ゆうちょ 銀行 から ゆうちょ 銀行 へ の 振込 手数料。 ゆうちょ銀行(郵便局)から送金や振込の方法や手数料をまとめました

振込手数料を徹底比較!他行宛てでも無料でお金を振り込む方法|@DIME アットダイム

ゆうちょ 銀行 から ゆうちょ 銀行 へ の 振込 手数料

例え自分の名義でも、銀行や支店が違えば自動的に取られてしまう振込手数料。 できるだけ安く済ませたいところだが、銀行や振込方法、宛先など、状況によって細かく料金が分けられ、わかりにくいところが厄介だ。 そこで、この記事では、銀行や状況ごとの振込手数料を比較してみる。 シチュエーション別に変わる振込手数料の比較 振込手数料は、振り込む金額や方法、他行の口座に振り込む場合など、状況によって金額が変わる。 さまざまなシチュエーションの振込手数料を比較してみよう。 他行への振込手数料を比較 同じ銀行同士でやり取りをするより、ほかの銀行への振り込みする時のほうが手数料は高くなるのが一般的だ。 みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行を比較してみると、ATMでカードを使って3万円未満の振り込みをする場合、最も安く他行に振り込めるのはみずほ銀行と三井住友銀行。 その手数料は、どちらも1件あたり216円だ。 振込手数料が比較的高くなる法人口座でも無料で振り込む方法 法人口座は、振込手数料も個人口座よりも高くなる銀行が多い。 ネットバンクであれば、法人口座でも無料で振り込めるところもある。 GMOあおぞらネット銀行やイオン銀行は、同じ銀行への振込手数料はかからない。 振込手数料比較! 窓口でも安い銀行は? 3万円以上の振込を窓口ですると、都市銀行では864円かかる。 3万円未満なら、みずほ銀行と三菱UFJ銀行、三井住友銀行は648円で振り込める。 ネット銀行の振込手数料は比較的安い ネット銀行は、同じ銀行の口座間での振り込みなら手数料がかからないところもある。 他行宛てでも300~400円程度でできるところが多く、都市銀行などと比べても振込手数料は安い。 振込手数料の比較、コンビニATMの場合は? 振り込みはコンビニに設置されているATMでもできるが、手数料は銀行のATMと同じくかかる。 各銀行の定めた手数料の違いはあるが、コンビニによる違いはほぼない。 色々な銀行の振込手数料一覧 ここで、いくつかの都市銀行とネット銀行の振込手数料一覧へのリンクを貼っておく。 細かい違いを比較してみよう。 例えば、ほかの銀行は3万円を境に振込手数料が変化するのに対し、ゆうちょ銀行は5万円から手数料が切り替わる。 このような、ゆうちょ銀行ならではの振り込み手数料の特徴を紹介しよう。 【参考】 振込手数料の比較、ゆうちょ銀行と都市銀行はどっちが高い? ゆうちょ銀行と都市銀行の振込手数料を比較してみると、ほぼ横並びであまり変わりない。 ただし、先述した通りゆうちょ銀行は5万円から手数料が高くなるため、3万円以上5万円未満の金額を振り込む場合には、ゆうちょ銀行がお得といえる。 ATM振込手数料はゆうちょ銀行同士なら無料の場合も ゆうちょ銀行同士での振替は、ATMなら月1回無料。 ゆうちょダイレクトを利用すれば、月5回まで無料でできる。 振込手数料はゆうちょ銀行のコンビニATMを使うとどうなる? ゆうちょのATMが設置されているファミリーマートであれば、ゆうちょ銀行の口座からの振込ができる。 振込手数料は、郵便局に置いてあるATMと変わらない。 振込手数料は、ゆうちょダイレクトを使うと安くなる? ゆうちょダイレクトでの振込は、ゆうちょ同士なら月5回までは無料で、6回目以降は113円となる。 他行宛ての場合は、5万円未満なら216円、5万円以上なら432円だ。 【参考】 振込手数料が安いのはゆうちょ銀行、みずほ銀行どっち? ゆうちょ銀行とみずほ銀行の他行宛て振込手数料を比較してみると、手数料自体はどちらもほぼ変わらない。 ただ、先述の通りゆうちょ銀行は料金の切り替えが5万円からのため、3万円以上5万円未満であれば、ゆうちょ銀行のほうが安く振込できる。 振込手数料は、ゆうちょ銀行のATMを土日に使うと平日より高くなる? ゆうちょ銀行のATMで振込をした場合、土日でも手数料は平日と変わらない。 振込手数料を無料にしたいならゆうちょダイレクトがおすすめ ゆうちょダイレクトは、パソコンやスマホ、電話などから口座の照会や振り込みなどができるサービスだ。 ゆうちょ銀行間なら、月5回までは無料で振り込みできる。 振込手数料がかからない方法は、ネット銀行を使うこと! ネット銀行なら、他行宛てでも条件付きで振込手数料を無料にできるところは多くある。 ソニー銀行と住信SBIネット銀行は、無条件で月1回まで無料で他行へ振り込みできる。 さらに、Visaデビットカードやクレジットカードを作ることで、月3回まで無料となる。 【参考】 振込手数料は1回数百円程度とはいえ、積み重なれば出費も大きくなる。 できるだけ安いところを利用したり、無料で振り込みできるネット銀行を使ったりして、上手に振込手数料を節約してほしい。

次の

料金一覧:振替-ゆうちょ銀行

ゆうちょ 銀行 から ゆうちょ 銀行 へ の 振込 手数料

ゆうちょ銀行の振込手数料 ー 料金(振込手数料)は1件あたりで消費税込。 ゆうちょ銀行のサイトをもとにガイドが作成。 ゆうちょ銀行は、銀行の他、信用金庫、農協などとも相互振込可 ゆうちょ銀行と他の金融機関でお互いに振込ができるようになったのは、全国銀行データ通信システムにつながったからです。 全国銀行データ通信システムには、 都市銀行、地方銀行、信託銀行、第二地銀協加盟銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協など、全国の約1400の金融機関が加盟しています。 つまり、銀行に加えて全国の信用金庫などともお互いに振込ができるようになったということです。 ゆうちょ銀行から他行への振込は、窓口・ATM・ネットから ゆうちょ銀行から他行への振込には現金は使えず、口座のお金を、ゆうちょ銀行や郵便局の窓口(簡易郵便局の窓口では取り扱わず)、ゆうちょ銀行ATM、ゆうちょダイレクトから振り込みます。 ゆうちょ銀行では「送金」という言葉を使うため、ATM画面では「 他行口座への送金」ボタンを押して行います。 ATMでは一日あたりの振込限度額があり原則として50万円までとなっています。 ゆうちょダイレクトを使うには、事前に申し込みが必要です。 パソコンやスマートフォンで振込ができます。 わざわざATMまで足を運ばなくても、自宅のパソコンや、外出先ではスマートフォンで振込できるので便利ですね。 ちなみに、ゆうちょ銀行からは、インターネット専業銀行にも振込ができます。 ネット銀行の場合、通常の銀行口座のように「新宿支店」などの地名がついた支店名がなく、独自の支店名をつけていたりします。 ネット銀行に振り込む際は、あらかじめ店番だけではなく店名を確認しておきましょう。 実はややこしいのが、他の金融機関から、ゆうちょ銀行への振込です。 他行からゆうちょ銀行への振込には、専用の店名と口座番号が必要 他の金融機関からゆうちょ銀行へ振り込む際、注意点があります。 それは、ゆうちょ銀行の記号・番号では振り込まれないことです。 一般の銀行とゆうちょ銀行では、口座番号の桁数などが違うため、振込専用の店名や口座番号を使う必要があるのです。 ゆうちょダイレクトを使えば、わざわざ窓口やATMまで足を運ばなくても振込ができる ゆうちょ銀行の口座に振り込む際には、振込専用の店名・口座番号であることを確認しましょう。 自分のゆうちょ銀行の口座に振り込んでもらうこともあるでしょう。 振込専用の店名・口座番号をご存知でしょうか? 最近ゆうちょ銀行に口座を作った人や、新しい通帳に繰り越した人は、振込用の店名や口座番号が通帳に記載されているはずですから、確認しましょう。 しかし、かなり前に口座を作った人は通帳に記載されていないと思われるので、次の方法で確認してください。 ゆうちょ銀行・郵便局の貯金窓口で通帳に記載してもらう• ゆうちょ振込お問合せセンター0120-253811に電話して確認する• ゆうちょ銀行サイト内にある「」のページで記号・番号を入力して確認する ゆうちょ銀行には民営化前から支店はありませんでした。 どこの郵便局でも口座を作ることができ、一度作った口座でどこの郵便局でも出し入れや解約ができるのが郵便貯金の特徴でした。 民営化後も、この仕組みは変わっていません。 ゆうちょ銀行になった後も残る、他の銀行との大きな違いです。 ところが、全国銀行データ通信システムに接続しての振込には支店名が必要であるため、記号・番号をもとに、振込専用の店名・口座番号が設定されました。 店名は、例えば「〇〇八」などで、「ゼロゼロハチ」と読み、銀行ATMで振り込む際は、店名の最初の1文字は「セ」を選択します。 ゆうちょ銀行に口座を持っているなら、振り込んでもらう予定がすぐにはなくても、一度ゆうちょ銀行の窓口に行って、通帳に、振込用の口座番号を記載してもらっておくことをおすすめします。 ゆうちょ銀行の口座に振り込む、あるいは振り込んでもらう際に、特に注意したいのは、店名、口座番号のふたつ。 振込手数料は、振込を行う金融機関により異なります。 【関連記事】•

次の

ゆうちょ銀行の振込み手数料は他行もゆうちょ同士も有料? ATMと窓口で違うの?

ゆうちょ 銀行 から ゆうちょ 銀行 へ の 振込 手数料

三菱東京UFJ銀行ATMから現金で振込をゆうちょ銀行口座にできます 三菱東京UFJ銀行ATMから現金で振込をゆうちょ銀行口座にできます• 三菱東京UFJ銀行ATMから他の銀行等日本国内の金融機関に振込をする方法の案内です。 三菱東京UFJ銀行ATMから振り込みする場合、銀行口座の預かり金を利用せずATMに現金を直接入れて 銀行に振り込みすることが可能です。 ここでは一例として、三菱東京UFJ銀行ATMからゆうちょ銀行宛に振り込みする流れを紹介します。 「三和銀行」「三菱銀行」「UFJ銀行」「東京三菱銀行」は過去に実在しましたが、「USJ銀行」や「三菱東京USJ銀行」や 「東京三菱UFJ銀行」はありません。 振込手数料のみかかります。 振込の場合は振込手数料がかかります 3.親族から頼まれた振込などの詐欺の可能性がないか確認します。 詐欺なら「振込操作を中止する」を押します 4.「キャッシュカード」か「現金」なのか確認されます。 「現金」を押します 5.トラブル時に、銀行が連絡するので「連絡の付く電話番号」を押します 6.入金不能時に手続きに必要な「ご利用者番号」4桁を入力し「確認」を押します 7.振込先の指定方法は、銀行から指定するので「振込先指定」を選びます 8.相手に通知される振込を行う人(ご依頼人)の「名前」カタカナで入れ「確認」を押します 9.「金融機関」を選択しますので「ゆうちょ」銀行を選択します 10.「支店名」の先頭文字を押します。 通帳のある口座は「普通預金」または「貯蓄預金」になります 13.お振り込み先の最大7桁の「口座番号」を押します 14.相手の口座に入れて欲しい振り込みしたい「振込金額」を押して「円」を押します 15.15時を過ぎると相手側資金反映は翌営業日になることを告知されます。 振込の場合は振込手数料がかかります 3.親族から頼まれた振込などの詐欺の可能性がないか確認します。 詐欺なら「振込操作を中止する」を押します 4.「キャッシュカード」か「現金」なのか確認されます。 「現金」を押します 5.トラブル時に、銀行が連絡するので「連絡の付く電話番号」を押します 6.入金不能時に手続きに必要な「ご利用者番号」4桁を入力し「確認」を押します 7.振込先の指定方法は、銀行から指定するので「振込先指定」を選びます 8.相手に通知される振込を行う人(ご依頼人)の「名前」カタカナで入れ「確認」を押します 9.「金融機関」を選択しますので「ゆうちょ」銀行を選択します 10.「支店名」の先頭文字を押します。 通帳のある口座は「普通預金」または「貯蓄預金」になります 13.お振り込み先の最大7桁の「口座番号」を押します 14.相手の口座に入れて欲しい振り込みしたい「振込金額」を押して「円」を押します 15.15時を過ぎると相手側資金反映は翌営業日になることを告知されます。 確認を押します 16.今までの入力した内容と相手の名義と振込手数料が表示されますので「確認」を押します 17.振込先を登録するか聞かれますので「登録しない」を押します 18.お振り込みしたい金額と手数料額の合計と硬貨と紙幣を使うのか確認します 19.お振り込みしたい金額と手数料額の合計を確認します 20.左側の縦穴に「硬貨」を入れます 21.右側の横穴に「紙幣」を入れます 22.確認を押し、明細とお釣りが出て終了します [PR] 0057610.

次の