寝すぎて目が腫れる。 毎朝、まぶたが腫れる(浮腫む)!!!(涙)

朝に目が腫れる原因と対処は?まぶたを治す即効むくみ解消法

寝すぎて目が腫れる

まぶたはなぜ腫れる? 泣くと目が腫れる原因のほとんどは まぶたへの摩擦です。 「摩擦?こすってないのに?」と思うかもしれませんね。 涙を拭うときに目を抑えたり、泣いている間に枕に顔を押し付けていたりしませんか? まぶたの薄い皮膚の下には毛細血管がたくさんあります。 たとえこすらなくてもわずかな刺激で簡単に傷ついてしまいます。 傷ついた部分を治そうと、血管が広がって血液やリンパによってたくさんの栄養が運ばれます。 そうすると血管の外にも 組織液が溜まっていきます。 そのため目が腫れぼったくなってしまうんです。 もう一つの理由が 涙の塩分です。 自分の体から出たものでも、涙の塩気は目には刺激が強すぎます。 塩水で目を洗ったら痛いですよね? 目に涙が溜まっている状態が長いほど腫れやすくなります。 これもこすらなくても腫れる原因の1つですね。 腫れを抑える対処法 涙は目の下で拭う 翌日にまぶたの腫れを残したくないなら、 こすらないのは絶対条件です。 そのうえで、まぶたに触れないように涙を拭うことを意識しましょう。 涙が目の下まで流れてくるのを待ってからハンカチで軽く抑えるように拭います。 イメージはドラマで女優さんが涙を流すシーンです。 あふれ出た涙は落ちていくばかりで目元をこすったりしませんよね。 あんなに涙を流すとよけいに腫れそうですが、実は流しきったほうがまぶたへのダメージは少なくすみます。 中途半端に目に涙をとどめておくほうが腫れやすくなるんです。 泣き終わったらすぐ冷やす 早めにまぶたを冷やすことで腫れを軽減できます。 保冷剤や冷たいペットボトルをタオルに包んで、まぶたにそっと当てます。 冷たいものがなければ水を張った洗面器に顔を付けるだけでもいいです。 とにかく早めにクールダウンさせます。 冷蔵庫で化粧水を冷やしておいて入浴後に使うのもありですね。 しっかりと眠る 睡眠不足だとよけいに目は腫れやすくなります。 気持ちを静めて心地よく眠れるようにアロマや静かな曲で環境を整えましょう。 うつ伏せで寝ない うつ伏せで寝ると一晩中まぶたに刺激を与えることになります。 必ず仰向けで休みましょう。 泣いた後の敏感なまぶたではあっという間に腫れ上がってしまいますよ。 タオルで温冷 翌日になって目が腫れてしまったら、もう冷やしても手遅れです。 すでにまぶたの周りに組織液が溜まっている状態です。 溜まった液はリンパや血管に流れるので、いずれ腫れは引いていきます。 それを早めるには流れ、つまり血流を良くしてやればいいんです。 血流を良くするには 温めて血管を広げるほうが効果的です。 さらに冷やしも加えて血管を伸縮させるとより血流を促せます。

次の

突然まぶたが腫れた!!原因はアレルギー?目の腫れの原因と正しい対処法を知ろう

寝すぎて目が腫れる

目が腫れる症状一覧 目が腫れていることから 疑いのある病気としては ざっと紹介するだけでも これだけ存在します。 ・麦粒腫(ばくりゅうしゅ) ・霰粒腫(さんりゅうしゅ) ・結膜炎(けつまくえん) ・眼瞼炎(がんけんえん) ・眼瞼皮膚炎(がんけんひふえん) ・帯状疱疹(たいじょうほうしん) この中で、 アトピーと関係性が高い症状は ・結膜炎(けつまくえん) ・眼瞼皮膚炎(がんけんひふえん) この2つです。 目やには出ていますか? 結膜炎なのか眼瞼皮膚炎なのかを 見極める1つの境界線としては 目やにが出ているのかどうかです。 目やにというのは白血球が ウイルスと戦い死亡した結果、 出てくる成分でもあります。 なので、目やに出ているのであれば アレルギーやウイルスに 感染している可能性が高く 結膜炎だと言えます。 逆に目やには出ていないけれど 周辺が痒いということであれば 眼瞼皮膚炎の可能性が高いです。 なぜ、目が痒くなるのか? それでは、 なぜ目が痒くなるのでしょうか? この辺りは人によって 原因が変わりますが 個人的に感じている原因は 全部で『3つ』あります。 その3つとは、 ・精神的ストレス ・睡眠中の汗 ・乾燥 です。 1つずつ解説していきます。 免疫力が低下してしまうと 外からやってくるウイルスを 退治することができずに感染します。 その結果、目が腫れたりといった症状が 起こりやすい状態となります。 なので、汗をかいてしまうことで それが痒みに繋がりアトピーを悪化させる 1つの原因となるわけです。 汗と聞くと昼間にかくものと 思ってしまいがちですが、 寝ている時も汗はかきます。 睡眠中の時は無意識の状態なので 理性のブレーキが効かずに 痒みがおさまるまで掻いてしまいます。 季節の変わり目などで 目が腫れたりする場合は 寝具を変えたことで汗をかいてしまい それが目を腫れさせた原因とも言えます。 目の周辺部分が乾燥していると それが痒みに繋がってしまい 目が腫れやすくなります。 目の周辺は皮が薄いので ちょっと掻くだけでも 腫れてしまう原因となります。 寒い時期に入ると 乾燥しやすくなるので 保湿剤でケアをしましょう。 目のアトピーは要注意 精神的ストレスや汗などによって 目が腫れる場合に注意したいことは 他の病気を発病させないか? ということです。 例えば、 目のアトピーが原因によって 引き起こされる症状として ・白内障 ・緑内障 ・網膜剥離 などが言われています。 目をこすってしまうことで 眼球を傷つけてしまい このような重い病気へと 発展する可能性もあるのです。 なので、目のアトピーというのは 他の部位よりも危険度が高いと言えます。 どうすれば目のアトピーを改善できるの? 目のアトピーを改善させるには ・精神的ストレスの緩和 ・乾燥へのケア ・寝室の環境を整える この3つが大切です。 精神的ストレスが重なると免疫力が低下し 簡単にウイルスに感染してしまいます。 ストレスは人によって違います。 例えば、 金銭的に部分でストレスと なっているのであれば ノートに金額を書き出して いくら足りないのかを しっかりと整理したり 人に相談しましょう。 また、汗によって痒くなるのであれば 掛け布団の保温性が高すぎないか。 という部分に気をつけたり、 寝室の温度を調整するようにして 寝苦しい状況を回避しましょう。 また、目元の乾燥ケアを行い 痒みが出ないようにすると良いです。 目やにで、目が開かなくなった体験 僕自身、一時期目が腫れてしまい 別人のような顔つきでした。 そんな顔を見られたくなかったので 外出はできる限り控えていて どうしても出ないといけない時は 大きめのマスクを装着していました。 それでも目は出ているので 病気だと一目でバレていたと思います。 僕の場合は精神的なストレスによって 免疫力が低下しウイルスに 感染していました。 なので目やにが出ており 日によっては朝起きると目やにで 目が開けられないこともありました。 また、ストレスによるかゆみで 寝ている間に目をこすってしまい 余計に目が腫れてしまいました。 ちょうどその時期は寒くなるタイミングで 羽毛布団に切り替えたことも 目が荒れる原因だったと思います。 保温性が高いため寝ている間に 汗を大量にかいてしまい 痒みへとつながっていました。 目がアトピーになると 他の場所以上に気になりますし 白内障などの病気になる危険もあるので 今回お伝えした対策法を参考に 改善してもらえたらなと思います。

次の

速攻で目の腫れを治す方法。今すぐ出掛けたい時にできる!

寝すぎて目が腫れる

泣いた翌日も目が腫れますが、よく寝すぎた次の日も目が腫れます。 ここのところ出張が多く気疲れもしているため、いつもよりもだいぶ早く寝たところ、翌日目がなかなか開きませんでした。 鏡を見ると瞼がバッチリ腫れていました。 ふだん、奥二重なんですが目が腫れると一重になります。 かなり腫れぼったいです。 目が腫れているだけで顔が全く違って見えます。 頑張ってメイクしたんですが瞼の腫れが引いてきたのはお昼過ぎてからでした。 いろんな人が私の顔を見て、え!?昨日泣いたの?という驚いた顔をするので 「違うんです!昨日、寝すぎたんです!!!」と本当なのに必死で言ってみたり。 たくさん寝ても余計眠くなった気もしますし、何事もちょうどよさですよね。 siawasenico.

次の