カンフー ハッスル。 『カンフーハッスル』武侠講座

映画「カンフーハッスル 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

カンフー ハッスル

原題: 監督主演: 製作国:中国/カ 上映時間:103分 昨夜観たの映画がつまらなかったので、このまま寝たくないなと思ってとを続けて観始めたら面白すぎて寝不足になった。 は序盤とかストーリー部分飛ばして試合シーンだけ観たので感想書くのはやめとこう。 というか、この映画は面白い部分が全部わかりやすく露出していて改めて書く気がしない。 は少年ジャンプの努力友情勝利に男女の愛情を足した要素で勝利する。 また努力とは言ったが映画の主人公は、努力や修行は過去に済ませていて潜在能力はあるのだが、自分の資質に気づいておらず力を充分発揮できていない、そこで終盤苦境に陥った事で悟り、100倍くらいにパワーアップして勝利する。 僕はこれを超人エンドと呼んでいて一番好きな終わり方。 の「CURE」とか「カリスマ」とかもこれだ。 こないだのチャウシンチー映画の映画もこの超人エンドだった また、普通のみすぼらしい中年(と本人)が実は凄い達人、という 「在野の凡人に達人あり」的な要素もかなり好きだ。 「」は今では傑作だと思ってるが、実は最初観た時はわかりやすい「」の方が好きだった。 でも「」だって、少年ジャンプのインフレバトル数年分のように進んでいくだけなのだが、主人公の扱いが変わっている。 主人公は最初からずっと出ずっぱりだが只のチンピラで、そこら辺の常人よりも弱いくらいなのでインフレバトルには参加してなかったが、主人公は斧頭会に所属しているため、達人夫婦を殴るはずが身体の正義が勝手に動き火雲邪神を殴ってしまう。 激怒した火雲邪神に殴られ重体になるが、 火雲邪神に殴られた事で身体の気脈が開き覚醒。 主人公は子供の頃、ホームレスに「君には素質がある」と言われ、中国拳法の奥義「神掌」の教本を貰い通信空手のようなノリで修行していた。 「」と同じように元々、最強の達人だったが自分で気づいてないので力を発揮できず、気付きによってフルパワーになるパターン。 このの「號」&「」とか「」みたいな急激なインフレはたまらないものがある。 また子供の頃いじめられてたヒロインを助けた事で正しい心がある事も示唆している。 実は主人公が1から100へとパワーアップする事に、初見では着いていけず「」の方がいいなと思っていたのだが何回か観るうちに、これは凄い傑作だなと理解した このヒロインは短い出演時間で数回しか出てこない(しかも喋れない)ので、ヒロインというより回しの様な役回りだが、短い出演時間の表情とキャンディーだけで完全に超ヒロインの役割をこなしてて凄いと思った。 主人公が彼女にナイフを突きつけて「金出さないとブッ殺すぞ!」と言った時の二人の恰好と、背景の恋人同士が踊ってる絵のポスターのポーズが被ってるシーンは凄くしびれた 悪の達人・火雲邪神はブルース・リャンという往年のカンフースターが演じている(詳しくないのでよく知らない)。 この人は何故か演技が異常にカッコいい。 何か喋った後とか仕草が異常に自然過ぎて(どう書いて説明したらいいのかよくわからない)それが達人としての描写とのギャップがあって異常にカッコいい。 これが彼の素なのかの演出なのかはよくわからない 唯一無二・真の達人となった主人公シンだが火雲邪神のガマガエル拳を喰らって天高く飛ばされるが、天空で更に新たな悟りを得て奥義・神掌を会得。 奥義・神掌を繰り出しながら急降下する主人公に恐怖を感じた火雲邪神は負けを認め、シンは神掌を止める。 敗北は擬態だった火雲邪神は、達人夫婦に勝利した時のように毒針で奇襲をかけるが、 シンはそれを避け神掌で火雲邪神の背後のビルを吹っ飛ばす。 」と言う。 このショットがヒーローを飛び越えて 聖人レベルにまで到達しててヤバすぎる。 しかもほんの数十分前までは一般人以下のチンピラだったのでその高低差に目まいがする(初めて観た時、この映画を受け入れきらなかった理由は多分これだろう) 完全無欠のヒーローになってしまったためか、これ以降、はヒーローをやらなくなってしまったのが残念だ。 またやって欲しい。 火雲邪神は、物理的なの技だけではなく精神的な負けも認め、長年の夢であった(たぶん)敗北を知る事ができ泣き崩れる。 この場面は最高だった 豚小屋砦の住民たちは達人夫婦以外、全員、退去した後で誰もいないというのも「」の戦でドヤ街の子供たちなどのボクシング関係者以外が誰も応援に来ていないのを思い出してしびれる。 つまりこの最後の場面は真の達人しか居てはいけないシーンなんだなとわかる。 達人夫婦は神域ではないにしても相当強い真の達人なので観戦と実況を許されている(あと観客もね) その後、主人公は仙人のような人間離れした路線に行くこともなく、優しい青年に戻り、街でヒロインや舎弟と再会して幸せになって終わる。 のとは「」などでもそうだったが、スクリーン上で如何にスーパーパワーを見せていようと、おそらくは「楽しく暮らすための自信になればいいもの」程度の認識なんだと思う。

次の

映画「カンフーハッスル 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

カンフー ハッスル

カンフーハッスルのネタバレあらすじ:起 舞台は1930年代の上海。 その時代、猪籠城塞と呼ばれる貧しい人々が暮らす集落がありました。 ある日、そこに斧頭会を名乗る二人の男があらわれます。 斧頭会とは、当時世間を震撼させていた暴力組織です。 普通斧頭会の名前を聞けばたちまち震え上がるものですが、そこの住民は一切反応を示さず、それどころか圧倒的な力でその二人を退治してしまったのでした。 実はその二人は、斧頭会の名前を語って悪さをしているただのチンピラでした。 しかし、そこに本当の斧頭会が通りかかります。 彼らは住民達も無慈悲にも虐殺しようとするが、何とその集落には中国武術の達人が暮らしていたのです。 カンフーハッスルのネタバレあらすじ:承 3人の武術家達は、圧倒的な力を持って斧頭会を追い返すのでした。 しかし、このまま斧頭会が黙ってやられているわけではありませんでした。 彼らは猪籠城塞の住民達に報復を誓います。 そして、例のチンピラであるシンも流れで斧頭会の下につくこととなりました。 シンはかつて正義の心を持っていた青年で、とある老人からカンフーの素質がある、と如来神掌と呼ばれる武術の指南書を買った過去がありました。 しかし結局強くはなれず、いじめられた過去から悪を目指すようになってしまったのでした。 そして、猪籠城塞には斧頭会から2人の強力な暗殺者が送り込まれてきました。 カンフーハッスルのネタバレあらすじ:転 その2人の力に3人の武術家は成すすべもなく敗れ去りますが、そこに2人の人物が現れます。 集落の大家、小龍女とその夫、楊過でした。 実は2人は武術家でも達人と呼ばれるレベルの使い手で、その暗殺者達を圧倒的に下すのでした。 斧頭会はこの2人を倒すため、監獄に入っていたNO. 1の武術家を解き放つこととしました。 彼の名前は火雲邪神。 火雲邪神と斧頭会の本拠地に乗り込んできた2人は相対することとなります。 苦戦しながらも火雲邪神に会心の一撃を食らわせた2人でしたが、彼の汚い裏切りによって逆に絶体絶命の危機に陥りました。 斧頭会はシンにとどめを刺すように言いますが、彼の良心がそれを許さず、彼は思わず火雲邪神に攻撃してしまいます。

次の

カンフーハッスル

カンフー ハッスル

アクション指導はグリーン・デスティニーやマトリックスでも指導したユエン・ウーピンと戦う太っちょサモ・ハン・キンポー。 舞台は1930年~40年代の中国。 主人公は少林サッカーのチャウ・シンチー。 役名はシン。 彼は少年時代、怪しげな人におだてられ如来神掌をいう武術が書かれた本を100毛(マオ)で買ってしまう。 そして日々けなげに修行をして、いじめられている耳が聞こえない少女を助けようとするがぼこぼこにやられてしまう。 それから善人は報われないと思い、ワルになりたいと思うようになる。 ちなみに如来神掌とは同名の漫画・映画に出てくる架空の武術。 100毛はどのくらいかというと床屋代が5毛。 冒頭でチャウ・シンチーは転がってきたサッカーボールを踏み潰す。 「もうサッカーは止めた。 」とは少林サッカーのことを言ってるんだろうね。 久本雅美を思わせる女性が出てくる。 さてそんなシンと弟分(少林サッカーに出ていた太っちょ)はやくざを装い豚小屋砦と呼ばれる集合住宅に行き、いちゃもん付けて恐喝とする。 床屋に向かって「よすぎる。 かっこよくしろっつったか?ナメんな!」とはどんないちゃもんだよ。 だがばれてしまい金を奪えず。 仲間を呼ぶと投げた爆竹が斧頭会の副組長に当たってしまう。 シンは豚小屋砦の住民がやったと言い、ここから豚小屋砦と斧頭会の戦いが始まる。 この最初の戦いが一番いいかな。 住民の中からは三人の達人が出てくる。 一人は十二路譚腿の使い手。 によれば北派少林拳を代表する拳法。 動作が簡単で実用的であることから、武術を学ぶ人が最初に入門するなど隆盛しているらしい。 粥麺屋の主人は五郎八卦棍の使い手。 黄飛鴻が使ったらしい。 そしてナヨナヨしたおっちゃんが使うのが洪家鐵線拳。 腕に多数の鉄輪をはめて戦う。 その鉄輪を利用して剣を防いだり、攻撃する。 架空の技っぽい。 この三人が戦うシーンはこれぞカンフーと言った感じ。 やくざを追い払った住民達だが、やくざはプロの殺し屋を雇って逆襲しに来る。 シンはというと組の名を騙ってのは本気で組に入りたかったからだとか言って命は助かる。 殺し屋のセリフがかっこいい。 「厳密にいえば、我々は、単なる演奏家です。 その歌、心を乱す。 はるか天涯に、友を訪ねん 」 三人の使い手はやくざが仕返しに来て迷惑がかかると豚小屋砦を出ることになる。 十二路譚腿の使い手が出て行くとき、そこには怪しげな琴を弾く男が。 そいつは殺し屋。 十二路譚腿の使い手は一瞬にしてやられる。 他二人の使い手も善戦はするが琴から発せられる音の刃物によってやられる。 だが実は大家の夫婦が達人で、大家のおばちゃんの大声によって撃破。 大家はリリー・フランキーをしょんぼりした感じ。 「大いなる力には責任が伴う」はでおじさんが言ったセリフ。 このアイスキャンディー売り・・・耳が聞こえない。 女は箱からキャンディーを取り出す。 それはあのとき助けた少女がお礼にと、渡してくれたキャンディーと同じもの。 あの時は負けたくやしさで受け取らずに走っていった。 今回も彼は受け取ることが出来ず、ぶっきらぼうにキャンディーをはたき、逃げていくのだった。 ここはいいシーン。 そしてまたまたやられてしまったヤクザは今度はカンフーを極めんとして狂っちゃって、病棟にいる伝説の殺し屋、火雲邪神(かうんじゃしん)に依頼。 銃弾をつかむことができる。 火雲邪神は大家に向かって言う。 「私はあんたらと殺すか、殺されるかの、手合わせがしてみたいだけなんだ。 」 その表情はまるで少年がこれから大好きなゲームを始めるかのように無邪気でうれしそうだった。 火雲邪神と大家は互いに固め技で動けない状態に。 シンはボスに殴れと言われ、なぜか火雲邪神を殴る。 起こった火雲邪神にぼこぼこにやられるが、スキを見た大家たちに担がれ逃げる。 元々超人的な回復力を持っていたシンはみるみる回復する。 大家いわく「火雲邪神の一撃で、脈が開き、気の流れが変わって眠ってた力が目覚めた」シンはめちゃくちゃ強くなっている。 火雲邪神は崑崙派蛤蟇功というカエルの格好で飛んでいく頭突きの必殺技を繰り出す。 吹っ飛ばされて空高く舞い上がったシンは、鷹を足場に体勢を整え如来神掌を放ち火雲邪神を倒す。 最後は耳が聞こえない女と和解して、怪しげな人が少年に武術教本を売りつけるシーンで終わる。

次の