いだてん レビュー。 ふりてんつもる(前編)

『てんからどどん (ノベルズ・エクスプレス)』(魚住直子)の感想(11レビュー)

いだてん レビュー

僕は絵がへただから描きたくない。 といつも言っていた息子。 絵をどうしても描かなければいけないとき、いつもつらそうでした。 私は「あいらしい絵で大好きだけどなあ}ていつも言って部屋に飾っていましたが・・・「ぜったいへたやもん。 」という息子 そんな時書店で見つけた絵本。 買い求め、絵をいつも見えるように絵本を置き、よる親子で何度もみました。 この絵本を読んでからすこしづつ かわってきました。 自分の好きな絵に対しては たくさん描くようになりました。 私は描いたそれをつづり貼り絵本にしていきました。 最近 顔はこう 目はこうと 子どもが自由に書ける環境がなくなってきたようにおもいます。 こどもらしい絵がなくなってきたのでは?とおもいます。 私にとって育児に対する心を教えてもらった絵本。 親子で読んでみてほしいです。 絵は人目を気にせず自分の思うままに描くものよと子どもに教えてくれた絵本です。 夫は子どもの頃、絵を描くのが大好きで、暇さえあれば絵を描いていたそうです。 その絵を見た親が何気なく「おまえ、絵がヘタだな」と言い放って行ったのをキッカケに、自ら進んで絵を描くことは二度としなくなったそうです。 今でも、「オレは絵がヘタだから描けない」と描こうとしません。 この絵本に出てくるワシテも絵が描けません。 でも、先生は真っ白な画用紙を見て「早く何かを描くように」とは言いません。 親の何気ない一言が、子どもの心に大きな傷をつくってしまうことっていくらでもあると思います。 その言い方ひとつで、好きな事を苦手にさせてしまうか、逆に苦手だった事を好きにさせてしまうか・・・親の言葉はいくらでも魔法の言葉になるのだと思います。 その事を常に心に留めて、子どもに接していきたいと強く思いました。 「サインして」とひとこと、ちょっぴりワシテの自尊心をくすぐりながら、なんでもない「てん」が自分の「作品」なんだということをきちんと認識させたところが、先生の素敵なところですね。 そして、先生が認めてくれたということがワシテを大きくジャンプアップさせて… きっかけって 実はそこかしこにあふれていて ひたすら出番を待っています。 空気と同量にあるに違いありません。 そしてトンと背中を押されて ことわりなく誰かの前に現れます。 人とより関わりあいを持つということが、多くのきっかけを産み出す。 周囲からの思いもかけない投げかけが、時々、人を変える。 そんなことを、たった1つの始まりの「てん」に込めているのかな 同じ作者の「ちいさなあなたへ」が、とても好きだったので、本屋さんで手に取りました。 私は、小さいときから絵を描くことが好きだったし、絵本を読むことも好きでした。 大きくなると、自分がいちばんうまいんじゃないことに気づきました。 もっとうまい子なんてたくさんいるのです。 それを知ったとき、絶対にかなわないって思ったとき・・・描けなくなりました。 だから、ワシテの気持ち、よく分かります。 上手に描けるかどうか、誉められるかどうか・・・いろいろ考えすぎて、手が動かないのです。 周りの大人の評価や対応で、子どものやる気って簡単にしぼんでしまうのですね。 ワシテの先生は、真っ白なままの画用紙を見て「ふぶきのなかの ほっきょくぐまね」なんて、とてもユニークです。 ワシテは反発して「やめてよ!」なんて言っていますが、 ワシテの描いた「てん」に、先生はサインを求めます。 その「てん」が、額に入れて飾られ、展覧会まで開かれて・・・ ワシテはどんどんやる気になっていきます。 そして、かつてのワシテのような男の子にも、「サインして」と励まします。 先生がしてくれたように。 こうやって、いい連鎖がつながっていくなんて、とてもステキです。 みんながみんな、展覧会を開けるほど評価されるなんてことはないのだろうけど、大事なのはそこじゃないですよね。 自分に自信を持つということ、ありのままの自分を出せばいいのだということ、自分にできる精一杯を出し切ればいいのだということ。 それを教えてくれる絵本だと思います。 私も、子どもができた今は、絵を描くこともなくなり、もっぱら絵を見る側です。 まだ2歳の息子なので、ぐちゃぐちゃと線を引いて「ちょうちょ!」って言っていても、 「上手だね。 天才!」なんて言ってあげれていますが、 ワシテくらい大きくなっても、この先生のように言ってあげられてるだろうか・・・って考えてしまいました。 「大きくなったんだから、このくらい上手に描けるはずだ」なんて期待しすぎてしまわないように、 時折この絵本を読み返して自分を戒めたい、と思いました。 絵を描く時間が終わっても画用紙が真っ白な女の子。 「どうしてかかないの?」「みんなかいてるでしょ」「何でもいいから描きなさい」 といったツマラナイコトを言わない先生がすごく魅力的。 実は私の弟はその口で、毎日の絵日記の絵が苦手で・・・ 真っ白な絵日記に向かって何時間も机で固まったままだたのでした。 (日記は何文字以上で書きなさい、夏休みでもないのに、毎日つけること、などなど、子供がつまらなくなる束縛がいっぱい) こういった体験があるので、この絵本は、本当にわかるわぁ〜という気持ち。 だれだって、自己表現できるならしたいのです。 でも思っているようにかけない、もっと上手く描きたいのに、 そういう気持ちがあるから・・・苦手って思ってしまったりするのでしょうね。 それはすなわち、現状に満足していない限りない思いがあるからこそ、かも知れません。 ワシテも、もっと上手くてんを描こうと色々試しているうちに・・・ 素晴らしい個展(?)を開けるようになるまでに。 幸い絵を描くことが好きな娘は、すごいいっぱいのてんだねぇ。 と目を輝かせていました。 最近絵の具遊びしてないね、またしよう! 大人の(私の)どんな一言で描いてみようと思えるか、描くのがいやになってしまうか、 責任重大だなぁと重い知らされた絵本です。 先生(または親、大人)の一言が、どれだけ子どもの心(可能性、将来)に大きな影響を与えうるかを再認識させられた一冊でした。 子どもの短所やできないことを指摘するよりも、よいところを1つでも多く見つけて、ほめてあげること・・・その大切さは、重々心得ているつもりではいましたが、娘が学校に入学した途端に、その1番大事なことを忘れかけていました。 それは、これまでの親と子の1対1の関係から、先生という第3者が間に入ることによって、他人の目による娘への評価に、自分自身の心が右往左往してしまうことになったからです。 最初の子どもで、しかも自分が小学校時代を過ごしたことのない国での入学・・・本当に戸惑いと驚きの連続でした。 自分自身、親に宿題を手伝ってもらった記憶もありませんし、子どもに対しても、本人のやる気に任せ、その子の興味やペースに合わせて学んでいけばいいと思っていたので、こちらの学校の「親の手助けがすべて」というようなやり方には、ついていけない感がありました。 それでも、「ぐちゃぐちゃ」と書かれれば、娘もがっかりして、傷つきますし、私も親の意地で、評価を上げたいという気持ちがわいてきます。 そうしたら、悲しいでしょ。 」なんて言って、型どおりの書き方(描き方、塗り方)を求めるようになっていきました。 心の中では、「はみ出しちゃったけど、元気いっぱいでいいよね。 」とか、「とってもきれいな色使いだね。 ママ、こんな明るい色、大好きだな。 」って、ほめてあげればいいのに・・・、と思っていてもです。 子どもがもって生まれた良いところを伸ばしてあげるどころか、良い芽をどんどん摘んでしまう言葉ばかり口にしている自分が情けなくなりました。 それから数ヶ月。 でも、それがどれだけの意味があるのだろう?と、今でも考える毎日です。 この絵本を読んで、「こんな素晴らしい先生に出会えたらいいなあ」と思ったのはもちろんですが、現実には、担任の先生は選べません。 学校で、先生が子どもに投げかける一言一言に聞き耳を立てているわけにもいきません。 だからこそ、先生にどんな評価を受けようと、いつでもあるがままの我が子のよさを信じ、それを子どもにも伝えられる親になりたいな、と思いました。 娘は、絵を描くことも、文章を書くことも大好き・・・上手い下手でなく、「大好き」という気持ちを何よりも大切にしてあげたいと願っています。 お絵かきが大嫌いな子どもが先生に催促されて、 しぶしぶ描いたのが小さなひとつの点。 先生がきれいな額縁に入れて飾ってくれたのをみて、 もっといい点が描ける!と色とりどりの点を描いていくお話。 3歳の娘は、自分の方が絵を描くのは上手だよ〜。 と言っていました。 白い紙にいろんな色の点がついていくところも楽しそうでした。 点を描いただけで、絵を飾ってくれた先生がやさしいと思ったようです。 小さい点しか描けない子どもに対して、大きな存在感を出して 見守ってくれた先生がとても素晴らしいと思いました。 子どもの作ったものや気持ちや気に入って持ってるもの、いろいろなものを、大切にしてあげようと思いました。 苦手なことも少しだけやってみると案外苦手じゃなかったりするかもしれないと思いました。 3歳の子どもにはちょうどいい長さの絵本でした。 子どもと一緒に読んだ大人の私にも心に残る絵本でした。

次の

『てんからどどん (ノベルズ・エクスプレス)』(魚住直子)の感想(11レビュー)

いだてん レビュー

久し振りに魚住さん読了。 YAで執筆されていたんですね。 確かにそう言う系統のお話の方ですが、以前読んだ作品は特別YA系のレーベルではなかったので。 気付けばきちんとそう言うカテゴリに分かれていたのか、と。 出版者側の事情? 最初はサスペンスなのかな? と思うようなひやりとした場面から始まったけれど、見た目も性格も環境も全然違う女の子が入れ替わっちゃうSFっぽい感じのお話。 それぞれ、良くも悪くも思春期の悩みと問題を抱えていて別の立場になったことで少しずつ自分自身の欠点に気付き、長所もあるのだと分かっていく過程が良かった。 道徳の教科書的ではあるけれど、見んな違ってそれぞれいいのだというテーマでYAを読む年代の子が気持ちよく読み終えることができたなーと。 魚住直子は、ちょっとダークな味わいの作品も書くので、こういういかにも中学生うけしそうな本でも意外に面白いかもと思ったのだが。 容姿に自信のない女の子がネットに「わたしを殺して」と書き込みするシーンから始まるので、学校に置くような本のわりにちょっと過激なスタート。 勉強はできるが学校では孤立しているイケてない女子と、勉強はできないがクラスのトップグループに属するルックスのいい女子が、雷をきっかけに中身が入れ替わってしまう。 男女が入れ替わるわけではないので、性的なドキドキはなし。 イケテない女子は自分の頑なさに気づき、イケてる女子は自分の軽はずみな言動の罪に気付く。 そして自分の良さを客観的に評価してもらうことで自信も持てるようになる。 ちょっと道徳の教科書みたいだが、そこの書き方は、そんなに悪くない。 しかし、冒頭の「殺してくれ」メッセージの処理がつまらない。 中身はイケてる女子がちょっといじられ気味の男子を好きになるのもリアルじゃない。 あと、決定的にガッカリなのは、結局はみんないい子で、みんな仲良くなれたね!という終わり方。 深刻な悩みはあまりない、読書経験の浅い、というかまあ、そんなに賢くないというか、幼い読者にはこれでいいのかもしれないけどね。 先生も安心の結末。 中学生位の自分がイケてると思ってる女子の残酷さは、世の中を知らないだけに、語彙力がないだけに、かなり怖いところがあるし、子どもだろうが大人だろうが、気の合わない人間は必ずいる。 それを描いた上で、でも、なんとかやっていこう、人生そんなに悪くないって感じに書いた方が、現実に悩みを抱えている子どもは救われるんじゃないかと思うけど。 それに、いくら容姿がいまいちでも、中学生になれば、成績トップクラスは、一目おかれるもの。 地味なルックスなら先生からも信頼されやすい。 逆に成績下位でおしゃれにうつつを抜かし、軽はずみな言動で人をキズつけるような子がいきなりいじめの対象になるってこともあり得る。 この登場人物は友達を「黒豚」とまで呼んでるんだからその可能性は十分にある。 絵が今どきの子どもうけするものだし、挿絵もあるので、日頃あまり読まない子どもでも読みやすい。 でもやっぱりマンガやゲームの方が面白いね、と思われそう。

次の

【ガンプラ】HGBD:R ガンダムGP

いだてん レビュー

NHKの大河ドラマは、昨年の「いだてん〜東京オリムピック噺〜」が終わって早1ヵ月近くが経つ。 昨年末にはその総集編が総合テレビで放送されたのに続き、BSプレミアムでの再放送もこの三が日に終わってしまった。 今年の大河ドラマ「麒麟がくる」は本来ならきょうあたり始まるはずが、色々あって再来週の19日まで待たねばならない。 そんなわけで、どうもまだ「いだてん」を引きずっているという方も結構多いのではないか。 そういう方にはぜひ、市川崑が総監督を務めた記録映画「東京オリンピック」(1965年公開)をおすすめする。 DVDも出ているが、いまではAmazonプライム・ビデオなど各種オンデマンドサービスでも観ることができる。 「いだてん」でも、この映画の制作のために撮られた未使用映像がふんだんに使われ(最終回では開会式の模様など本編の映像も引用されていた)、三谷幸喜が市川に扮しての撮影光景も出てきた。 それにとどまらず、この映画は「いだてん」の物語やテーマ自体にも影響を与えているふしさえある(これについてはあとでくわしく説明したい)。 これはもう「いだてん」第0回ともいっていいのではないか。 以前観たのは、シドニーオリンピックが開催されたころだから、もう20年も前である。 今回あらためて観て、強く記憶に残っていたシーンもあれば、忘れていたところ、また、今回初めて気づいたことも多々あった。 名画というのは、観るたびに新しい発見があるものだが、だとすればこの映画はまぎれもなく名画である。 「東京オリンピック」は、大会公式の記録映画として制作された。 それゆえ、映画の中核になるのは、当然ながら競技の模様である。 たとえば、陸上の女子800メートル決勝では、優勝したイギリスのパッカーという選手がゴールを切ったあと、その先にいた一人の男性に駆け寄って抱きつく。 それは彼女と一緒にオリンピックに出場した婚約者であった。 一方、女子80メートルハードル決勝では、レース直前から選手たちを追う。 なかでも活躍が期待された日本の依田郁子は、口笛を吹いたり側転したりと、余裕のようでもあり、努めて自分を落ち着かせているようにも見え、本番を控えた選手の心情をうかがわせる。 依田の結果は5位と、惜しくもメダルには届かなかった。 実況のアナウンサーの「依田、ダメ」の一言が無情に響く。 開会式が快晴になったことはよく知られるが、それでも会期中には雨や曇天が案外多かったことも、この映画を観るとわかる。 陸上競技では、雨のなか、係員たちが懸命にスポンジでトラックにたまった水を吸い取る光景が見られた。 競歩も雨のなかでのレースとなり、両足が地面から離れてはいけないなどといった厳しいルールもあいまって、あきらかに苛立ったランナーが、ゴールするやテープを手で引きちぎったのが印象深い。 作中では、東京オリンピックの名シーンとしていまだに語り草の、女子バレーボールも当然ながら出てくる。 決勝で日本チームが念願の優勝を決めた瞬間には、歓喜する選手たちの様子とは対照的に、ベンチで一人、呆然としながらも感慨に浸るかのような監督の大松博文のカットが差し挟まれ、そこでかかる不穏な音楽(黛敏郎作曲)とあいまって監督の孤独を感じさせる。 市川崑が後年語ったところによれば、優勝の瞬間、選手が自分たちだけで抱き合ったりするなか、大松がぽつんと一人で立っているのに気づくや、市川はとっさにカメラを覗き、助手に「(フィルムを)まわせ! まわせ!」と怒鳴ったという(市川崑・森遊机『市川崑の映画たち』ワイズ出版)。 マラソンの給水地点を定点観測 私がこの映画でもっとも記憶に残ったのが、女子バレーと並びこの大会のクライマックスとなったマラソンのシーンだ。 そこでは、途中からずっと単独で先頭を走り続けたエチオピアのアベベの姿を追う一方で、折り返し地点(調布市飛田給)近くの給水場にカメラを置いて定点観測のごとく選手たちのさまざまな行動がとらえられた。 アベベらトップランナーらは、現在の選手と同じくドリンクを取るとそのまま走りながら口にするが、当時はまだ必ずしも全選手がそのすべを身に着けていたわけではないのだろう、なかには立ち止まって飲む者もいれば、1杯飲んだだけでは飽き足らず、さらにもう1杯(たぶん別の選手の)ドリンクに手を出す選手もいたりして、じつに面白い。 さらに私の目を惹いたのは、アフリカ諸国から来たと思しき選手のなかには、裸足で走った者が結構いたことだ。 これは単にシューズがなかったからなのか、それとも前回、ローマ大会で裸足で走って優勝したアベベにあやかってのことなのか。 私には後者のような気がするのだが。 ちなみに当のアベベは東京ではちゃんとシューズを履いて出場し、2連覇を果たしている(ローマ大会でもシューズを持参したものの、現地でトレーニング中にすり切れてしまい、代わりのものを探したがどれも合わなかったため、結局、走り慣れた裸足で出場したという経緯があった)。 マラソンの場面では、アベベが復路を経て国立競技場に戻ったあと、新宿駅南口あたりで2位に躍り出た円谷幸吉の姿もきちんととらえている。 このときのテレビ中継ではカメラが1台しかなく、後半はアベベがゴールするまでを延々と映し続けた。 これに対し、記録映画用の撮影車に乗っていたスタッフたちは、アベベを追って競技場まで来たところでラジオの実況で円谷が2位になったと知るや、すぐに新宿南口まで引き返したという。 そのおかげであの瞬間をカメラに収めることができたのだった(野地秩嘉『TOKYOオリンピック物語』小学館eBooks)。 敗者、そして観客にもスポットを当てる 前出の依田郁子にしてもそうだが、この映画では勝者だけでなく敗者にもスポットを当てている。 陸上1万メートルでは最下位のランナーがゴールインするまでが本編に収められた。 マラソンの場面では、途中で歩き出したり、座り込んだり、あるいは救急車で運ばれる選手たちも映し出される。 選手以外に、観客の様子も折に触れてとらえているのも、本作の特色のひとつだ。 100メートル決勝では、ポカンと口を開けながら見ていた老人の顔が一瞬アップで映し出される。 おそらくこの時代の日本人は、テレビでもめったに陸上競技など観たことがなかったはずだ。 ましてや100メートルを10秒近くで走るなんて、現実のものとは思えなかったのではないか。 同じく陸上競技では、ヘジャブをまとったイスラム圏から来たと思しき少女たちが手を叩きながら観戦していたり、ニュージーランドの応援団が興奮のあまりか、スタンドからグラウンド内に入り込み、ラグビーでおなじみのハカダンスを披露し、係員を困惑させる光景も見られた。 9時間もの死闘となった棒高跳びでは、最終的にアメリカとドイツの選手の一騎打ちになり、スタンドでは両国の若者たち(アメリカの応援には少年たちの姿も)が応援合戦を繰り広げた。 自転車のロードレースは東京郊外のいかにも日本的、アジア的な水田地帯にコースが設けられた。 沿道では老人たちがゴザを敷いて見物するなか、一瞬にして自転車が駆け抜ける。 農家には日の丸が掲げられ、その縁側で女の子がやはりレースの様子を観ていた。 その様子がいかにも牧歌的である。 自転車レースにかぎらず、この映画の全編を通して強く印象に残るのは、当時の日本人がオリンピックをまるで学校や地域の運動会のように楽しんでいることだ。 マラソンでは、走るのをやめた選手に、沿道の中学生たちが拍手を送り、ほのぼのとさせられる。 さっきのニュージーランドの応援団がグラウンドに入り込んだ件にしてもそうだが、このころのオリンピックでは、選手と観客のあいだにあまり垣根がなかったのだろう。 選手たちにしても、作中のナレーションや実況アナウンスの紹介では、普段は一介の労働者であることが強調される。 プロの参加が厳しく禁じられ、アマチュアリズムが徹底されていた時代のオリンピックならではといえる。 「いだてん」との共通点とは? そもそも市川崑は、本作を手がけるにあたり、オリンピックをまさに運動会ととらえていた。 当初、記録映画を監督する予定だった黒澤明が降板し、開催年に入って代役に抜擢された市川は、オリンピックについて何も知らなかった。 そこで映画のテーマを探るべく、いろんな人にオリンピックとは何か訊いてまわったものの、思うような答えが得られない。 そこで妻で脚本家の和田夏十とともにあらためて百科事典で調べてみた。 すると、オリンピックは第1次世界大戦、第2次世界大戦と大きな戦争があった年には行なわれていないことがわかった。 ここから市川は次のようにテーマを決めたという。 《破壊が収まって平和になってからも、次の開催まで何年もかかっている。 夏十さんは、これがオリンピックの本質だろう、そして、映画のテーマはこれじゃないかと。 つまり、四年に一度は集まれるように地球のどこか一か所に全部の民族が集まって、楽しく運動会をやろうじゃないか、四年に一度は集まれるように地球をやっていこうじゃないか、という夢の現われなんだということです。 どっかで小ぜりあいはあったとしても、世界に大きな戦争がないことの一つの証しとして、あるいは希望として、オリンピックは行なわれているんだと》(『市川崑の映画たち』) ここで市川が言っていることは、「いだてん」のテーマにも通じるのではないか。 日本初のオリンピック選手・金栗四三が主人公となった「いだてん」の前編の終わりでは、関東大震災直後、避難所となった神宮外苑競技場では運動会が開催され、金栗らオリンピック選手もほかの被災者たちと一緒に競技に興じた。 そこで人々が味わった楽しさこそスポーツの本質ととらえ、そのままオリンピックに持ち込もうとしたのが、金栗であり、ドラマの後編の主人公となった田畑政治であり、そして前後編通して登場した嘉納治五郎であったといえる。 「いだてん」と市川崑の「東京オリンピック」の共通点としてはもう一つ、いずれも東京を描こうとしたことがあげられる。 「東京オリンピック」では冒頭、オリンピック開催に向けて東京のあちこちで破壊と建設が行なわれていたことの象徴として、古い建物が鉄球で取り壊される様子が登場した。 このあと、武道館や代々木体育館など真新しい競技施設が映し出されたあと、東京都心を人々や自動車、都電が行き交う雑踏(銀座四丁目の交差点だという)の風景をバックにタイトルが出る。 市川はそんなふうに東京の街にこだわった理由を、《これは日本でのオリンピックですが、あくまで東京という都市が主役だからです》と説明した(『市川崑の映画たち』)。 「いだてん」もまた、第1回の冒頭、オリンピック開催が決まろうとしていたころ、東京のあちこちで工事が行なわれるなか、ドラマの語り手となる古今亭志ん生を乗せたタクシーが渋滞に巻き込まれれるシーンから始まった(同回はNHKオンデマンドで配信中)。 劇中ではその後、明治末にまでさかのぼり、浅草など東京の風景とその変貌が描かれていくことになった。 ここにはおそらく、映画「東京オリンピック」の影響もあるはずである。 「いだてん」を楽しんだファンには、「東京オリンピック」をそんなふうにドラマと見比べながら観るのも一興かと思う。 なお、市川崑はオリンピック開催40周年を迎えた2004年、「東京オリンピック」のオリジナル版(169分)から計22分間の映像を削って再編集したディレクターズカット版をDVD用に制作している(オリジナル版とあわせて2枚組DVDとしてリリース)。 それというのも、オリジナル版制作当時、映画のなかに全競技から必ず1種目を収録せねばならないという制約から、市川が当初ベストと考えていたボリュームの枠を大幅に超えて、3時間近い長編になってしまったからだ。 その不満を解消するべくつくられたディレクターズカット版は、オリジナル版とくらべるとかなりすっきりとした印象を受ける。 私が年末年始に2回観たのも、オリジナル版とディレクターズ版を見比べるためだった。 後者は今回初めて観たが、五輪初参加のチャドの一選手を軸に描かれた選手村の光景(「いだてん」で後半の主人公・田畑政治が実現をめざしたのはまさにこうした光景であっただろうと思わせる)が丸々カットされていたり、個人的に好きな場面が削られてしまったのがちょっと残念ではある。 本作をいずれのバージョンもまだ観たことがないという方には、ぜひオリジナル版を観たうえで、興味を持たれたらディレクターズ版と見比べていただければと思う。 (近藤正高).

次の