綿 半 スーパー センター 東村山 店。 「綿半スーパーセンター東村山店」(東村山市

綿半スーパーセンター東村山店にさっそく行ってきた

綿 半 スーパー センター 東村山 店

本社をに、外商部をにおいている。 は「Enjoy Life 綿半ホームエイド」。 概要 [ ] かつての同社店舗は一般的なホームセンターと同様、、大工道具などの住関連商品を中心とした品揃えであったが、から各地の店舗をリニューアルする一方でへの業態転換を始めた。 を扱うことにより売上が伸び 、度の伸び率は長野県内の大手小売業者で最大となった。 からはやの扱いも始めている。 1980年代から1990年代にかけて長野県内で放映された企業CMにはデザインのキャラクターファミリーが起用され、一部店舗では外壁にも同キャラクターを描いていた(飯田市座光寺店 閉店 など)。 キャッチコピーを取り入れたは曲調に若干のアレンジが加えられているものの現在でも店内のBGMソングとして変わらず用いられている。 9月、グループ企業のが「綿半Jマート国分寺店」を都市向けの小型スーパーセンター「綿半スーパーセンター国分寺店」へリニューアル。 綿半スーパーセンターとしては初の長野県外店舗であるが、オープンに際しては綿半ホームエイドの経営ノウハウが生かされ、リサイクルステーション設置や関東圏の店舗では初となるの利用も導入された。 また同年には、に綿半ホームエイドが運営するスーパーセンターとして初の長野県外店舗となる「綿半スーパーセンター東村山店」がオープンした。 綿半Jマートが運営していた「綿半Jマート久米川店」をリニューアルした店舗で、長野県内で培ったノウハウを生かすとともにJマートの経営戦略も取り入れ都市郊外の大型スーパーセンターとして新戦略を打ち出す。 また県内店舗同様に生鮮食品等を豊富に取り扱い、国分寺店に続いてリサイクルステーション設置やブルーカードの利用導入もなされた。 沿革 [ ] この節のが望まれています。 ( 2020年6月)• (昭和52年) - 設立。 - 1号店となる長野店(現 長池店)オープン。 (9年) - 株式会社綿半リビングストアー(後に株式会社へ吸収合併された)からホームセンター4店舗を譲受。 (平成10年)2月21日 - 綿半鋼機株式会社へ貿易事業部を譲渡。 のちに同事業は株式会社綿半クリエイティブプロダクツへ継承。 (平成12年) - とその子会社から合わせて3店舗の営業権を譲受。 (平成14年) - 長野物流センター開設。 (平成17年) - 長池店がスーパーセンター1号店としてオープン。 (平成19年) - スーパーセンター1号店の長池店を一部リニューアルし、生鮮食品の取り扱いを開始。 (平成20年) - 伊那物流センター開設。 (平成27年) - へオンラインショップを初出店。 - 10店舗目となるスーパーセンター塩尻店オープン。 (平成29年) - 企業内託児所「わたぴーランド」を開設。 - グループ企業の綿半Jマートが運営していた「綿半Jマート久米川店」を「綿半スーパーセンター東村山店」にリニューアルオープン。 綿半ホームエイドとして初の関東地方出店となる。 運営店舗 [ ] この節のが望まれています。 ( 2015年9月) 綿半スーパーセンター(長野県内12店舗、山梨県内1店舗、東京都内1店舗、岐阜県内1店舗)• 長池店()• 川中島店(長野市)• 稲里店(長野市)• 須坂店()• 千曲店()• 中野店()• 豊科店()• 松本芳川店()• 塩尻店()• 諏訪店()• 箕輪店()• 伊那店()• 富士河口湖店()• 東村山店()• 可児店() 綿半ホームエイド(長野県内7店舗、山梨県内4店舗、埼玉県内2店舗、東京都内1店舗、神奈川県内1店舗、愛知県内1店舗)• 檀田店(長野市)• 若里店(長野市)• 穂高店(安曇野市)• 庄内店(松本市)• 諏訪インター店(諏訪市)• 富士見店()• アップルロード店()• 長坂店()• 万力店()• 八田店()• 都留店()• 小鹿野店()• 坂戸店()• 国分寺店()• 相模湖店()• 江南店() 綿半ホームエイド物流センター(長野県内2ヶ所)• 長野物流センター(須坂市)• 伊那物流センター(上伊那郡箕輪町)• 本社に隣接するスーパーセンター長池店(長野県長野市南長池) 過去の店舗 [ ] 綿半ホームエイド• 豊野店(長野市) 北陸新幹線の工事に伴い閉店、解体された。 稲里店(長野市) に返還され「ユー・パレット 長野南店」として営業していたが平成26年に閉店し、現在は総合環境企業であるミヤマ株式会社の本社となっている。 東松本店(松本市) され「 松本元町店」となっている。 上田原店() 「万代書店 長野上田店」が入るも平成24年に閉店。 双葉店(伊那市) リニューアルされ株式会社スマイルネットワークが運営している総合リサイクルショップ「スマイルサンタ 伊那店」「メディア書店 伊那店」として分割利用されている。 座光寺店(飯田市) 本館跡地は「 座光寺店」と「 飯田座光寺店」に、ペット館跡地は「鮨ごちそうや 松乃本店」になり、スポーツ館はリニューアルされ「 飯田座光寺店」が利用している。 市川大門店() 株 綿半リビングストアー• 本店(飯田市) 店舗は閉店後もしばらく残存し、近接する綿半ホームエイドアップルロード店の倉庫代わりに利用されていた。 座光寺店(飯田市) 綿半ホームエイド座光寺店の本館内併設だった。 伊那店(伊那市) 跡地は「ファインデイズホテル」や「ブレインマンション」等になっている。 (ダイシン・)• イエローグローブ()• (いない・モリス)• (FC)• (旧ホームピック・系列)• かねひで()• かんぶん()• さくもと()• (島屋)• (系列)• STOCK()• ハッピー()• デコールホームキーパー()• (系列)• ハマート・マルニ(系列)• ハンディ()• ベストホーム()• ミスタートンカチ()• ムサシ()• ヤスサキワイホーム(系列、FC)• ユートク(系列)• (系列)• 消滅・撤退・業態変換• ビッグサム()• ベル()• デイツー()• エルム(キノシタ)• 大国屋• ハンデーエーモン(栄門商事)• ニューライフカタクラ()• アクト• (長崎)• サンビックス()• ハンドメーク• サンモール(新潟)• ハッピー()• コドーリビング館()• オックス生活館(ツダデンキ)• マンモス()• 名鉄ホームセンター(系列)• ナイスライブピア(系列)• (系列)•

次の

「綿半スーパーセンター東村山店」(東村山市

綿 半 スーパー センター 東村山 店

本社をに、外商部をにおいている。 は「Enjoy Life 綿半ホームエイド」。 概要 [ ] かつての同社店舗は一般的なホームセンターと同様、、大工道具などの住関連商品を中心とした品揃えであったが、から各地の店舗をリニューアルする一方でへの業態転換を始めた。 を扱うことにより売上が伸び 、度の伸び率は長野県内の大手小売業者で最大となった。 からはやの扱いも始めている。 1980年代から1990年代にかけて長野県内で放映された企業CMにはデザインのキャラクターファミリーが起用され、一部店舗では外壁にも同キャラクターを描いていた(飯田市座光寺店 閉店 など)。 キャッチコピーを取り入れたは曲調に若干のアレンジが加えられているものの現在でも店内のBGMソングとして変わらず用いられている。 9月、グループ企業のが「綿半Jマート国分寺店」を都市向けの小型スーパーセンター「綿半スーパーセンター国分寺店」へリニューアル。 綿半スーパーセンターとしては初の長野県外店舗であるが、オープンに際しては綿半ホームエイドの経営ノウハウが生かされ、リサイクルステーション設置や関東圏の店舗では初となるの利用も導入された。 また同年には、に綿半ホームエイドが運営するスーパーセンターとして初の長野県外店舗となる「綿半スーパーセンター東村山店」がオープンした。 綿半Jマートが運営していた「綿半Jマート久米川店」をリニューアルした店舗で、長野県内で培ったノウハウを生かすとともにJマートの経営戦略も取り入れ都市郊外の大型スーパーセンターとして新戦略を打ち出す。 また県内店舗同様に生鮮食品等を豊富に取り扱い、国分寺店に続いてリサイクルステーション設置やブルーカードの利用導入もなされた。 沿革 [ ] この節のが望まれています。 ( 2020年6月)• (昭和52年) - 設立。 - 1号店となる長野店(現 長池店)オープン。 (9年) - 株式会社綿半リビングストアー(後に株式会社へ吸収合併された)からホームセンター4店舗を譲受。 (平成10年)2月21日 - 綿半鋼機株式会社へ貿易事業部を譲渡。 のちに同事業は株式会社綿半クリエイティブプロダクツへ継承。 (平成12年) - とその子会社から合わせて3店舗の営業権を譲受。 (平成14年) - 長野物流センター開設。 (平成17年) - 長池店がスーパーセンター1号店としてオープン。 (平成19年) - スーパーセンター1号店の長池店を一部リニューアルし、生鮮食品の取り扱いを開始。 (平成20年) - 伊那物流センター開設。 (平成27年) - へオンラインショップを初出店。 - 10店舗目となるスーパーセンター塩尻店オープン。 (平成29年) - 企業内託児所「わたぴーランド」を開設。 - グループ企業の綿半Jマートが運営していた「綿半Jマート久米川店」を「綿半スーパーセンター東村山店」にリニューアルオープン。 綿半ホームエイドとして初の関東地方出店となる。 運営店舗 [ ] この節のが望まれています。 ( 2015年9月) 綿半スーパーセンター(長野県内12店舗、山梨県内1店舗、東京都内1店舗、岐阜県内1店舗)• 長池店()• 川中島店(長野市)• 稲里店(長野市)• 須坂店()• 千曲店()• 中野店()• 豊科店()• 松本芳川店()• 塩尻店()• 諏訪店()• 箕輪店()• 伊那店()• 富士河口湖店()• 東村山店()• 可児店() 綿半ホームエイド(長野県内7店舗、山梨県内4店舗、埼玉県内2店舗、東京都内1店舗、神奈川県内1店舗、愛知県内1店舗)• 檀田店(長野市)• 若里店(長野市)• 穂高店(安曇野市)• 庄内店(松本市)• 諏訪インター店(諏訪市)• 富士見店()• アップルロード店()• 長坂店()• 万力店()• 八田店()• 都留店()• 小鹿野店()• 坂戸店()• 国分寺店()• 相模湖店()• 江南店() 綿半ホームエイド物流センター(長野県内2ヶ所)• 長野物流センター(須坂市)• 伊那物流センター(上伊那郡箕輪町)• 本社に隣接するスーパーセンター長池店(長野県長野市南長池) 過去の店舗 [ ] 綿半ホームエイド• 豊野店(長野市) 北陸新幹線の工事に伴い閉店、解体された。 稲里店(長野市) に返還され「ユー・パレット 長野南店」として営業していたが平成26年に閉店し、現在は総合環境企業であるミヤマ株式会社の本社となっている。 東松本店(松本市) され「 松本元町店」となっている。 上田原店() 「万代書店 長野上田店」が入るも平成24年に閉店。 双葉店(伊那市) リニューアルされ株式会社スマイルネットワークが運営している総合リサイクルショップ「スマイルサンタ 伊那店」「メディア書店 伊那店」として分割利用されている。 座光寺店(飯田市) 本館跡地は「 座光寺店」と「 飯田座光寺店」に、ペット館跡地は「鮨ごちそうや 松乃本店」になり、スポーツ館はリニューアルされ「 飯田座光寺店」が利用している。 市川大門店() 株 綿半リビングストアー• 本店(飯田市) 店舗は閉店後もしばらく残存し、近接する綿半ホームエイドアップルロード店の倉庫代わりに利用されていた。 座光寺店(飯田市) 綿半ホームエイド座光寺店の本館内併設だった。 伊那店(伊那市) 跡地は「ファインデイズホテル」や「ブレインマンション」等になっている。 (ダイシン・)• イエローグローブ()• (いない・モリス)• (FC)• (旧ホームピック・系列)• かねひで()• かんぶん()• さくもと()• (島屋)• (系列)• STOCK()• ハッピー()• デコールホームキーパー()• (系列)• ハマート・マルニ(系列)• ハンディ()• ベストホーム()• ミスタートンカチ()• ムサシ()• ヤスサキワイホーム(系列、FC)• ユートク(系列)• (系列)• 消滅・撤退・業態変換• ビッグサム()• ベル()• デイツー()• エルム(キノシタ)• 大国屋• ハンデーエーモン(栄門商事)• ニューライフカタクラ()• アクト• (長崎)• サンビックス()• ハンドメーク• サンモール(新潟)• ハッピー()• コドーリビング館()• オックス生活館(ツダデンキ)• マンモス()• 名鉄ホームセンター(系列)• ナイスライブピア(系列)• (系列)•

次の

綿半Jマート

綿 半 スーパー センター 東村山 店

本社をに、外商部をにおいている。 は「Enjoy Life 綿半ホームエイド」。 概要 [ ] かつての同社店舗は一般的なホームセンターと同様、、大工道具などの住関連商品を中心とした品揃えであったが、から各地の店舗をリニューアルする一方でへの業態転換を始めた。 を扱うことにより売上が伸び 、度の伸び率は長野県内の大手小売業者で最大となった。 からはやの扱いも始めている。 1980年代から1990年代にかけて長野県内で放映された企業CMにはデザインのキャラクターファミリーが起用され、一部店舗では外壁にも同キャラクターを描いていた(飯田市座光寺店 閉店 など)。 キャッチコピーを取り入れたは曲調に若干のアレンジが加えられているものの現在でも店内のBGMソングとして変わらず用いられている。 9月、グループ企業のが「綿半Jマート国分寺店」を都市向けの小型スーパーセンター「綿半スーパーセンター国分寺店」へリニューアル。 綿半スーパーセンターとしては初の長野県外店舗であるが、オープンに際しては綿半ホームエイドの経営ノウハウが生かされ、リサイクルステーション設置や関東圏の店舗では初となるの利用も導入された。 また同年には、に綿半ホームエイドが運営するスーパーセンターとして初の長野県外店舗となる「綿半スーパーセンター東村山店」がオープンした。 綿半Jマートが運営していた「綿半Jマート久米川店」をリニューアルした店舗で、長野県内で培ったノウハウを生かすとともにJマートの経営戦略も取り入れ都市郊外の大型スーパーセンターとして新戦略を打ち出す。 また県内店舗同様に生鮮食品等を豊富に取り扱い、国分寺店に続いてリサイクルステーション設置やブルーカードの利用導入もなされた。 沿革 [ ] この節のが望まれています。 ( 2020年6月)• (昭和52年) - 設立。 - 1号店となる長野店(現 長池店)オープン。 (9年) - 株式会社綿半リビングストアー(後に株式会社へ吸収合併された)からホームセンター4店舗を譲受。 (平成10年)2月21日 - 綿半鋼機株式会社へ貿易事業部を譲渡。 のちに同事業は株式会社綿半クリエイティブプロダクツへ継承。 (平成12年) - とその子会社から合わせて3店舗の営業権を譲受。 (平成14年) - 長野物流センター開設。 (平成17年) - 長池店がスーパーセンター1号店としてオープン。 (平成19年) - スーパーセンター1号店の長池店を一部リニューアルし、生鮮食品の取り扱いを開始。 (平成20年) - 伊那物流センター開設。 (平成27年) - へオンラインショップを初出店。 - 10店舗目となるスーパーセンター塩尻店オープン。 (平成29年) - 企業内託児所「わたぴーランド」を開設。 - グループ企業の綿半Jマートが運営していた「綿半Jマート久米川店」を「綿半スーパーセンター東村山店」にリニューアルオープン。 綿半ホームエイドとして初の関東地方出店となる。 運営店舗 [ ] この節のが望まれています。 ( 2015年9月) 綿半スーパーセンター(長野県内12店舗、山梨県内1店舗、東京都内1店舗、岐阜県内1店舗)• 長池店()• 川中島店(長野市)• 稲里店(長野市)• 須坂店()• 千曲店()• 中野店()• 豊科店()• 松本芳川店()• 塩尻店()• 諏訪店()• 箕輪店()• 伊那店()• 富士河口湖店()• 東村山店()• 可児店() 綿半ホームエイド(長野県内7店舗、山梨県内4店舗、埼玉県内2店舗、東京都内1店舗、神奈川県内1店舗、愛知県内1店舗)• 檀田店(長野市)• 若里店(長野市)• 穂高店(安曇野市)• 庄内店(松本市)• 諏訪インター店(諏訪市)• 富士見店()• アップルロード店()• 長坂店()• 万力店()• 八田店()• 都留店()• 小鹿野店()• 坂戸店()• 国分寺店()• 相模湖店()• 江南店() 綿半ホームエイド物流センター(長野県内2ヶ所)• 長野物流センター(須坂市)• 伊那物流センター(上伊那郡箕輪町)• 本社に隣接するスーパーセンター長池店(長野県長野市南長池) 過去の店舗 [ ] 綿半ホームエイド• 豊野店(長野市) 北陸新幹線の工事に伴い閉店、解体された。 稲里店(長野市) に返還され「ユー・パレット 長野南店」として営業していたが平成26年に閉店し、現在は総合環境企業であるミヤマ株式会社の本社となっている。 東松本店(松本市) され「 松本元町店」となっている。 上田原店() 「万代書店 長野上田店」が入るも平成24年に閉店。 双葉店(伊那市) リニューアルされ株式会社スマイルネットワークが運営している総合リサイクルショップ「スマイルサンタ 伊那店」「メディア書店 伊那店」として分割利用されている。 座光寺店(飯田市) 本館跡地は「 座光寺店」と「 飯田座光寺店」に、ペット館跡地は「鮨ごちそうや 松乃本店」になり、スポーツ館はリニューアルされ「 飯田座光寺店」が利用している。 市川大門店() 株 綿半リビングストアー• 本店(飯田市) 店舗は閉店後もしばらく残存し、近接する綿半ホームエイドアップルロード店の倉庫代わりに利用されていた。 座光寺店(飯田市) 綿半ホームエイド座光寺店の本館内併設だった。 伊那店(伊那市) 跡地は「ファインデイズホテル」や「ブレインマンション」等になっている。 (ダイシン・)• イエローグローブ()• (いない・モリス)• (FC)• (旧ホームピック・系列)• かねひで()• かんぶん()• さくもと()• (島屋)• (系列)• STOCK()• ハッピー()• デコールホームキーパー()• (系列)• ハマート・マルニ(系列)• ハンディ()• ベストホーム()• ミスタートンカチ()• ムサシ()• ヤスサキワイホーム(系列、FC)• ユートク(系列)• (系列)• 消滅・撤退・業態変換• ビッグサム()• ベル()• デイツー()• エルム(キノシタ)• 大国屋• ハンデーエーモン(栄門商事)• ニューライフカタクラ()• アクト• (長崎)• サンビックス()• ハンドメーク• サンモール(新潟)• ハッピー()• コドーリビング館()• オックス生活館(ツダデンキ)• マンモス()• 名鉄ホームセンター(系列)• ナイスライブピア(系列)• (系列)•

次の