猫 の 種類 一覧。 【画像で分かる】世界の猫の種類一覧まとめ!

大きくならない猫の種類5選!小型猫の特徴・魅力と飼い方の注意点は?

猫 の 種類 一覧

白・黒・グレーは単色となり、茶トラは赤(オレンジ)地に濃い赤のシマ模様、キジトラは茶色地に濃い茶色や黒いシマ模様、サバトラはグレー地に黒いシマ模様が入ります。 サビ柄は三毛の3色カラーのうち、白を除いた黒と茶の色が混ざり合った柄となります。 サビも三毛と同じように、遺伝子の関係上オスが少ないです。 その名の通り、毛色の薄い柄であることが特徴です。 末広がりである「八」は縁起が良いとされ、日本でも人気の高い模様であることが窺えます。 ハチワレ猫の中には靴下を履いているようなソックス柄や、口元にヒゲが生えているようなチョビヒゲ柄も見受けられます。 日本ではわりとポピュラーな模様でもあるので、お目にかかれる機会は多いことかと思われますよ。 ・ポインテッド ポイントカラーとも呼ばれるポインテッドは、明治時代以降に日本にやってきたと言われています。 顔や手足、そして尻尾などに黒や茶などの濃い色が出てくることが特徴的で、このように呼ばれるようになりました。 純血種ではシャムやラグドールが有名です。 このポインテッド模様の面白いところは、温度の影響を受けることによって柄の出方が変わるということ。 猫が本来持ちあわせている遺伝子である「サイアミーズ遺伝子」が関係しているので、子猫の時代には明確に色合いが分からないところも、非常に珍しいです。 ・ヒョウ柄 ヒョウ柄と聞けばネコ科の動物園でしか見ることの出来ない、ヒョウを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 猫の純血種の中にも、ヒョウと同じ柄をした猫が居るのです。 このヒョウのような模様をロゼットと呼び、この被毛を持つのはベンガルしか居ないそうです。 美しい模様と、ミンクのような柔らかい被毛に魅了されてしまう方が、非常に多いようですよ。 生まれる際に両親からその遺伝子を受け継ぐことによって、おおよその毛色や模様が決まるのです。 この毛色を決める遺伝子は全部で9種類あり、それぞれの遺伝子は更に2種類ずつ存在するので、2つで1対の遺伝子となります。 9種類の遺伝子は以下に分類されていますので、見てみましょう。 ・W(ホワイト) ・O(オレンジ・ブラウン) ・A(アグーチ) ・B(ブラック) ・C(カラーポイント) ・T(タビー) ・I(インヒビター) ・D(ダイリュート) ・S(スポッティング) この遺伝子には優性と劣勢があり、18種類の中の遺伝子を両親からそれぞれ1つずつの遺伝子を受け継ぐことにより、子猫の毛色は決まっていくのです。 前述したポインテッド柄のシャムやラグドールはCの遺伝子に分類されますが、Cs(サイアミーズ)という劣性遺伝子を受け継ぐことによって、あのような珍しい模様が生まれるという訳です。 ちなみに劣性遺伝子は劣っているという意味ではなく、遺伝的な性質があらわれやすいかそうでないかの違いだけなので、悪い意味ではありませんよ。 珍しいシャムの一種のようですが、鼻の下にある斑点、手足とお腹だけ白い体、綺麗なグラデーションの毛色など、見ているうちにどうしてこんな模様なんだろう?と疑問に思いました。 今回は、その謎を説くべく、猫の模様の不思議について調べてみました。 猫の柄によって性格がちがう? 遺伝子によって細かく分類される毛色や模様ですが、柄によって性格は変わってくるのでしょうか? そもそも遺伝とは両親から受け継ぐものなので、どちらかの親に似ていたり、所々両親から似た部分を受け継いだりしているのが、自然ですよね。 毛色によって性格は異なるとは言われてはいますが、根拠があるものではありません。 しかしある程度の判断材料にはなると思いますので、代表的な猫の柄ごとの性格をご紹介します。 しかしこの美しさは野生では目立ちやすく、敵に狙われやすいです。 そのため、白猫は警戒心が強く神経質な性格と言われています。 日本では、白猫は縁起がいいとされていて、招き猫も白猫がほとんどです。 縁起がいいと白猫を好んで飼う人もおり、白猫には引き込まれるような魅力をもっています。 そんな白猫は、オスとメスで性格の違いがあるようです。 また、白猫の品種によっても性格の違いがあります。 白猫と仲良く過ごすにはどのようなしつけをすればいいのでしょうか。 今回は、白猫の魅力やオスとメスの性格の違いなどについてご紹介します。 黒猫は、人懐っこくフレンドリーな性格をしているので、高貴なイメージとは異なるところが黒猫の魅力と言えるでしょう。 日本猫の中でも飼育しやすい猫として有名です。 グレー猫は、絵具に例えると白と黒を混ぜ合わせて完成する色ですが、性格的には黒猫に近いそうです。 穏やかでおっとりした性格が特徴的と言えるでしょう。 人間にもよく懐くので、常に一緒に遊びたい飼い主さん向けの性格をしています。 茶トラのオスは特に甘えん坊と言われており、飼い主さんにべったりです。 遺伝子的にオスが多いので、余計に甘えん坊のイメージが定着しているようですよ。 茶トラは日本猫の代表格であるトラ猫の中でも、とても人気のある種類です。 茶トラの特徴として、「他の猫よりもでかい」「メス猫が少ない」などが挙げられます。 なぜ、茶トラは他の猫よりもでかく、メス猫が少ないのでしょうか。 最もよく見る柄としても挙げられるキジトラは、野性味も強く残っており、警戒心が強く心を許した相手にしか懐きません。 しかし、仲良くなると一転して甘えん坊になるので、ツンデレ代表といったところでしょうか。 猫の種類は全体で100種類を超えるとも言われていますが、実はキジトラは日本で1番多い模様の猫なんです。 今回は、キジトラの性格と模様の特徴、そして似た名称のサバトラとの違いについてもお話させて頂きたいと思います。 サバトラの性格に関しては、両極端な2種類のタイプが居るとよく言われています。 クールで神経質タイプと人懐っこい甘えん坊タイプに分かれるようなので、どっちの性格なのか、見極めてみたいものですよね。 慎重な一面はあるものの、人懐っこい性格で飼い猫としてとても人気があります。 また、よく間違われる模様に「キジトラ」がいますが、サバトラとキジトラはそれぞれ異なる特徴があります。 今回は、サバトラ猫の模様や祖先、似ているとされるサバトラとキジトラの違い、そしてサバトラの飼い方についてもご紹介します。 三毛はほとんどメスなことからも、このようなイメージは定着しやすいのかもしれません。 それはそれでとてもかわいいですよね。 日本の風景によく馴染む三毛猫は、ドラマやアニメの世界でも人気の存在ですね。 まさしく世間がイメージする猫、そのものとも言えます。 三毛のようにメスが多いので、お姫様気質な上に気ままな性格であるようです。 一方で、頭が良く協調性も高いので、落ち着いて一緒に暮らすことの出来る猫と言えるでしょう。 この独特な毛色と名前から、ネガティブなイメージを持たれやすいのですが、性格が賢い上に協調性も高いので、初心者でも非常に飼いやすい猫と言われています。 また、サビ猫にはオスが少ないとも言われていますが、どんな理由があるのでしょうか。 今回は、魅力的な性格や特徴を持つ「サビ猫」についてご紹介します。 まとめ 猫の毛色や柄は遺伝子の組み合わせによって決まり、その種類は多種多様であります。 中には珍しい特徴的な模様の猫も居ますので、組み合わせの可能性は1000通り以上とも言われているのです。 似たような柄の猫が居たとしても、全く一緒ということがないのは人間も一緒ですよね。 しかし色と模様にバリエーションの多い猫は、遺伝子までもが人間を魅了させてしまうことに驚きです。 そして柄によって性格も多少異なりますので、もしこれから猫と一緒に暮らすことを考えているのであれば、是非毛色や柄を参考にしてお迎えしてみてはいかがでしょうか。 — おすすめ記事 —.

次の

猫の品種!性格や値段や特徴から飼いやすい種類の一覧!

猫 の 種類 一覧

キャットケアスペシャリスト 「 キャットケアスペシャリスト」は一般社団法人の日本ペット技能検定協会によって認定される資格です。 猫の基本飼育管理から猫の美容学、看護学、介護学、繁殖学、生態学までをマスターした猫のプロフェッショナルの証。 出典: ヒューマンアカデミーの通信講座である「たのまな」のキャットケアスペシャリスト講座を受講し、 添削課題を提出して合格することでライセンス申請することができます。 ライセンス登録が完了することで資格を取得することができます。 猫を趣味にしている場合や、猫に関する仕事に就きたいと考えている人におすすめの資格です。 通信講座「たのまな」の講座を受講してキャットスペシャリスト資格を取得する流れは以下になります。 キャットケアスペシャリスト資格取得までの流れ• キャットケアスペシャリスト講座の する。 (任意)• キャットケアスペシャリスト講座を申し込み自宅で受講する。 講座の添削課題(2回)を提出し合格する。 キャットスペシャリストのライセンス申請を出す。 通信講座「たのまな」のキャットケアスペシャリスト講座では同時に「 キャットシッター」の資格も取得できるので、 一つの講座で2つの資格取得に向けて勉強することができます。 以下の動画はキャットケアスペシャリスト講座の紹介動画です。 是非見てみてくださいね。 (動画はミュート(無音)状態で再生されます。 ) キャットシッター 「 キャットシッター」は一般社団法人の日本ペット技能検定協会によって認定される資格です。 誇りを持って猫専門のシッティング業務を行うキャットシッター。 愛猫のお世話をプロフェッショナルに依頼したいとお考えの愛猫家に、大きな訴求力を持つ資格です。 出典: キャットシッターの資格はキャットスペシャリストと同様に、 ヒューマンアカデミーの通信講座である「たのまな」のキャットケアスペシャリスト講座を受講し、 添削課題を提出して合格することでライセンス申請することができます。 ライセンス登録が完了することで資格を取得することができます。 猫メインのペットシッターをはじめとした、猫に関する仕事に就きたいと考えている人におすすめの資格です。 通信講座「たのまな」の講座を受講してキャットシッターの資格を取得する流れは以下になります。 (キャットスペシャリストの資格の流れと同様です。 ) キャットシッター資格取得までの流れ• キャットケアスペシャリスト講座の する。 (任意)• キャットケアスペシャリスト講座を申し込み自宅で受講する。 講座の添削課題(2回)を提出し合格する。 キャットシッターのライセンス申請を出す。 キャットフレンドリーパーソン 「 キャットフレンドリーパーソン」は民間企業のヒューマンアカデミーによって認定される資格です。 猫がいつまでも愛される社会に向けて、正しい知識と意識をもっている方をキャットフレンドリーパーソンとして認定。 猫を趣味とする人や、愛猫との暮らしをより向上させたいと考えている人におすすめの資格です。 通信講座「たのまな」の講座を受講してキャットフレンドリーパーソンの資格を取得する流れは以下になります。 キャットフレンドリーパーソン資格取得までの流れ• 愛猫健康講座の する。 (任意)• 愛猫健康講座を申し込み自宅で受講する。 猫健康管理士 「 猫健康管理士」は一般社団法人の全日本動物専門教育協会によって認定される資格です。 猫健康管理士資格を取得した者は、猫カフェ、動物病院、動物シェルター、ペットホテル、ペットショップ、ペットシッターなどで活躍しています。 出典: 全日本動物専門教育協会の通信講座である猫健康管理士認定講座を受講し、 認定試験に合格することで資格を取得することができます。 趣味で猫について勉強している人や、飼っている猫を上手にケアしたいと考えている人におすすめの資格です。 全日本動物専門教育協会の猫健康管理士認定講座を受講して猫健康管理士の資格を取得する流れは以下になります。 猫健康管理士資格取得までの流れ• 猫健康管理士認定講座のする。 (任意)• 猫健康管理士認定講座を申込み自宅で受講する。 猫健康管理士の認定試験に合格する。 愛玩動物飼養管理士 「 愛玩動物飼養管理士」は内閣府公認の公益社団法人である日本愛玩動物協会によって認定される資格です。 愛玩動物飼養管理士とは、「動物の愛護及び管理に関する法律」の趣旨に基づき、 愛玩動物(ペット)の愛護及び適正飼養管理の普及啓発活動などを行うために必要な知識・技能を、 公益社団法人日本愛玩動物協会の通信教育によって体系的に修め、 所定の試験に合格し、協会より認定登録された者をいいます。 出典: 愛玩動物飼養管理士として認定されるためには、 教材の学習や1日の講習会への参加、課題の提出を経て、認定試験(マークシート式)を合格することが必要になります。 1年間に「春期申込コース」と「夏期申込コース」の大きく2コースあり、それぞれの試験は全国一斉試験となります。 愛玩動物飼養管理士は、動物取扱責任者の資格要件のひとつとして多くの自治体から認められているため、 猫に限らずペット業界の仕事に就きたい方には特におすすめできます。 もちろん、趣味で勉強している人やペットを飼っている人にもおすすめです。 愛玩動物飼養管理士の資格を取得する流れは以下になります。 愛玩動物飼養管理士資格取得までの流れ• 受験申込書入りの愛玩動物飼養管理士の資料請求する。 受講を申し込む。 届いた教材を勉強する。 1日間だけスクーリング(講習会)に参加する。 課題報告問題を提出する。 全国一斉の認定試験に合格する。 愛玩動物飼養管理士の認定登録手続きをする。 受験申込書入りの資料は以下の公式サイトから請求することができます。 ねこ検定 「 ねこ検定」はねこ検定実行委員会が主催している比較的に新しい資格です。 検定試験を通じて、ねこへの理解を深めることで人とねことの生活がより豊かになることを目指し、 2017年3月ねこ検定はスタートしました。 出典: ねこ検定は1年に1回 3月頃 、全国の主要都市で開催される検定試験です。 難易度に応じて初級、中級、上級と3つのレベルに分けられています。 ねこ検定公式のガイドブックも販売されており、教材を利用してねこの勉強ができます。 ねこ検定の合格認定までの流れは以下になります。 ねこ検定合格認定までの流れ• ねこ検定の申し込みをする。 自宅でねこ検定に向けた学習をする。 全国主要都市の会場で検定を受けて合格する。 猫の育て方アドバイザー 「 猫の育て方アドバイザー」は日本生活環境支援協会 JLESA によって認定される資格です。 猫の育て方アドバイザーとして、猫の育て方に関する知識を有していることが証明されます。 出典: 日本生活環境支援協会に試験申し込みすると送られてくる答案用紙に 自宅で解答を埋めて期日までに送付して合格すると、猫の育て方アドバイザーとして認定されます。 試験免除で資格取得する方法もあり、 通信教育・通信講座の「」、または、「」にそのような資格取得講座が開講されています。 どちらの資格取得講座も、「猫の育て方アドバイザー」と「猫の健康管理インストラクター」の2資格を同時に取得することができます。 認定機関である日本生活環境支援協会 JLESA の沿革や運営者について、 公式サイトやインターネット上から詳細が確認できないのが残念なので、 当サイトとしては他の資格検定で猫について勉強することをおすすめしますが、 気になる人は是非公式サイトや資格を取得できる通信講座のページを確認してみてください。 日本生活環境支援協会 JLESA の検定試験で資格を取得する流れは以下になります。 猫の育て方アドバイザー資格取得までの流れ• 資格検定に申し込む。 答案用紙が送付されてくる。 解答を埋めて期日までに送付して合格する。 猫の健康管理インストラクター 「 猫の健康管理インストラクター」は日本インストラクター技術協会によって認定される資格です。 猫の健康管理インストラクターとして、猫の種類別の知識を有していることが証明されます。 出典: 猫の健康管理インストラクター資格の取得までの流れは、猫の育て方アドバイザーの場合と同様の流れとなります。 猫の健康管理インストラクターはより猫の種類に特化した資格試験となっています。 猫の健康管理インストラクターについても、認定機関である日本インストラクター技術協会の 沿革や運営者について、インターネット上から詳細が確認できないのが残念な点です。 日本インストラクター技術協会の検定試験で資格を取得する流れは以下になります。 猫の健康管理インストラクター資格取得までの流れ• 資格検定に申し込む。 答案用紙が送付されてくる。 解答を埋めて期日までに送付して合格する。 認定ペットシッター 「 認定ペットシッター」はビジネス教育連盟のペットシッタースクールによって認定される資格です。 「認定ペットシッター資格」を取得することで、動物取扱責任者として「保管」「訓練」の動物取扱業の登録申請が行えます。 ペットシッター業は「保管」での登録のみで開業できますが、「訓練」の登録でしつけ業務なども行えるようになります。 出典: ペットシッタースクールで開催される認定ペットシッター養成講座(「通学コース」または「通信コース」)を受講し、 資格検定試験に合格することで認定ペットシッター資格を取得することができます。 認定ペットシッター資格では、ペットシッター業の開業に必要な「保管」業の登録が可能になります。 ペットシッターになりたい人には必要かつおすすめの資格です。 認定ペットシッター資格では、猫だけでなく犬についても学習することができます。 認定ペットシッター養成講座で資格を取得する流れは以下になります。 認定ペットシッター資格取得までの流れ• 認定ペットシッター養成講座の資料請求する。 (任意)• 認定ペットシッター養成講座を申し込む。 通学コースの場合はスクールで、通信コースの場合は自宅で学習する。 スクールで実施される資格検定試験に合格する。 ペットシッター士 「 ペットシッター士」はNPO法人の日本ペットシッター協会によって認定される資格です。 「認定ペットシッター資格」を取得することで、動物取扱責任者として「保管」「訓練」の動物取扱業の登録申請が行えます。 ペットシッター業は「保管」での登録のみで開業できますが、「訓練」の登録でしつけ業務なども行えるようになります。 出典: 日本ペットシッター協会により開催されるペットシッター士養成講座(「通学コース」または「通信講座コース」、「カルチャースクール講習」)を受講し、 資格検定試験に合格することでペットシッター士資格を取得することができます。 ペットシッター士資格も認定ペットシッター資格と同様に、ペットシッター業の開業に必要な「保管」業の登録が可能になります。 ペットシッター士はペットシッターになりたい人におすすめの資格です。 認定ペットシッター資格と同様にペットシッター士資格でも、 猫だけでなく犬についても勉強することができます。

次の

【日本猫】の毛柄の種類一覧。キジトラや茶トラって世界中にいる?

猫 の 種類 一覧

【目次】• 雑種猫とは? 雑種とは、 異なる種類の猫同士を交配させて産まれた猫のことです。 どれも雑種と呼ばれますが、異なる純血種同士の組み合わせで意図的に作られた猫の場合、「混血種」「ハイブリッド」「ハーフ猫」と呼ぶこともあるようです。 その他の呼び方では「交配種」「交雑種」「異種交配種」「ミックス」などがあります。 最近では、雑種猫という言い方ではなく、ミックスという呼び方をすることも多くなってきています。 この理由に関しては、日本の土地にいる猫が、日本に以前からいたものと中国から来たものとの雑種であることが関係しています。 野良猫を保護したり譲り受けたりするなどして猫を飼い始めることが多いため、雑種の割合が多くなっていると言えるでしょう。 また、雑種猫というと、別の猫種同士で交配することで生まれた子猫はすべて雑種となります。 飼い主さんが異なる種類を飼っていて産まれた子猫も雑種になりますし、異なる種類の野良猫や外猫と交配して産まれた子猫も雑種になります。 純血種同士でも異なる種類で交配させれば、生まれる子猫は雑種となるため、雑種の猫が多くなると考えられます。 雑種猫の種類(柄)は? 雑種猫の柄の種類には、大きく分けて次の種類があります。 キジトラの柄は、日本の雑種猫の原型とされています。 猫の祖先であるリビアヤマネコの柄がキジトラと同じような柄です。 茶トラは日本猫の代表格であるトラ猫の中でも、とても人気のある種類です。 お腹の一部など、よく見ると白い部分が少しある場合もありますが、ほぼ全身が黒であれば、黒猫とされます。 黒猫は縁起が悪い、見つけると良くないことがある、などと言われたこともありますが、幸運を運ぶ、良いことがある印、といった捉え方もされるようになってきています。 この独特な毛色と名前から、ネガティブなイメージを持たれやすいのですが、性格が賢い上に協調性も高いので、初心者でも非常に飼いやすい猫と言われています。 今回は、魅力的な性格や特徴を持つ「サビ猫」についてご紹介します。 また、黒と白が混ざったブチ柄の猫もいます。 黒の部分が薄い黒(グレー)のものもいます。 白地に黒い模様が出て、顔に漢字で八の字のように両方の目と耳の周りが黒くなっているものを「ハチワレ」と呼び、ひとつの種類のように扱われることもあります。 このハチワレは、トラ柄の猫にも現れます。 白い部分とそれぞれのトラ柄の組み合わせになりますので、キジ白やサバ白と呼ばれることもあります。 さらに、最近では外国の猫との交配によって、長毛の雑種も増えて来ています。 昔は縁起が悪いなんて言われていたこともあるようですが、末広がりの八は縁起がいいとも言われますよね。 今回は、キュートでおちゃめな模様が可愛いハチワレ猫の魅力と、その種類や性格についてご紹介したいと思います! 雑種猫の性格は? 雑種猫の性格は、 住んでいる環境と親猫の性格などから大きく影響されます。 様々な猫の種類の性格を受け継ぐため、雑種猫の性格ついては、個体差が大きいと考えられます。 一般的には、多くの雑種の猫は、人懐っこいとも、警戒心が強いとも言われます。 野生で生きてきたヤマネコの性格が現れているのかも知れません。 猫の模様(柄)によっても性格がわかる? 雑種猫の種類(柄)によって、大まかな性格が予想できると言われています。 ただし、猫の性格は生まれ育った環境などによっても大きく左右されるため、それぞれの個体によっても性格は異なります。 日本にいる猫のうちで一番多いと考えられる種類ですので、人に接触する可能性も多いと考えられ、そのため人懐っこい性格を持つものが多いと考えられます。 一方で、野生の名残から警戒心がとても強い猫がいることもあります。 どちらの性格の猫もいる、という種類と言えるのではないでしょうか。 人にはよく懐くので、一緒に暮らしやすいと言われています。 黒い猫は縁起が悪いとか見かけると良くないことが起こると言われることもありますが、幸運の象徴であると言われることもあります。 日本でもどちらの言い伝えも聞かれますが、最近では黒猫の魅力が浸透して、愛されるようになっています。 また、自然界では白い毛色が目立つため、敵から襲われないよう気を張っている必要があり、警戒心の強い性格である傾向にあります。 白は神聖な色とされ、昔から人間に大切にされてきたためか、人間には友好的です。 そのため、全体的にオスよりは臆病で大人しく、警戒心も強いと言えます。 なかなか心を開いてくれないこともありますが、いったん懐くととても甘えるので、猫らしい性格だと言えるでしょう。 そのため、比較的クールで猫らしい性格の猫だと言えるでしょう。 また、賢くオス猫とちがってあまり無茶な行動はしない傾向にあります。 雑種猫は魅力がいっぱい! 雑種猫の魅力は次の3つが挙げられます。 そのため長生きもしやすくなり、完全室内飼いにしていれば、平均寿命の15年以上生きることも珍しくないと言えるでしょう。 平均寿命を超えるのは、純血種よりも雑種のほうが多いという調査結果もあります。 雑種の猫は、健康管理をしっかりして、ワクチンを定期的に受けていれば、長く一緒に過ごすことが出来ます。 手がかかるようなお世話が必要ではないことも、飼いやすい理由の一つです。 純血種の長毛であればブラッシングをしたり、特殊な猫であれば体を拭いたり、目やにがたまりやすい顔つきの猫は顔のケアをしたりと、種類によっては飼い主さんがこまめにお世話をする必要があります。 雑種の猫の多くは短毛であり、特別な世話は必要ない場合がほとんどです。 雑種の猫を飼いたいと思ったら、以下のような方法で迎えることになります。 ・野良猫として生活しているものを保護する ・保護団体から引き取る(保護猫を飼う) ・愛護センターや保健所などから引き取る ・知り合いから譲ってもらう ・譲渡会で見つける それだけ、たくさんの出会いの場があるということです。 雑種猫は多彩な種類がいて、性格も様々、そして数も多いので、その中から好みの猫を見つけることが出来るとも言えます。 雑種猫の種類のまとめ 純血種でも交配することで作り出されたものもいますので、雑種とは、大きな範囲のひとつの猫の種類だと言って良いでしょう。 実際に、日本の土着の猫は、ほぼ雑種ですが、日本猫という種類として人気が出て来ています。 さらに、雑種猫には純血種のような決まりがなく、様々な大きさ、被毛の種類、目の色、体つき、耳の形、尻尾の形、顔つきなどがあります。 つまり色々な種類の猫の要素が混じる可能性があって、それが猫の個性になるということです。 雑種の猫には、純血種とはまた違った魅力があります。 そして、純血種でも、雑種でも、命を持った猫の種類であることに変わりはありません。 雑種の猫と暮らすことになったら、その猫ならではの個性を見つけて、家族の一員として、一生大切にしてあげてくださいね。 — おすすめ記事 —.

次の