ヤングキング。 ヤングキングとは

まんが王国 『ヤングキング 2020年14号』 ヤングキング編集部 無料で漫画(コミック)を試し読み[巻]

ヤングキング

窃盗団を処理した「世名汚死」は… 桜内は三人に、一人200万やる、と言うが、富水 とみず、モヒカンの男 は、金の為ではなく國松たちの理念に共感してやっている、と受け取りを拒否する。 桜内は、これは報酬ではなく気持ちだ、と渡す。 國松は「いいねーあの三人」と評価する。 桜内が今後どうするのか聞くと國松は、出る杭は打たれるというが「杭を打っている時そいつは後ろが見えていない」と言う。 居酒屋で飲む「世名汚死」三人。 富水は早乙女に金を渡す。 早乙女には借金があり、実家が差し押さえになりそうという状況らしい。 早乙女は貰えない、と言う。 理由は ニュースで事件の事を観て子供を含めて家族全員殺された、ということから。 カモメ古書店に桜内が訪問。 「久しぶりだなたけちゃん」と言うとカモは「あっくん」と答えた。 二人で話す。 桜内は、新しいビジネスモデルを開拓しているある人の所で世話になっている、と語る。 カモは桜内に、勉強はさっぱりだったが知恵はある、と評価する。 桜内はカモの妻と子の写真を見て、「この街でもう二度とあんな事件は起こさせねえ」と語る。 金はいらないと言い、早乙女の借金を助けようとする。 早乙女も、初登場から屑な言動はない男でしたが、被害者の人にあんなに感情移入するなんて。 國松が気に入るのもわかります。 ですがそれよりも何よりも、なんと!桜内とカモが知り合い、いや友人だったとは! これは驚きましたよ! そして富水が言っていた「理念」ですが、桜内はカモこ妻子の事件を悔やんでいます。 そしてあのような事件を起こさせないと言っています。 つまり、カモと同じきっかけなんですね。 これでカモと國松がついに交錯しましたね。 ただ、これで仲間になるとか、共闘とかってなるかどうかはわかりません。 桜内は國松の名前を伏せているし、カモは「俺だけでやる」と言いそう、というか復讐屋の事は言わないだろうし。 お互い知らないで対立していた、って展開になりそうですね。 それでドキドキするという…さすが渡邉先生! 渡邊ダイスケ先生ツイッター この人の髭を描くのが意外と大変。 園田の髪ほどではないけど。 — 渡邊ダイスケ「外道の歌」連載中 daisukoi.

次の

【最新刊】ヤングキング 2020年15号

ヤングキング

概要 [編集 ] 『少年KING』の事実上の後継誌にあたるが、読者層を高校生以上としており、かつての『』『』『』といったを主人公とした・を掲載作の中心としていることが特徴である。 1990年代以降『』シリーズを筆頭に、『』・『』・『』など、やを含んだ作品が台頭し、ヤンキー漫画と二極化。 やなどといった両極端に属さない作品(『』『』『』『』『』など)も読切含め少なからず掲載され、掲載作のジャンルを多様化させていった。 しかし2011年に、ヤンキー漫画・暴走族漫画以外のジャンルは『』『』および『』へ移管され、本誌ではなど裏社会を舞台としたものやといった、『』()などと似通った作風の作品も扱うようになった。 他の青年誌同様、ページも掲載している。 かつてはがセンターカラー4ページだけになるなど、掲載作のジャンルが多様化していた前後は掲載されない時期もあった が、2017年現在は原則として毎号掲載されている。 派生誌として、創刊の月刊誌『』と、『』(に『月刊ヤングキング』として創刊、に現行誌名に変更)、『ヤングキングBULL』(2018年8月 - )がある。 また、増刊誌として『ヤングキングBLACK』(2018年3月 - )、『ヤングキング増刊エトランゼ』(1990年代に刊行)、『』(創刊、休刊 )や『』(2009年に本誌で『Rail Star Storys』(井上いちろう)をテスト掲載)がある。 また、『WEBヤングキング』 と銘打って、漫画ウェブサイト『ソク読み』 上でウェブオリジナル連載を行っている。 ヤングキングコミックス [編集 ] この節のが望まれています。 ( 2015年4月) ヤングキングコミックス(YKコミックス)は『ヤングキング』に掲載された作品を主に収録する。 本誌『ヤングキング』の他、『ヤングキングアワーズ』および『月刊ヤングキングアワーズGH』などの姉妹誌とも共用の総合レーベルである。 また、少年画報社の『』も以降は同レーベルから刊行されている(2013年までは専用レーベル「ヤングコミック コミックス(YCコミックス)」より刊行 )。 そのほかに、レーベルとして「ヤンクキングコミックスベスト(YKベスト)」があり、YKコミックス同様にヤングキング系各誌の掲載作品を再録して刊行される(他誌他社の作品が収録される場合もある )。 作品一覧 [編集 ] 連載中の作品 [編集 ]• 鬼門街 KARMA(永田晃一)• CRAZY BLOOD LINE NOW()• さよならブラック企業(外本ケンセイ、監修:小澤亜季子)• 瀬尾と北中(原作:、漫画:河尻みつる)• トーキョーカモフラージュアワー(松本千秋)• ドンケツ 第2章(たーし)• Beach Journey(中馬孝博)• 僕とドールと放浪少女(小夏ゆーた)• (原作:、漫画:)• やんちゃギャルの安城さん(加藤雄一)• やんちゃギャルの安城さんたち〜高1編〜(原作:加藤雄一、漫画:すおしろ)• ワンナイト・モーニング(奥山ケニチ) 月1連載 [編集 ]• 安城さんの学校の保健室の小牧先生(原作:加藤雄一、漫画:綾杉つばき)• せふれ()• (原作:、作画:永田諒)• 夜鷹、廻る(八汐ごよう) 休載作品 [編集 ]• スフェリコン() 連載終了作品 [編集 ] 「あ」行 [編集 ]• ART GANGSTA(齊藤真聖)• 愛DON'T恋()• アキラNo. A・NI・KI()• あひる(、原作:)• アブラ・マンダラ()• いいなり!女体操作スマートフォン()• 雷神 いかづち()• 一休()• WE NEED KISS()• 上をむいて歩こう()• うなぎ鬼(作画:、原作:)• 恨まれ屋(、監修:)• おかみの星! (吉野ケイイチ)• 男を見せます(才美新介)• 鬼のヒデトラ()• 親さがし捨吉!! 女のコがHなマンガ描いちゃダメですか? 怪談()• 怪盗レシピ()• カテゴリ・テリトリ()• ギジポコ()• 鬼門街(永田晃一)• 銀色のジェンダーズ(友野ヒロ)• 喰フ女()• くの一だ! (綾坂みつね)• 黒医者のデザート(外本ケンセイ• 黒幕お姉さん()• 婚渇女子()• 紺碧のプリズナー() 「さ」行 [編集 ]• 左様なら今晩は(山本中学)• マネー! 幸せレストラン()• GCU()• 疾風・虹丸組()• シマウマ()• 昇龍街道(平間広行)• シルベスター()• 真犯人!! 数学と文系ちゃん 〜役に立つ数学のススメ〜(タテノカズヒロ)• スクラッチタイム()• (作画:、原作:)• ステゴロ(原作:、漫画:)• (有村しのぶ)• すぽこす! 先生は悪女? (綾坂みつね)• それいけ!! ぼくらの団長ちゃん()• (原作:、漫画:) 「た」行 [編集 ]• 魂鋼()• たもっさん()• 戯けてルネサンス(山本中学)• ちあ〜ず! チェリオ! (有村しのぶ)• チカ><チカ()• チキンデイズ(吉野ケイイチ)• チャージャー500()• 中卒ヒロシ()• ツキカゲ()• DEBIL()• (、原作:青木健生)• 天使のらくがき(中村みずも)• DOLLY'S PARTY(山本和生)• ナイーヴ(志水三喜郎)• 殴り屋()• ナデシコ平九郎()• 日暮里とんぼ連()• 熱風・虹丸組()• 逃がし屋グリズリーズ(民谷剛) 「は」行 [編集 ]• はなさか! 花園トライ()• パフォーマンス岩次郎()• BALANCE()• 姫剣()• びんびんeyes()• V2パンツァー()• ふくろう(原作:神津しおん、漫画:木村僚佑)• 藤崎工業の女たち(新田小雪)• フット・ギア()• ブラザー()• BLOOD -真剣師 将人-(落合祐介)• フラワー(明石英之)• プリティ・マニア()• BLUE CITY()• プロ彼女(綾坂みつね)• Hey! リキ(漫画:永田晃一、原案:)• ベロニカ(加納康雄)• HOPS(有村しのぶ)• () 「ま」行 [編集 ]• マサイ()• まる(ビリー松本)• 身から出た鯖()• 巫女っす! 南篠崎探偵事務所()• (、監修・)• めいわく荘の人々()• 妄想と現実の間で。 Mon! () 「や・ら・わ」行 [編集 ]• 〜江戸火華始末記〜()• 妖怪仕置人()• 義経ちゃん剣風帖()• ラセンバナ 〜螺旋花〜()• ラブ・スタ()• レンタルBOY()• アームドアーム()• わがままなオリーブ(有村しのぶ) 発行部数 [編集 ] この節のが望まれています。 主に: 2016年〜2017年の推定発行部数 ( 2019年4月)• 2011年(2010年10月1日 - 2011年9月30日) - 200,000部(公称部数)• 2012年(2011年10月1日 - 2012年9月30日) - 200,000部(公称部数)• 2013年(2012年10月1日 - 2013年9月30日) - 200,000部(公称部数)• 2014年(2013年10月1日 - 2014年9月30日) - 200,000部(公称部数) 以下の部数は発行の「出版指標 年報」掲載の推定値であり、公称値とは性質が異なる。 推定発行部数(全国出版協会) 部数 出典 (平成4年) 17万部 1993年版 出版指標年報 (平成5年) 22万部 1994年版 出版指標年報 (平成6年) 25万部 1995年版 出版指標年報 (平成7年) 26万部 1996年版 出版指標年報 (平成8年) 31万部 1997年版 出版指標年報 (平成9年) 31万部 1998年版 出版指標年報 (平成10年) 31万部 1999年版 出版指標年報 (平成11年) 33万部 2000年版 出版指標年報 (平成12年) 33万部 2001年版 出版指標年報 (平成15年) 30万部 2004年版 出版指標年報 ISBN 4-9901618-1-5 (平成17年) 19万部 2006年版 出版指標年報 ISBN 4-9901618-3-1 (平成18年) 16万部 2007年版 出版指標年報 ISBN 978-4-9901618-4-2 (平成19年) 13万部 2008年版 出版指標年報 ISBN 978-4-9901618-5-9 (平成20年) 12万部 2009年版 出版指標年報 ISBN 978-4-9901618-6-6 (平成21年) 10万部 2010年版 出版指標年報 ISBN 978-4-9901618-7-3 (平成22年) 9万部 2011年版 出版指標年報 ISBN 978-4-9901618-8-0 (平成23年) 10万部 2012年版 出版指標年報 ISBN 978-4-9901618-9-7 (平成24年) 13万部 2013年版 出版指標年報 ISBN 978-4-915084-00-3 (平成25年) 15万部 2015年版 出版指標年報 ISBN 978-4-915084-02-7 (平成26年) 12万部 2015年版 出版指標年報 ISBN 978-4-915084-02-7 (平成27年) 11万部 2016年版 出版指標年報 ISBN 978-4-915084-03-4 脚注 [編集 ] [] 注釈 [編集 ]• 2013年前半頃までは雑誌表紙についても掲載作品のカラーイラストが採用されていた(2013年16号でカバーグラビアが再登場し、1号置いて同年18号よりカバーグラビアを再開)。 2014年17号までの約一年間はが継続されたが、同年18号より連載再開した『KIPPO』がカバーイラストを飾って以来、2015年3号までの約半年弱にわたってグラビア表紙は途絶えている。 他方、同時期のアワーズ掲載作品であっても、『』などをはじめ通常のYKコミックス表記の奥付となっている作品も少なくない。 なお、『月刊ヤングキングアワーズGH』掲載作品に関しては、旧称が「月刊ヤングキング」だった事もあり、アワーズコミックスの使用は無い模様。 『ヤングコミック』掲載作品でも、『ヤングキング』より移籍の『パピィラバーズ』、『月刊ヤングキング』より移籍の『ハッピーネガティブマリッジ』などは、継続して「ヤングキングコミックス」より刊行されているため、この限りに非ず。 『ヤングキング』本誌で『ドンケツ』を連載中のたーしの過去作品『』(『』掲載)などがYKベストとして刊行されている。 出典 [編集 ].

次の

まんが王国 『ヤングキングBULL 2020年4月号』 ヤングキングBULL編集部 無料で漫画(コミック)を試し読み[巻]

ヤングキング

概要 [編集 ] 『少年KING』の事実上の後継誌にあたるが、読者層を高校生以上としており、かつての『』『』『』といったを主人公とした・を掲載作の中心としていることが特徴である。 1990年代以降『』シリーズを筆頭に、『』・『』・『』など、やを含んだ作品が台頭し、ヤンキー漫画と二極化。 やなどといった両極端に属さない作品(『』『』『』『』『』など)も読切含め少なからず掲載され、掲載作のジャンルを多様化させていった。 しかし2011年に、ヤンキー漫画・暴走族漫画以外のジャンルは『』『』および『』へ移管され、本誌ではなど裏社会を舞台としたものやといった、『』()などと似通った作風の作品も扱うようになった。 他の青年誌同様、ページも掲載している。 かつてはがセンターカラー4ページだけになるなど、掲載作のジャンルが多様化していた前後は掲載されない時期もあった が、2017年現在は原則として毎号掲載されている。 派生誌として、創刊の月刊誌『』と、『』(に『月刊ヤングキング』として創刊、に現行誌名に変更)、『ヤングキングBULL』(2018年8月 - )がある。 また、増刊誌として『ヤングキングBLACK』(2018年3月 - )、『ヤングキング増刊エトランゼ』(1990年代に刊行)、『』(創刊、休刊 )や『』(2009年に本誌で『Rail Star Storys』(井上いちろう)をテスト掲載)がある。 また、『WEBヤングキング』 と銘打って、漫画ウェブサイト『ソク読み』 上でウェブオリジナル連載を行っている。 ヤングキングコミックス [編集 ] この節のが望まれています。 ( 2015年4月) ヤングキングコミックス(YKコミックス)は『ヤングキング』に掲載された作品を主に収録する。 本誌『ヤングキング』の他、『ヤングキングアワーズ』および『月刊ヤングキングアワーズGH』などの姉妹誌とも共用の総合レーベルである。 また、少年画報社の『』も以降は同レーベルから刊行されている(2013年までは専用レーベル「ヤングコミック コミックス(YCコミックス)」より刊行 )。 そのほかに、レーベルとして「ヤンクキングコミックスベスト(YKベスト)」があり、YKコミックス同様にヤングキング系各誌の掲載作品を再録して刊行される(他誌他社の作品が収録される場合もある )。 作品一覧 [編集 ] 連載中の作品 [編集 ]• 鬼門街 KARMA(永田晃一)• CRAZY BLOOD LINE NOW()• さよならブラック企業(外本ケンセイ、監修:小澤亜季子)• 瀬尾と北中(原作:、漫画:河尻みつる)• トーキョーカモフラージュアワー(松本千秋)• ドンケツ 第2章(たーし)• Beach Journey(中馬孝博)• 僕とドールと放浪少女(小夏ゆーた)• (原作:、漫画:)• やんちゃギャルの安城さん(加藤雄一)• やんちゃギャルの安城さんたち〜高1編〜(原作:加藤雄一、漫画:すおしろ)• ワンナイト・モーニング(奥山ケニチ) 月1連載 [編集 ]• 安城さんの学校の保健室の小牧先生(原作:加藤雄一、漫画:綾杉つばき)• せふれ()• (原作:、作画:永田諒)• 夜鷹、廻る(八汐ごよう) 休載作品 [編集 ]• スフェリコン() 連載終了作品 [編集 ] 「あ」行 [編集 ]• ART GANGSTA(齊藤真聖)• 愛DON'T恋()• アキラNo. A・NI・KI()• あひる(、原作:)• アブラ・マンダラ()• いいなり!女体操作スマートフォン()• 雷神 いかづち()• 一休()• WE NEED KISS()• 上をむいて歩こう()• うなぎ鬼(作画:、原作:)• 恨まれ屋(、監修:)• おかみの星! (吉野ケイイチ)• 男を見せます(才美新介)• 鬼のヒデトラ()• 親さがし捨吉!! 女のコがHなマンガ描いちゃダメですか? 怪談()• 怪盗レシピ()• カテゴリ・テリトリ()• ギジポコ()• 鬼門街(永田晃一)• 銀色のジェンダーズ(友野ヒロ)• 喰フ女()• くの一だ! (綾坂みつね)• 黒医者のデザート(外本ケンセイ• 黒幕お姉さん()• 婚渇女子()• 紺碧のプリズナー() 「さ」行 [編集 ]• 左様なら今晩は(山本中学)• マネー! 幸せレストラン()• GCU()• 疾風・虹丸組()• シマウマ()• 昇龍街道(平間広行)• シルベスター()• 真犯人!! 数学と文系ちゃん 〜役に立つ数学のススメ〜(タテノカズヒロ)• スクラッチタイム()• (作画:、原作:)• ステゴロ(原作:、漫画:)• (有村しのぶ)• すぽこす! 先生は悪女? (綾坂みつね)• それいけ!! ぼくらの団長ちゃん()• (原作:、漫画:) 「た」行 [編集 ]• 魂鋼()• たもっさん()• 戯けてルネサンス(山本中学)• ちあ〜ず! チェリオ! (有村しのぶ)• チカ><チカ()• チキンデイズ(吉野ケイイチ)• チャージャー500()• 中卒ヒロシ()• ツキカゲ()• DEBIL()• (、原作:青木健生)• 天使のらくがき(中村みずも)• DOLLY'S PARTY(山本和生)• ナイーヴ(志水三喜郎)• 殴り屋()• ナデシコ平九郎()• 日暮里とんぼ連()• 熱風・虹丸組()• 逃がし屋グリズリーズ(民谷剛) 「は」行 [編集 ]• はなさか! 花園トライ()• パフォーマンス岩次郎()• BALANCE()• 姫剣()• びんびんeyes()• V2パンツァー()• ふくろう(原作:神津しおん、漫画:木村僚佑)• 藤崎工業の女たち(新田小雪)• フット・ギア()• ブラザー()• BLOOD -真剣師 将人-(落合祐介)• フラワー(明石英之)• プリティ・マニア()• BLUE CITY()• プロ彼女(綾坂みつね)• Hey! リキ(漫画:永田晃一、原案:)• ベロニカ(加納康雄)• HOPS(有村しのぶ)• () 「ま」行 [編集 ]• マサイ()• まる(ビリー松本)• 身から出た鯖()• 巫女っす! 南篠崎探偵事務所()• (、監修・)• めいわく荘の人々()• 妄想と現実の間で。 Mon! () 「や・ら・わ」行 [編集 ]• 〜江戸火華始末記〜()• 妖怪仕置人()• 義経ちゃん剣風帖()• ラセンバナ 〜螺旋花〜()• ラブ・スタ()• レンタルBOY()• アームドアーム()• わがままなオリーブ(有村しのぶ) 発行部数 [編集 ] この節のが望まれています。 主に: 2016年〜2017年の推定発行部数 ( 2019年4月)• 2011年(2010年10月1日 - 2011年9月30日) - 200,000部(公称部数)• 2012年(2011年10月1日 - 2012年9月30日) - 200,000部(公称部数)• 2013年(2012年10月1日 - 2013年9月30日) - 200,000部(公称部数)• 2014年(2013年10月1日 - 2014年9月30日) - 200,000部(公称部数) 以下の部数は発行の「出版指標 年報」掲載の推定値であり、公称値とは性質が異なる。 推定発行部数(全国出版協会) 部数 出典 (平成4年) 17万部 1993年版 出版指標年報 (平成5年) 22万部 1994年版 出版指標年報 (平成6年) 25万部 1995年版 出版指標年報 (平成7年) 26万部 1996年版 出版指標年報 (平成8年) 31万部 1997年版 出版指標年報 (平成9年) 31万部 1998年版 出版指標年報 (平成10年) 31万部 1999年版 出版指標年報 (平成11年) 33万部 2000年版 出版指標年報 (平成12年) 33万部 2001年版 出版指標年報 (平成15年) 30万部 2004年版 出版指標年報 ISBN 4-9901618-1-5 (平成17年) 19万部 2006年版 出版指標年報 ISBN 4-9901618-3-1 (平成18年) 16万部 2007年版 出版指標年報 ISBN 978-4-9901618-4-2 (平成19年) 13万部 2008年版 出版指標年報 ISBN 978-4-9901618-5-9 (平成20年) 12万部 2009年版 出版指標年報 ISBN 978-4-9901618-6-6 (平成21年) 10万部 2010年版 出版指標年報 ISBN 978-4-9901618-7-3 (平成22年) 9万部 2011年版 出版指標年報 ISBN 978-4-9901618-8-0 (平成23年) 10万部 2012年版 出版指標年報 ISBN 978-4-9901618-9-7 (平成24年) 13万部 2013年版 出版指標年報 ISBN 978-4-915084-00-3 (平成25年) 15万部 2015年版 出版指標年報 ISBN 978-4-915084-02-7 (平成26年) 12万部 2015年版 出版指標年報 ISBN 978-4-915084-02-7 (平成27年) 11万部 2016年版 出版指標年報 ISBN 978-4-915084-03-4 脚注 [編集 ] [] 注釈 [編集 ]• 2013年前半頃までは雑誌表紙についても掲載作品のカラーイラストが採用されていた(2013年16号でカバーグラビアが再登場し、1号置いて同年18号よりカバーグラビアを再開)。 2014年17号までの約一年間はが継続されたが、同年18号より連載再開した『KIPPO』がカバーイラストを飾って以来、2015年3号までの約半年弱にわたってグラビア表紙は途絶えている。 他方、同時期のアワーズ掲載作品であっても、『』などをはじめ通常のYKコミックス表記の奥付となっている作品も少なくない。 なお、『月刊ヤングキングアワーズGH』掲載作品に関しては、旧称が「月刊ヤングキング」だった事もあり、アワーズコミックスの使用は無い模様。 『ヤングコミック』掲載作品でも、『ヤングキング』より移籍の『パピィラバーズ』、『月刊ヤングキング』より移籍の『ハッピーネガティブマリッジ』などは、継続して「ヤングキングコミックス」より刊行されているため、この限りに非ず。 『ヤングキング』本誌で『ドンケツ』を連載中のたーしの過去作品『』(『』掲載)などがYKベストとして刊行されている。 出典 [編集 ].

次の