ガスター 10 効果。 ガスター注射液10mg

胃薬市販ガスター10(ファモチジン)の効果と副作用 胃痛、胸焼けにおすすめ!

ガスター 10 効果

ガスター注射液10mgに関連する病気 関連する可能性がある病気です。 胃食道逆流症(逆流性食道炎) 胃潰瘍、十二指腸潰瘍 ガスター注射液10mgの主な効果と作用• 胃酸や胃液に含まれる消化 酵素の分泌をおさえる働きや、出血をおさえる働きがあります。 潰瘍や胃炎などによる 消化管の出血を治療するお薬です。 胃酸をおさえて麻酔時のなどを防ぐ働きがあります。 麻酔前に用いるお薬です。 ガスター注射液10mgの用途• 麻酔前投薬• Zollinger-Ellison症候群• 急性ストレス 潰瘍の上部 消化管出血• 侵襲ストレスの上部消化管出血の抑制• 多臓器不全の上部消化管出血の抑制• 大手術の上部消化管出血の抑制• 広範囲の上部消化管出血の抑制• 出血性胃炎の上部消化管出血• 消化性潰瘍の上部消化管出血• 頭部外傷の上部消化管出血の抑制• 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 主な副作用 白血球減少、便秘、Al-P上昇、痙攣、徐脈、頻脈、房室ブロック、肝機能異常、可逆性の錯乱状態、うつ状態、過敏症 起こる可能性のある重大な副作用 呼吸困難、再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、溶血性貧血、全身倦怠感、脱力、皮下出血、粘膜下出血、発熱、中毒性表皮壊死融解症、Toxic Epidermal Necrolysis、TEN、皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、肝機能障害、黄疸、AST上昇、ALT上昇、横紋筋融解症、高カリウム血症、ミオグロビン尿、著明な血清逸脱酵素上昇、筋肉痛、QT延長、心室頻拍、Torsades de Pointes、心室細動、意識障害、全身痙攣、痙直性痙攣、間代性痙攣、ミオクローヌス性痙攣、間質性腎炎、急性腎障害、皮疹、腎機能検査値異常、BUN上昇、クレアチニン上昇、間質性肺炎、咳嗽、胸部X線異常、不全収縮、ショック、アナフィラキシー、全身潮紅、血管浮腫、顔面浮腫、咽頭浮腫、蕁麻疹、血小板減少 上記以外の副作用 発疹、紅斑、好酸球増多、下痢、軟便、口渇、悪心、嘔吐、腹部膨満感、食欲不振、口内炎、血圧上昇、顔面潮紅、耳鳴、総ビリルビン上昇、LDH上昇、無気力感、頭痛、眠気、不眠、月経不順、女性化乳房 ガスター注射液10mgの用法・用量• 〈上部消化管出血(消化性潰瘍、急性ストレス潰瘍、出血性胃炎による)、Zollinger-Ellison症候群、侵襲ストレス(手術後に集中管理を必要とする大手術、集中治療を必要とする脳血管障害・頭部外傷・多臓器不全・広範囲熱傷)による上部消化管出血の抑制〉通常、成人にはファモチジンとして1回20mgを日局生理食塩液又は日局ブドウ糖注射液にて20mLに希釈し、1日2回(12時間毎)緩徐に静脈内投与する• 又は輸液に混合して点滴静注する• 又は、ファモチジンとして1回20mgを1日2回(12時間毎)筋肉内投与する• なお、年齢・症状により適宜増減する• 上部消化管出血及びZollinger-Ellison症候群では、一般的に1週間以内に効果の発現をみるが、内服可能となった後は経口投与に切りかえる• 侵襲ストレス(手術後に集中管理を必要とする大手術、集中治療を必要とする脳血管障害・頭部外傷・多臓器不全・広範囲熱傷)による上部消化管出血の抑制では、術後集中管理又は集中治療を必要とする期間(手術侵襲ストレスは3日間程度、その他の侵襲ストレスは7日間程度)の投与とする• 〈麻酔前投薬〉通常、成人にはファモチジンとして1回20mgを麻酔導入1時間前に筋肉内投与する• 又は、日局生理食塩液又は日局ブドウ糖注射液にて20mLに希釈し、麻酔導入1時間前に緩徐に静脈内投与する• (用法及び用量に関連する注意)7. 1. 腎機能低下患者への投与法ファモチジンは主として腎臓から未変化体で排泄されるが、腎機能低下患者にファモチジンを投与すると、腎機能の低下とともに血中未変化体濃度が上昇し、尿中排泄が減少するので、次のような投与法を目安とする〔9. Ccr:クレアチニンクリアランス ガスター注射液10mgの使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• 過敏症• 肝機能障害• 腎機能障害• 腎機能低下• 心筋梗塞• 心筋症• 心疾患• 弁膜症• 薬物過敏症 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 高齢者• 授乳婦• 新生児 低出生体重児を含む• 幼児・小児 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 小児等 0歳〜14歳• 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。 高齢者 65歳〜 ガスター注射液10mgの注意が必要な飲み合わせ.

次の

名医20人が自分で買って飲んでいる「市販薬」実名リストを公開!(週刊現代)

ガスター 10 効果

ガストールとガスターについて ガストールとガスターの強さの比較 胃酸を抑える効果についてはガストールもガスターも高い効果を発揮します。 これはガストールもガスターも胃酸を抑える効果があるんですが、ガスターは 「H2ブロッカー」 と言いガストールは 「M1ブロッカー」 という名前でそれぞれ異なる部分に作用して、胃酸の分泌を抑えるためです。 ではガストールとガスターの効き目の違いですが実際にこの2つを比較した試験はありません。 ただ参考までにガスターと同じH2ブロッカーと呼ばれる「シメチジン」と言う薬を比較した試験があるので紹介します。 胃潰瘍を有する患者55人にピレンゼピン(ガストールの成分)とシメチジンを投与した結果、4週間後にはピレンゼピンは48%シメチジンは57%の治癒を示しました。 この結果を見る限りガストールもガスターと同系統の薬であるシメチジンに劣らない効果を発揮しそうです。 ただこの研究ではピレンゼピンの量が100㎎、シメチジンの量が800㎎となっており、ガストールのピレンゼピンの市販薬の量は47. 1㎎となっているため、正直効き目の比較は難しいです。 またガストールには胃酸を抑える作用以外にも 「メタケイ酸アルミン酸マグネシウム」や 「炭酸水素ナトリウム」などと言った胃酸を中和する成分も配合されているためさらによく分かりません。 ただピレンゼピンとしての胃への効果は確かに立証されており、 胃潰瘍に対して行われた研究では内視鏡での治癒率が4・8・12週間後で23%・71%・76%となっています。 ガストールがおすすめな人 ガストールがおすすめな人は 「飲み過ぎやストレス等で胃の不調を訴える人」になります。 ここで言う胃の不調とは 「胃痛」「胃酸過多」「胸やけ」などの胃酸が関連する症状です。 ガストールは胃酸から胃を保護する効果が期待できますので、アルコールやストレスで胃酸が胃を傷つけてしまう場合に胃酸を抑える事で症状の改善が期待できます。 そして ガストールは消化不良にも効果を発揮しますので、食べ過ぎなどの胃の症状にもおすすめです。 ただ胃潰瘍に対してはフラセボに対して有意差がなかったとの報告もありますので、もしガスターが購入できるのであればガスターの方がいいかもしれません。 ガストールとガストールアクティブの違い この2つは同じエスエス製薬から販売されているガストールブランドなんですが、 ガストールとガストールアクティブは 効果や効能や成分は全く違うものになっていますので注意してください。 ガストールアクティブは胃の働きを活発にする「健胃成分」や胃の修復を行う成分がメインとなりますのでガストールと全く異なります。 胃酸をメインに抑える事はありません。 つまりガスター10の代わりとしては必ずガストールを選びましょう。 ガストールは逆流性食道炎に効果があるのか ガストールはほとんど逆流性食道炎に使えません。 逆流性食道炎とは胃酸が胃から食道に逆流する事で起きる病気です。 そうなると 胃酸を抑える効果というのが大変重要になってきます。 それを考えると確かにガストールには胃酸を抑える効果はありますが、 胃酸を抑える作用としてはガストールは強さが足りません。 これはガスターの方もかなり胃酸を抑える効果が強い薬ではありますが、病院などでお医者さんが治療に使う薬はガスターなどの胃薬よりもさらにワンランク上の強さの薬を使う事が多いです。 ・ガストール ・イノバンMI ・パンシロンキュアSP この3種類はM1ブロッカーを配合している胃薬になります。 そしてガストールとイノバンMIは同じ成分になります。 ただし2種類ともM1ブロッカーだけでなく、他の胃薬の成分も配合しているので、ここでおすすめの選び方を紹介します。 「ガストール」と「イノバンMI」は 「ビオヂアスターゼ」という炭水化物を分解する酵素を配合していますので、食べ過ぎの方におすすめです。 「パンシロンキュアSP」は 「チンピ」という胃の働きを良くする生薬と 「アルジオキサ」という胃の粘膜を保護する働きがありますので、胃もたれや胃痛がある場合におすすめです。 ただし、両方ともメインがM1ブロッカーなので、他の成分は少量しか配合されていません。 ですから個人的に一番おすすめな選び方は値段が一番安いのを選ぶのがおすすめします。

次の

普段飲まれている方も再確認! 胃腸薬、ガスター10の効果と知っておくべき副作用

ガスター 10 効果

それは違いますよ。 場合によっては逆効果になることもあるんです。 ガスター10を服用するときに把握しておいてほしいことがあります。 それはこの薬が、お腹が空いている時に胃に違和感を感じる症状(胃酸の分泌が多いことが原因)に対してのみ効果的だということです。 ちなみに逆にお腹がふくれている時に胃に違和感を感じる症状(胃酸の分泌が少ないことが原因)に効果的な市販薬は、太田胃散や新セルベール整胃といった薬があります。 自分の状態に合わない薬を用いると逆効果となってしまいますので、自分に合った薬を服用するようにしましょう。 また自分がどちらの症状に該当するか分からないという場合には、医師に相談するようにしてみてください。 ちなみにガスター10の成分が筋肉痛や関節痛にも効果的であることが判明していて、現在では整形外科でも用いられています。 副作用の心配は基本的にはいらないのね。 ただ念には念をということで、副作用についてもざっくり把握しておきましょう。 ガスター10を服用して生じる可能性のある副作用としては、 ・便秘になる ・幻覚が見えたり、不安感に襲われる こういった副作用が生じてしまうことがあります。 上記のような症状が出た場合は、服用するのをやめて医師・薬剤師に相談するようにしましょう。 長期服用に関しても副作用が出なければ基本的には大丈夫だと思われますが、長期服用したい場合は必ず医師・薬剤師とよく相談するようにしましょう。 自己判断での長期服用はNGです。 また重大な副作用として、 ・発熱や発疹を引き起こす ・尿が少なくなったり、血尿が出る などの症状が現れることがあるので、念のため注意をするようにしましょう。 (ただ上記のような重大な副作用が現れることはほとんどありません。 ) それ以外でも何かおかしいと感じた場合には、必ずかかりつけの医師・薬剤師に相談するようにしてください。 ガスター10の種類! これが最後の見出しです。 最後の見出しでは、ガスター10の種類についてお伝えしていきます。 ガスター10には、 ・ガスター10錠 ・ガスター10S錠 ・ガスター10散 ・ガスター10内服液 の 4つの種類があります。 ガスター10錠は普通のタイプの錠で、ガスター10S錠は水が無くても服用できるタイプの錠です。 そしてガスター10散は散剤(粉)タイプで、ガスター10内服液は液体タイプです・ 自分に一番合ったタイプを選ぶようにしてみてください。 また ガスター10は第1類医薬品に該当するので、薬剤師のいる薬局やドラックストアでしか購入することができません。 どのタイプを選ぶか迷ったら、常駐している薬剤師さんに相談をしてみるのも良いですね。 では、まとめの方に移っていきます。 スポンサーリンク まとめ では、今回のまとめの方に移っていきます。 今回はガスター10の効果や副作用を中心に様々なことをお伝えしてきました。 今回の要点を押さえると・・・ 1. ガスター10は副作用の出る人の割合が1%以下の安全な薬! 3. ガスター10は4つの種類がある! こんな感じでしょうか。

次の