パソコン 起動 しない windows10。 Windows10が起動しない

Windows10が起動しない

パソコン 起動 しない windows10

今回は、BIOSの設定画面の入り方やパソコンが起動しない症状なども含めて、BIOSが起動しない場合の原因や対処方法について解説していきます。 基本的にBIOSはノートパソコンやデスクトップパソコンなど種類を問わず搭載されているシステムであり、パソコンの起動時にBIOS起動のプロセスを経てOS起動の流れとなります。 一般的にはBIOSを使うことは殆どなく、パソコンが起動しない場合などにBIOS設定画面から「ハードウェア診断」をして問題個所を見つけるといった使い方が多いです。 むやみにBIOSをいじってしまうと、特に問題がないパソコンでも起動しなくなってしまうことがあるので、それなりに知識を身につけてからBIOSを触ることが大切です。 (メーカーによって若干異なります) また、パソコンを起動してからBIOSの設定画面を開く方法は、Windows10では以下の手順となります。 ホーム画面の左下にある「スタート」から「Windowの設定」を探す• Windowsの設定から「更新とセキュリティ」を探す• 更新とセキュリティの画面の左にあるリストから「回復」を選ぶ• 回復画面の中段にある「PCの起動をカスタマイズする」の下にある今すぐ再起動を選ぶ• 再起動すると「オプションの選択」が表示される• 詳細オプションにある「UEFIファームウェアの設定」を選ぶ• BIOS画面が表示される パソコンによってBIOSの起動方法は多少異なりますが、大抵は上記で紹介した「起動画面」か「Windows上」の手順でBIOS設定画面を開くことができます。 ・パソコンの電源を入れても反応しない ・パソコンの電源を入れても真っ黒なまま進まない ・パソコンの電源を入れてもスタート音がならない ・HDDのアクセスランプが消えたままになる ・ファンがフル回転する BIOSが起動しない場合の症状は本当に様々ですが、それぞれの症状の原因については絶対的な答えを述べることができません。 例えば、電源を入れて「Deleteキー」からBIOSの設定画面に入ろうと思った時、そもそもパソコンが寿命で起動しないことがあります。 似たような症状として、メーカーのロゴが表示される画面までは進むがWindowsの起動まで進むことができない場合、一般的にはBIOSの設定画面から解決を図ってみたいところですが、マザーボードが故障していると成す術がありません。 ・パソコンメーカーに問い合わせる ・修理業者に見てもらう 業者を利用せずに自力で原因を探すなら、そのパソコンにおけるその症状から原因をネットリサーチして、考えられる対処方法を1つ1つ試していくしかありません。 しかし、大抵はBIOSが起動しないというよりは「パソコンが起動しない」という症状になっていることが多いため、「BIOSが起動しない原因」を見つけることはかなり難しいです。 例えば、起動時の「ピッ」という音はBIOSが鳴らしています。 「BIOSが起動しない」と「パソコンが起動しない」という症状は、BIOSの役割からしても同じように思われますが、これは区別しておく必要があります。 例えば、パソコンが起動しない場合、BIOSは起動しているがWindowsが起動しないというケースがあります。 そのため、パソコンが立ち上がらない場合は「パソコンが起動しない」に関する問題点を調べていくことも、合わせて重要です。 ・すべてのハードウェアを取り外して起動してみる ・マザーボードのCMOS電池を交換する ・マザーボードのホコリを除去する(特にメモリー付近) ・グラフィックボードを外して起動してみる(マザーボードのみで起動) ・電源ユニットに異常がないかを確認する BIOSはマザーボード上にあるため、基本的にマザーボードが原因であることが多いです。 どの対処方法も素人では難しい作業となるため、もしパソコンが起動しないという症状なのであれば、「ホコリを掃除する」や「放電する」など、簡単にできる対処方法から試していくのが良いかもしれません。 「パソコンが起動しない」という症状については、別ページで詳しく解説しています。 そちらも合わせて参考にすることで、簡単にトラブルを解決できるケースもあります。 下手に対処するとパソコンが完全に故障してしまう恐れもあるので、修理に出すのがベターではあります。

次の

Windows10が起動しない

パソコン 起動 しない windows10

dynabookのサポートページは説明が充実 dynabookは、2018年までは東芝グループのパソコン事業部から販売されていました。 2018年の東芝のパソコン事業撤退を受けてシャープがdynabookブランドを引き継ぎ、2019年から新たにdynabook株式会社を発足させています。 dynabookを使っている際には何らかの不具合が発生することもあります。 そんなときはまず公式サイトを確認してみましょう。 トップページからサポートページをクリックすると、初心者向けのコンテンツからOSのアップグレード情報まで、dynabookを使ううえで必要な情報が充実しています。 アダプターやバッテリーなどの交換や回収といった製品に関する不具合情報も掲載されているので、ときどきチェックするといいかもしれません。 どこを見たらいいかわからないときには、検索機能を使うことで必要な情報の絞り出しができるようになっています。 検索ワードの組み合わせを変えながら、知りたい情報を検索してみましょう。 自分ではわからない場合は、直接問い合わせることも可能です。 問い合わせは電話とメールの両方で対応しているので、自分の都合に合う方を選択できます。 修理サービスもサポートページから簡単に依頼することが可能ですが、企業向けや個人向けなど全部で4つに分かれているので間違えないよう注意が必要です。 修理を依頼する前に、簡単にできる自己診断も用意されています。 イエスかノーで回答していくもので難しい内容ではありません。 結果表示とともに適切な対応の紹介もされるので試してみましょう。 保証期間中は無料で修理を受けられる dynabook製のパソコンを購入すると、通常は1〜2年間有効なメーカー保証がついてきます。 万が一購入後に故障した場合でも、保証期間内であれば「無料修理規定」の内容に則って無料で修理を受けることができます。 修理の必要性を感じたときには、まず保証期間内であるかどうかを確認してみましょう。 保証期間内であればすぐに修理の相談をする方が安心です。 保証期間は、購入した際に同梱されている保証書を見ると記載されています。 保証の開始時期については購入したタイミングで異なるため、レシートや領収書など購入日がわかるもので確認しましょう。 保証期間をもっと伸ばしたいときには、3〜5年に延長できる「dynabookあんしん延長保証」に加入すれば延長が可能です。 「dynabookあんしん延長保証」では保証期間を延長できるだけですが、「dynabookプレミアム保証」に加入すると期間延長に加えて保証内容も手厚くなります。 例えば、通常保証では無料修理の対象にならない水こぼしや落下、落雷での故障などにも対応できます。 ノートパソコンは水こぼしが故障の原因になりやすいため、加入しておくとさらに安心できるのではないでしょうか。 「dynabookあんしん延長保証」も「dynabookプレミアム保証」も購入した後からでも加入できます。 電源が入らない場合 パソコンで意外に多いトラブルとしてあげられるのが、電源が入らない状況に陥ることです。 普段通りに使おうとして• 電源ボタンを押してもまったく立ち上がらない• 起動音などもせず動いている気配がない といった状態が当てはまります。 ただし、 起動はしているのに画面が暗いだけということもありますので、勘違いしないようしっかり見分けるようにしましょう。 画面が暗いだけの場合はパソコンに通電はしていることになるので、電源は入っていることになります。 3-1. LEDランプの状態を確認する よくわからない場合にはdynabookの側面部分にあるLEDランプで確認できます。 ランプの点灯が見られれば通電している証拠です。 LEDランプが点灯していない場合は、• 電気系統などパソコン内部の故障• どこかで断線している• 単純にACアダプターが外れている、または緩んでいる という可能性があります。 いずれにしてもパソコンに電気が通っていない状態であるため、適切な対応が求められます。 まずは下記のポイントを確認しましょう。 ACアダプターが外れていないかどうか確認• ACアダプターの接続に問題がない場合は、次にバッテリーを確認 ACアダプターが外れていた場合は、差しなおして正常動作すれば問題ありません。 接続に問題がなくても正常に動作しない場合は次の項に記載の バッテリーの状態を確認します。 3-2. バッテリーの状態を確認する dynabookのバッテリーは自分で外すことが可能です。 公式サイトを見ると手順が書かれていますから、流れに沿ってやってみましょう。 バッテリーを外す前に、パソコンからACアダプターや電源コードなどすべてのケーブル類を外し、ディスプレイを閉じます• パソコンを裏返したらバッテリーの安全ロックを解除します• バッテリーが外せる状態になるので、ゆっくりスライドさせていけば取り外しは完了です• バッテリーを外したら、ACアダプターだけで再び電源ボタンを押します この状態で電源が入るならバッテリーに不具合が生じていることになります。 この場合はバッテリーを交換することで解決が可能です。 電源は入るが画面が真っ暗な場合 LEDランプが点灯して電源は入るものの、画面が暗いままになっているという症状もよく見られることです。 dynabookの特徴として、起動したときにまずメーカーロゴが表示され、その間にメモリーのチェックが始まります。 このときにメーカーロゴが表示されていないなら、メモリーに不具合が発生しているのかもしれません。 メモリーとは コンピュータの内部にある記憶装置のことです。 メモリーの 不具合として多いものに、メモリー部分に静電気がたまっていることがあげられます。 特に冬などの空気が乾燥しやすい時期には多い現象です。 4-1. メモリーの状態を確認する• パソコンの電源を切ります• メモリーを抜き差しして静電気を放電します• 再び電源ボタンを押します 再起動後に、改善されていれば特に問題はありません。 原因が静電気ではない場合、メモリーの故障が疑われます。 2枚あるメモリーのうちどちらが故障しているのか、1枚ずつ外して動作確認をして探すという方法もあります。 ただし 、慣れない人が行うのはリスクをともなうため、メモリー修理の相談をした方がいいでしょう。 メモリーではなく、パソコン本体に余計な静電気がたまって不具合を起こしている場合もあります。 本体にたまった静電気を放電させるには、• まず電源を長押ししてシャットダウンさせます• バッテリーや電源ケーブルなどを外します• そのまま5〜10分ほど放置します• その後、再びバッテリーや電源コードを元通りにしてから電源ボタンを押します これで通常通り起動する場合もあります。 「自動修復を開始しています」というメッセージが出る場合 dynabookの電源ボタンを入れ、画面にメーカーロゴが表示されている間に「自動修復を開始しています」というメッセージが表示されることがあります。 この表示自体は故障を指すものではないので、表示されたからといって心配はありません。 このメッセージが出るときは、前の操作で強制終了など何らかの不具合があったと判断されるときに、パソコン自体が自動で修復作業を行っているのです。 修復作業が完了すればメッセージは表示されなくなり、通常通り使うことができます。 まれにメッセージ表示が繰り返されることがありますが、その場合はひたすら待ちましょう。 不具合の状態によっては1日かかる場合もあります。 時間がかかる場合でも、メッセージが表示されなくなれば問題は解決したというサインです。 しかし、 メッセージが表示された後に「自動修復でPCを修復できませんでした」という表示に変わった場合には「システムの復元」を試してみましょう。 「システムの復元」とは過去の状態にパソコンを戻すという作業です。 パソコンの扱いに慣れていない人でも手順に沿って行えば、リスクをできるだけ抑えながら起動させることができます。 5-1. Windows 10のシステムの復元方法 「システムの復元」を実施する方法として、Windows 10とWindows 8. 1の2通りがあります。 Windows 10であれば、強制終了を2回行うだけで、3回目に電源を入れた後に自動的に修復画面へと誘導されます。 「自動修復」画面から「詳細オプション」へと進みます• 「オプションの選択」画面で「トラブルシューティング」を選択しましょう• 「トラブルシューティング」から「詳細オプション」を選択します• 「システムの復元」を選び、次の画面が表示されたら「次へ」をクリックします• ここで復元したい日付を選択したら「完了」をクリックします• 次にシステム復元開始の確認を求めてきますので「はい」をクリックし、復元されれば終了です 5-2. Windows 8. 1のシステムの復元方法 Windows8. 1の場合には、キーボードから操作して作業を始めます。 作業に入るには、まず電源を切りましょう• 次にキーボードにある数字のゼロキーを「HDDリカバリをスタートします」という表示が出るまで長押しします• 「HDDリカバリをスタートします」で「はい」を選び、日本語を選択します• 「オプション選択」画面で「トラブルシューティング」を選びます• 続いて「詳細オプション」へと進み、「システムの復元」で表示されているWindowsをクリックしましょう• 次の画面で「別の復元ポイントを選択する」にチェックを入れます• 日付や時刻などが表示された画面が出たら、その中から自分が戻したい日付と時刻を選択し、「次へ」をクリックします• 続いて「完了」をクリックすると復元の準備は完了です• 最後に復元開始の確認を求める画面が出たら「はい」を選択すれば復元が開始されます 5-3. Windows 7のシステムの復元方法 Windows 7を使ってシステムの復元をすることも可能です。 Windows 7の場合はまずパソコンの電源を入れます• その直後にキーボードのF8キーを連打しましょう• すると「詳細ブートオプション」という画面が表示されます• ここで「コンピューターの修復」を選択すると「システム回復オプション」という画面が表示されますから、「次へ」をクリックして進みます• 続いてユーザー名を確認して「OK」をクリックします• 次の画面で「システムの復元」を選択しましょう• 次に表示される画面で「次へ」をクリックすると、日付などが表示された画面に切り替わるので、復元したい日付を選び、「次へ」、「完了」と続けてクリックします• 次に復元開始の確認を求める画面が出ますので、ここは「OK」を選択して復元を開始させましょう• 復元が完了すれば「再起動」をうながす画面に切り替わり、正常に復元できたことがわかります 6. 黒い画面に白い文字が表示される場合 黒い画面の状態でそこに英語が表示される場合もあります。 表示される英語は• 「Press F1 to Resume」• 「Strike the F1 Key to continue」 などで、直訳すると「F1を押して再開する」や「F1キーを押して続行する」という意味です。 その通りに F1キーを押せば回復することが多いので、試してみるといいでしょう。 ただし、HDDが故障している場合には、これらの文字が表示されたままで一向に起動できません。 周辺機器やOSなどをチェックするBIOSに不具合がある場合も同様です。 また、スムーズに起動した場合であってもそのまま使い続けず、一度修理の相談をしておいた方がいいでしょう。 また、日本語で「Windows エラー回復処理」と表示されることもあります。 その場合には画面の下の方に表示されている• 「Windowsを通常起動する」• 「前回起動時の構成」 のいずれかを選択すると、回復するかもしれません。 エラー処理を実行している場合 パソコンが一向に起動しないときには、エラー処理を実行していることもあります。 エラー処理とは、パソコンに何らかの不具合が生じたときに自動的に自己修復を行うことです。 エラー処理が実行されているときには黒い画面に「CHKDSKはファイルを検査しています」などの白い文字が表示され、処理状況が進むにつれ次々に画面に文字が表示されていきます。 パソコンがエラー処理を開始してしまうと、処理が完全に終了するまで待つしか方法はありません。 仮に中断させた場合には、もう一度はじめからエラー処理が開始され、結果的には余計に時間がかかることになります。 この処理が 途中で止まってしまったり、何時間経過しても一向に起動しなかったりするようなときには注意が必要です。 故障の可能性を視野に入れ、早めに修理の相談をしておきましょう。 ブルースクリーンが表示される場合 パソコンで作業ができなくなる状態の一つに、ブルースクリーンと呼ばれるものがあります。 ブルースクリーンとは画面がブルーになる症状で、白い文字が画面一面に表示されます。 書かれている文字はエラーコードで、「0x0000007E」などの文字列を含めた英語です。 画面がこのような状態になると何も操作ができません。 原因はさまざまですが、システムやソフトのトラブルなど複雑なものが多く、ウィルス感染が疑われる場合もあります。 ブルースクリーンはパソコンを起動してすぐに起こる場合もあれば、Windowsを起動して普通に作業しているときにも起こりやすい症状です。 いずれにしても、ブルースクリーンが表示された状態では作業はできません。 この場合はリカバリで改善を図ってみましょう。 リカバリとは、一般的にはパソコンを購入した状態に戻すことをいいます。 ブルースクリーンが表示されてしまうのは、パソコンの内部で何らかのトラブルが発生しているということです。 一旦もとの状態に戻すことで、発生しているトラブルも取り除くと考えればいいでしょう。 実際の方法としては、パソコンのリカバリ領域から初期化を行います。 初期化する方法はパソコンに付属しているマニュアルに記載されています。 ただし、リカバリを実行するということは、それまでパソコンに保存していたデータや設定などもすべて消えるということです。 バックアップをとっていない場合でどうしても消せないデータがあるときには、業者へ修理を依頼した方がいいでしょう。 状況やデータの保存についても説明し、一旦電源を切ってから見てもらいます。 液晶部分の故障が疑われる場合 液晶部分が故障すると、パソコンそのものが起動していないように見えてしまうこともあります。 つまり、パソコンは起動しているのに、液晶部分の故障によって画面に何も映らなくなることから、パソコンの進行状況が何も見えないということです。 この症状は古いパソコンに見られることが多いですが、中には新しいものでも何らかの原因で起こることもあります。 液晶部分の故障は修理に出さないと自分ではどうしようもできません。 ただし、使えないのは画面部分だけですから、修復しない場合でも使い方はあります。 例えば外付けのディスプレイを購入して接続し、デスクトップパソコンのようにして使う方法です。 通常のノートパソコンのように持ち出すことはできませんが、固定した状態で使用するなら問題はありません。 使っていないディスプレイがある場合には、機種やケーブルが合えば急いでいるときの応急処置ができます。 または、ハードディスクだけ取り出し、外付けハードディスクとして使うという活用方法もあります。 分解する場合は注意! dynabookは、他のパソコンに比べてハードディスクやバッテリーなどの交換がしやすい作りになっています。 メモリーに関しても交換しやすいといえるでしょう。 そのため、故障の原因がパーツによるものであれば、パーツを交換するだけで改善することは可能です。 費用面でも安く済ませることができます。 それぞれのパーツの外し方や交換方法は、dynabookの公式サイトや付属の取扱説明書に掲載されています。 実際に自分で行う場合には、参考にしてみましょう。 ただし、 パーツを自分で外したり交換したりする際は自己責任になります。 万が一手順を間違え、状態を悪化させた場合にはパーツの交換だけでは済まなくなるかもしれません。 修理費用が必要になることもあります。 場合によっては保証の対象から外れてしまう事態も心配されます。 そのため、慣れている人であれば別ですが、普段から家電品の操作に弱いなど自信のない人は自分で交換をすることは控えた方がいいでしょう。 メーカー保証もうまく活用しよう dynabookに故障が疑われる場合、ここで紹介した症状と照らし合わせ、該当する方法で対処してみましょう。 メーカーの保証期間内であれば無料で修理に対応してもらえます。 ただし、 メーカーに修理を依頼する場合にはパソコンを郵送するという手間がかかり、2週間程度はパソコンを使うことができません。 ドクター・ホームネットで出張や店舗予約の相談をすると最短即日で対応しています。 急ぎの場合は依頼するのもいいですし、自分で改善する自信がない場合には早めに修理の依頼をしましょう。 また、データのバックアップを取って作業をしますので、大切なデータを消失したくないという方はおすすめです。

次の

パソコンが立ち上がらない・起動しない場合の対処方法

パソコン 起動 しない windows10

「Microsoft Windows 10」(マイクロソフト・ウィンドウズ・テン)の オペレーティングシステムがインストールされているパソコンの電源を付けたら、 なぜか起動しない場合に起こり得る原因と、修復による解決の方法について。 パソコンが開かない主な原因は、たとえば電源ユニットが故障したり、CPUの熱暴走、 BIOSの設定変更でUSBメモリや起動ディスクが優先される、OSのシステムエラー、 電源コードの不良、Cドライブの空き容量が少なくなる、HDDの物理的な故障、 バッテリーの破損、コンピューターウィルスへの感染、などがあります。 まず、基本的な状態のチェックとして、 デスクトップパソコンの場合は電源コードがどこかで圧迫されて折れていたりせず、 PCケースに接続してあり、本体のスイッチもオンになっているかを確認します。 ノートパソコンの場合はバッテリーがまだ残っているか、または充電状態かを確認します。 バッテリーが長い期間の使用による膨張や過熱などで破損している場合があり、 その際にはノートパソコンの蓋を開けて交換をする必要があります。 また、Windows10の起動ディスクなどDVDドライブにディスクが入ったまま、 あるいはUSBコネクタにUSBメモリが差し込まれたままパソコンを再起動すると、 BIOSでそちらが優先的に読み込まれるのが原因でウィンドウズが開かないことがあります。 その際にはDVD-RやUSBメモリなどの外部記憶デバイスを一旦外します。 また、たとえばWindows 10にOSを変更すると同時にハードディスクを増設したり SSDを交換したりした時に、BIOSの設定が変更されて、Cドライブ(ローカルディスクC)ではなく Dドライブ~の方のボリュームが優先して読み込まれる場合があります。 その際には、一度パソコンを再起動して、ロゴ画面で専用のキーを押してBIOS設定画面に入り、 Windows10がインストールされたドライブ装置を優先して読み込むように設定を変更します。 またCドライブの空き容量がほとんど残っていないと、 システムに深刻なエラーが発生する可能性があります。 Windowsが開けない時は、LinuxのUbuntuでパソコンを起動したり、HDDを一度PC本体から 取り外して別のパソコンに増設、または外付けで接続して、ボリューム内の不要なファイルを 削除して軽くしたり、同時にエクスプローラー画面でエラーチェックを行う、という方法もあります。 Windows 10のパソコン本体を購入または再インストールしたばかりの際に、うっかり アンチウイルスソフトをインストールし忘れていないかどうか、ということには特にご注意ください。 そのままインターネットに接続したりメールを閲覧し続けると、 高い確率で有害なファームウェアなどに感染してシステムが破損します。 アンチウイルスソフトでコンピューターウイルスがもし大量に検知されたら、 場合によってはWindows 10の再インストールを行なう必要もあります。 オペレーティングシステムのエラーが原因で正常に起動しない場合は、一度再起動をしてから、 詳細オプション画面などを開き、「 セーフモード」で立ち上げてみます。 またはシステム修復ディスクを事前に作成していましたら、 「スタートアップ修復」や「システムの復元」を実行して修復を試みます。 またパソコンのパーツを交換した際に、たとえばCPUが正常にCPUクーラーに 固定されていなかったら、熱暴走を引き起こして、それが原因で 起動してから数分でダウンして稼働が止まり、起動しない状態が続きます。 部品を換装する際には、しっかりと接続されているかどうかを必ず確認します。 ほか、マザーボードやメインメモリ、CPU、電源ユニット、電源ボタンといった 重要なパーツが故障していると、パソコンは正常に動かず、OSも開けません。 ほとんどのパーツは、新品に換装することで修理できます。 ですが、ハードディスクが故障した場合は、交換してから Windows10を新しいストレージに再度インストールする必要があります。 OSが起動しない原因がどうしてもわからない場合、あるいは自身ではパーツの交換や オペレーティングシステムのセットアップのし直しが難しそう、という際には、 専門のパソコン修理サービスセンターに問い合わせて、 より確実に、修理作業の代行を行ってもらわれることをおすすめします。 パソコン本体や外付けハードディスクドライブ、サーバーやNAS、RAIDといった電子機器内から喪失した拡張子ファイルを復旧させる方法を解説しています。 また、システムエラーやフォーマットなどの操作ミスによる消失のアクシデント事例とその対処方法や復旧の手段・故障の修理手順など、コンピューター分野のお役立ち知識、データ修復サービスの業者を紹介しています。 「データ復旧」とは、PCの内部のファイルの復元や、ハードディスクの回復、外付けHDDの復活、USBメモリからの回収、サーバーの復帰、ノートパソコンからの救出、RAIDからのコンピューターへの抽出、Windowsのリカバリー、NASのサルベージ、LANDISKからの取り出し、LinkStationの回復、TeraStationの故障時のレスキュー、といった対処方法を指します。 ファイルを保存したストレージに書き込みしていた拡張子やフォルダを誤って消してしまったり、中身の部品や周辺機器が故障してデバイスドライバから読み込みができず開けない時に、復元システムなどを使い修復を実行、または専用機器を分解してから取り出して別の記憶装置に移し変えて救出をしてもらうサービスやその作業にあたります。 ハードディスクドライブなどの部品や損壊したボリュームからデータファイルを抽出する際には、先にハードウェア機材・他コンピューター周辺機器の初期の検査による分析で見てもらえます。 HDDやUSBフラッシュメモリなどの記憶装置内で消失したデータの救出サービスの業者様の方では、様々な故障からのサルベージに対応されています。

次の