タンポン の 付け方。 タンポン付けてお風呂やプールは大丈夫?トイレの方法についても

タンポンのおすすめ人気ランキング10選【海や温泉も楽しめる!】

タンポン の 付け方

世の中には男で生まれたがゆえに、男性が経験したくてもできないことが存在する。 例えば生理や妊娠、出産がその代表だが、 生理用ナプキンやタンポンを渡して、男子に説明させたらこうなった! という動画が面白いので紹介したい。 か~なりトンチンカンなことを口走っているぞ! ・生理用ナプキンへの反応は!? まず、動画に登場する4人の男性が渡されたのは、ウィングが4つ付いた生理用ナプキン。 ナプキンの真ん中部分から飛び出たウィングをショーツに固定することで、ヨレやズレを防ぐことができる仕組みになっている。 パッケージを空けてナプキンを取り出した一人は、黒い袋にはいった薄手のナプキンを見て「紅茶のパッケージみたいだな」とポツリ。 そして全員が、ナプキン本体とウィング部分の粘着シートを一度に剥がしてしまったため、アッチコッチが引っ付きまくり! 再び剥がそうと引っ張ったりでてんやわんやになり、 ナプキンをショーツに取り付けるのに、かなりの時間を要していた。 ・タンポンの使い方に大混乱! 次は、女性器の模型とタンポンを渡され、どのようにタンポンを挿入するかデモンストレーションするように指示された4人。 すると、「赤ちゃんが出てくる所はどこだ!? 」と膣の場所が分からず混乱状態に! 「こんな物をどうやって突っ込むんだ!? 」と、3人が繊維部分をプラスチックの筒から全部取り出してしまう始末。 膣にタンポン本体を挿入してから、中身を押し出す仕組みを理解していたのは1人のみに終わった。 ・多い日用の生理用ナプキンの大きさに驚愕!! そして、全員が多い日用の生理用ナプキンの大きさに驚愕!! 「こんなにデカい必要があるのか!? 」とか「そんだけ出血が多いということなのか?」と、四苦八苦しながらショーツに装着。 生理中は出血だけでなく、気分が落ち込むこともあればイライラすることもあるし、生理痛も苦しいわで女性は本当に大変である。 なので男性は、生理中に恋人や奥様に当たられても、少し位は大目に見てあげてほしいと思う。 参照元: 執筆:.

次の

タンポンの入れ方のコツを知ってる人教えてください泣

タンポン の 付け方

タンポンの使い方のコツ 経血が多い日に使う 私がタンポンを使うのは、生理1日目から3日目の経血が多い日だけです。 経血が少ないときは摩擦が大きくなるためか、入れるときも取り出すときも痛いんです。 タンポンに慣れないうちは、生理1日目から3日目の経血が多い日だけに使うことをおすすめします。 経血が多ければそれが潤滑油のような役割を果たしてくれて、痛みを感じずスムーズに入ってくれます。 小さめのタンポンから挑戦 ナプキンのように、タンポンにも経血が少ない日用から多い日用まで、いくつかのサイズがあります。 やはり小さめのタンポンのほうが入れやすいので、デビューのときには少ない日用のタンポンを使ってみるといいと思います。 今では普通の日用のタンポンを使っていますが、最初は普通の日用は上手く入れられませんでした。 そこで少ない日用の小さいタンポンで練習。 とはいえ、経血が多い日に少ない日用タンポンだけだと経血が漏れてくるのが心配ですよね。 私はタンポンに加えて小さなナプキンも一緒に使っていました。 今でも経血が多い日に普通の日用タンポンを使っているので、心配性な私はおりものシートを併用しています。 タンポンの入れ方のコツ 呼吸を整える 次はタンポンの入れ方のコツです。 タンポンを上手に入れるためにいちばん効果があったのかも?と感じているのは、呼吸を止めないことです。 タンポンを入れるときに限らず、何かに集中しているときには呼吸が止まりがち。 私もタンポンを使い始めたときには、タンポンに意識を集中しすぎて呼吸が止まっていることが何度もありました。 呼吸が止まると体に力が入って、タンポンが入りづらくなります。 入れる位置までタンポンを持っていったら、ひとまず大きく息を吐いて体をリラックスさせます。 そのまま呼吸を続けて、ゆっくりと息を吐きながらタンポンをそっと入れれば、痛みを感じずスッと入るはずです。 服装はゆるめに タンポンを入れるときはしっかり股を開く必要があるので、体を締め付ける服装ではなくゆるめのものがおすすめです。 特にボトムスはゆるいスカートだとタンポンの入れやすさが抜群です。 スカートをはいていれば、脚を動かしやすくて股がよく開き、手の位置も調節しやすいですよ。 ちなみに、体を締め付ける服装だとタンポンが入れにくいだけでなく、体の血流が悪くなって体が冷えてしまい、生理痛が悪化する可能性もあります。 ゆるい服装は、タンポンを入れるのにも生理痛を和らげるのにも役に立ちます。 角度を調整 まずは、どういう角度でタンポンを入れるのか、説明書の図をよーく見ることが大切です。 私は不器用なクセにせっかちなので、説明書を見るのもそこそこにすぐに実演に入ってしまいました。 そうしたら変な角度で入ったのか、途中で止まって少し痛い思いをするはめに。 そんなことにならないためにも、まずは説明書を説明文や図をよく読んでください。 とはいえ、膣の形や深さは人それぞれ。 少しずつゆっくりタンポンを入れると、自分の体に合う角度を見つけることができます。 タンポンの入れ方をマスターしたら生理が早く終わるかも 膣から流れ出てきた経血を吸うナプキンと違って、タンポンは膣から直接吸収してくれます。 そのためか、以前は生理6~7日目にチョロチョロと出ていた経血が、タンポンを使い始めてからは出なくなり、生理が早く終わるようになりました。 最初はタンポンをうまく入れることができず何個か無駄にしましたが、説明書をじっくり読んで図もしっかり見て練習してコツをつかんでからは、スルリと入るようになりました。 使い始めたばかりのときは、タンポンを意識しすぎていたためか膣に少し違和感というか異物感を感じていました。 しばらく使っていたらその違和感もなくなったので、今ではすっかりタンポン愛用者です。 不器用かつ怖がりの私でもタンポンを使えているので、多くの人がすぐにタンポンを上手く使いこなせるようになると思います!•

次の

タンポンの正しい使い方、タンポン仕様のメリット・デメリット、ナプキンとの使い分けについて解説

タンポン の 付け方

【もくじ】• タンポンが入らない人必見! 「タンポン」と聞くと、あまりいいイメージがない人がいるかもしれません。 ・痛い ・入らない ・入れても異物感があって気持ち悪い 上記のようなイメージを持っている人が多い結果、みんなナプキンばかり使っているのではないでしょうか? しかし、実際のところタンポンは、 ・簡単に使える ・痛みはない ・気持ち悪くならない 全く不快感なく、簡単に使うことができます。 タンポンが入らないのはなぜ? とは言っても、ほとんどの人がタンポンを入れようとしても、なかなか入らなかったという人が多いですよね。 タンポンが入らない人の原因はこれです。 ・入れ方が間違っている ・入れることにビビりすぎ 上記が入らない理由です。 タンポンを販売している会社のHPには、入れ方が詳しく紹介されていますが、ぶっちゃけあれではわかりません。 ほとんどは合っていますが、大事な部分が紹介されていないんです。 実際に使っている人は、どうやって入れているのか、出しているのかについて紹介されていません。 タンポンが痛い理由 タンポンは、入れることはできるけど、「痛い」という人も多いはずです。 ・角度が悪い ・奥まで入れることができていない タンポンを入れると、違和感や痛みがある人は、上記に原因がある人が多いです。 特に 「奥まで入れる」ということができるようになれば、痛みがなくなることがほとんどです。 ちなみに、角度に関しては合っていないと奥まで入らないので、角度の問題は奥まで入れることができるようになれば問題ないです。 タンポンの使い方。 入らない人必見 ここから実際にタンポンの使い方を紹介していきます。 タンポンは、慣れてしまえば「5秒」もあれば入れることができます。 しかし、慣れない人は1回入れるのにもかなり時間がかかりますよね。 私も最初(小学生の頃)は、誰も使い方を教えてくれなかったので、タンポンを入れるのに何分もかかっていました。 私が15年以上使った経験を踏まえて、誰でもできる簡単なタンポンの入れ方を紹介します。 タンポンの入れ方のポイントは、3つあります。 ・タンポンの持ち方 ・ビビらない ・力を抜く 上記を意識しながら入れてみてください。 タンポンを開けてみる タンポンの箱を開けると、このようにビニールに入った筒状のものが入っています。 筒状のビニールの上部分を持って、上に引っ張ります。 切り込みが入っているので、簡単に開きますよ。 上部が破けると下記のようにタンポンの紐が出てきます。 紐の部分ではなく、プラスチックを優しく持ってタンポンを取り出します。 タンポンを取り出すとこんな感じ。 (下記画像参照) タンポンを出したら、早速つけていきます。 タンポンを入れる方法 タンポンを出したら、まず持つ部分を確認しておいてください。 持つ部分が超重要です。 下記の画像を見てもらえるとわかりますが、タンポンのプラスチックには、 ギザギザの部分があります。 このギザギザの最も出てる部分を、 利き手の親指と人差指で持ちます。 指で持ったら、入れていきます。 怖がらずに膣の形の沿ってゆっくり奥まで入れていきます。 (下記画像は、トイレットペーパーの芯を膣だと思ってください) 自分の思っている以上に奥まで入れて大丈夫です。 この時、絶対に白い部分を全て中に入れてください。 入れないと痛みの原因になります。 タンポンの白い部分を全部入れることができたら、下記の画像のようにタンポンの持ち方を変えます。 親指をギザギザの出っ張りに引っ掛けて、人差し指を透明な部分に置きます。 わかりやすいように、ここからはタンポンだけの写真で説明していきます。 下記の画像のように持ったら、 人差し指でプラスチックのカバーを押していきます。 焦らずゆっくり押していきましょう。 ゆっくり透明のカバーを押していくと、下記の画像のように膣の中にタンポン本体が入っていきます。 下記の画像のように、透明なプラスチックカバーを全て押すことができたら、プラスチックカバーを腟内から抜いていきます。 プラスチックカバーを抜くときは、画像のように親指と人差指をギザギザにかけて、抜いていきます。 ゆっくり抜くと、タンポンだけ中に残ってカバーは外に取り出すことができます。 うまく入ると、下記のような状態になります。 もし、 この時痛みがあったら奥まで入ってないことが多いので、タンポンを奥に押すと痛みがなくなります。 取り出したプラスチックカバーは、もともと入っていたプラスチックの袋に入れてトイレットペーパーに包んでサニタリーボックスに捨ててください。 経血がついているときは、袋に入れずそのままトイレットペーパーに包んでもいいかもしれません。 タンポンを取り出す方法 タンポンを取り出す方法も紹介していきます。 タンポンを取り出すときは、 画像のように付け根の部分を持ちます。 わかりやすくすると、下記の画像の部分を持ちます。 この時、紐の先っぽや真ん中を持ってしまうと、取り出しにくく、痛みの原因になります。 付け根部分を持ったらゆっくり取り出します。 早く抜こうとすると痛いので、ゆっくり抜いてください。 多少異物感があるかもしれませんが、問題なしです。 取り出したタンポンはトイレットペーパーに包み、捨てましょう。 タンポンの次にナプキンを使うなら、トイレットペーパーで包んだあとにナプキンの紙に包むといいですよ。 タンポンは誰でも使える タンポンは直接膣内に入れるので、処女の人は不安があるかもしれませんが、誰でも使うことができます。 私も小学生の時から使っています。 性経験の有無に関わらず、痛みは特に変わらないので、安心して使ってください。 慣れない間はお風呂で入れるといい タンポンを始めて使う人や久しぶりに使う人は、お風呂で入れるといいです。 洋式トイレでの体勢は、慣れない人にとっては入れにくかもしれません。 和式トイレだとかなり入れやすいですが、和式トイレがある家庭や施設は少なくなってしましました。 洋式トイレで入れにくかった人は、お風呂で入れてみてください。 タンポンの選び方 タンポンには、ナプキンと同じようにいくつか種類があるのを知っていますか? その日の状態に合ったタンポンを使うことが、楽にタンポンを使うコツです。 タンポンの種類は大きくわけてこんな感じです。 ・軽い日用 ・普通の日用 ・多い日用 ・特に多い日用 それぞれの量に合わせて、使ってください・ タンポンはネットでも購入することができます。 しあわせ素肌の超スリムは薄くてつけてる感覚がないくらい快適です。 タンポンの多い日用が入らない人へ タンポンは、軽い日用よりも普通の日用、それよりも多い日用と、吸収力があがるごとに大きさが少し大きくなります。 タンポン本体の部分が、若干太くなるんです。 なので、「多い日用」になると入れにくい、入れると痛いという人もいるはずです。 基本的に、 量が少ない日に多い日用を入れようとすると入りにくい これは覚えておいてください。 ナプキンの場合、どのナプキンを付けても問題はないですが、タンポンの場合は、その日の量に合わせたものを使うことが大切です。 タンポンの多い日用は、多い日に使えば簡単に入りますよ。 タンポン初心者は普通の日用から練習するといい タンポンを始めて使うという人も、これを読んでいる人の中にはいるはずです。 タンポンを使ったことがない人は、 「普通の日用」を「量が多い日」に入れてみる これで練習してみてください。 基本的に、量が多い日はタンポンを入れやすいので、痛みもなくスッと入れることができます。 逆に量が少ないと乾いて入れにくくなります。 タンポンに慣れれば、量が少ない日でも痛みなく入れることができるようになりますが、 最初は量が多い日から練習していきましょう。 タンポンが使えると生活の幅が広がる ここまで、タンポンの使い方について紹介してきました。 タンポンを使うことができるようになると、生活が今より何倍も楽になり、かつ楽しむことができるようになります。 ・お風呂 ・温泉 ・プール ・海 ・運動 上記のように様々な場面で活用することができます。 今まで、生理だからと言って諦めていた活動をやることができるんです。 タンポンを15年以上使っている私ですが、タンポンがあることで生理の不快感が少なく、楽に生活することができます。 大好きな水泳も生理中も関係なくできることは、嬉しいですよね。 今まで、タンポンを避けていた人も、ぜひ今回紹介して使い方を参考にして使ってみてください。 初心者の人は、「普通の日用」から始めると、簡単に始めやすいですよ。

次の