どうかよろしくお願いいたします 英語。 「よろしくお願いします」は英語でどういう?場面別に上手に表現できるシーン別ニュアンス別フレーズ集

【生活英語】英語メールの結び《よろしくお願いします》ってなんていうの

どうかよろしくお願いいたします 英語

日本語でメールをする場合結びのフレーズといえば、「よろしくお願いします」が一般的ですね。 英語にもこれに相当する「Sincerely」や「Regards」といった結びの言葉がいくつか存在します。 場面によって使い分けるとピッタリくる結びの英語表現を、ビジネスからカジュアルまでシーン別にご紹介していきます。 ビジネスでの英語メールで使える結びのフレーズ ビジネスシーンで使われる結びは、メールを送る相手によって内容は異なります。 ここでは面識のない相手に対して相応しいフォーマルな英語表現や、丁寧な印象を与えるビジネス英語フレーズを見ていきましょう。 面識のないクライアントや上司へは「Sincerely」 英語で送るメールの場合、日本のビジネスシーンでやり取りされるような堅苦しい言い回しは用いられないが一般的です。 しかし、初めてやり取りをするクライアントなど面識がない人が相手の場合は、丁寧な言い回しで結びたいですよね。 そんなときに使えるのが「Sincerely」です。 日本語でいうところの「敬具」という意味に相当します。 すでに面識はあってもまだ気の置けない相手には「Yours sincerely」あるいは「Sincerely yours」と、yoursをつけるとよいですよ。 「Yours sincerely」は「Sincerely yours」よりもやや堅い印象を与えるので、相手によって使い分けてみましょう。 英語で送るメールでは、基本的に日本のビジネス文章のような堅苦しい言い回しはあまり常用されません。 日本人が好んで用いる「Sincerely」は心から敬意を表すといった意味で、とてもきっちりした印象を与える結びです。 「Sincerely yours」ということもありますがyoursを付けることで面識がある人にしか使えないことと、「Yours sincerely」よりも多少柔らかい印象になりますので、認識して使い分けをしてみましょう。 丁寧に言いたい時の「Best regards」の意味とは? 「Sincerely」よりもスタンダードに使われるのは「Best regards」。 「Regard」は、気に掛ける、敬意という意味をもち、最高の心遣い、敬具といったニュアンスのフレーズとなります。 かしこまるほどではないけれど、丁寧に対応したいというシーンで使える結びのフレーズです。 感謝しますに相当する「Many thanks」の意味とは? 一見カジュアルに感じられる「Many thanks」ですが、ビジネスシーンの「Thank you in advance」や「Thank you very much」の短縮形のような結びのフレーズで、ネイティブによく使われる締めの言葉です。 カジュアルな英語メールで使える結びのフレーズ 結びの言葉は前述と同様に、メールを送った相手との関係性によって、使うフレーズは変わります。 ここでは普段使いに便利な結びの英語フレーズを見ていきましょう。 じゃあねの意味で使われる「See you around」 同僚や友達など、気軽に対応できる仲間には「See you around」(またね、じゃあね)といったカジュアルな結びの言葉がおなじみです。 「Thanks」でも通用するけれど、もっと親しみを込めたい時に便利なフレーズです。 気を付けてね「Take care」 メールに限らず、会話でもよく使われる「Take care」は、メールの結びでもよく使われます。 さよならの代わりにも用いられる、これも一般的な英語表現です。 ハグをあなたに「Hugs」 日本には抱き合う習慣がないのでピンとこないかもしれませんが、海外では友達から恋人まで、親しい仲間同士での抱擁は、あたりまえの習慣です。 「Hugs」という結びのフレーズは、「Love」と似た感覚で使えます。 相手との距離を近づけたいや、もっと愛情を伝えたいシーンで使うと、ぐっと距離が縮むことでしょう。 しばらく会わない人には「All the best」 「All the best」はしばらく会わない友人や同僚に送る結びのメール表現。 日本語の「これからがんばってね」のようなニュアンスで伝わります。 「Best regards」に近い意味合いですが、よく知らない相手に使うと白々しく受け取られる可能性もあるので、送る相手を考えて、使う必要があります。 ビジネス上ではあまり使われないので、使い分けてくださいね。 「よろしくお願いします」を英語メールでいうとどういう? 日本語の定番フレーズ「よろしくお願いします」は便利な表現ですが、英語の直訳ではこのような言い回しがありません。 基本的には前述でご紹介した結びのフレーズが適していますが、「よろしくお願いします」のようなニュアンスを伝えたいときもありますよね。 そんなときに使えるフレーズを、シーン別にご紹介します。 仕事の相手、同僚に「これからよろしくお願いします。 」 これからプロジェクトをともにする同僚や、取引を始めるクライアントなど今後も引き続き仕事のお付き合いがあるというようなシーンもありますね。 そんなときこそ挨拶の最後に「これからよろしくお願いします。 」と言いたいもの。 同じような意味合いを英語で伝える場合は、「look forward 」や「 do great business」のような表現を用いたフレーズが適当です。 (一緒にお仕事できてうれしいです。 ) I am looking forward to working with you. (一緒にお仕事するのを楽しみにしています。 ) I hope that we will do great business together. (一緒に素晴らしいビジネスを築いてくことを期待しております。 」 ビジネスメールでは必要な資料、ファイルなど送ってほしいものをお願いしたり、業務の対応をお願いしたりする機会があります。 こんな時には「attention」や「take care」を活用してニュアンスを伝えましょう。 We appreciate your prompt attention to this matter. (ご対応いただきまして感謝いたします。 ) Please take care of this issue. (こちらの案件のご対応お願い致します。 ) メールの確認を「よろしくお願いします。 」 日本ではメールの内容がOKかどうか確認してください、のような意味で「よろしくお願いします。 」を使いますよね。 そのような場合、英語では「check」や「attention」を用いて表現します。 Please check it. (確認よろしくお願いします。 ) Thank you for your attention. (以上よろしくお願い致します。 ) Thank youだけではぶっきらぼうかな?と思ったときの「よろしくお願いします。 」 英語は具体的な内容を伝えないでニュアンスを表現することが難しい言語ですので、ほとんどの場合「Thank you 」「Thanks」ですべてが完結します。 しかし日本人にとってなんとなくぶっきらぼうで物足りないと感じるのも当然のことでしょう。 そんなとき一言加えたいなら英語では「 appreciate 」や「help」の単語を使って以下のように表現しましょう。 Thank you for your help. (ご協力ありがとうございます。 ) Thank you in advance. (よろしくお願いいたします。 ) We really appreciate it. (感謝いたします。 ) まとめ 英語で伝える結びのフレーズをご紹介しました。 日本語では特にビジネスの場合「お忙しいとは存じますが、よろしくお願いします。 」や「恐縮ですが、ご対応よろしくお願いします。 」など相手への気遣いを表現して応対することがマナーとされています。 英語でのシーンではそのような習慣はありませんので、「Thank you」の一言にすべてが含まれていると認識されますし、失礼だと思われることもないでしょう。 今回の表現は日本語らしい丁寧さと文化の違いを表現する上で便利なフレーズですので、相手にあわせてふさわしい表現を使い分けてみてくださいね。 全てを使いこなそうと気負わずに、シーンや相手に合わせて使ってみてください。 \1レッスン129円~毎日受けられるオンライン英会話/ 英会話を話せるようになりたいなら、英語を話す環境を作り出す必要がありますよね。 レアジョブの「日常会話コース」では、25分のマンツーマンレッスンが毎日受けられて1回129円~。 厳しい審査のもと採用された優秀な講師陣があなたの英会話学習をサポートしていきます。 Please SHARE this article.

次の

よろしくお願いいたしますは英語でどういうの? : ことばの広場

どうかよろしくお願いいたします 英語

日本語ではさまざまなシーンで使われる「よろしくお願いします」ですが、これをそのまま直訳する英語表現はないんです。 「よろしくお願いします」を使うシーンには、 初めて会う人への挨拶 や頼みごとをするとき、メールの締め文などがあります。 英語で「よろしくお願いします」に当たる表現は シーンによって異なるため、オンライン英会話などで学ぶのがおすすめです。 今回は、 「よろしくお願いします」 の英語のフレーズをシーン別に、カジュアルな表現からビジネスでも使える言い回しまで紹介していきます。 ・Nice to meet you. (初めまして。 お会いできて嬉しいです。 ) ・Pleased to meet you. (初めまして。 お目にかかれて嬉しいです。 ) 「初めまして」の挨拶としてよく知られている「 Nice to meet you. 」は、初めて 出会った ときに「よろしくお願いします」の意味も込めて使われているフレーズです。 カジュアルなシーンからビジネスのシーンでも使えます。 目上の人に対してより丁寧に話したいときには、「 Pleased to meet you. 」を使いましょう。 Nice to meet you. (こんにちは、私はタロウです。 お会いできて嬉しいです。 Nice to meet you too. (やあ、わたしはマサオです。 私もお会いできて嬉しいです。 ) 「 Nice to meet you. 」と言われたら、 「 Nice to meet you too. 」と「t oo 」をつけて返すのが基本。 「 こちらこそよろしく お願いします」といったニュアンスになります。 ・ Nice meeting you. (お会いできてよかったです。 ) 「 Nice to meet you. 」 が初対面の人と出会ったときに使うフレーズなのに対して、「 Nice meeting you. 」は初対面の人との別れ際に使うフレーズ。 「 It was 」を略した形です。 「 Nice meeting you. 」 と相手に言われたときも、 「 Nice meeting you too. 」 と返します。 「 Nice to meet you. 」 を別れ際に使うことはありませんので注意しましょう。 (一緒に働くのが楽しみです。 (一緒に仕事ができるのを楽しみにしています。 ) 「一緒に仕事をするのを楽しみにしている」といったニュアンスのポジティブな表現を使います。 ・Thanks! (よろしく!) ・Thank you in advance. (前もってお礼を言っておきます。 ) ・Thank you for your cooperation. (ご協力ありがとうございます。 ) 「 Thanks! 」と簡潔に済ませるのはカジュアルな表現です。 「 in advance 」には、 「前もって」「あらかじめ」といった意味があり、直訳すると「前もってありがとう」となり、日本語の「よろしくお願いします」に近いフレーズです。 「期待しているよ、任せるよ。 」といったニュアンスの 「よろしくお願いします」のフレーズもあります。 (頼りにしています。 」は上司が部下に対して使うことが多いフレーズで、目上の人に戴しては使えません。 ・Tell~ I said Hi. (~によろしく伝えてね。 ) ・Tell~ I said Hello. (~によろしく伝えてね。 ) ・Please say hi to~. (~によろしく伝えてください。 ) ・Please say hello to~. (~によろしく伝えてください。 ) ・Please remember me to~. (~によろしく伝えてください。 ) たとえば、「 Tell Yoko I said Hello. 」(ヨウコによろしく伝えてね。 )と使いますが「 Tell 」を用いるのは くだけた 表現です。 ・Please send my regards to~. (~さんによろしくお伝えください。 ) 「 r egard 」には「尊敬」や「経緯」といった意味があり、「 Please send my regards to~. 」はフォーマルなシーンで使えるフレーズです。 英語で「よろしくお願いします」の意味合いがある締めのフレーズを挙げていきます。 ・Thank you,(よろしく。 ) ・Best Regards,(よろしくお願いいたします。 ) ・Kind Regards,(よろしくお願いいたします。 ) ・Sincerely,(よろしくお願いいたします。 ) ・Sincerely yours, (よろしくお願いいたします。 ) ・Yours sincerely, (よろしくお願いいたします。 ) 友達などとのカジュアルなやり取り や短 めの 軽い用事のメール では、「 Thank you. 」が締めのフレーズとしても使えます。 「 Best Regard , 」や「 Kind Regards , 」は カジュアルな表現ですが、 ビジネスのメールでも使えるフレーズです。 「 Sincerely, 」はビジネスのメールで一般的なフレーズ。 「 Sincerely yours , 」や「 Yours sincerely , 」はよりフォーマルな表現になります。 また、締めのフレーズの後に、 フォーマルな フレーズ やビジネスのメール ではフルネームをつけますが、面識がある場合は、カジュアルな表現ではファーストネームのみとします。

次の

「どうぞよろしくお願いいたします」の意味と使い方・敬語

どうかよろしくお願いいたします 英語

みなさん、英語メールを書いているとき、最後の一文にどんな結びの英語表現を使えばいいのか迷ったことはありませんか。 日本語の「よろしく」っていう表現が、英語であると便利なのですが…• (超丁寧)お手数をおかけしますが、 よろしくお願いいたします。 (かなり丁寧) よろしくお願いいたします。 (丁寧) よろしくお願いします。 (カジュアル) よろしく!• (もうなんなんだか…) よろぴく! ちょっと表現を変えるだけで、「 よろしく」はカジュアルメールからビジネスメールまで、結び文句として使えますよね。 さてさて、英語メールの場合はどうでしょう。 英語の結びにはどんな表現があるのでしょうか。 一緒に英語メールの結びの言葉を探していきましょう。 Thank you for your support 「 いつも支持してくれてありがとね」的な意味です。 《support》は、「支持、援助、後援」なんて、日本語に訳すとお堅い言葉になってしまいますね。 この表現は、• 会社から雇用者への英語メール• 上司から部下への英語メール• 学校から保護者への英語メール• 団体から後援者への英語メール• スポーツクラブのマネージャーから選手や保護者への英語メール などの中で使われている結びの表現です。 募金のお願い(スポーツクラブのマネージャーから保護者へ)• 学校休校のお知らせ(学校から保護者へ)• 給与明細を送るとき(会社から雇用者へ) などの英語メールの結びとして使われています。 Thank you for your understanding 「 分かってくれてありがとう」的な意味です。 わたしは英語メールの中で、この締めの表現を多用しています。 ちょっと 言いずらいことを言わなきゃいけない英語メールの中で、使っています。 以下、わたしが書い英語メールの実例です。 Hi (顧問の先生の名前) Unfortunately 息子の名前 needs to scratch the Champ as he has not recovered from his injury. He went to Physio today and received a letter from his physiotherapist. Please find the attached letter from her. We are all very disappointed that he can not compete his race. Thank you for your understanding. Regards, (あどぽうず) 長男が参加するはずだった大会の2週間前に怪我…それで、顧問の先生に「長男、大会に出場できません。 ご理解のほど、よろしくお願いいたします」っていう英語メールを送らなければならなかったんです。 英語メールで言いずらいことを言わなきゃいけない状況は、日本語でも同じでしょう。 不参加の連絡• お断りの連絡• 失敗の報告• 言い訳する などは、言わなきゃいけないけど言いづらいものですよね。 そんなメールを書かなければならないときに、英語メールの結びとして、「ご理解のほど、よろしくお願いいたします」っていう意味の、 Thank you for your understanding. は、そりゃあもう、大活躍です。 I appreciate~ 簡単にいうと、上記でご紹介した表現 《Thank you for》の部分を《I appreciate》に変えるだけです。 I appreciate your help. I appreciate your help in advance. I appreciate your quick response. I appreciate your support. I appreciate your understanding. こんな感じです。 さらに 《really》も加えちゃうと、さらにアップグレードします。 I really appreciate your help. I really appreciate your help in advance. I really appreciate your quick response. I really appreciate your support. I really appreciate your understanding. ものすごく謙虚な印象を受ける《if》と一緒に使う《appreciate》 《appreciate》と一緒に《if》を使うと、謙虚な印象を与える「よろしくお願いします」になります。 例えば、わたしが息子をスポーツ活動に連れていけないときなどに、ママ友やコーチにこんな風に英語メールで頼んでみます。 I would really appreciate if you could pick him up at my place. (うちまで息子を迎えにきてくれたら、本当に本当に助かるんだけど…お願いできる?) 「うちまで迎えにきてっ!」って頼んでるわけですよ。 こういう時は、やっぱり 仮定を表す《if》を使って、「もしできたら…」と、謙虚な「よろしくお願いします」という結びの表現を使います。 《appreciate》 について、例文をたくさん挙げて詳しく書かれている方がいらっしゃいますので、ご興味のある方はそちらのブログもご覧ください。 以上、日本語で「よろしくお願いします」にあたる英語メールの結び「最後の一文」の英語表現を、紹介しました。 みなさんも、カジュアルな英語メールや英文ビジネスメールを書くときに、ぜひご参考ください。

次の