レグザ z730x。 レグザ史上最高の液晶画質を実現! 東芝映像ソリューションが2019年液晶テレビの新ラインナップを発表。「Z730X」シリーズは4モデルをラインナップする

ダブル4Kチューナ&全録の最上位4K液晶レグザ「Z730X」。AI超解像+80Wバズーカ

レグザ z730x

東芝の映像事業が中国のHisenseへ身売りされたことは記憶に新しいでしょう。 そんなイメージ悪化に伴い、あれだけ人気のあったREGZAブランドにもケチが入り、一部の消費者から敬遠されているのも事実です。 さりとて、4K放送が始まり、各社が儲けに走ったのか? 4Kチューナ内蔵のテレビはなかなか発売されずヤキモキした中、 一等最初に4Kチューナー内蔵液晶テレビを発売してくれたのが東芝です。 その4Kチューナー内蔵液晶テレビの二代目となるのが「Z730X」。 Z730Xは東芝REGZAブランド 液晶テレビのフラッグシップ機です。 最先端はであることは周知の中、価格、有機EL独自の問題などでを選択する人が大半。 PanasonicやSony。 各社のフラッグシップ液晶テレビの長所と短所は必ず理解しましょう。 ここでは、で最高峰の「Z730X」を切り口を4回に分け、じっくり評価し解説します。 第1回目は「Z730Xのセールスポイント」を徹底分析! 4K液晶テレビ 東芝レグザ Z730Xの受賞歴 TOSHIBA REGZA Z730XはAV機器を専門家が評価する「Hivi」「VGP」の権威ある二つの団体から高い評価を受けています。 特別賞や大賞などはが中心ですが、そんな中でも Z730Xは同じ様に広く高評価を得ているのは驚きですね。 2019 SUMMER(2019年度「夏」) 2019年夏モデルとしては双方の団体から受賞。 特にHiviでは総合的な機能で高評価を得ており、 トータルバランスの高さを証明しました。 年間を通して高評価を得たのは、大画面よりも55型以下のテレビ。 小さい画面でも機能を落としていなかったのが大きな要因です。

次の

Z730X/スマート機能/動画配信サービス|テレビ|REGZA:東芝

レグザ z730x

リモコンのボタン配置順に機能説明 まず、わかりやすくリモコンのボタン配置順に機能説明します。 機能の操作はリモコンでするので、ボタン配置から機能を覚えた方が、『この機能、どのボタンを押したらいいんだろう?』とならず、すぐに機能を使えると思います。 また、よく使う機能はリモコンの押しやすい場所や目立つようにしてあると思うので、使用頻度が高い機能とか、メーカーが力を入れている機能として覚える優先順位をつける材料となると思います。 リモコン上部にある機能 みるコレ 視聴履歴を参考にAIが、録画番組の中からその時に最適な番組をリストアップしたり、放送予定番組から人気の番組をおすすめして予約できます。 検索範囲が違う5つのメニューがあります。 その他、これからの 注目テーマごとにリストアップ おすすめ の番組 録画番組の中から 録画番組から視聴履歴を 参考にリストアップ 動画配信 サービス 人気の動画 各社別のネット動画 の中から NetFlix・YouTube・dTV・ U-NEXT・TUTAYA TVから 各社ごとの人気動画を 各社別にリストアップ 恋愛ドラマ、刑事ドラマ、お笑い特番、SFアニメ、 ジャンル別ランキング上位の番組、好きなタレントの出演番組など、 見たい『みるコレパック』をお気に入りに 追加するだけで、 関連した番組やネット動画が自動検索され、 リストアップされる。 また、これを自動で録画する 『 おまかせ録画』という機能もある。 なお、みるコレパックは5万件以上あるとのこと。 これをお気に入りに追加すると 前項で説明した 8つの検索範囲別にリストアップされます。 曜日別に1時間単位で予約できます。 放送局は自分で指定した最大6局までです。 (このREGZAは地デジチューナーが9つ搭載していますが、 通常録画に使用できるのは3つまでです。 W禄は できますがトリプル以上の録画は出来ません。 残りの6つはタイムシフトマシーン用として使われます) 4TのHDDを使って、地デジ6局を 毎日5時間録画した場合、17日間録画できます。 時間帯は1日5時間と限定されますが、 17日間さかのぼってテレビ番組を見れます。 ざんまい(スマートアクセス) タイムシフトマシーンで録画した番組の中から カテゴリー 画面下部左端に表示 で、 みたい番組を絞り込みリストアップ 画面下部 します。 その他、検索範囲をタイムシフトマシーン録画番組以外に 切り換えて検索出来ます。 発話 リストアップされるもの 『バラエティー』 バラエティー番組 『News Zero』 日別のNews Zero 『明石家さんま』 出演番組 『明石家さんまのシーン』 出演シーン 『今日の出来事は?』 最新のニュース番組 『明日のサッカーを予約』 明日のサッカー番組。 選択して予約ボタンを押すと予約できる 放送中の番組で 『この番組、どんな番組?』 番組概要を表示 リモコンの「ボイス」ボタンを押して、ジャンル名や人名やキーワードを言うと関連する番組をリストアップ。 また、~のシーンと言うとシーンをリストアップ。 また、~を予約と言うと予約候補をリストアップする。 『ざんまい』はカテゴリーで絞り込んだが、ボイスは関連深い言葉、カテゴリー、ジャンル、テーマ、タレント名、番組名など何でもOK。 リストアップ表示は『ざんまい』と同じです。 まとまっているか。 表示方法が違うだけでほぼ同じ検索機能です。 下に比較一覧表を載せておきます。 分類名の意味と例 カテゴリー:分類(範疇)例:アニメ、音楽、スポーツ、ドラマ、映画、ニュース ジャンル:種類 例:バラエティ、ワイドショー、情報、グルメ、カテゴリー名も含む テーマ:より具体的な主題 例:大人アニメ、深夜に見たいバラエティ、行こうよ!国内旅行 ざんまい (スマートアクセス) みるコレ検索 ボイス検索 番組を見ながら 検索出来るか 画面左下部でカテゴリー 選択をしてリストアップ は画面下部に表示される ので番組をみながら 検索できる 〇 検索入力画面も リストアップ 画面も全面表示。 番組をみながらは 検索できない。 Googleアシスタント、Alexa、Clovaと連携可能 標準機能として チャンネル選局、音量調整が可能。 その上、Googleアシスタント搭載スピーカーは 番組名やキーワードから録画番組やYouTubu動画の視聴可能。 さらに、録画予約することも可能。 と説明にありますが、• 家のGoogle home miniで試したところ 標準機能・電源Off・外部入力切換は可能でしたが、 電源Onやその他指示はうまく働かなかったです。 例:電源Onは『電源がはいってないかネットワークに繋がって いない為、レグザと通信出来ません。 予約候補を一つ一つ確認される。 候補が多い場合は、 『曜日か時間を指定してください』と注意される。 動画視聴は指示の出し方を変えたら見たい動画に近いものが表示 されるようになった。 通常、『OK Google、 レグザを使って~の動画みせて』で~の動画が見れます。 これを『OK Google、レグザを使って』で切って、一度REGZAを呼び出します。 そうするとREGZAが『何をしますか』と問い合わせてくるので『~の動画みせて』 と指示をだします。 呼び出しと指示を分離すると、なぜかよくなります。 もしかしたら、クロームキャストが外部入力に刺さっているので、 それと競合しているのかもしれません。 これ以外の操作指示の出し方は 『~の動画みせて』の部分を『番組名をみせて』『日時の番組名を予約して』 でその操作をしてくれます。 イマイチだと思うところ• 液晶画面の表面処理が光沢であるため、 映り込みが気になる• 全般的には、サクサク動くのですが 起動のみ待たされ感 があります。 反応が分かりづらい電源ランプ(光が弱く小さい)と相まってイマイチです• リモコンの赤外線方位が狭いのか、弱いのか リモコンをしっかりとテレビの方向に向けないと反応しない。 検索の種類が多すぎる。 ボイスを使ったざんまいスマートアクセスだけでよいと思う。 説明も、カテゴリー、ジャンル、テーマ、キーワード、タレント名など から検索できると書いてありますが、 シンプルにキーワードを入れればリストアップされます。 でよいと思います。 情報量が多すぎて説明を読まれない可能性大だと思います。 簡単な使い方だけ説明して、後は使いながら覚えてね!でよいと思います。 タイムシフトマシーンは、面白い番組を新たに発掘できることや 見逃した番組を見れる点がよいですが発掘については 現在録画している物も消化しきれない状態なので発掘しようと思わない。 見逃し番組についてはネット配信サービスTverを利用すればいいと思う。 個人的には連ドラ予約が出来て裏禄が2つ出来れば十分満足です。 HDMIにPCを接続して操作しても、連動して画面が切り換らない。 Googleアシスタント搭載スピーカーによる番組予約はテレビ画面を 使わず、ことばのやりとりだけで予約する仕組みだが無理があると思う。 いいねと思うところ• もちろん、画質・音質は文句ありません。 YouTubeとPrimeVideoがみれるようになったところ。 特に、YouTubeの操作性はとてもいい。 一覧できる番組表、表示も早い• 番組を切り換える時に表示される、大雑把なその番組の残り時間がわかる表示• クリア音声 人の声を強調し、映画やドラマでも声が聞き取りやすくする。 また、音量を抑えても聞き取りやすい。 スマートスピーカー連携で音量調整、チャンネル選局が出来るだけでなくHDMI切換が出来るところ。 Googleアシスタント搭載スピーカーによる動画視聴は、 指示の出し方を変えれば使える機能だとおもいます。 一度『レグザを使って』でレグザを呼び出して『何をしますか』と言わせてから 『~の動画をみせて』と言えば、クロームキャスト張りの反応が返ってきます。 4Kテレビ同クラスの機能比較• comさんのデータによると55インチ4K液晶テレビで• 1番人気はBRAVIA KJ-55X9500G、• 2番目は紹介中のREGZA 55Z730X 、• 3番目はハイセンス 55U7E という結果でした。 詳細はをみてください。 2019年10月20日時点 テレビを買い替える時の注意点• USBハードディスクで録画したものは録画したTVでしか見れません。 もし、旧TVで録画したものを新しいTVでも見たい場合は、 旧TVがある内にアナログ接続でHDDレコーダーにダビングするか、NASにダビングすれば見れるようになります。 しかし、操作性が落ちます。 通常、番組の途中まで見たものは記憶され次に見たときは続きから再生されますが、NASの場合は始めから再生されます。 その他、CMスキップも出来ません。 NASへのダビングは1時間番組で20~30分かかります。 HDMIケーブルですが種類や規格が多くどのケーブルを選べば4K解像度でちゃんとみれるのか迷います。 HDMI規格バージョンがVer. 0a以降のものであれば問題ないとのことです。 詳細はをみれば一発で分かります。 まとめ• 先ず、注意点からいきます。 タイムシフトマシーン設定やUSBHDD通常録画設定やネット接続をしてないとこれまで説明した機能の多くは使えなくなるか、一部しか使えなくなるので注意して下さい。 特に番組おすすめ機能は使えません。 もし、タイムシフトマシーンを使いたい方は、お高い 純正のUSBHDDでなくても使えます。 私はBUFFALO Drive Station HD-AD4U3 を使っています。 4Tですがamazonで1万円未満で購入しました。 現在も問題なく使えています。 それでは、まとめに入ります。 リモコンのボタンの配置順に機能の説明をしましたが、若干無理な所もありました。 前提機能の説明が前後したり、重複したりしています。 すみません。 機能説明で一番大変だったのは検索機能でした検索対象範囲が8つあったり、 絞り込む切り口もカテゴリー、ジャンル、テーマなどがあり違いが微妙で分かりづらかったです。 最終的には 関連する言葉であれば何でもOKだと思います。 検索機能もたくさんあるようにみえますが、 ボイスボタンを使えばほぼすべての検索が出来ます。 検索はボイスボタンを使いましょう。 複雑難解な検索の使い方をシンプルにまとめると『 ボイスボタンを押して見たい番組に1番関連深い言葉を言う』です。 後は、慣れです。 おまけ 『動画で見るREGZA Z730Xの機能』.

次の

東芝「REGZA 43Z730X」は小型4Kテレビのベストバイだ!

レグザ z730x

Contents• 49Z730XのGoodな点• よって裏で4K番組を録画することが可能になり、さらに4K番組を楽しむことが出来ます。 49Z730X単独でタイムシフト可能 49Z730Xには、タイムシフト専用地デジチューナーが6つ搭載されています。 6つのチューナーを使用することで、地デジ番組を最大6チャンネル分まるごと録画することが出来ます。 もちろん外付けHDDを増設することでさらに録画時間を延ばすことも可能です。 見たい番組を録画するのではなく、既に録画された番組から見たい番組を選ぶという画期的な視聴スタイルを可能にします。 最新最上位レグザエンジン「Professional」搭載 49Z730Xには 最新で最上位の映像処理エンジン「レグザエンジン Professional」が搭載されました。 映像分析機能などが強化され、より4Kとの親和性を高め、細かいディティールもしっかり表現することで、より高い精度を求める層にも納得いただける表現が可能になっています。 重低音「バズーカオーディオシステム PRO」装備 先代のZ720Xシリーズに搭載されていた「バズーカオーディオシステムPRO」を改良した「レグザバズーカオーディオシステムPRO」が49Z730Xに搭載されています。 「重低音バズーカウーファー」と「大型バスレフ2ウェイスピーカー」を搭載し総合出力80Wでマルチアンプ駆動の強力なサウンドシステムになっています。 さらに、下位モデルには搭載されていない「ツィーター」も搭載されているため、幅広い音域で威力を発揮します。 専用ゲームモード搭載 49Z730Xにはゲームをする際に威力を発揮する専用モード「4Kゲーム・ターボプラス」があります。 液晶パネルは、その原理から遅延量が多く、コントローラーの入力から画面が動くまで少しの時間差があります。 格闘ゲームなどタイミングがシビアな状況では非常にプレイし辛い点という点があります。 しかし 「4Kゲーム・ターボプラス」では最速0. 83msecの低遅延を実現しており、ゲームに最適です。 49Z730Xの「もう一つ」な点• タイムシフトは地上デジタルのみ 今回注目機能となるタイムシフトですが、対象チャンネルは地上デジタルの6チャンネルになります。 リモコンにVODボタンが増えた 少し前からメインメニューを経由せず、チャンネルを選局するように直接VODサービスを選択することが出来るボタンが、リモコンに標準搭載されるようになりました。 以前はNETFLIXだけでしたが、今回の49Z730Xのリモコンでは「Abema」「NETFLIX」「Hulu」「U-NEXT」「Youtube」「dTV」ボタンが配置されています。 この中でよく使用するVODサービスがあれば便利ですが、一般的な観点からは邪魔でしかありません。 VODサービスボタンは、間違って押してしまうとサービスが起動するまでの間は操作が出来なくなります。 49Z730Xは買いなのか? こんな方にオススメ• 4K番組を裏で録画したい• 見たい番組をよく録り逃がす 地デジ• テレビでゲームをする• 大画面テレビが欲しい こんな方はちょっと待った• 既に全録機を別で持っている• 新開発レグザエンジン Professionalやタイムシフト機能の継承、さらに先代では搭載されていなかった重低音強化の「バズーカオーディオシステムPRO」が与えられ、画質面でも音質面でも隙のない一台に仕上がっています。 パネルはIPSを搭載し、高視野角・色再現性においても十分な性能が見込めます。 但しVAに比べてコントラストが低い傾向にありがちですが、直下型LEDのエリアコントロールにより、黒色を映えさせ弱点を補っています。 REGZA液晶テレビシリーズのトップに相応しい一台ですね。

次の