来る 者 は 拒 まず。 来る者拒まず

去る者は追わず来るものは拒まず

来る 者 は 拒 まず

「私、自分から 殿方に いけないんです」 この言葉、あなたも聞いたことないですか? もしくは、自分で発していませんか?? 自分からいけない、とは、自分から殿方を デートに誘ったり、好きと気持ちを伝えることが 出来ないことを指しているらしい。 らしい・・・というのは、自分にはない感覚なので 想像するしかない。 それは、理解している。 が、しかし、それは言い換えれば、殿方が自分の方へ 来てくれない限り、永遠に一人で待ち続けることにつながると思う。 そして、殿方にだって、タイプ 好み があり、 自分から声をかけたり誘ったりする淑女を 選ぶ権利はあるわけで。 そして、「自分からはいけない」と言っている うちに月日は無情にも流れていくのです。 自分からいけない理由ってなんだろう? プライド? ポリシー? 過去の経験から、待っているだけでも お声がかかっていたから? でも、今現在はどうなのかしら? あなた、最近殿方からお声かかっていますか? 以前に友人が、 「自分からは、良いな、と思ってもいけない。 かといって相手から来てくれても、 自分の気持ちがそこまで好きじゃないと 出掛けたくない」 と言っていたのを聞いて、ふーんと何気なく聞き流していたけれど。 まさに、来る者拒み、去る者追わず。 どこにも行けないよね? 黙って微笑んでいるだけでお声をかけてもらっていた 若き日の栄光は脇に置いておいて。 ちょっとだけ、勇気を出して、いろんな殿方に お声をかけてみようよ。 もちろん、手当り次第ではなく、自分が良いなと 思った殿方にね。 きっと声かけることの出来ない人の心理って 「誘ったら、私が好きって思われる」 「こんな人に勘違いされるのって・・・」 的な、結構ゴウマンな考えがあるから なんだよね。 ま、その意味不明なプライドがあるからこそ あなたも私もシングルガールズなのでしょう、おそらく。 にゃははは。 大丈夫、殿方だって、そこそこ経験積んで 来ているんだから・・・あなたが食事に お誘いしたくらいで、そうそう簡単に 「お、おれに惚れてるな」だなんて結論を 導き出さないよ。 と、言うことで、次回飲み会参加したら、 殿方に気軽にお声をかけてみましょう。 「結婚」をゴールに設定するには かなりの長期計画とモチベーションが 必要ですが、「映画」「食事」くらいの ゴールならば意外とハードル低いでしょ。 あなたの良さは、飲み会一回だけじゃあ 分からないんだから。 来る者拒み、去る者を指を くわえて見送っていたら、本当にあっという間に おばあちゃんになっちゃうよ。 で、老人ホームでも 「殿方が来るのを待つ」つもり?? Tamago1009.

次の

「去る者は追わず、来る者は拒まず。」

来る 者 は 拒 まず

これまでの私は、 「来る者を拒まず、去る者を追わず」 という生き方をしてきました。 人見知りな性格と、弱い心を隠すための、自分なりの生き方でした。 私が自分について「人見知り」「弱い心」というと、そんなはずないと おっしゃる方もいますが、本当の私を見せる強さがないから、普段は頑張っているだけです。 友達は少ないほうがいい。 その少ない友達を心から愛そう! そう考えています。 そんな私も37になりました。 友人を見ていると、立派に社会に溶け込み、胸を張って生きています。 私だけ、隠居生活のようなひっそりとした生き方をしていて良いものかと悩み始めています。 「来る者」は当然拒みませんが、「去る者」を本当に追わなくてもいいのだろうかと悩んでいます。 俺なんか大した男じゃないけれど、でも、本当に去ってしまっていいのかい? 俺をもう少し利用してみたらいいんじゃないか?君のために俺ができることもう少しあるぜ! 商売柄、そう思うことがあるのです。 これが、女性(恋愛)に関してのことであれば、そりゃ去る者を追いません。 ストーカーになる気はありませんし、そんな強い心もありません。 しかし、善悪の判断を簡単に行ったり、簡単にあきらめたり、簡単に逃げていく者に対して、 私は強く言いたいのです。 「もう少しここにいろ」 と。 私は高校時代野球部に所属していました。 わかりやすく例えるならば、そこは軍隊のような所でした。 ただ、私は監督が好きで、仲間が好きで、野球が好きでした。 だから、何とか続けることができました。 しかし、やはりその辛さに耐えきれず、逃げ出そうと思う仲間もいました。 毎日のように浴びせられる監督の怒声 「お前なんか辞めちまえ!」 私たちを鼓舞する言葉で、本気の言葉ではないと誰もがわかっている。 しかし、本当に辞めようとする者に監督はなんと声をかけるのだろう。 普段「お前なんか辞めちまえ」と言っている手前、退部届を持って職員室に来る生徒に対し、 監督はなんと言うのだろう。 「あれは冗談だ」なんて言えば、今後の威厳が無くなる。 「わかった」などと簡単に認めるような冷たい監督ではない。 私は、私のもとから去っていこうとする者をみると、監督のことを思い出します。 おわり.

次の

「去る者は追わず、来る者は拒まず。」

来る 者 は 拒 まず

第一章 往 ゆく 者 ものは 追 おわず、 来 くる 者 ものは 拒 こばまず ー往者不追、来者不拒ー 孟子 尽心章句下 { 孟子 もうし:七編。 戦国中期の儒家 孟軻 もうかの言行や学説を編集したもの。 性善説や王道論は有名。 四書の一つ。 ) {原文} 往者不追、 来者不拒。 {書き下し文} 往 ゆく者は追わず、 来 きたる者は 拒 こばまず。 {意解} ふつうは「去る者は追わず、来る者は拒まず」と慣用され、 去っていく者は後を追わない、 来る者は誰でも拒まずに受け入れる。 こだわりのない人間関係を示したことばである。 布教に於いての心構えだったのだろう。 孟子のこのような境地に達することができれば 人生も味わい深い色をおびてくるのかもしれない。 現在の社会に於いても、私生活に於いても 初めに選択する事から始まることが多いように思う。 ここで孟子の心の広さを語っているが ただ「往く者は追わず、来る者は拒まず」のニュアンスに 人の情をあまり感じないのは 私の未熟さのせいかも。 *参考資料:「中国古典一日一言」守屋洋 著 をもとに、 自分なりに追記や解釈して掲載しています。 私たちは、日々、何をするにしても 大なり小なり、決断(選択)をしている その折々に思い出し、 より善い選択(決断)ができるように 貴方も私も 在りたいですね。 検索:• 人気記事一覧• 0 件のコメント カテゴリ:• 54 件のコメント カテゴリ:• 3 件のコメント カテゴリ:• 0 件のコメント カテゴリ:• 0 件のコメント カテゴリ:• 0 件のコメント カテゴリ:• 1 件のコメント カテゴリ:• 0 件のコメント カテゴリ:• 0 件のコメント カテゴリ:• 0 件のコメント カテゴリ:• カテゴリー• 最近の投稿• 最近のコメント• に より• に より• に Situs Dominoqq Terbaik より• に より• に より• に より• に より• に より• に より• に より.

次の