けつ 毛 トリマー。 ドン・キホーテ「ケ●毛トリマー」とバラエティー家電 【老師オグチの家電カンフー】

ドン・キホーテに売っていた「押忍! ケツ毛トリマー」を使ってみたら、致命的な弱点に気付いてしまった……

けつ 毛 トリマー

けつ毛が邪魔すぎて辛い けつ毛って生えているだけで邪魔ですよね。 トイレで排泄物がけつ毛に絡まる けつ毛が邪魔だと感じる最大の理由が トイレで排泄物がけつ毛に絡まるということに尽きます。 排泄物がけつ毛に一度絡まると非常に厄介でなかなか取りきることができなくなります。 排泄が終わった後にトイレットペーパーでいくらふき取ってもふき取りきることができません。 何度も拭いてもダメです・・・。 辛いですね。 そうなると、排泄物がけつ毛に絡まった状態で日常生活を送ることになっていまいます。 仕事をしていても、旅行をしていても頭の片隅にはけつ毛に絡まった排泄物の存在が付きまとうことになります。 これも非常に辛いところですよね。 さらに、排泄物を放置すると水分が抜けて非常に硬く固まってしまい、トイレットペーパーで取り除くことができなくなってしまいます。 硬くなった排泄物は温かいシャワーで洗い流すしか処理の方法がなくなってしまいます。 チクチクかゆい けつ毛はある程度の長さになると、チクチクと皮膚を刺激してとてもかゆい思いをすることになります。 特に股の間のけつ毛部分はとてもかゆくなりやすいです。 というのも股は常に皮膚同士が擦れる場所です。 そのためけつ毛が生えている場合は、けつ毛同士がすれあってしまいます。 これがかゆみの原因になります。 けつ毛がかゆいと日常生活中に何度もけつ付近をかいてしまいます。 これって意外と人に見られています。 バレないようにかいていても周りの人は気が付いています。 気になる異性にも気が付かれている可能性もあります。 ケツ毛処理のおすすめの方法。 当サイトの結論は除毛クリーム ケツ毛処理のおすすめの方法は除毛クリームです。 除毛クリームであればおしりはツルツルになります。 生えてくる毛もチクチクしにくいためおすすめです。 NULLリムーバークリームは男性専用の除毛クリームです。 剛毛向けに開発されていますし、お肌保護成分も豊富です。 僕はいつもお風呂前にけつ毛を処理しています。 だいたい1週間~2週間に一度の割合で剛毛用のNULLリムーバークリームを使用しています。 おすすめの処理方法 けつ毛が生えていて良いことは何一つありません。 ツルツルが一番です。 ということでおすすめのけつ毛処理方法をまとめてみました。 カミソリで処理する メリット ・カミソリで処理する方法は一番手軽に処理することができます。 カミソリで処理する場合は、必ず鏡を用意して鏡を見ながら処理しましょう。 処理した毛が下に落ちますので、新聞紙を事前に敷いておくことも忘れずに準備しておきたいですね。 ・コストが安いです。 カミソリでの処理はコストが安く簡単に始められます。 数百円で買えます。 ・鏡を見てI字カミソリを使うと良いです カミソリで処理する際には必ず鏡を用意しましょう。 けつ毛が生えている場所はとても複雑です。 鏡を見て皮膚を傷付けないように気を付けながら処理すると良いです。 T字カミソリですと、持ち手部分が邪魔をして切る部分を鏡で確認することができなくなっていまいます。 鏡を見て処理するためにはI字カミソリを用意して処理した方がいいです。 デメリット ・肌を切る可能性があります。 カミソリでけつ毛の股の間に生えている場所の処理はとても難しく慣れても苦戦します。 そういう場所は特にカミソリの刃で傷つけやすく危険です。 カミソリで処理したら血だらけになってしまた・・・ということもあります。 肌を誤って切ってしまうと埋没毛という状態になる危険性もあります。 埋没毛は毛が肌の中に入り込んで出られなくなってしまうことです。 酷くなると痒みや痛みも出てきます。 埋没毛になってしまったら皮膚科などの病院へ行くことになってしまいます。 カミソリ処理のコツ コツ1 ガード付きのカミソリを使う 肌を切るリスクを最小限にするためには、必ずガード付きのカミソリを用意しましょう。 ガードが付いているかどうかは、商品の袋に『ガード付き』『セーフティガード付き』という文言が載っているかをチェックすると分かります。 コツ2 新品のカミソリを使う 肌を切るリスクを低くするためには、新品のカミソリを使うことが大切です。 一度使ったカミソリは切れ味がどうしても落ちてしまいます。 けつ毛は他の毛の生える部分よりも強靭に生えていますので必ず新品を使いましょう。 除毛クリームで処理をするとけつ毛の毛先は丸みを帯びた状態になります。 けつ毛 カミソリで処理した場合、毛先はどうしても鋭利に尖った状態になってしまいます。 カミソリで処理した当日は特に気にならないのですが、2,3日経つと異変に気が付きます。 そう、 けつ毛が皮膚に突き刺さってチクチクするのです。 カミソリで処理すると2,3日後に後悔することになります。 除毛クリームであれば、毛先は丸く処理されます。 また、先端も柔らかくなっていますので、毛先が皮膚へ干渉することも少なくチクチクすることもほとんどありません。 チクチクが気になる場合は除毛クリームで処理するのがイチオシです。 ・けつ毛を綺麗に処理できる 除毛クリームのメリットは綺麗に処理することができることです。 カミソリですと毛を真っすぐに切断する訳ですから、断面が見えやすい状態になり黒いブツブツが残ることがあります。 除毛クリームの場合は、毛先は丸く処理されますので断面積が小さく見た目も良くなります。 ・肌に優しい 除毛クリームは肌に優しいのが特徴です。 特に保湿成分が多く含まれている除毛クリームはオススメです。 薬局で買える市販の除毛クリームは肌荒れトラブルが多くおすすめしません。 ネットで買える除毛クリームは肌に優しいものが多くおすすめです。 ・痛みがない カミソリは肌を切る可能性がありますし、ブラジリアンワックスは強い痛みがあります。 麻酔を使えば痛みを軽減可能ですが、脱毛クリニックやサロンもレーザーやフラッシュを使うときに痛みがあります。 それに対して除毛クリームは痛みが全くありません。 無痛で除毛が完了しますので、痛みがない処理をしたい場合は除毛クリームが良いでしょう。 特にけつ毛を処理する場合は痛みに敏感な部分も綺麗にする必要がありますので、痛みがない、というのは重要なポイントですよね。 デメリット ・肌に合わない場合がある 除毛クリームのデメリットは肌に合わない場合があることです。 ごく稀に肌荒れなどが発生する場合があります。 そのためいきなり使い始めるのではなく、必ずパッチテストを行った方が良いですね。 パッチテストは少量の除毛クリームを皮膚に塗って異常がでないか確認することです。 もし異常がでた場合は肌には合わないため使用を中止した方がいいでしょう。 ただ、管理人は敏感肌で乾燥肌なのですが、特段異常がでたことはありません。 ほとんどの人は気にする必要はないかと感じています。 ・処理に10分ほど時間が必要 除毛クリームは塗ってから処理し終わるまで10分ほど放置する必要があります。 除毛クリームが毛に作用する時間が必要です。 けつ毛の場合は、股の間にも除毛クリームを塗ることになるため10分ほど放置すると除毛クリームがたれてくる場合があります。 そのため、除毛クリームがたれてきても大丈夫な場所で処理するのが良いでしょう。 お風呂場であれば除毛クリームがたれてきても綺麗に洗い流すことができるためお風呂場で処理するのがオススメです。 男性専用の剛毛向けの脱毛クリームNULLリムーバークリームです。 けつ毛がツルツルになります。 お風呂で使用していますが、そのままお湯で流せるので簡単に使うことができます。 ブラジリアンワックスで処理する メリット ・脱毛効果が2~3週間続く ブラジリアンワックスはツルツルの効果が2~3週間ほど続きます。 カミソリや除毛クリームと比較して一度処理してしまえば暫くは毛が生えてきません。 けつ毛と2~3週間はおさらば出来るのでブラジリアンワックスで処理した後はすっきり感がすごいですね。 ・綺麗に処理することができる ブラジリアンワックスは綺麗に脱毛することができます。 カミソリですと皮膚の表面から出ているけつ毛までしか処理できないので、黒いブツブツが残る場合があります。 ブラジリアンワックスであれば毛の根元部分から引き抜く処理のため黒いブツブツが残る心配もありません。 ・肌へのダメージが少ない ブラジリアンワックスは肌へのダメージが非常に少ないです。 ブラジリアンワックスは「はちみつベースの自然由来のワックス」であるため肌トラブルはほとんど起きることはないと言われています。 対してカミソリですと刃が皮膚を傷つけてしまう心配もあります。 デメリット ・毛穴へのダメージは大きい ブラジリアンワックスは肌へのダメージは少ないのですが、毛穴へのダメージはとても大きいです。 けつ毛を抜く際にはけつ毛の根元から引き抜くため毛穴は大きくなってしまいます。 しばらくしていれば毛穴は元の大きさに戻りますが、毛穴が開いたままお風呂に入る、海水浴などを行うと菌が入って炎症を起こす場合があります。 ブラジリアンワックスで処理する場合は、なるべく菌が入らないように注意した方が良いですね。 心配な方はブラジリアンワックスで処理したあとは水を染み込ませた冷たいタオルを暫くあてて毛穴を閉じてあげると良いでしょう。 ・痛みが強い ブラジリアンワックスの処理は痛みが伴います。 とくにけつ毛を処理する場合はデリケートで痛みには弱い場所ですよね。 除毛クリームやカミソリと比較すると脱毛の際の痛みは大きいデメリットがあります。 ・埋没毛のリスクがある ブラジリアンワックスで処理する場合は、埋没毛のリスクが少なからずあります。 埋没毛とは埋もれ毛とも言われて毛穴から毛が出てこられなくなってしまった状態のことです。 ブラジリアンワックスでの埋没毛のリスクを少なくするには、処理後に冷たいタオルで脱毛箇所を冷やすと良いと言われています。 冷やすことで毛穴を引き締めて毛穴に雑菌等が侵入することを防ぐことができます。 クリニックだから使用できる照射能力の高いレーザー脱毛を行うことができます。 家庭でのカミソリ、除毛クリーム、ブラジリアンワックスなどは一時的な除毛、脱毛であって永久ではありません。 また、脱毛サロンでも永久脱毛をすることができません。 脱毛クリニックであれば処理が完了すればけつ毛とは一生おさらばできるため、日々の処理が面倒という方に特におすすめです。 ・医師が対応してくれる 脱毛クリニックでは医師が対応してくれます。 対して脱毛サロンでは医師は対応していません。 万が一の火傷、肌に合わない場合でも病院としてすぐに対応することができます。 ・自分で処理する必要がないため簡単 脱毛クリニックであれば自己処理をする必要がありません。 全て脱毛クリニックにお任せでOKです。 デメリット ・価格が高い デメリットとしては、価格が高いということが挙げられます。 ただ、お得なキャンペーンを実施している場合もありますので、キャンペーン情報をうまく使ってお得に処理することもできます。 ・何度か通う必要がある 脱毛クリニックでけつ毛を処理する場合は、処理を完了するのに何度か通う必要があります。 基本的に1度で全てを完了することができないので注意が必要です。 ・日焼けしている場合はできない場合がある 脱毛クリニックで使うレーザー脱毛器は日焼けしている状態ですと使用することができません。 レーザー脱毛器は黒や茶色などの色に反応するためお肌のメラニンにも反応してしまうのです。 レーザー脱毛器で脱毛する場合は何度か通う必要があるため、その間は日焼けしないように注意しましょう。 ・痛みが強い 医療用のレーザー脱毛器の場合、脱毛エステと比較して光が協力で痛みが伴います。 ただ、麻酔を行って施術することもできますので痛みが不安な方は一度医師と相談してみると良いでしょう。 結論から言うと、けつ毛を燃やすことは絶対にやめてください。 けつ毛を燃やすことのリスクは次の通りです。 火傷の危険がある• 臭いがきつい という2点です。 特に火傷の危険性が高いことには注意が必要です。 いくらけつ毛が鬱陶しいからといって火傷をしてしまったら元も子もありません。 どうしてもけつ毛を熱で処理したい場合はヒートカッターを使用しましょう。 ヒートカッターは熱で処理するカミソリのようなものです。 Amazonなどの通販で購入することができるので、気になる方はチェックしてみるといいでしょう。 ガムテープで処理するのはNG けつ毛を処理するのにガムテープを使用する人がいますが、やめておいた方がいいです。 ガムテープはあくまでもテープですので長いけつ毛全体を覆うことができません。 そのため毛ごとに粘着力にムラができてしまいます。 ムラができてしまうと抜け方にもムラができてしまいます。 けつ毛の根元から抜ける場合、途中で切れてしまう場合、全く抜けない場合の3通りのけつ毛が混在する最悪な状態になってしまう恐れがあります。 想像するだけで恐ろしい状態ですよね。 そのため、ガムテープで処理するのは絶対にやめておきましょう。 ガムテープとよく比較されるのがブラジリアンワックスです。 ブラジリアンワックスの場合はけつ毛1本1本を全体的に覆うように根元から強力な粘着力でくっ付きます。 そのため、けつ毛を処理したときに綺麗に仕上げることができます。 毛抜きで抜くのはNG けつ毛を処理する場合に毛抜きで処理するのはやめておいた方がいいです。 けつ毛の生えている場所は又の間で形が複雑です。 そのため毛抜きで処理するのは正直なところ難しいでしょう。 時間をかければ可能ですが、かなりの根気が必要です。 毛抜きは諦めて他の方法を行った方が良いです。

次の

【けつ毛に悩む男性必見!】正しい処理や脱毛方法とおすすめケアアイテムを徹底解説

けつ 毛 トリマー

けつ毛が邪魔すぎて辛い けつ毛って生えているだけで邪魔ですよね。 トイレで排泄物がけつ毛に絡まる けつ毛が邪魔だと感じる最大の理由が トイレで排泄物がけつ毛に絡まるということに尽きます。 排泄物がけつ毛に一度絡まると非常に厄介でなかなか取りきることができなくなります。 排泄が終わった後にトイレットペーパーでいくらふき取ってもふき取りきることができません。 何度も拭いてもダメです・・・。 辛いですね。 そうなると、排泄物がけつ毛に絡まった状態で日常生活を送ることになっていまいます。 仕事をしていても、旅行をしていても頭の片隅にはけつ毛に絡まった排泄物の存在が付きまとうことになります。 これも非常に辛いところですよね。 さらに、排泄物を放置すると水分が抜けて非常に硬く固まってしまい、トイレットペーパーで取り除くことができなくなってしまいます。 硬くなった排泄物は温かいシャワーで洗い流すしか処理の方法がなくなってしまいます。 チクチクかゆい けつ毛はある程度の長さになると、チクチクと皮膚を刺激してとてもかゆい思いをすることになります。 特に股の間のけつ毛部分はとてもかゆくなりやすいです。 というのも股は常に皮膚同士が擦れる場所です。 そのためけつ毛が生えている場合は、けつ毛同士がすれあってしまいます。 これがかゆみの原因になります。 けつ毛がかゆいと日常生活中に何度もけつ付近をかいてしまいます。 これって意外と人に見られています。 バレないようにかいていても周りの人は気が付いています。 気になる異性にも気が付かれている可能性もあります。 ケツ毛処理のおすすめの方法。 当サイトの結論は除毛クリーム ケツ毛処理のおすすめの方法は除毛クリームです。 除毛クリームであればおしりはツルツルになります。 生えてくる毛もチクチクしにくいためおすすめです。 NULLリムーバークリームは男性専用の除毛クリームです。 剛毛向けに開発されていますし、お肌保護成分も豊富です。 僕はいつもお風呂前にけつ毛を処理しています。 だいたい1週間~2週間に一度の割合で剛毛用のNULLリムーバークリームを使用しています。 おすすめの処理方法 けつ毛が生えていて良いことは何一つありません。 ツルツルが一番です。 ということでおすすめのけつ毛処理方法をまとめてみました。 カミソリで処理する メリット ・カミソリで処理する方法は一番手軽に処理することができます。 カミソリで処理する場合は、必ず鏡を用意して鏡を見ながら処理しましょう。 処理した毛が下に落ちますので、新聞紙を事前に敷いておくことも忘れずに準備しておきたいですね。 ・コストが安いです。 カミソリでの処理はコストが安く簡単に始められます。 数百円で買えます。 ・鏡を見てI字カミソリを使うと良いです カミソリで処理する際には必ず鏡を用意しましょう。 けつ毛が生えている場所はとても複雑です。 鏡を見て皮膚を傷付けないように気を付けながら処理すると良いです。 T字カミソリですと、持ち手部分が邪魔をして切る部分を鏡で確認することができなくなっていまいます。 鏡を見て処理するためにはI字カミソリを用意して処理した方がいいです。 デメリット ・肌を切る可能性があります。 カミソリでけつ毛の股の間に生えている場所の処理はとても難しく慣れても苦戦します。 そういう場所は特にカミソリの刃で傷つけやすく危険です。 カミソリで処理したら血だらけになってしまた・・・ということもあります。 肌を誤って切ってしまうと埋没毛という状態になる危険性もあります。 埋没毛は毛が肌の中に入り込んで出られなくなってしまうことです。 酷くなると痒みや痛みも出てきます。 埋没毛になってしまったら皮膚科などの病院へ行くことになってしまいます。 カミソリ処理のコツ コツ1 ガード付きのカミソリを使う 肌を切るリスクを最小限にするためには、必ずガード付きのカミソリを用意しましょう。 ガードが付いているかどうかは、商品の袋に『ガード付き』『セーフティガード付き』という文言が載っているかをチェックすると分かります。 コツ2 新品のカミソリを使う 肌を切るリスクを低くするためには、新品のカミソリを使うことが大切です。 一度使ったカミソリは切れ味がどうしても落ちてしまいます。 けつ毛は他の毛の生える部分よりも強靭に生えていますので必ず新品を使いましょう。 除毛クリームで処理をするとけつ毛の毛先は丸みを帯びた状態になります。 けつ毛 カミソリで処理した場合、毛先はどうしても鋭利に尖った状態になってしまいます。 カミソリで処理した当日は特に気にならないのですが、2,3日経つと異変に気が付きます。 そう、 けつ毛が皮膚に突き刺さってチクチクするのです。 カミソリで処理すると2,3日後に後悔することになります。 除毛クリームであれば、毛先は丸く処理されます。 また、先端も柔らかくなっていますので、毛先が皮膚へ干渉することも少なくチクチクすることもほとんどありません。 チクチクが気になる場合は除毛クリームで処理するのがイチオシです。 ・けつ毛を綺麗に処理できる 除毛クリームのメリットは綺麗に処理することができることです。 カミソリですと毛を真っすぐに切断する訳ですから、断面が見えやすい状態になり黒いブツブツが残ることがあります。 除毛クリームの場合は、毛先は丸く処理されますので断面積が小さく見た目も良くなります。 ・肌に優しい 除毛クリームは肌に優しいのが特徴です。 特に保湿成分が多く含まれている除毛クリームはオススメです。 薬局で買える市販の除毛クリームは肌荒れトラブルが多くおすすめしません。 ネットで買える除毛クリームは肌に優しいものが多くおすすめです。 ・痛みがない カミソリは肌を切る可能性がありますし、ブラジリアンワックスは強い痛みがあります。 麻酔を使えば痛みを軽減可能ですが、脱毛クリニックやサロンもレーザーやフラッシュを使うときに痛みがあります。 それに対して除毛クリームは痛みが全くありません。 無痛で除毛が完了しますので、痛みがない処理をしたい場合は除毛クリームが良いでしょう。 特にけつ毛を処理する場合は痛みに敏感な部分も綺麗にする必要がありますので、痛みがない、というのは重要なポイントですよね。 デメリット ・肌に合わない場合がある 除毛クリームのデメリットは肌に合わない場合があることです。 ごく稀に肌荒れなどが発生する場合があります。 そのためいきなり使い始めるのではなく、必ずパッチテストを行った方が良いですね。 パッチテストは少量の除毛クリームを皮膚に塗って異常がでないか確認することです。 もし異常がでた場合は肌には合わないため使用を中止した方がいいでしょう。 ただ、管理人は敏感肌で乾燥肌なのですが、特段異常がでたことはありません。 ほとんどの人は気にする必要はないかと感じています。 ・処理に10分ほど時間が必要 除毛クリームは塗ってから処理し終わるまで10分ほど放置する必要があります。 除毛クリームが毛に作用する時間が必要です。 けつ毛の場合は、股の間にも除毛クリームを塗ることになるため10分ほど放置すると除毛クリームがたれてくる場合があります。 そのため、除毛クリームがたれてきても大丈夫な場所で処理するのが良いでしょう。 お風呂場であれば除毛クリームがたれてきても綺麗に洗い流すことができるためお風呂場で処理するのがオススメです。 男性専用の剛毛向けの脱毛クリームNULLリムーバークリームです。 けつ毛がツルツルになります。 お風呂で使用していますが、そのままお湯で流せるので簡単に使うことができます。 ブラジリアンワックスで処理する メリット ・脱毛効果が2~3週間続く ブラジリアンワックスはツルツルの効果が2~3週間ほど続きます。 カミソリや除毛クリームと比較して一度処理してしまえば暫くは毛が生えてきません。 けつ毛と2~3週間はおさらば出来るのでブラジリアンワックスで処理した後はすっきり感がすごいですね。 ・綺麗に処理することができる ブラジリアンワックスは綺麗に脱毛することができます。 カミソリですと皮膚の表面から出ているけつ毛までしか処理できないので、黒いブツブツが残る場合があります。 ブラジリアンワックスであれば毛の根元部分から引き抜く処理のため黒いブツブツが残る心配もありません。 ・肌へのダメージが少ない ブラジリアンワックスは肌へのダメージが非常に少ないです。 ブラジリアンワックスは「はちみつベースの自然由来のワックス」であるため肌トラブルはほとんど起きることはないと言われています。 対してカミソリですと刃が皮膚を傷つけてしまう心配もあります。 デメリット ・毛穴へのダメージは大きい ブラジリアンワックスは肌へのダメージは少ないのですが、毛穴へのダメージはとても大きいです。 けつ毛を抜く際にはけつ毛の根元から引き抜くため毛穴は大きくなってしまいます。 しばらくしていれば毛穴は元の大きさに戻りますが、毛穴が開いたままお風呂に入る、海水浴などを行うと菌が入って炎症を起こす場合があります。 ブラジリアンワックスで処理する場合は、なるべく菌が入らないように注意した方が良いですね。 心配な方はブラジリアンワックスで処理したあとは水を染み込ませた冷たいタオルを暫くあてて毛穴を閉じてあげると良いでしょう。 ・痛みが強い ブラジリアンワックスの処理は痛みが伴います。 とくにけつ毛を処理する場合はデリケートで痛みには弱い場所ですよね。 除毛クリームやカミソリと比較すると脱毛の際の痛みは大きいデメリットがあります。 ・埋没毛のリスクがある ブラジリアンワックスで処理する場合は、埋没毛のリスクが少なからずあります。 埋没毛とは埋もれ毛とも言われて毛穴から毛が出てこられなくなってしまった状態のことです。 ブラジリアンワックスでの埋没毛のリスクを少なくするには、処理後に冷たいタオルで脱毛箇所を冷やすと良いと言われています。 冷やすことで毛穴を引き締めて毛穴に雑菌等が侵入することを防ぐことができます。 クリニックだから使用できる照射能力の高いレーザー脱毛を行うことができます。 家庭でのカミソリ、除毛クリーム、ブラジリアンワックスなどは一時的な除毛、脱毛であって永久ではありません。 また、脱毛サロンでも永久脱毛をすることができません。 脱毛クリニックであれば処理が完了すればけつ毛とは一生おさらばできるため、日々の処理が面倒という方に特におすすめです。 ・医師が対応してくれる 脱毛クリニックでは医師が対応してくれます。 対して脱毛サロンでは医師は対応していません。 万が一の火傷、肌に合わない場合でも病院としてすぐに対応することができます。 ・自分で処理する必要がないため簡単 脱毛クリニックであれば自己処理をする必要がありません。 全て脱毛クリニックにお任せでOKです。 デメリット ・価格が高い デメリットとしては、価格が高いということが挙げられます。 ただ、お得なキャンペーンを実施している場合もありますので、キャンペーン情報をうまく使ってお得に処理することもできます。 ・何度か通う必要がある 脱毛クリニックでけつ毛を処理する場合は、処理を完了するのに何度か通う必要があります。 基本的に1度で全てを完了することができないので注意が必要です。 ・日焼けしている場合はできない場合がある 脱毛クリニックで使うレーザー脱毛器は日焼けしている状態ですと使用することができません。 レーザー脱毛器は黒や茶色などの色に反応するためお肌のメラニンにも反応してしまうのです。 レーザー脱毛器で脱毛する場合は何度か通う必要があるため、その間は日焼けしないように注意しましょう。 ・痛みが強い 医療用のレーザー脱毛器の場合、脱毛エステと比較して光が協力で痛みが伴います。 ただ、麻酔を行って施術することもできますので痛みが不安な方は一度医師と相談してみると良いでしょう。 結論から言うと、けつ毛を燃やすことは絶対にやめてください。 けつ毛を燃やすことのリスクは次の通りです。 火傷の危険がある• 臭いがきつい という2点です。 特に火傷の危険性が高いことには注意が必要です。 いくらけつ毛が鬱陶しいからといって火傷をしてしまったら元も子もありません。 どうしてもけつ毛を熱で処理したい場合はヒートカッターを使用しましょう。 ヒートカッターは熱で処理するカミソリのようなものです。 Amazonなどの通販で購入することができるので、気になる方はチェックしてみるといいでしょう。 ガムテープで処理するのはNG けつ毛を処理するのにガムテープを使用する人がいますが、やめておいた方がいいです。 ガムテープはあくまでもテープですので長いけつ毛全体を覆うことができません。 そのため毛ごとに粘着力にムラができてしまいます。 ムラができてしまうと抜け方にもムラができてしまいます。 けつ毛の根元から抜ける場合、途中で切れてしまう場合、全く抜けない場合の3通りのけつ毛が混在する最悪な状態になってしまう恐れがあります。 想像するだけで恐ろしい状態ですよね。 そのため、ガムテープで処理するのは絶対にやめておきましょう。 ガムテープとよく比較されるのがブラジリアンワックスです。 ブラジリアンワックスの場合はけつ毛1本1本を全体的に覆うように根元から強力な粘着力でくっ付きます。 そのため、けつ毛を処理したときに綺麗に仕上げることができます。 毛抜きで抜くのはNG けつ毛を処理する場合に毛抜きで処理するのはやめておいた方がいいです。 けつ毛の生えている場所は又の間で形が複雑です。 そのため毛抜きで処理するのは正直なところ難しいでしょう。 時間をかければ可能ですが、かなりの根気が必要です。 毛抜きは諦めて他の方法を行った方が良いです。

次の

男の陰毛・ケツ毛(尻毛、Oライン)を簡単に剃る方法

けつ 毛 トリマー

お尻の毛は、ムダ毛に関するアンケートで「」に選ばれるほど、世の男性を悩ませています。 しかし、この厄介な「ケツ毛」を独力で処理するのは、なかなか大変です。 ケツ毛は奥まった場所に生えているため、一般的なボディ・シェーバーではうまく毛を刈ることができません。 さらに、デリケートな場所でもあるので、カミソリで処理を行うと肌を痛めたり、流血するリスクもあります。 家庭用の光脱毛器でケツ毛を処理する場合も、脱毛器を当てる前の下準備として、毛を短く刈っておく必要があります。 つまり、クリニックを利用せず、自宅でケツ毛を処理する場合には、どのような方法を用いるにせよ、「毛を短く狩り揃える」という処理が不可欠になります。 そこで、その処理に役立つグッズをここで紹介したいと思います。 『 フィリップス ボディグルーマー』 フィリップスの「ボディグルーマー」は、ケツ毛の処理に必要な機能を備えている珍しいシェーバーです。 おそらく、世の男性がケツ毛に悩んでいることにフィリップス社が注目し、ケツ毛に特化したシェーバーを開発したのではないかと思われるほど、非常に良くできています。 その理由を、以下に説明します。 第一のポイントは、 軽量でヘッドが小さいことです。 ヘッドの大きさは、ちょうどボディ用のカミソリと同じくらいです。 小回りが効くため、お尻の奥まった部分も簡単に処理することができます。 第二のポイントは、 電池稼働でコードレスな点です。 邪魔なコードがなく、いざ使おうとしたときに充電切れで使えないということもないので、充電式よりも便利です。 第三のポイントは、 お風呂で使える防水加工がされている点です。 ケツ毛の処理はなかなか億劫ですが、シャワーのついでに手軽に処理できるというのは助かります。 そして最後のポイントは、 スキンプロテクターによる肌の保護です。 刃が直接肌に触れない構造で、安全に0. 5 ㎜のトリミングができるようになっています。 カミソリとは異なり、デリケートな部分も安心して処理できます。 以上の機能を踏まえると、まさにケツ毛や陰部の処理を想定して作られた製品であると疑わざるを得ません。 (良い意味で) 価格はです。 使い捨てカミソリを何本も買うより、コスト的にもお得だと思います。 筆者はをほぼ完了していますが、たまに残党のように生えてくる毛に対して、このトリマーが役立っています。 注意点としては、毛を刈る部分がヘッドの中央からやや外側にずれており、少しクセがあります。 上手く使えるようになるまで、筆者にはある程度の慣れが必要でした。 ケツ毛処理の専用機というレッテルを貼ってしまいましたが、実はこの製品、自宅で永久脱毛を行う際にも大いに役立ちます。 ポイントは、「 肌を痛めずに0. 5 ㎜のトリミングができる」という点です。 自宅で永久脱毛を行う場合、処理したい部分に光脱毛器を当てるのですが、その前に毛を短く刈り揃えておかなくてはなりません。 その際、毛が長すぎても短すぎてもダメで、例えばカミソリで毛を剃った場合には、翌日にならないと光脱毛器が反応しないという問題があります。 (毛が肌の表面に見えないと反応しないため) しかし、このトリマーで毛を処理すれば、0. 5 mmという「光脱毛器にちょうど良い長さ」に毛を刈り揃えることができ、カミソリで肌を痛める心配もありません。 すでに自宅で永久脱毛を行っている方や、今後実施を検討している方には、ケツ毛だけでなく、光脱毛器のサポートツールとしてこのトリマーをおすすめします。

次の