おい と まし ます ドラマ。 親バカ青春白書|日本テレビ

≪韓国ドラマNOW≫「一度行ってきました」45、46話、イ・ミンジョンが公開恋愛宣言│韓国ドラマ│wowKora(ワウコリア)

おい と まし ます ドラマ

今、世界的に人気の韓国ドラマ 「愛の不時着」。 北朝鮮と韓国の国を超えた愛の物語を描いたこの作品。 このドラマはロマンティックコメディドラマとして、人々に多くの感動を与えました。 そしてまた、このド ラマでは北朝鮮の暮らしをリアルに表現しているという点においても話題になりましたよね。 私もこのドラマをみて、北朝鮮の暮らしを身近に感じ、また実際の北朝鮮の暮らしはどうなのかと北朝鮮に興味を持つきっかけになりました。 そこで、どこまでこのドラマが北朝鮮の暮らしなどをリアルに表現されているのかについて気になったので、色々と韓国の記事をみてみました。 そこでとても興味深い記事がたくさんあったので抜粋してこのブログでお伝えできたらと思っています。 「北朝鮮は他国に留学できるのか??」 「愛の不時着」に登場する留学生たち。 このドラマでは留学を経験した人物が登場しています。 まずは主人公の リ・ジンヒョク中隊長。 彼は政務局長の息子に生まれ、ピアノの天才としてスイスでの留学生活を送っていたという背景が描かれていました。 そしてそんなリ・ジンヒョクの婚約者である ソ・ダン。 彼女も平壌百貨店の令嬢として生まれロシアでチェリストとして10年間の留学生活を送り北朝鮮に帰国したところから登場されます。 このようにこのドラマでは2人の北朝鮮人が外国に留学していました。 しかしこの場面たちを見た私は思いました。 「北朝鮮人はこのように他国に行ったり、留学することが普通にできるのか?」 北朝鮮に対して国民を自国で制圧しているようなイメージがあった私はドラマの人物のように他の国で留学なんてそんな簡単にできるものではないのでは?と疑問を抱きました。 他国に留学になんて行かせたら、他国の発展を目の当たりにして 北朝鮮に対して不信感を抱き脱北する人が増えるのじゃないか?、 もしかしたらこのドラマのこの設定は非現実的なものではないのか?と思ったのです。 実際、可能なのか?? 韓国のある記事では 北朝鮮でも国家が全て費用を出す 国費留学生に加え、個人が負担して外国に勉強しに行く 私費留学生が実際にいる。 大韓貿易投資振興公社の統計資料によれば北朝鮮から中国に留学に留学に来る学生達は、学士、修士、博士、研修生などを合わせて 毎年400人いて、理工系専攻が主に多い。 とあります。 そしてその後、実際にこのドラマの参考委員として参加していた平壌に生まれ平壌外国語学院を出て金日成総合大学で英語を専攻し2012年に中国留学中に脱北したというキム・クムヒョクさんの話が続きます。 大部分の国費留学生の専攻は 理工系専攻だ。 人文学系、文系の専攻者の場合、国費留学生として留学することは難しい。 しかし、 政府のからの要求条件を全て満たし、私費で留学費を出すことができる人ならば、十分に留学することは可能だ。 この脱北者であるキム・クムヒョクさんの話によれば、このドラマに登場する政務局長というエリートの元に生まれたリ・ジンヒョク中隊長、そして平壌百貨店の令嬢であるソ・ダンのような権力や経済的余裕があり留学費を個人で出せるような2人が、ピアノやチェロなど理工系ではなく、芸術系専攻であっても他国に留学したというのは 可能な話ですね。 他の国に比べてたら到底少ないものの、北朝鮮も国費、私費で留学させているということがわかり、驚きでした。 しかしこの記事をみてというところが非常に気になりましたが、、、、脱北しないという誓約書でも書かされるのでしょうか??? ソ・ダンのロシア留学 他国に留学することが可能な話であるということがわかったところで、2人が留学した国であるロシアとスイスについて見てみましょう。 まず、ソ・ダンが10年間チェリストとして留学生活を送るロシア。 とあります。 これによれば、ロシアで実際に北朝鮮人が留学しているということがわかりますね。 そのため ソ・ダンがロシアで留学生活を送ったという話は現実的にありえる話だということがわかります。 リ・ジョンヒョク中隊長のスイス留学 スイスで天才ピアニストとして留学生活を送っていたというこのドラマの主人公であるリ・ジンヒョク中隊長。 この記事ではスイスの北朝鮮留学生の統計についての記述がなかったのですが、スイスという国は永世中立国として、長年北朝鮮に対して、人道支援を行ったりなど 北朝鮮と外交活動を行っている数少ない国の1つのようです。 最近では2018年6月に行われた金正恩朝鮮労働党委員長とドナルド・トランプ米大統領によって行われた首脳会談の開催国としてスイス自ら立候補したという話もあるみたいです。 また、金正男や金正哲、そして金正恩、金与正などの 金正日元総書記の息子、娘らがスイスに留学をしていたという事実もあります。 このようにスイスは北朝鮮と深い外交関係があったり、また北朝鮮のエリート、ましてや国のトップである総書記の子供が留学にいったこともあり、 スイスは北朝鮮にとって深い関係にあるということがわかります。 となるとリ・ジンヒョク中隊長のスイス留学は可能なのか?? 十分現実にあり得るのではないかと思います。 リ・ジンヒョク中隊長の父親の政務局長という位がこの作中においていかに強い権力をもった位であるのかについては、このドラマをみた人は十分にわかると思います。 そのため実際北朝鮮における政務局長の位がどのくらいの立場についてはわかりませんが、このドラマにおける立場を考えたら、金正恩などが留学に行ったことを踏まえて十分可能な話になるのではないでしょうか? まとめ 今回は、北朝鮮と他国への留学についてまとめてみました。 スイスに留学したリ・ジンヒョク。 そしてロシアに留学したソ・ダン。 この2人の北朝鮮人の他国に留学経験があるという設定が実際にあり得る設定になっていることがわかり、やはりこのドラマは北朝鮮のリアルが忠実に反映されたドラマであるということがわかりました。 北朝鮮の実態を探るとがなんだか新鮮で冒険心をかきたてられ、とても面白かったのでこれからも「愛の不時着」における色々な疑問について探っていきたいと思います。

次の

【歌ってみた】夢追翔、「まちがいさがし」を歌わせていただきました。 / ドラマ「パーフェクトワールド」主題歌

おい と まし ます ドラマ

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。 6月23日(火)の「社会人意識調査」のテーマは「『梨泰院(イテウォン)クラス』、観ましたか?」。 はたして、その結果は……? 番組パーソナリティを務める本部長・マンボウやしろ(左)と秘書・浜崎美保(右) Q. 「梨泰院(イテウォン)クラス」、観ましたか? はい 2. 7% いいえ 97. パク・セロイ、チョ・イソ、オ・スア、チャン・デヒなど、独特のキャラクターがいて、話が進んでいくにつれて、登場人物たちの人物像が立体的に見えてくるのがとても魅力的です。 日本のドラマとは、また違う感じなのも新鮮なのだろうと思います。 全16話一気に観てしまいます。 徹夜必至です。 修羅場のシーンがあると、なぜか恥ずかしくなってしまい、観続けることができません……。 そんな私でも、唯一見続けているのは、朝ドラの『エール』(NHK)です。 7%、「いいえ」が97. 3%となりました。 ステイホーム期間に昔の懐かしいドラマが再放送をしていたことにより、ドラマにすっかりハマってしまった、という人も多いのではないでしょうか。 【『梨泰院クラス』は20代に人気?】 男女別で見てみると、「はい」と答えた人の割合が、男性では1. 9%、女性では3. 9%となりました。 また、世代別で「はい」と答えた人の割合を見てみると、20代では5%、30代では2. 1%、40代では3. 2%、50代では1. 6%となっています。 投票はサイトから受け付けていますので、ぜひご参加ください。 tfm. 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の

韓国ドラマ 一度行って来ました 第37,38話あらすじ

おい と まし ます ドラマ

ケーブルテレビのドラマが人気を得るようになったのは2007年ごろからです。 最初に話題になったのは「とんでもないヨンエ氏」というドラマです。 「ケーブルではドラマの視聴率が取れない」と言われていた当時、1%を越える視聴率をあげて関係者たちを驚かせました。 特定の視聴者を狙う ケーブルでの1%と言うのは地上波では数倍の数字にあたります。 これに刺激を受けた各ケーブルテレビはそれ以後次々とドラマを制作するようになりました。 その際、ケーブルテレビならではの秘訣がありました。 地上波のように万人受けのドラマではなく、特定の視聴者だけをターゲットにする果敢な企画のドラマで勝負する方がいいということです。 視聴率にとらわれないほうがむしろ気軽に様々なチャレンジができるため、スタッフはもちろん俳優たちもやる気が出ました。 いわば、ケーブルテレビの非主流的な宿命が、むしろ好機になったのです。 しかし、チャンネルが少ない地上波とちがって、何10チャンネルもあるケーブルテレビでは、すぐチャンネルを変えてしまう視聴者の傾向を意識しなければなりません。 なにしろ、チャンネルを変える途中に一瞬見た番組が面白くてそのまま見てしまうケースが多いのがケーブルテレビの視聴者のパターンなのです。 そこで、視聴者の目を引くように場面ごとに面白いネタを入れるようにドラマ制作者たちは工夫しています。 (ページ2に続く).

次の