに良いです。 公務員のように、放っておいてもある程度出世し年収も増えていくという緩い環境に比べれば圧倒的に厳しいです。 一方で、厳しいと感じるかどうかも人次第で、数字を上げまくるのが大好きな人ならむしろ楽しいでしょう。 僕の印象では、 公務員に比べて、本当に辛いと思っている層と本当に楽しんでいる層の振れ幅が激しいですね。 公務員は全体的にその振れ幅が小さいです。 おわりに 以上、公務員と銀行の役職の順位や役割、年収をまとめてみました。 公務員も銀行も、50代くらいになってからの役職がやけに多いですよね。 かと言って、 そこまで大きく役割が異なるかと言えばそうでも無かったりします。 その辺は正直、 組織を機能的に動かすというよりも、人を役職につけることを目的に役職が存在しているような感もありましたね。 上で書いた銀行の「課長」などはそのいい例で、昔は無かったが、上のポストがなかなか空かないので設けられたとのことでした。 大企業にはありがちな話なんでしょうが、あんまり本質的な話ではないよなぁというのが率直な感想です。

次の

銀行・役所の役職順位と年収。銀行出向経験のある元公務員が書いてみました。|次席合格元県庁職員シュンの公務員塾

銀行支店長給料

銀行員の年収・給料はこんな感じ! 最初に断っておくと、銀行員の年収・給料とひとくくりに言っても、 銀行の規模や地域によって実はかなり差があります。 (例えば、メガバンクと第二地方銀行を比較すると差がありますし、都市部と地方の銀行を比較しても当然差があります) 偏りがあるため一概には語れないのですが、 銀行員のお給料は他の業種に比べると平均以上であることは確かです。 概ね年収300万円台からスタートし、役職は上がらずとも年々少しずつ昇給していきます。 一般行員のうちは同期間で差が付きにくく、バリバリ頑張っている人は少し不満を感じるかもしれませんが、後々の出世次第で生涯年収に大きな差が生まれるため我慢が必要です。 銀行にもよりますが、6~8年目で最初の昇格チャンスが与えられます。 この期間に退職する若手が多いのも銀行の特徴といえます。 ちなみに某メガバンクでは7年目に1度目の昇格チャンス(支店長代理、部長代理、調査役など)、11年目で2度目の昇格チャンス(課長など)があるそうです。 銀行員の年収分布:「副支店長」~「支店長」 銀行に入行して15年程度すると、 副支店長や 支店長が見えてきます。 ここからは残業が付かなくなるため、『残業の多い課長の年収>副支店長の年収』といった逆転現象が起こる可能性もあります。 順当に行くと 40歳前後で支店長となり、 年収1,000万円を超えてきます。 ここまで来るのは 同期入社の1~2割程度。 その間に多くの同期は退職してしまったり、昇格が止まってしまいます。 また、支店長は営業店で1番えらいのですが、銀行内部ではまだまだ上のポジションが設けられています。 支店長になっても出世競争はまだまだ続いているのです…… 銀行員の年収分布:「部長」 支店長クラスの中でも特に優秀な人は、本部の 部長となります。 銀行によるので一概には言えませんが、本部の部長が役員への登竜門となっているケースは多いかと思います。 銀行役員の方の経歴を見ると、特に 経営企画部長や 人事部長、営業本部長などから役員に昇格している人が多いのが分かります。 部長クラスになると年収は 1,500万円前後とかなりの高給になります。 しかし、ここまで来れる銀行員は本当に一握りです。 銀行員の年収分布:「役員」 銀行員の最終ゴールとなるのは 役員です。 ここまで来ると 年収はいくら貰ってるか分からないレベルになります(笑) 役員になれるのはごく少数。 数年に1人~2人しかなれません。 かなり狭き門と言えます。 しかも銀行によっては、外部の人が役員についているケースも珍しくなく、自行で出世してここまで来るには相当秀でてたスキルがないと不可能です。 役員まで登りつめると銀行内でもかなり優遇されるため、上昇志向の強い人は役員を目指して若いころから努力しています。 僕みたいに入行したばかりの行員はそんなに高くないんだね。 ちょっとガッカリ・・・ 友達とざっくばらんに年収の話をしても、 「そんなに変わらないんだね。 」という反応が返ってくることもあります。 若い時は給料がなかなか上がらないうえに、営業ノルマが厳しかったり、人間関係が悪いと我慢できずに辞めてしまう人がどうしても多くなってしまう……それが 銀行の離職率が高い一因なのかもしれません。 トントン拍子に出世と昇給を繰り返していけばいいのですが…中には同じ役職のまま、数年・数十年と過ぎてしまうことも… そうなると、いくら年齢を重ねても給料はほとんど変わりません。 銀行員の出世競争が熾烈をきわめるのも、この辺の給料体系が大きく関わってきています。 当然ですが、支店長の席は多くても支店の数と同数しかありません。 その席をめぐって、何倍もいる銀行員が取り合いをするわけですから、どれだけ大変か想像に難くありません。 銀行員になったからと言って安泰ではなく、それからも努力を積み重ねないと給料があがっていかないというわけです。 ドラマ『半沢直樹』を見ていた人は分かると思うのですが、「片道切符の島流し」という表現が言い得て妙な出向制度。 (もちろん悪い出向ばかりではなく、良い出向もありますよ。 ) 要は小会社・関連会社や取引先の企業などに勤務するのですが、出向すると 「給料は銀行にいたときの〇割カット!」となってしまうのです。 この出向制度、通常は50~55歳で声がかかるのですが、早い人ではなんと40代に対象となる可能性もあります。 そのため…… 銀行で出世する人の特徴• 営業が得意な人。 やはり銀行においてこれが最重要スキルとなります。 頭が切れる人。 頭が良い人はたくさんいますが、その中でも群を抜いて頭の回転が早い人や専門知識がある人は本部でどんどん出世していきます。 内外において コミュニケーション能力が高い人。 これもかなり重要なスキル。 コミュニケーション能力が高く、人脈のある人は課題解決のスピードも段違いです。 ゴマすりが異様に上手い人。 あまり良いことではありませんが、中にはこのスキルが異様に高く出世していく人も。 部下からはあまり良い顔はされません。 他にも特徴はありますが、やはり出世する人は「一芸に秀でている人」が多いような気がします。 確かに尊敬できる先輩は自分だけの得意分野を持ってる人が多い気がする! 早期出世を目指す人は 「自分だけの武器をつくる」ことが重要だとは思いますが、あまり難しく考えすぎなくても良いとも思います。 要は 「自分だけの色(カラー)」を出せる人が強いのだと、個人的には思います。 銀行で自分の能力を認めてもらえなかったら? 銀行は基本的に同期入社が多く目が行き届かないため、全員を正当に評価するのが難しいというのが実情です。 せっかく 『自分だけの魅力』を持っていても、 上司や人事がちゃんと評価してくれないと出世に結びつかないことも多々あります。

次の