ドラクエウォーク 7章10話。 【ドラクエウォーク】7章こころ評価【アームライオン・シルバーデビル】

【ドラクエウォーク】しにがみきぞく(7章10話ボス)攻略|倒せない方必見!【DQW】

ドラクエウォーク 7章10話

7章10話の攻略について・クリスタルクロー復活と魔法戦士の活躍! 7章10話の攻略について説明します。 推奨レベルは60ですが、 レベル56でクリアできました。 ちなみに全員上級職全てレベル55に達しています。 パーティー編成は、 バトマス・レンジャー・魔法戦士・賢者です。 なお、魔法戦士は全体回復と 攻撃の両方を出来るようにしました。 魔法戦士の回復魔力は403で、 ひかりのタクトで92~95位の回復量となります。 すばやさは魔法戦士の方が値が高かったので、 「ひかりのタクト」をもたせました。 7章10話のモンスターは しにがみきぞく1体とさまようたましい2体です。 従って最初のターンは「まもりのたて」で 2ターン目から攻撃します。 ただし、さまようたましいは のろいのミスも多い。 攻撃力が高く、 仲間のHPをどんどん削っていくので先に倒す。 さまようたましいは影縛りか 「まもりのたて」をしておけばこわくありません。 HPが赤くなると自爆します。 周回時とは全く違って高いダメージ。 あっという間に瀕死かHPが0になります・・。 なお、「ルカニ」はかける余裕がありませんでした。 勿論全員、HPとMPの値も高めにしました。 バトマス: メタルドラゴンS・やまたのおろちS キラーマシンS・キングススライムS 撃・ゾンビ系A、イオ属性・技呪S レンジャー: 究極エビルプリーストA・ホークブリザードS キングスライムS・メタルドラゴンS メラ属性・技呪A、幻惑耐性S 魔法戦士: 下の写真をご覧ください。 全体回復値は400以上ないと厳しく、 またイオラでFBを狙うため、 全体回復と攻撃を考慮しました。 イオラで「FB」、「バイシオン」もかけたので 最も活躍したかもしれません。 FBとバイシオンのおかげで 5~6回目位でしにがみきぞくを倒すことが出来ました。 (なお、1回目は全員「まもりのたて」をかけました) 賢者: おどるほうせきS・メタルホイミンS バラモスS・シルバーデビルB いやし・技呪S、耐ドルマ属性A 心珠の「耐ドルマ属性」は レンジャーにもつけるべきだったかもしれません。 今回、レンジャーがしにがみきぞくから 集中的に攻撃されました。 そのため、全体回復が必要な時は、 レンジャーみずから道具で回復し、 其の後、回復役が全体回復をしました。 <使用した道具> 特やくそう3個 いやしそう1個 (全てレンジャー) 8章と「パラディン」に向けてレベリングとこころあつめの日々! 7章10話をクリアしましたが、 モンスターのこころあつめがまだ殆ど出来ていないため、 もう一度7章10話に設定してこころあつめです。 特に 「アームライオン」<赤>と 「シルバーデビル」<緑>です。 この2つは、出会っても心を落としてくれません。 しかも「アームライオン」はめったに枠なので 遭遇することすらなかなか叶いません。 今回、推奨レベルに達していなくともクリアできました。 その分8章は手強くなるかもしれません。 こころあつめとレベルを上級職の全職が60になるように あげていこうと思います。 レベル50から55になるまでの間、 レベル52までとレベル53の中盤以降は つけているこころにもよるかもしれませんが、 火力や会心など違ってきました。 従ってレベル60にむけても レベル58以降になると さらにパワーアップして来るのでしょうか? 4つの職業ごとにレベリングパーティーを編成していますが、 今後も場合によっては偏った職業の複数編成が 攻略しやすいことも出てくるかもしれません。 順番を考慮しつつ、全職業のレベル上げを目指そうと思います。 そのご、賢者のパーティー。 しかし・・・今月下旬にはもう一つ 上級職が解放されるのです。 それは「パラディン」です。 「戦士」レベル50以上と 「僧侶」レベル50以上であることが 必要です。 イメージ的には高い耐久性を備えた パーティーの「壁」役といったところでしょうか? こちらも解放されたら、 レベリングを最優先に行う必要があります。 「パラディン」が解放されるまでは バトマス・レンジャー・魔法戦士・賢者のレベリング、 「パラディン」開放後は、 おそらく「パラディン」のみの編成を作ることになるので 「パラディン」のレベリングを行うと思います。 今後もいろいろとやることが増えていきそうですね。

次の

ドラクエウォーク第5章7話「掘り出しもの」のボス・サブナックとベビーサラマンダの倒し方|タビホリ

ドラクエウォーク 7章10話

今回は武器の組み合わせが大事なのでおすすめ武器セットも紹介しています。 ドラクエウォークのレベリングの基本 「1ターンで敵の攻撃を受けずに倒し切る」 これがドラクエウォークレベリングの基本になります。 その上で、 ・3キャラで倒す ・2キャラで倒す 2パン ・1キャラで倒す ワンパン ・呪文で倒す ・カットイン特技 ギガスラなど を使わない ・メタル処理キャラを入れる などなど各個人の好みに応じてレベリングパーティを組んで行きます。 ただ… 上級者は皆口を揃えて「最強のレベリング構成はゴシパラ2」と言います。 りゅうき兵やゴールドオークといったモンスターはガード率 攻撃を弾く確率 が高く、弾かれて0ダメージにされた場合1,000ダメージ近く失うことになります。 そのためミスやガードを念頭に「追加で1,000ダメージ出すカバー用のキャラ」を入れる必要が出てくるので、必中の呪文を使った快適レベリングが好まれているのです。 ひとつめピエロやりゅうおうのこころを組み込めば、ひたすらマヒャドを打ち続けることも追い風となっていました。 アームライオンは出現率が低すぎて無理でした!シルバーデビル調べたので許してください! ざっくりとした感想は「デコボコがすごい!」だと思います。 6章では幅広い武器が活躍できるように 後発のメラ,ジバリア,イオは露骨な耐性持ちがいましたが 、極端な弱点・極端な耐性持ちモンスターはいない設定がされていたのです。 幸い1本持っていれば相方は『ゴシックパラソル』で良いのが救いでしょうか? なお、新武器『バロックエッジ』の全体スキル「ラッシュバースト」はイオ属性でモーションが非常に早いので、物理で考える場合優先して使いたい武器になります。 バギの代表といえば『黄竜のツメ』 リリース初期からカットイン大火力として常に第一線で活躍してきた武器です。 他には、• しかし、このカップルどちらも鈍足なため素早さについては気をつける必要があります! 特に夜出現のマッドフィンガーは推奨素早さ450なので要注意です。 最後にデインですが個人的に感動したのが『りゅうおうのつえ』とのコラボで確定2発できることです。 ゾーマS手に入ったら全敵行ける可能性あり。 検証データから各属性「通りの良さ」の配点を決めた上で、シールドオーガの守備力 468 を基準に算出した等倍与ダメをもとに数字を出しています。 ざっくり1,600ほど出せば7章モンスターは倒せるので、 大火力:ラーミア・ボル鞭・黄竜・ロト 中火力:アリ剣・バロック・冥獣など この大火力+中火力で2パンできないか?を考えていく形になります。 7章レベリング2パン狙える組み合わせ表 「こんな構成いいよー!」というおすすめあったらTwitterでリプもらえると嬉しいです!.

次の

【ドラクエウォーク】第7章「呪われた約束」攻略 / 出現モンスターとこころ性能

ドラクエウォーク 7章10話

ドラクエウォークのストーリー第7章で登場したモンスターのこころ「アームライオン・シルバーデビル・シールドオーガ・ミミック」の性能や強さを他のこころと比較して評価・解説します。 【図の説明】 ・バトマスでキングスライム,キラーマシン,メタルドラゴンを装備して4枠目にセットした時のHP・与ダメでグラフを作成 ・守備力400,等倍属性 ・防具など:ワイルド一式+トレイ+黄竜+魔導 ・心珠:系統A2個 この図でいう左上のメタルハンターやキラーパンサー等は手軽に火力を出せる初心者向けこころ、右下のボーンナイトやスカイドラゴンは火力を下げる代わりに大きくHPを盛れるこころになります。 メタルドラゴンの再登場は厳しい現状を考えると、アームライオンはメタルドラゴンに近い火力・耐久を兼ね備えたポジションになると思います。 実装後に更新した図がこちら。 「ヒャド以外であっても」メタルドラゴンの耐久力をガッツリUP、そして火力もアップという、さすがめったに枠こころという性能になっています。 ゾーマに続き事前に作成した図を壊した憎いこころです、そんなレベルの壊れっぷりです。 緑こころは画像の赤丸の範囲にスペック面はほぼ同じこころが量産されています。 そのため若干HPが増えた属性違いのベビルという方向がシルバーデビルのこころとなる予想です。 はい、実装されたステータスを反映した図がこちら 【図の説明】 ・得意装備時のHPと回復魔力でグラフを作成 ・アイコンを囲っている色は耐性 ステータスは「あくま神官」などに合わせた上で属性を変えてくるという予想は大きく外れ 笑 属性耐性なしの高HP・高回復魔力というステータス寄せのこころでした。 耐久力をアップした「ももいろ三姉妹」という表現がぴったりですが、関西限定なので少し伝わりにくいでしょうか? まあ地域限定より強いこころがストーリーこころで実装されちゃったよ!というイメージでよろしいかと思います。 現状いやしの風は回復魔力キャップに簡単に届いてしまうため、『さとりの杖 いやしの波動 』を持っている人は積極的に手に入れたいこころです。 また、守備力も緑こころの中ではダントツに高いため、物理攻撃がメインのボスに対して採用するこころになります。 ついに性能が判明しましたが正直期待していた性能ではないです。 【グラフの説明】 ・得意装備時のHPと守備力でグラフを作成 ・アイコンを囲っている色は耐性 期待していたのは高HP・高守備力、これは当然のように持った上で耐性を持つパラディン向けこころ。 シールドオーガは耐性がなかったので少し期待はずれでした… ただ、HP守備力をひたすら高めて「対物理カチカチパラディン」を作るなら採用されます。 シルバーデビルの無耐性高ステータスを考えると、今後そういったボスを作る可能性を感じます。 ミミック ミミックS — KID ポケモンGOGO!! メラ属性はボルケーノウィップ 火炎旋風 、ギラ属性は新しく登場したバロックエッジ 閃熱の翼撃 に使うこころですね。 バロックエッジの評価は.

次の