ケンタッキーフライドチキン 再現。 ケンタッキーの味の謎はあっけなく解ける?自宅で簡単ケンタッキー風!

ケンタッキーのフライドチキンの再現に挑んでみた

ケンタッキーフライドチキン 再現

まずは検証! ケンタッキーのコールスローは何でできている? 紙カップ入りのSサイズ(220円)のほかに、プラ容器入りのMサイズ(260円)もあります。 とりあえずたっぷり食べたい人はMがおすすめですね。 Sの方が見た目がカワイイけど。 の説明によると、このコールスローは、「みじん切りにしたキャベツ、ニンジンをタマネギ風味が加わったコールスロードレッシングに漬け込んだサラダです。 」とのこと。 というわけで、具材はキャベツとニンジンで、ドレッシングにタマネギが使われていることは確実。 商品パッケージの原材料名をみると、キャベツ(国産)、半固体状ドレッシング、にんじん、以下、増粘剤、調味料などとなっているので、キャベツとニンジンの割合ではかなりキャベツが多そうです。 <検証1>野菜とドレッシングの割合 コールスロー50gをざるに入れてよく振って遠心分離的にドレッシングを取り除いて重量を比較。 左:コールスロー50g 右:ドレッシングを除いたもの30g 偶然、キリのよい数字になりました。 もちろん正確ではありませんが、野菜とドレッシングの大体のバランスはこんなところかと。 <検証2>キャベツとニンジンの割合 みじん切りにしたキャベツ100gにみじん切りにしたニンジンを1gずつ混ぜて目視で比較していく。 左:ケンタッキーのコールスロー 右:キャベツ10:ニンジン1の割合で混ぜたもの ということで、キャベツとニンジンの割合は10:1程度のようです。 もっとニンジンが入ってると思っていましたが、意外に少ないですね。 <検証3>ドレッシングの味 一般のコールスローレシピを参考に4パターンの味付けで作って比較。 ケンタッキーのコールスローをドレッシングに注意して食べてみると、マヨネーズベースながらミルキーな味がして甘みもかなり入っているようです。 辛いのはタマネギの辛みのようでスパイスはそんなに入っていない感じ。 またミルキーではあるけれど脂肪分はそれほど感じないので、生クリームよりも牛乳かヨーグルトのようなものを使っている? 料理サイトで調べると、練乳やすし酢を使うというレシピも発見。 特筆すべきは「甘み」。 この結果を基にして、再現レシピでは、AとCを合体させ、辛みがタマネギだけではちょっと足りないので洋辛子をほんの少し、香辛料として白コショウ少々とクレージーソルトごく少量を足すことに決定。 ケンタッキーのコールスローを再現するためのレシピ タマネギはすりおろしてドレッシングに入れてもよいのですが、キャベツやニンジンと一緒に塩もみして脱水するというより簡単な方法を採用しています。 <作り方> 1. キャベツとタマネギをみじん切りにする(みじん切りの大きさはケンタッキーのものと同じくらいに。 フードプロセッサーを使うと便利)。 タマネギをできるだけ細かくみじん切りにする。 (1)と(2)を合わせてボウルに入れて塩を加え、全体によく混ぜたら水を加えてさらに混ぜ、冷蔵庫で10~30分冷やす。 写真のように水が出てくる。 野菜の水気をしっかり絞る。 ドレッシングの材料をあらかじめ混ぜ合わせておき、水気を絞った野菜に加えてよく混ぜる。 冷蔵庫でしっかり冷やして完成。 左:ケンタッキーのコールスロー 右:再現レシピで作ったコールスロー 見た目もほとんど変わりません。 ケンタッキー風のコールスロー、たくさん作って、たっぷり食べよう! なんといっても自作すればお財布にやさしいし、好きなだけ食べられるのがうれしい限り。 糖質やカロリーが気になる人は、砂糖の代替甘味料を使ったり、低カロリータイプのマヨネーズを使っても。 ケンタッキー風のコールスローは、サラダとして食べるほか、サンドイッチの具にしたり、ムニエルなどのメインディッシュのソース代わりにもなります。 盛り付けに工夫すればこんな一品にも。 ぜひ作ってみてくださいね!.

次の

【みんなが作ってる】 再現 ケンタッキーのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

ケンタッキーフライドチキン 再現

スポンサードリンク こんにちは!orzです。 早いもので来月はクリスマスですね。 今の時期は買い物に出かけると、クリスマスケーキの予約や、クリスマス商戦で、華やいだ雰囲気は、うきうきしますよね。 この曲で、歌がないのは、フォークダンスの「オクラフォマミキサー」で、誰もが聞いた事ある曲なのではないでしょうか? また、ボーリングで3回続けてストライクを出すことを英語で「ターキー」と言い、七面鳥の料理が振る舞われた経緯があるらしいです。 私は動物園で見た時に、印象が薄い鳥だなぁと思いましたが、そもそも、スーパーで食材としては見かけません。 ネットで調べると、アメリカ産で3. 6~4. 5キロで、約7,000円と、ちょっとお高く、味の感想を調べると、あまりおいしという情報は載っていませんでした。 日本では、まったくなじみがないですが、アメリカ食文化では、ポピュラーな食べ物なのでしょうね。 日本でチキンと言えばケンタッキーフライドチキン 日本で、チキンと言えば、ファストフードの「ケンタッキー」を思い浮かべる人も多いと思われます。 ケンタッキーの歴史は、1930年にカーネルサンダースさんが、ガソリンスタンドと併設したレストランが母体となり、全世界に展開されている企業であります。 日本では、1970年に大阪万博に実験進出して、同年名古屋市内に1号店をオープン、以降全国展開を行い、2013年3月末現在、日本国内に合計1,180店あるそうです。 ケンタッキーのHPでおいしさの秘密を調べると、 11種類のスパイスやハーブが主材料となっているのですが、何のスパイスで、どれぐらいの分量かは、企業秘密で、関係者でもごくわずかの人しか関与していないとのことです。 しかし、最近、ネットで「 門外不出のケンタッキーのレシピが流出」との記事を発見しました! ちなみに、そのスパイスは、これらです。 オレガノ 小さじ1杯 スポンサードリンク チリパウダー 小さじ1杯 グランドセージ 小さじ1杯 乾燥バジル 小さじ1 杯 乾燥マジョラム 小さじ1杯 コショウ 小さじ1杯 塩 小さじ1杯 パプリカ おおさじ2杯 オニオンソルト 小さじ1杯 にんにく粉 小さじ1杯 グルタミン酸ナトリウム おおさじ2杯 ちょうど11種類あり、誰かの試したレシピとか。 本物であるかの真相は、いかに! ケンタッキーフライドチキンの手作りレシピ たくさん食べたい!!! だけど、お金が・・・もちろん、カロリーも・・・。 大阪府箕面市に唯一の60分食べ放題店があるらしいけど、自宅で、安く代用できないものか? そんな、企業秘密に近いレシピを調べてみました。 レシピ 1. 鶏肉 500~600g を用意して、鍋に牛乳(500CC)を入れて、温めます。 温まったら、鶏肉を入れて、20~25分煮込み、肉の臭みを取ります。 薄力粉35グラム、強力粉25グラム、薄力粉10グラム、 スパイス(オールスパイス小さじ1/2、、ナツメグ小さじ1/3、 カルダモンパウダーほんの少し、コショウ小さじ1/2、塩小さじ1.5、 砂糖少々、鶏がらスープの素少々、フライドガーリック 粉々にして少量)を ボウルに入れて混ぜます。 (2とは違う別な)ボールに、卵(1個)を入れ、白身黄身をまんべんなく混ぜあわ せます。 混ぜ終わったら、牛乳(50CC)を入れてさらに混ぜます。 鶏肉を3のボールに入れて、すぐに2の衣をまんべんなく付けます。 揚げ物用鍋に、鶏肉が隠れるぐらいの量のサラダ油を入れ180度に加熱します。 最初は、中火で、衣が固まったら、強火にて、中まで火を通します。 衣がきつね色で、完全に火が通ったら、鳥肉を、トレイにあげます。 もっと、食感を楽しみたいなら、家庭にある「炊飯器」あるいは、「ノンフライヤー」のご使用でも代替できます。 トレイの油が取れたら、完成です。 世の中、一口にスパイスと言っても、たくさんの種類がありますが、その中で、11種類が選定されて、今のケンタッキーの味があります。 ケンタッキー社のHP上で、実際に調理するカーネルサンダースさんの動画が公開されています。 笑顔の裏には、味と製法にこだわった労力も感じ取れます。 家庭、仲間うちで振る舞うには、お好みの味や、食べ方ができますので、自分たちにあった、スパイスでフライドチキンを、クリスマス会で振る舞わってみては、いかがでしょうか?.

次の

KFCの秘密のレシピが発見される! 「オリジナルチキンのスパイスかもしれない」とネットが騒然!!

ケンタッキーフライドチキン 再現

109 ときどき無性に食べたくなる「ケンタッキーフライドチキン」こと、 KFCの「オリジナルチキン」。 スパイシーな衣にジューシーなお肉。 あぁ、アレがおうちで作れたらどんなに嬉しいことやら。 しかし、カーネル・サンダースが生み出した「オリジナルチキン」のレシピは、現在もトップ・シークレットのまま。 特に、味の決め手となる 「秘伝のスパイス」の配合を知るのは、世界でも上層部の2人だけとのウワサも。 秘密になればなるほど知りたくなるのが人間の性。 ネットでは様々な人がKFC「オリジナルチキン」の調理法を研究しているようで、米国の人気フードライターが考案したレシピは「オリジナルチキン」の味を限りなく再現していると話題になりました。 今回は「」シリーズの番外編として、そのレシピを参考にしたフライドチキンを実際に調理して、本物のKFC「オリジナルチキン」と 食べ比べをしてみました。 果たして、完全再現なるのか…? まず、用意したのがこちらの材料。 【材料】 ・丸鶏 ・小麦粉 ・牛乳 ・オレガノ ・チリパウダー ・セージ ・ドライバジル ・マヨラナ ・コショウ ・パプリカ ・オニオンソルト ・塩 ・ガーリックパウダー ・うま味調味料 KFCの醍醐味とも言える、 あばらや 軟骨付きチキンはスーパーでは手に入りにくいため、 丸鶏を切り分けて作ることに。 スパイスは全部で11種類。 実は、スパイスを揃えただけでも 総額5千円以上はかかってます。 これも「オリジナルチキン」を再現するため。 背に腹はかえられません! KFCのによると、一匹の丸鶏からドラム(脚)、キール(胸)、リブ(あばら)、ウィング(手羽)、サイ(腰)の5種類9つに切り分けられるとのこと。 と言われても、もちろん丸鶏なんてさばいたこともないルーミー編集部。 一体どこまでが脚で、どこからが腰なのかもわからない状態。 「丸鶏から作ろうじゃないか!」と勢いで言ってはみたものの、実際には骨や関節なども固く、かなり時間と手間がかかりました。 しかし、悪戦苦闘すること 約1時間! なんとかして部位ごとに切り分けることができました。 丸鶏をさばくのってこんなに大変なんですね。 でも、初めてのわりにはよく出来たと思いません? 切り分けた鶏肉は牛乳に浸して一晩置きます。 浸け込むことで、鶏肉独特の臭みを消し、肉を柔らかくする効果があるとか。 「一晩待つなら、ケンタッキーに行った方が早くない?」そんな声が聞こえてきそうですが、ここはグッと我慢をして一晩待つことに。 KFCの味を再現することはそう簡単ではないのです。 翌日、一晩置いた鶏肉は浸け込んだ牛乳と一緒に鍋の中へと移します。 そのまま火にかけて20~25分間煮ていきます。 実は、ここがポイント。 KFC「オリジナルチキン」は高温高圧調理ができる 専用の圧力釜を使用しています。 しかし、現在日本では油で調理可能な圧力フライヤーは販売されておらず、圧力鍋を使って揚げ物をすることも禁止されています。 このレシピでは、 鶏肉を先に下茹ですることでKFCが持つ柔らかさに近づけようというもの。 なるほど、これで骨の中にまでしっかりと火が通るというわけですね。 煮込んだ後は、そのまま鍋の中で冷まします。 スパイスと小麦粉を混ぜ合わせます。 混ぜ合わせたスパイスからすでにいい匂いがしています。 これは ひょっとすると、ひょっとするのか? 茹でた鶏肉に粉をまとわせ、新しい牛乳に浸し、もう一度粉を全体にまとわせます。 いわゆる粉を「 二度づけ」にして、よりスパイスをまとわせます。 あとは油で表面を 2分ほど揚げていきます。 鶏肉に火は通っているので、衣をカラッと揚げるだけ。 さてさて、その出来ばえは… かなりおいしそうな見た目です! スパイシーな香りがキッチン中に漂い、期待感も一気に高まります。 気になるのは、ちょっと 唐揚げっぽいところ? 左がKFC「オリジナルチキン」。 右がルーミーのフライドチキン。 比べると、ルーミチキンの方が色が濃いですね。 揚げ過ぎたのか、もしくは油の温度が高かったのか。 並べてみると、衣の厚みや印象も大分違って見えます。 ひとまず、ルーミーチキンのほうから試食をすることに。 結構イケるじゃないか、ルーミーチキン! 身も簡単にほぐれ、骨の周りも十分に味わいがあります。 衣はスパイシーで食欲をそそるいい香り。 これは、かなりいいデキです! 残念なのは、食べた瞬間に「 KFCの味ではない」と分かってしまったこと。 衣の食感、肉の質感が、どちらかというと スパイシーな唐揚げに近い印象。 記憶の中にある「KFCの味」とはやはり違うような気が…。 そこで、お待ちかねKFCの「オリジナルチキン」を続けて試食してみます。 あぁ、これこれ! この味。 これぞケンタッキー! 思わず声に出てしまうほど安定感のあるいつもの味。 ルーミーチキンより衣の味付けにもっと パンチがあり、なおかつ 繊細な印象。 身も衣もKFC「オリジナルチキン」ならではの食感で、お肉はジューシーで鶏のうまみがしっかりと味わえます。 一番の違いは「 鶏肉の味」。 KFCはエサからこだわり「オリジナルチキン」のためにKFC登録飼育農場で大切に飼育された「 」を使用しているそうです。 素材の違いが、最終的な味に大きく影響しているのがハッキリと分かります。 また、KFC「オリジナルチキン」のほうが「 肉のうま味」を濃く感じます。 おそらく、ルーミーチキンは一度牛乳で煮込んであるため、お肉は柔らかくなったのですが、その分「うま味」が牛乳にとけ出した可能性があります。 KFCの代名詞とも言える、 専用の圧力釜を使った「」が味の決め手になっているのは間違いないようです。 食べ比べるとよく分かるオリジナルチキンの奥深さ、思った以上の違いでちょっとした敗北感です。 結果的に「おいしいスパイシーな唐揚げは作れるが、KFC『オリジナルチキン』とは別物である」との意見で一致。 そりゃそうですよ、やっぱりオリジナルには敵いません。 でも、ルーミーチキンもなかなか健闘しましたよ。 スパイスの違いなのか、調理環境の違いなのか、結局KFCのレシピの謎は深まるばかり。 ああ、ますます知りたくなるー! 【作ってみてわかったこと】 ・想像より時間がかかった(買い出し~片づけまで丸2日!) ・骨が多いので丸鶏をさばくのは力仕事 ・おいしいスパイシーな唐揚げは作れるが、KFC「オリジナルチキン」とは別物である 完全再現は「夢」となった今回のチャレンジ。 実際にかかった 費用と 労力、そして「 調理時間」を考えると、やっぱりお店で買うのが一番いいのかもしれませんね。 KFCが世界中で人気の理由がなんとなく分かる気がしました。 「 やっぱり本物のKFC『オリジナルチキン』をじっくり味わいたい!」と思った方にオススメの情報があります。 今の期間、KFCの特別サイトからクイズに挑戦すると、抽選で10名の方に 「オリジナルチキン」1ヶ月分が当たるとのこと。 以下のリンクからぜひ応募してみてくださいね! [].

次の