過敏 性 腸 症候群。 過敏性腸症候群の人は、実はグルテン不耐症?

過敏性腸症候群が完治! 治し方は食事とストレス解消!

過敏 性 腸 症候群

過敏性腸症候群(IBS)とは 便秘・下痢といった便通異常や腹痛が長期間に渡って続いており、検査をしても異常が見られない病気です。 ストレスや緊張をきっかけに腹痛が起こり、便秘・下痢を繰り返します。 特徴的な症状として、腹痛や腹部の違和感が繰り返し起こり、排便によってその症状が解消されるというものがあり、症状が現れている間は排便頻度や便の形状変化などが起こります。 こうした状態が1ヶ月あたり3日以上あり、それが3ヶ月間続くと過敏性腸症候群の可能性が高いと言えます。 ストレスによって症状が起こり、命に関わることはないので、市販薬で症状を抑えて我慢されている方が多いのですが、過敏性腸症候群は専門的な治療により改善することができる病気です。 なにより過敏性腸症候群は生活に大きな支障を与える病気です。 専門医による適切な診断と治療を受けることで快適な生活を取り戻しましょう。 過敏性腸症候群の原因 内因性の腸内細菌叢のバランス・摂取した飲食物・ストレス、外因性の粘膜の炎症・遺伝などさまざまな要因によって起こっているとされています。 内因性の要因がきっかけとなって腸の働きを司る自律神経に異常が起こり、ぜん動運動が乱れて症状が起こると考えられていますが、はっきりとした原因はわかっていません。 胃腸の働きは緊張や不安だけでなく、過労・不規則な生活・睡眠不足・偏った食事などによって影響を受けやすく、こうしたストレスは腸のぜん動運動を変化させてしまいます。 ぜん動運動が鈍くなると便秘を、活発になりすぎると下痢を起こします。 こうしたきっかけにより下痢や便秘などの便通異常は繰り返し起こすと、しだいに腸が刺激に対して敏感になるため、長期化すると悪循環を起こしやすくなります。 過敏性腸症候群の治療方法 下痢型、便秘型、交代型・混合型といったタイプや症状の強さ、患者様のライフスタイルなどに合わせて治療方針を決めていきます。 主に、薬物療法、漢方治療、生活習慣の改善があります。 過敏性腸症候群は、つらい症状が出てしまいますが、症状が起こる少し前に「もうすぐ症状が起こりそう」という予兆を感じるケースがよくあります。 そうした予兆を感じたときに服用して、つらい症状を和らげる薬もあります。 お悩みの方はご相談ください。 薬物療法 腸の動き、便の硬さ、腸内細菌叢をそれぞれ調整する薬、腸の過敏性を改善する薬、ストレスや不安を抑える薬などから選択します。 予兆がある方には、その際に服用してつらい症状を和らげる薬も処方しています。 漢方治療 主に薬物療法と併用して、自然に近いお通じを促す目的で使用します。 桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)は便秘傾向があるケースに、桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)は腹部膨満感が強いケースに効果が期待できます。 生活習慣改善 ストレスの軽減• 規則正しい生活• 睡眠をしっかり取る• 朝日を浴びる• リラックスできる時間を毎日必ず作る• 毎日、できるだけ同じ時間に3食をとる• 食物繊維の多いものを積極的にとる• 乳酸菌が含まれたものを積極的にとる• 香辛料や過剰な脂肪摂取を控える• タバコやアルコールをできるだけ控える• 温かい水分をたっぷりとる 下痢型の場合も食物繊維の積極的な摂取は症状改善に有効です。 食物繊維が多い食品 ゴボウ、海藻、きのこ、こんにゃく、納豆、バナナ、アボカド、ドライフルーツ、きなこ.

次の

過敏性腸症候群(IBS)の治療法

過敏 性 腸 症候群

関連記事 1.過敏性腸症候群の特徴とは? まず始めに、過敏性腸症候群の症状や特徴をご紹介しましょう。 下痢になるというイメージが強い病気ですが、下痢以外にも症状があるのです。 1-1.便秘や下痢など排せつの異常が起こる 過敏性腸症候群とは、便秘や下痢など排せつの異常が起こる病気です。 といっても、異常が起こる期間が限られているのが、この病気の特徴。 平日の午前中など「これからストレスがかかることが起きそうだ」という前に、発生することが多いです。 平日でも午後から夜間にかけてや、休日などは異常が起こりにくいと言われています。 ちなみに下痢になるのは男性が多く、便秘の症状が出るのは女性が多いそうです。 また、しばらく便秘が続いた後に下痢になる混合型に悩まされる人もいます。 さらに、腸内にガスがたまって腹部膨満感に苦しむ方も少なくありません。 1-2.検査をしても異常が出ない 便秘や下痢は、重い病気の症状である場合があります。 大腸に悪性腫瘍(あくせいしゅよう)やポリープができたりしても、ひどい便秘や下痢になることがあるでしょう。 しかし、過敏性腸症候群の場合は、検査をしても異常が発見できないことがほとんどです。 ですから、整腸剤や下剤など便秘や下痢の症状を和らげる対症療法(たいしょうりょうほう)しかできずに、長い間苦しまれる方も少なくありません。 1-3.日常生活に支障が出る方もいる 過敏性腸症候群は、電車の中などすぐにトイレへ行けない状況だと急に症状が出る場合があります。 一度でもつらい思いをしてしまうと、「またトイレにいけない状況で、同じような症状が出るのではないか」と考えてしまう方もいるでしょう。 そうなると、日常生活にも支障が出る場合も少なくありません。 また、夕方や休日は症状が出ない場合も多いので、家族などに「仮病ではないか」と疑われる人もいます。 つらい思いを周りの人に理解してもらえないことで、よけいに症状が悪化する方もいるでしょう。 関連記事 2.過敏性腸症候群の原因とは? では、過敏性腸症候群の原因とはいったい何でしょうか? この項では、原因の一例と過敏性腸症候群にかかりやすいタイプなどをご紹介します。 2-1.過敏性腸症候群の原因とは? 過敏性腸症候群の原因は、まだはっきりとはわかっていません。 しかし、ストレスが原因のひとつであることは、間違いないでしょう。 大きなストレスがかかると、脳からストレスホルモンが分泌され、腸の働きがおかしくなると言われています。 社会人になると、仕事などで大きなストレスを感じることも、珍しくありません。 ストレスホルモンの分泌と腸の異常な動きがくり返されると、やがて腸は知覚過敏になります。 知覚過敏になった腸は、わずかな刺激でも強い症状が出るようになるのです。 これが、過敏性腸症候群のメカニズムのひとつと言われています。 2-2.過敏性腸症候群になりやすいタイプとは? 現代はストレス社会、と言われています。 生きていれば大なり小なりストレスを感じることもあるでしょう。 しかし、ストレスを感じる人すべてが過敏性腸症候群を発症するわけではありません。 過敏性腸症候群を発症しやすいのは、感情表現が苦手な方が多いのです。 ストレスを感じても、それを発散する方法を知っていればためこむことはありません。 しかし、ストレスを感じてもそれをうまく発散できない人もいます。 ストレスの発散方法は感情の表し方によく似ているのです。 悲しいことやつらいことがあっても、それを表に出さずに笑顔を崩さない人ほど、ストレスもたまりやすいでしょう。 行き場を失ったストレスが、腸の異常となって現われるのです。 ですから、過敏性腸症候群とは、今まで押し殺してきたストレスが発散されている状態とも言えるでしょう。 関連記事 3.過敏性腸症候群の治し方とは? では、過敏性腸症候群はどのような治療法があるのでしょうか? この項では、過敏性腸症候群の治し方の一例をご紹介します。 3-1.整腸剤などで腸の調子を整える 過敏性腸症候群の場合は、下痢や便秘で腸が付かれていることも多いです。 ですから、整腸剤や便秘薬でまずは腸の調子を整える治療をしていくことが一般的でしょう。 また、整腸剤や便秘薬を処方されると、「これでつらい症状から解放される」とほっとする方もいると思います。 3-2.不安な気持ちを解消する薬も処方されることがある 前述したように、過敏性腸症候群は精神的なことが原因のケースが多いです。 ですから、症状だけ緩和しても、根本的な解決にはなりません。 内科と精神科が協力して不安な気持ちやストレスを和らげる薬が処方されることもあるでしょう。 また、心療内科で治療を受けるように勧められることもあります。 ストレスが少なくなって精神的にリラックスすると、症状も和らいでくることが多いです。 3-3.ストレスの原因を探る しかし、いくら薬で症状を和らげても、ストレスをためこむ習慣が変わらなければまた再発の可能性があります。 ですから、時間がかかってもストレスの原因を探したりストレスをためこまないようにする方法を考えたりしましょう。 場合によってはカウンセリングなども有効です。 3-4.食生活にも気を配る いくら異状がないとは言っても、便秘や下痢をくり返した腸は弱っています。 ですから、腸を刺激するような食べ物はさけましょう。 からいものや脂っこいもの、酸味の強いものなどはできるだけ食べない方がよいですね。 また、ストレスがたまると暴飲暴食してしまう方は、その習慣をやめてください。 さらに、夏は冷たい食べ物が冬は熱い食べ物が恋しくなる時期です。 でも、熱すぎたり冷たすぎたりする食べ物もできる限りさけましょう。 関連記事 4.おわりに いかがでしたか? 今回は。 過敏性腸症候群の原因と治し方についていろいろとご説明しました。 まとめると• 過敏性腸症候群はストレスが原因のことが多い。 ストレスをためこみやすい人や、感情表現が下手な人ほど発症しやすい。 腸の調子を整えてストレスの発散方法を見つけ出すと完治しやすい。 腸に負担のかかる食べ物は食べない。 ということです。 現在は、若い人ほど過敏性腸症候群にかかりやすいと言われています。 症状を他人に説明するのが恥ずかしいので、ひとりで悩んでいるという方もいるでしょう。 しかし、過敏性腸症候群が自然に治癒する可能性は決して高くはありません。 同じような症状で悩んでいる方は、たくさんいるのです。 また、過敏性腸症候群かと思ったら違う病気だったということもあるでしょう。 ですから、便秘や下痢が1か月以上治らないという場合はできるだけ早く病院に行ってください。

次の

大腸激躁症

過敏 性 腸 症候群

過敏性腸症候群(IBS)とは 腹痛、下痢や便秘、膨満感という症状を繰り返し起こす疾患で、適切な治療により改善できます。 緊張などをきっかけに強い腹痛を起こし、下痢になって排便すると症状が治まるというのが代表的な過敏性腸症候群のタイプですが、便秘を起こすタイプ、下痢と便秘を繰り返すタイプ、膨満感が強く不意にガスが漏れてしまうタイプがあります。 症状は他の大腸疾患と共通したものが多いのですが、検査をしても異常が認められない場合は過敏性腸症候群の可能性が高いと言えます。 体質だと思って市販薬で症状を抑えている方が多いのですが、市販薬によって症状を悪化させてお仕事や学業などに支障が及んでいるケースもあるため注意が必要です。 過敏性腸症候群の治療 タイプや症状の現れ方、タイミングに合わせるだけでなく、患者様のライフスタイルやお考えに沿った治療が重要だと当院では考えています。 症状を緩和させるための薬物療法に加え、漢方や生活習慣改善のアドバイスもさしあげて、できるだけ早く快適な生活を取り戻していただけるようサポートしています。 薬物療法 腸管の動きや便の硬さの調整、腸の過敏性改善、腸内細菌叢(さいきんそう)を整えるなどの薬剤から適切なものを処方していきます。 ストレスの影響が強い場合には、気持ちの落ち込みや不安を抑制する薬剤を使うこともあります。 腹痛からの下痢といった症状がある場合、予兆を感じた時に服用してその後に現れる症状を抑制するものもあります。 薬の効果には個人差がありますので、患者様と相談しながら一番いい処方を見つけていきます。 画像:薬物療法 漢方 体質などに合わせた処方が重要です。 時間をかけて便秘や下痢、膨満感などの症状を和らげていくものや、正常なお通じに導くもの、冷えを解消して症状緩和につなげるものなどがあります。 ご希望があれば薬物療法と併用してお出ししています。 生活習慣改善 症状の便通異常は、生活習慣によって悪化している場合がよくあります。 ちょっとしたことに気を付けて、腸の状態を正常に戻していきましょう。 唐辛子・脂肪などの過剰摂取、暴飲暴食は腸にも大きな負担をかけます。 また、飲酒や喫煙も消化器に負担が大きいため、できるだけ控えてください。 水分補給 便秘の解消、下痢による脱水防止に水分補給は欠かせません。 冷たい飲み物は刺激が強いため、下痢を起こしやすい方は温かいものをたっぷりちるようにしてください。 十分な睡眠と規則正しい生活 自律神経の乱れは十分な睡眠や規則正しい生活で解消へ導くことができます。 3食を決まった時間にとるようにするなど、できることからはじめていきましょう。 また、体内時計を正常に戻すことも自律神経のバランスを保つためには役立ちます。 目覚めたら短時間でも朝日を浴びることで体内時計が整いやすくなるとされています。 食物線維 過敏性腸症候群はどのタイプであっても食物繊維を適切な量、摂取することが改善につながります。 腸の状態によっては、合う食物繊維の種類が異なるケースもありますので、医師のアドバイスを受けると安心です。 腸内細菌叢を整える 腸内細菌のバランスが整うことで腸の状態も改善します。 乳酸菌を多く含むヨーグルトや漬物などを日常の食事に取り入れましょう。

次の