ある日お姫様になってしまった件について ナレッジ。 秋篠宮さま「私はわからない」 眞子さまのご結婚について…「わからない」では困る【管理人の感想】

光とつながって生きる―――運命を動かすエネルギーを手に入れ、願いを叶える

ある日お姫様になってしまった件について ナレッジ

私の勤務先は研修サービスを提供している。 毎年、4月から6月頃は各社の新入社員に対する研修を実施しているため、この時期はにぎやかである。 賑やかすぎて他のお客様からクレームをいただくことあった。 「あった」というのは、ここ数年、若い人のマナーが良く、クレームらしいクレームが全くないからである。 先日は、昼休みに騒がしかったので、午後の講義が始まってもうるさければ注意しようと思ったのに、時間が来たら 講師が来る前に 静かになった。 講師や同僚に対しても挨拶もきちんとできているし、自然である。 かつて見られた、ここは体育会か宝塚少女歌劇か、と思うような不自然に声を張り上げたものではない。 そんなわけで、この歳になって若い人に説教する権利があるのに、行使する機会がない。 本当に残念なことである。 仕方ないので、自分の失敗談を書いてみる。 2013年03月31日付けで、「 Computer World」というWeb媒体に「 エイプリルフールに贈る武勇伝」として公開したものに加筆した。 エイプリルフールはずいぶん過ぎてしまったし、エイプリルフールの記事もいい加減つまらなくなってきたので、そこは割愛する。 この時は、TwitterだったかFacebookだったかで「4月1日はみんなで失敗談を書こう」と呼びかけた。 結構とんでもない失敗が集まっておかしかった。 同時に、おおらかな時代だったと感慨に浸った。 今は失敗に対して昔よりもはるかに厳しいので十分注意して欲しい。 まして、部長クラスともなれば雲の上の存在であり、普段話すこともないかもしれないし、年輩者の話を聞いても仕方がないと思うかもしれない。 しかし、昔と違ってベテランのIT技術者も増え、40歳代、50歳代のプログラマやシステム管理者も珍しくない。 元技術者の管理者も多いので、年齢が離れていても話を聞く価値はある。 年を取ると、若者に説教したくなる。 説教は年長者の権利、それを聞くのは若年者の義務である。 もちろん、説教は伝統に従い「近頃の若い者は」で始まり「それに比べてワタシの若い頃は」に続く。 「昔々ある所に」と同じくらいの定番の導入部である。 そして、最後は自慢で終わる めでたしめでたし。 どんな話からも得られる教訓はあるが、単なる自慢話は正直言ってあまり面白くはないだろう。 そこで、今回は面白い話として失敗談をしよう。 この種の失敗は誰もが多かれ少なかれ持っており、「武勇伝」として宴席で聞けるかもしれない。 面白いと思ったらさりげなく聞き出してみよう。 意外な一面が見えるはずだ。 お客様に直接迷惑をかけたという意味で、私の職業人生最大の失敗は月刊Windows Server Worldの連載「 IT嫌いはまだ早い」で書いたので今回は省略する。 読みたい方は「」をどうぞ。 あんまり読んで欲しいものでもないが。 今回はそれ以外の話を紹介する。 最初の2つは本記事 Computer World が初出である。 10人くらいの部署の専用サーバーだったので、失敗しても影響範囲は狭かった。 全員が顔見知りだったこともあって、厳密な運用手順を決めず柔軟な 行き当たりばったりの 管理をしていた。 システムは、フェールオーバークラスターを組んでいたのだが、何を思ったか「 クォーラムディスクにあるこのファイルを消したらどうなるかな」と、削除してしまった。 技術的な詳細は省略するが、結果としてシステムが停止した。 業務システムで、そんな思いつきを試してはいけないし、試すとしても そこで試すのはあり得ない選択肢なのだが 復元計画を考えておくべきだ。 たとえば削除ではなくファイル名を変更するだけに留めれば最短時間で復旧できる クォーラムを使わずに起動する方法もある。 結局、バックアップテープからシステムを復元した。 ユーザーデータは損傷していなかったこと、当時のシステム容量は数百MBであり、十数分で復旧できたため大事には至らなかった。 今思い出しても恐ろしい。 教訓: 業務システムを実験に使わないこと 最近は、システムが複雑で大きくなり、簡単に復元できなかったり、できても時間がかかったりする。 クォーラムを使わずに起動する方法もあったのだが、分からなければお手上げである。 寝不足のまま1人で休日出勤をして作業しているとき、dirコマンドとdelコマンドを間違えて打った。 もちろんファイルは消えた。 この時は、アップグレード作業の直前に行なったバックアップから特定のファイルだけを復元した。 GUIで[OK]と[キャンセル]を間違えることはよくあるし、コマンド履歴の呼び出しミスもしばしばあるが、コマンドを間違えることは珍しい。 寝不足というのは恐いものである。 教訓: システム作業前日はよく寝ること でなない。 教訓:システム管理作業は1人でやらず、2人で確認すること、 人間はミスを犯すものなので、努力に頼る運用は間違っている。 ミスをしない運用、ミスを発見しやすい運用が重要である。 私は25年間で3回くらいある。 危なかったことは数え切れない。 よくやる失敗は、余裕のある時刻に目覚まし時計をセットすることである。 アラームが鳴っても「まだ時間がある」と、つい二度寝してしまう。 寝過ごし防止には目覚まし時計を複数設定するのが効果的である。 最近は携帯電話に内蔵されたアラームを使う人が多い。 携帯電話のアラームには2つの利点がある。 複数の時刻を設定可能…余裕のある時刻と余裕のない時刻をセットしておける• 持って帰るのを忘れるのではなく、持っていくのを忘れる。 出張先にネクタイを忘れていった、靴下がない、ひげそりを忘れた。 その他いろいろ。 ただし、今はコンビニでたいていのものを売っているので、日用品を忘れても、よほどの僻地に行かない限り問題にはならない。 忘れ物の経験は誰もがあるようで、アイドルユニット「」にも「」という曲がある。 1番は新入社員が「持って来たはずの資料がない」という内容である 2番は学校の話。 歌詞では先輩社員らしき人が「次は大丈夫」となぐさめるが、次はないかもしれない。 ノートPCのACアダプタを忘れた時は、会社から届けてもらった。 これは3回くらいある 届けてくれた方、互換性のあるアダプタを貸していただいたお客様に感謝。 ディスプレイドライバが入っていないと、外部モニターに映像が出力されないことに前日気付いたこともある 前日で良かった。 これはホテルのインターネット接続を使ってドライバをダウンロードした。 研修で使用するテキストを忘れて行ったことも何度かある。 昔のことなので、どうしたか忘れたが、確かPDFを参照しながら進行したのだと思う 実は、そもそも紙のテキストは不要なのかもしれない。 あまり問題ではなさそうで、意外に精神的なダメージがあったのは時計を忘れたときである。 私は緊張すると時計を見るのを忘れるので、大型のデジタル時計を教卓に置く。 この時計を忘れたのだ。 緊張の緩和には、頭を使わなくてもよいルーチンワークが最適だ。 教室案内は良いウォーミングアップだが、お客様先だとそれがなく緊張する。 せめて時計くらいは見慣れたものを置いておきたい。 忘れ物の防止にはチェックリストが有効だ。 必要なものを列挙してきたい。 教訓: チェクリストを作る と書いたが、チェックリストは作っていない。 その代わり、よく使う小物類は1つの袋にまとめてある。 こんな武勇伝はない方が望ましいが、やってしまったものが仕方ない。 フォローしてくれた先輩社員に恩返しができるように頑張ろう。 そして、自分が先輩になったとき、後輩をフォローしてあげよう。 特に後者「自分がしてもらったことを他の人にしてあげる」こと、いわゆる「恩送り 英語ではpay forward 」を心がけて欲しい。 ついでに『』 も読んで欲しい。

次の

小説家になろう 勝手にランキング

ある日お姫様になってしまった件について ナレッジ

私の勤務先は研修サービスを提供している。 毎年、4月から6月頃は各社の新入社員に対する研修を実施しているため、この時期はにぎやかである。 賑やかすぎて他のお客様からクレームをいただくことあった。 「あった」というのは、ここ数年、若い人のマナーが良く、クレームらしいクレームが全くないからである。 先日は、昼休みに騒がしかったので、午後の講義が始まってもうるさければ注意しようと思ったのに、時間が来たら 講師が来る前に 静かになった。 講師や同僚に対しても挨拶もきちんとできているし、自然である。 かつて見られた、ここは体育会か宝塚少女歌劇か、と思うような不自然に声を張り上げたものではない。 そんなわけで、この歳になって若い人に説教する権利があるのに、行使する機会がない。 本当に残念なことである。 仕方ないので、自分の失敗談を書いてみる。 2013年03月31日付けで、「 Computer World」というWeb媒体に「 エイプリルフールに贈る武勇伝」として公開したものに加筆した。 エイプリルフールはずいぶん過ぎてしまったし、エイプリルフールの記事もいい加減つまらなくなってきたので、そこは割愛する。 この時は、TwitterだったかFacebookだったかで「4月1日はみんなで失敗談を書こう」と呼びかけた。 結構とんでもない失敗が集まっておかしかった。 同時に、おおらかな時代だったと感慨に浸った。 今は失敗に対して昔よりもはるかに厳しいので十分注意して欲しい。 まして、部長クラスともなれば雲の上の存在であり、普段話すこともないかもしれないし、年輩者の話を聞いても仕方がないと思うかもしれない。 しかし、昔と違ってベテランのIT技術者も増え、40歳代、50歳代のプログラマやシステム管理者も珍しくない。 元技術者の管理者も多いので、年齢が離れていても話を聞く価値はある。 年を取ると、若者に説教したくなる。 説教は年長者の権利、それを聞くのは若年者の義務である。 もちろん、説教は伝統に従い「近頃の若い者は」で始まり「それに比べてワタシの若い頃は」に続く。 「昔々ある所に」と同じくらいの定番の導入部である。 そして、最後は自慢で終わる めでたしめでたし。 どんな話からも得られる教訓はあるが、単なる自慢話は正直言ってあまり面白くはないだろう。 そこで、今回は面白い話として失敗談をしよう。 この種の失敗は誰もが多かれ少なかれ持っており、「武勇伝」として宴席で聞けるかもしれない。 面白いと思ったらさりげなく聞き出してみよう。 意外な一面が見えるはずだ。 お客様に直接迷惑をかけたという意味で、私の職業人生最大の失敗は月刊Windows Server Worldの連載「 IT嫌いはまだ早い」で書いたので今回は省略する。 読みたい方は「」をどうぞ。 あんまり読んで欲しいものでもないが。 今回はそれ以外の話を紹介する。 最初の2つは本記事 Computer World が初出である。 10人くらいの部署の専用サーバーだったので、失敗しても影響範囲は狭かった。 全員が顔見知りだったこともあって、厳密な運用手順を決めず柔軟な 行き当たりばったりの 管理をしていた。 システムは、フェールオーバークラスターを組んでいたのだが、何を思ったか「 クォーラムディスクにあるこのファイルを消したらどうなるかな」と、削除してしまった。 技術的な詳細は省略するが、結果としてシステムが停止した。 業務システムで、そんな思いつきを試してはいけないし、試すとしても そこで試すのはあり得ない選択肢なのだが 復元計画を考えておくべきだ。 たとえば削除ではなくファイル名を変更するだけに留めれば最短時間で復旧できる クォーラムを使わずに起動する方法もある。 結局、バックアップテープからシステムを復元した。 ユーザーデータは損傷していなかったこと、当時のシステム容量は数百MBであり、十数分で復旧できたため大事には至らなかった。 今思い出しても恐ろしい。 教訓: 業務システムを実験に使わないこと 最近は、システムが複雑で大きくなり、簡単に復元できなかったり、できても時間がかかったりする。 クォーラムを使わずに起動する方法もあったのだが、分からなければお手上げである。 寝不足のまま1人で休日出勤をして作業しているとき、dirコマンドとdelコマンドを間違えて打った。 もちろんファイルは消えた。 この時は、アップグレード作業の直前に行なったバックアップから特定のファイルだけを復元した。 GUIで[OK]と[キャンセル]を間違えることはよくあるし、コマンド履歴の呼び出しミスもしばしばあるが、コマンドを間違えることは珍しい。 寝不足というのは恐いものである。 教訓: システム作業前日はよく寝ること でなない。 教訓:システム管理作業は1人でやらず、2人で確認すること、 人間はミスを犯すものなので、努力に頼る運用は間違っている。 ミスをしない運用、ミスを発見しやすい運用が重要である。 私は25年間で3回くらいある。 危なかったことは数え切れない。 よくやる失敗は、余裕のある時刻に目覚まし時計をセットすることである。 アラームが鳴っても「まだ時間がある」と、つい二度寝してしまう。 寝過ごし防止には目覚まし時計を複数設定するのが効果的である。 最近は携帯電話に内蔵されたアラームを使う人が多い。 携帯電話のアラームには2つの利点がある。 複数の時刻を設定可能…余裕のある時刻と余裕のない時刻をセットしておける• 持って帰るのを忘れるのではなく、持っていくのを忘れる。 出張先にネクタイを忘れていった、靴下がない、ひげそりを忘れた。 その他いろいろ。 ただし、今はコンビニでたいていのものを売っているので、日用品を忘れても、よほどの僻地に行かない限り問題にはならない。 忘れ物の経験は誰もがあるようで、アイドルユニット「」にも「」という曲がある。 1番は新入社員が「持って来たはずの資料がない」という内容である 2番は学校の話。 歌詞では先輩社員らしき人が「次は大丈夫」となぐさめるが、次はないかもしれない。 ノートPCのACアダプタを忘れた時は、会社から届けてもらった。 これは3回くらいある 届けてくれた方、互換性のあるアダプタを貸していただいたお客様に感謝。 ディスプレイドライバが入っていないと、外部モニターに映像が出力されないことに前日気付いたこともある 前日で良かった。 これはホテルのインターネット接続を使ってドライバをダウンロードした。 研修で使用するテキストを忘れて行ったことも何度かある。 昔のことなので、どうしたか忘れたが、確かPDFを参照しながら進行したのだと思う 実は、そもそも紙のテキストは不要なのかもしれない。 あまり問題ではなさそうで、意外に精神的なダメージがあったのは時計を忘れたときである。 私は緊張すると時計を見るのを忘れるので、大型のデジタル時計を教卓に置く。 この時計を忘れたのだ。 緊張の緩和には、頭を使わなくてもよいルーチンワークが最適だ。 教室案内は良いウォーミングアップだが、お客様先だとそれがなく緊張する。 せめて時計くらいは見慣れたものを置いておきたい。 忘れ物の防止にはチェックリストが有効だ。 必要なものを列挙してきたい。 教訓: チェクリストを作る と書いたが、チェックリストは作っていない。 その代わり、よく使う小物類は1つの袋にまとめてある。 こんな武勇伝はない方が望ましいが、やってしまったものが仕方ない。 フォローしてくれた先輩社員に恩返しができるように頑張ろう。 そして、自分が先輩になったとき、後輩をフォローしてあげよう。 特に後者「自分がしてもらったことを他の人にしてあげる」こと、いわゆる「恩送り 英語ではpay forward 」を心がけて欲しい。 ついでに『』 も読んで欲しい。

次の

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」16話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある日お姫様になってしまった件について ナレッジ

「読書の秋」ということで、何回かに分けて書籍を紹介している。 なお、本稿は2011年8月8日と15日に、Web媒体「Computer World」に掲載したものを基に、若干の修正を加えたものである。 今回は、少し古い本になってしまったが、『』 ルイス・ガースナー著 である。 ずいぶん昔に購入したまま放置していたのだが、先日紹介した「」に触発されて読んでみた。 本書は破綻寸前だった1992年ごろのIBMが、ルイス・ガースナーの指導の下で復活を遂げる過程を描いたノンフィクションである。 インタビュー資料をゴーストライターが再構成したものではなく、実際にガースナー氏自身が執筆したそうだ これは非常に珍しいことである。 巨大化した組織は、組織を維持するための慣性力が働く。 「会社を再興させる」という共通の目標があっても、既存の枠組みを外して行動することはなかなかできない。 これは、ユニコード制定時の各国の思惑と似ているように思う。 「世界共通の文字コード」という目標にだれも異論はないが、既存の文字コードとの整合性を考えると反対せざるを得ない状況もある。 長期的な利益がわかっても、短期的な損失を補填することがほんとうにできるのか、という不安もあるだろう。 国際規格と企業経営が違うのはこうした不安の解決方法である。 国際規格の場合は、妥協案をさぐる。 また、一度制定した規格は、たとえ問題があってもそう簡単に変えることはできない。 一方、企業経営の場合は取締役会と株主が同意すれば何でもできるし、決定事項を覆すこともできる。 ただし、国際規格には嫌でも従わざるを得ないが、企業では実際に働く従業員がほんとうに意味で同意しない限りは何も動かない。 どちらが難しいということではないが、組織には多くの意見があり、統一させるには強いリーダーシップが必要だという点に変わりはない。 本書には、リーダーシップの本質についてもある程度言及されている。 IBMにも企業経営にも興味がない人でも、リーダーシップについて興味があるなら読んで損はない。 IBMは、部門売却とレイオフを行うことで、企業としては存続することに成功した。 しかし、IBMを目指し、一時期はIBMに次ぐ業界2位の地位を誇ったDEC ディジタルイクイップメント社 は、部門売却が一通り終わったあとで本体ごとCompaqに売却され、そのCompaqはHPに買収された。 HPといえば、 コンピュータ分野では DECと激しく競合していた企業であること、DEC製品群を紹介するときは「現在はHPがサポート」と書かれることから もちろんそれは正しい 、HPがDECを買ったと思っている人もいるようである。 もう面倒なので、そういうことにしておいてもいいのだが、実際はCompaqが間に入っている。 私が勤務するも、DECから売却された部門である。 大企業が傾いた場合は部門売却が行われることが多いが、これは決して悪いことではない。 DECがストレージ部門を売却したからこそ、DLTというテープ装置が業界標準となった 売却されなければ競合他社は採用しなかっただろう。 製品だけではない。 企業が解体されることで、人材が流動化することで業界全体が活性化する面もある。 解雇された方は大変だったと思うが、結果としてその方が専門を生かせたのではないかと思う。 日本は終身雇用制が伝統だと思われているが、書籍などを読んでいると高度成長期に入る前の技術者は、転職を繰り返すのが普通だったという。 日本は、高度成長期に「物作り」で世界を席巻したが、その基礎を作った人たちは終身雇用制の下で技術を覚えたのではないということになる。 新入社員の一斉入社も、高度成長期からの習慣で、その前は卒業後にインターンを経たり、学校を中退して入社するケースが多かったらしい。 日本では、再び終身雇用制が崩れ、新卒採用も異常な状況になっている。 こうした状況を考えながら、IBMの凋落と復興について考えるのも面白いと思う。

次の