香典 祖母 相場。 孫が包む祖父母への香典の相場は?知らないと困る常識を教えます!|ホンマでっか!?ちゃんねる

嫁の祖母に包む香典のマナーをご紹介!法事ごとの相場や書き方を解説|終活ねっと

香典 祖母 相場

祖父母が亡くなった時、 孫の立場の方は香典を出すべきかどうか悩みますよね。 両親に扶養されている孫は、 香典が必要ないと考えるのが一般的です。 しかし、扶養されている孫が香典を出してはいけないというルールはありません。 同年代の他の孫と話し合って、連名で香典を用意してもいいかもしれません。 独立しているのであれば、 働いてるのであれば香典を包むことをおすすめします。 また、香典を持参するのは葬儀だけではありません。 そもそも香典とは故人に供える、不祝儀袋に入れた金品のことをいいます。 葬儀の後も、法事や法要の際には供物や香典を持参します。 葬儀では香典が必要なかった方も、1周忌や3回忌などその後の法事や法要で香典を出すことがあります。 つまりは葬儀・法事・法要があるタイミングで、 孫が独立しているかどうかが香典を包むか、包まないかの判断基準となります。 ただ、家族葬や身内のみの法事や法要では香典がいらない場合もあります。 どのような方針で行うのかを両親や親族に確認しておきましょう。 祖父母に香典を包む場合の相場はいくら? 先ほども述べた通り、香典を包むタイミングは、葬儀や法事法要の時です。 葬儀や法事がある際に、経済的に自立しているのであれば香典を用意します。 香典の金額は一般的には数千円~数万円です。 4や9は、死や苦を連想させるため避けましょう。 また本来は香典では2万円という額は認められているのですが、地域によっては2という偶数を気にする方もいらっしゃるため、避けたほうが無難でしょう。 では、孫が祖父母の葬儀や法事・法要で包む 香典の相場はいくらでしょうか。 香典の金額は孫の状況で変わる 孫の立場であっても、年齢を重ねていけば包むべき香典の金額も上がっていきます。 葬式の場合から相場の金額を見ていきましょう。 20代・30代は 1万円~3万円、40代であれば 3万円~5万円ですが前述の通り4万円は避けますので、3万円か5万円です。 50代以上は 3万円以上が相場のようです。 法事や法要の場合は、お斎(とき)と呼ばれる会食に参加するかどうかで金額が変わります。 お斎には参加しない場合は5000円~1万円、お斎に参加する場合は1万円~2万円が相場となります。 ここでは一般的な相場をお伝えしていますが、より故人に近い親族と比べて高い金額を包むのは失礼にあたりますので、包む前には他の親族がいくらぐらいにするか聞いておいてもいいでしょう。 独身の場合 孫が 独身であっても成人して独立している場合は相場は変わりません。 しかし結婚していて、夫婦ともに参列する方は相場の金額を人数分包みますので、独身であれば夫婦で参列する方よりは金額は低くなります。 孫夫婦連名の場合 夫婦連名の場合は、相場の金額の 2倍の金額を包みます。 しかし年代が上がってくると1人分の相場の金額が多くなるため、2倍より少なくても失礼にならないこともあります。 例えば40代の孫 夫婦で葬儀に参列するのであれば、相場で見ると6万円以上ですが5万円になっても問題はないでしょう。 いくら包むかはやはり他の親族と打ち合わせをしておくのがおすすめです。 未成年の場合、香典は必要? 未成年かつ学生の場合は香典は必要ありません。 両親が用意する香典に扶養されている未成年の分も含まれていると考えていいでしょう。 しかし、未成年であっても働いて独立している場合は、香典を用意しましょう。 香典は一家族で一つと考えることが多いようです。 親元を離れている場合は、葬儀なら 5000円~1万円を包みましょう。 法事・法要の場合はその後のお斎(会食)に参加するかどうかによって金額が変わります。 お斎に参加しないのであれば3000円ほど、参加するのであれば5000~1万円を包みます。 以下の記事で香典の相場について関係や法要別に解説をしていますのでこちらも合わせてご覧ください。 香典には不祝儀袋を用意し、表書きと中袋に住所・名前・香典の金額の記入が必要です。 近年は無宗教の方も増えていますが、葬儀や法事というのは故人の宗教に合わせるものです。 また、故人自身が無宗教であったとしたら葬儀の宗派は先祖の宗教や、入るお墓の場所の宗派に合わせることもあるようです。 ここでは宗教ごとの 表書きの違いと、中袋の書き方を見ていきましょう。 表書き 表書きは故人の宗教によって変わります。 表書きによっては失礼になってしまう場合もあるため、故人の宗教をしっかり確認しておきましょう。 仏式の場合 仏式では 御霊前・御仏前・御香典・御香料という表書きが使われます。 基本的に仏教では亡くなった直後は御霊となり、49日の忌明けの法要を経て仏になると考えられています。 そのため、通夜・葬儀・告別式では御霊前を使い、四十九日の法要からは御仏前を使います。 ですが浄土真宗だけは例外ですので、注意が必要です。 浄土真宗の場合 浄土真宗は他の仏教と違い、亡くなったらすぐに仏になるという考え方です。 御霊前は浄土真宗の教えに反するため避けます。 葬儀の際も 御香典か御仏前と書きましょう。 神式の場合 御神前・御榊料・御玉串料・神饌料を使います。 神式では、故人は守護神となります。 神様に捧げるものですので御仏前は使いません。 法事であっても表書きは変わりません。 また不祝儀袋は、 蓮の花が描かれていないものを選びましょう。 キリスト教の場合 キリスト教の場合、お香はたきませんので御香典という言葉は使いません。 不祝儀袋は水引のない十字架やユリの花が描かれたものを使うといいでしょう。 キリスト教ではカトリックかプロテスタントかによって表書きは変わります。 カトリックの場合は、 御花料や御ミサ代を使いますが、御霊前を使っても構いません。 御霊前を表書きにする場合は、黒白もしくは銀色の水引で白無地の不祝儀袋を使いましょう。 プロテスタントの場合は 御花料・献花代・忌慰料を使います。 プロテスタントでは、御霊前を使うとマナー違反になるため注意が必要です。 故人がカトリックなのか、プロテスタントなのかは事前に確認しておきましょう。 名前 名前はフルネームを不祝儀袋の真ん中に書きます。 連名にする場合は、 3名まではそれぞれの名前を書きます。 一番目上の方の名前を真ん中に書き、後の2名は左側に連ねます。 真ん中より右側には書きません。 夫婦で参列する場合は、通常は夫の名前だけを書きますが妻側の祖父母である場合は連名にしても構いません。 夫のフルネームを真ん中に書き、妻の名前のみを夫の名前の左側に書きましょう。 孫が4名以上でまとめる場合は、 孫一同と真ん中に書きます。 金額 中袋があれば中袋に、ない場合は不祝儀袋の裏に書きます。 縦書きの場合は、簡単に改ざんができないように 旧漢数字(大字)を使います。 横書きの場合はアラビア数字で書きましょう。 注意点 葬儀に持参する場合の表書きは、一般的に 薄墨で書きます。 筆ペンでも構いません。 ボールペンやサインペンは避けたいですが、中袋は書きやすいように硬筆でも構わないとされています。 薄すぎる墨は読みにくいため、気を付けましょう。 地域の風習によっても異なりますが、法事・法要の際は、普通の墨を使っても構いません。 以下で香典袋の正しい書き方について詳しく解説をしていますので合わせてご活用ください。 祖父母の葬儀や法事・法要では、独立している孫であれば香典を包むべき• 香典不要の場合もあるので、他の親族に確認しておく• 祖父母の葬儀での香典は20代30代なら1万円~3万円、40代なら3万円か5万円、50代以上で5万円~が相場である• 祖父母の法事ではお斎に参加するかしないかで金額は変わる• 法事でお斎に参加する場合の香典は1~2万円を包み、夫婦ともに参加であれば2人分まとめて包む• 表書きは祖父母の宗教によって異なるので、事前に確認しておく 一般的な例を挙げてきましたが、葬儀や法事・法要は宗教だけでなく地域や家によって変わります。 そのため祖父母の香典を用意する上で、他の親族との相談が必要不可欠です。 故人である祖父母との思い出を懐かしみながら、具体的な話を切り出してはいかがでしょうか。 「終活ねっと」では、1周忌での香典についても詳しく解説した記事がございますので、詳しく知りたい方は下記のリンクをご参照ください。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

香典の相場はいくら?香典の金額の相場は?|親・嫁の親・親戚・孫・父など

香典 祖母 相場

葬儀に参列する人がお通夜・葬儀を主催する側の負担を少しでも軽くするために、米やお酒などの食料を持ち寄ったのが香典の始まりです。 現在では香典を金銭で包むようになりましたが、故人との血縁が深い親族ほど香典を多く包みます。 では、親族の中でも関係の深い祖母の場合はどれくらいの香典が必要でしょうか。 香典には、包む側の年代によっても金額が変わるという特徴もあります。 祖母の香典となると、包む側の孫世代はまだ若い場合も多く、それだけに香典の金額についても迷いってしまいがちです。 祖母に包む香典相場について説明をしていきます。 祖母に包む香典の金額はいくら? 一口に祖母といっても関係は様々です。 例えば、親同然のように自分を育ててくれた祖母もいれば、遠方に住んでおり生前あまり交流のなかった祖母もいるでしょう。 香典の金額を決める際、生前どれだけ交流があったか、 どれだけお世話になったかということがとても大切なポイントです。 祖母と親しかった場合 祖母と親しく、生前とてもお世話になった場合はやはり多めに香典を包むべきです。 年代にもよりますが、 3~5万円程度の金額を目安にしましょう。 もし、具体的な金額を決めるのに迷うようであれば、親や兄弟、回りの親族にもよく相談をしましょう。 あまり面識がない場合 遠方に住んでいたり、実家を早くから出たりしている場合、祖母といえどもあまり面識のない場合もあるでしょう。 その場合の香典は、少し金額を押さえても問題ありません。 金額の目安は 1~3万円程度です。 あまり面識がないとは言っても親族ですから、少ない場合でも1万円以上は包んだ方が良いでしょう。 年代別の金額 香典は、包む側の年代によっても相場は変わります。 年代が上がるほど、経済的にも余裕が出ますから相場も上がります。 一方、香典を包まなくても良い場合もあります。 喪主と未成年の場合、香典は不要です。 祖母の葬儀で孫が喪主を務めることは少ないですが、孫がまだ未成年の場合はあるでしょう。 その場合は、親が包む香典に含まれていると考えて大丈夫です。 香典は家単位で包むものとされているからで、未成年であれば親の香典と同じで問題ありません。 20代 孫が20代の場合の香典相場は 1万円程度が相場です。 20代であれば仕事をしていたとしても、まだまだ収入も少なく、経済的に余裕はない場合が多いですから、香典も無理のない金額で問題ありません。 30〜40代 30代・40代の場合の祖母への香典相場は、 1~3万円程度が目安です。 金額には幅がありますが、祖母との具体的な関係性や、自分の経済状況によって可能な範囲で包むようにしましょう。 夫婦連名で包む時の金額とは? 香典は原則は、夫婦で参列する場合は夫の名前で包みます。 先程も触れましたが、香典は家単位で包むものとされているからで、家を代表して夫の名前で包むのが一般的です。 ただし、夫婦ともにお世話になった方などの場合で、妻の名前でもお悔みを伝えたい場合は、例外的に夫婦連名で包む場合もあります。 夫婦連名で包む場合の香典について説明します。 夫婦連名で包む時の金額 夫婦連名で香典を包む場合も、 一人で包む時と金額は同じです。 よく連名で包む場合は二人分包んだ方が良いと勘違いしてしまいますが、一人分で問題ありません。 香典は家単位で包みますから、夫婦であれば一人分と同じ金額になりあす。 香典袋の書き方とは? 夫婦連名で包む場合も香典袋の書き方は、まず一人で包む時と同じように夫の名前を中心に書きます。 そしてその左隣りに、 苗字は省略して妻の名前を並べて記入します。 配偶者の祖母が故人の場合 配偶者の祖母、つまり義祖母が亡くなった場合の香典はいくら包めばよいでしょうか。 香典を親族に包む場合、実の親族であっても、義理の親族であっても相場に違いはありません。 義祖母に香典を包む場合は、配偶者の気持ちも考えて、 実の祖母と同じように対応することが大切になります。 祖母の兄弟に包む場合 祖母の兄弟が亡くなった場合、香典は包むべきでしょうか? 祖母の兄弟になると、親族を言えども遠くなるので 故人との関係によります。 近くに住んでいて、生前からよく交流があったのであれば、葬儀にも参列して香典は包んだ方が良いですし、ほとんど面識がないような場合は包まない場合もあるでしょう。 生前の交流の深さを考えて対応しましょう。 迷う場合は、 親や祖母など周囲の親族と相談すると良いでしょう。 祖母の法事・法要で包む香典の金額 お通夜・葬儀が終わった後も、各種法要が行われているのが日本の伝統です。 仏教では、「十王信仰」という考え方があります。 故人は亡くなった後、初七日を最初にその後7日毎に7回と百か日、一周忌、三回忌の計十回裁きを受けます。 そして、その結果で来世の道が決まると考えられています。 各種法要はその節目となる日に、故人の追善供養を行う大切な儀式です。 祖母の法要であれば、 きちんと各種法要に参列し、香典を包んで供養を行います。 納骨 納骨の法要とは、 故人の骨をあるべき場所に納める儀式を言います。 お墓に納める場合が一般的ですが、他にも納骨堂や樹木葬、海洋散骨など故人の希望に応じて行います。 納骨はいつまでに行わなければならないという決まりはありません。 四十九日の法要と同時に行われる場合もあります。 納骨式に参列する場合、喪服を着用して香典を持参します。 祖母の納骨式での香典は、 5千~1万円程度が相場です。 四十九日 四十九日の法要は、先ほどの十王信仰の考え方では、7回目の裁きを受けるとされる日です。 生前の徳が高ければ、この日を境に成仏すると考えられています。 先程の納骨も同時に行うこともあり、 節目となる大切な法要です。 祖母の四十九日に参列する場合の香典の相場は、 5千~3万程度です。 包む側の年代にもよりますから、葬儀に包んだ金額を基準にして決めましょう。 通常、葬儀に包んだ金額より高い金額を包むことはありません。 新盆・初盆 故人が亡くなって、最初に迎えるお盆の法要です。 年忌法要に比べると小規模の場合が多いですが、僧侶を呼んで儀式を行います。 参列する場合は、 5千~1万円程度の香典を包みます。 一周忌 故人が亡くなって1年を回った日に行われる大切な法要です。 本来は亡くなった1年後の命日に行われるのが正しいのですが、実際には参列者の都合も考えて土日に合わせて行う場合が多いですが、その場合も命日は超えないよう前倒しで行います。 香典の相場は、 5千~3万円が一般的です。 三回忌 三回忌は 故人が亡くなって2年後の命日に行われます。 3年後ではないので注意しましょう。 先程説明した十王信仰では、最後の裁きを受ける大切な法要になります。 三回忌までは一般の参列者も広く声をかけて、大規模に行う場合が多いです。 祖母の三回忌の相場は 5千~3万円となっています。 七回忌 七回忌以降の法要は、親族のみで行う場合が多いです。 七回忌ともなると、祖母が亡くなってから6年経過していますから、孫の年代も上がっています。 年代に相応しい香典を包みましょう。 相場は 5千~1万円程度です。 各種法要における年代ごとの相場は下記表のとおりです。 祖母のお通夜や葬儀で包む金額は、祖母と親しく生前交流があったかどうかで具体的な金額を決めること。 また、包む側の年代が高くなるほど香典の相場も高くなること。 夫婦連名で包む場合、金額は一人分で良いが香典袋への名前は連名で書くこと。 祖母の兄弟が亡くなった場合は、生前の関係で香典を包むかどうか決めること。 葬儀の後も、故人の供養をするため各種法要が行われるが、祖母の法要であればきちんと参列し香典をつつむこと。 法要に包む香典の相場も、包む側の年代によって違うこと。 香典袋には様々なマナーがあり、香典袋の選び方は宗教によって違うこと。 香典袋の書き方は、宗教や宗派によって表書きの書き方が違うこと。 香典袋を包む場合お札の向きを揃えること、香典を渡す際にはお悔みの言葉を簡潔に伝えること。 香典の金額は、概ねの相場は決まっていますが、具体的な金額は祖母との生前の交流の深さで決まります。 いくら包むかを迷った場合には、周囲と相談することが大切です。 祖母への香典で迷った場合、今回の記事を参考にして頂ければ幸いです。 「終活ねっと」では、他にも香典の相場に関する記事を掲載しています。 祖母以外の香典相場が気になる場合、ぜひお読みください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

祖父母に包む香典の金額は?|相場・香典袋・書き方・包み方|終活ねっと

香典 祖母 相場

祖父母の葬式!孫からの香典金額の相場はいくら? 祖父や祖母の葬儀に孫からはいくらくらい香典を包めばいいものでしょうか? 香典の金額は 故人との関係性や贈る側の 年齢、 地域や親族内での方針によってもいくらくらい包むのか、その相場は変わってきます。 祖父、祖母の葬儀であれば、どのくらい包めばいいのか親や兄弟に聞いてみた方が良いと思います。 祖父、祖母、の葬儀の場合は、 あなたが 20代であれば 1万円。 30代であれば 1万円~3万円。 40代以上であれば 1万円~5万円。 これくらいが相場になります。 いとこの葬式の場合は? 続いて、いとこのお葬式の香典相場です。 あなたが 20代であれば 5千円~1万円。 30代であれば 5千円~2万円。 40代以上であれば 5千円~3万円。 これくらいが相場になります。 親や兄弟の葬式の場合は? 親や兄弟のお葬式の場合は あなたが 20代であれば 3万円~10万円。 30代であれば 5万円~10万円。 40代以上であれば 5万円~10万円。 これくらいが相場になります。 近い身内ならではの香典の渡し方マナーとは? お香典は葬儀会場の受付で渡すのが一般的ですが、近い身内になるとこれが若干変わってくることもあります。 身内ならではのお香典の渡し方マナーとはいったいどうするのが正しいのでしょうか? 身内の葬儀であれば親族は早めに集まって親族の控室で待機していると思いますがその段階でまだ受付が出来ていないという事もあります。 受付の準備ができたタイミングで香典を渡すようにしたり、場合によっては喪主に直接渡したりと、ケースバイケースでどちらも間違いではありません。 親族控室に集まった時点で、親兄弟などほかの身内に声をかけ お香典をどうしたのかを聞いてそれに 合わせるようにするといいですね。 葬式とお通夜 両方に参加する場合の香典はどうする? 香典はお通夜か葬儀、どちらかに参加するときに持参しますが、お通夜と葬儀両方に参加する場合は先に訪れる お通夜の時に贈りましょう。 お通夜の前に弔問に訪れる事もあると思いますが、そのあとお通夜に参加するなら弔問の時ではなくお通夜の時に送るようにしましょう。 香典は辞退すると言われた場合、実際どうするべき? 最近は 香典を辞退するというケースも増えてきているようです。 遺族が香典を辞退した場合は香典を用意する必要はありません。 無理に香典を用意していくことで予定になかった 香典返しが必要になって負担をかけてしまうこともあります。 まとめ 近い身内の お香典マナーについてご紹介しました。 自分に近い人ほど金額は高くなり、自分の年齢によっても包む金額も変わってくるのが一般的ですが、これが正解というわけではありません。 金額については、親族内で金額を決めているという場合もあるのでまずは親や兄弟に確認してみてください。 特に決まりがないようでしたら、ご紹介したお香典の相場を参考に金額を決めてくださいね。 こちらの記事も合わせてご覧ください。 孫嫁の葬儀マナーについてまとめました。 お葬式での靴のマナーのことならこちら。 意外と知らない花の贈り方のマナー。 なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・親の急死でとにかく処分したかった ・親の遺産で不動産売却の知識がなかった ・どうやって売るか?知らなかった ・個人で売買の交渉をする自信がない など、不動産売却の知識がないために 安く買い叩かれているのが現状です。 そんな時は、 『無料の不動産一括見積もり』オススメです。 ネットで申し込むだけで、 ・かんたん入力で家・土地の値段がわかる ・自分で見積もりを取る必要がない ・信頼できる業者しかいないから安心 ・査定経験がない女性や年配の方にも親切 ・『比較』するから高額査定が期待できる また下取り相場が見れるので、 『買い叩かれる心配がない』ですし、 価格交渉の引き合いに出す材料になります。

次の