モダンpcとは。 スゴイぞ、モダンPC|[通販]ケーズデンキ

日本マイクロソフトら、年末商戦で「モダンPC」を訴求

モダンpcとは

パソコンが活躍する場所はさまざま。 そのため、「持ち運びのしやすさ」というのは大きなチェックポイントです。 モダン PC は、大画面を搭載したモデルでも 1. 5 kg を切るものがほとんど。 今までのノートパソコンに比べて持ち運びの負担を大きく軽減できます。 また、どのモデルもボディは堅牢性を大きく高めているのが特徴。 衝撃に強く移動中安心できるのも頼もしい限りです。 モダン PC は大容量バッテリーを搭載しているので、バッテリー切れを気にせずに使えるのもおすすめです。 加えて、Windows 10 には大きく進化したバッテリー管理機能があります。 タスク バーからすぐにバッテリーの状態をチェックしたり、バッテリーを節約するといった操作ができるので、バッテリーの残りが心もとなくなってきても安心です。 パソコンにデータを保存するストレージ。 昔のパソコンにはハードディスク HDD が使われていましたが、衝撃に弱く、速度が遅いといった欠点がありました。 モダン PC は、HDD の弱点を克服した SSD や eMMC を搭載。 圧倒的に高速で、衝撃に強いストレージを搭載しています。 さて、どのくらい高速なのか気になりますよね。 速さを実感できるのが Windows の起動時間。 HDD と SSD を比較した場合、およそ 2 倍以上の速さで Windows が起動します。 また、SSD や eMMC などは省電力で衝撃に強いのも特徴。 HDD と比べ、消費電力が少なく、ほとんど発熱もしません。 また、物理的に駆動する部分がないので、衝撃に強く持ち運ぶことの多いノートパソコンに最適です。 しかし、キーボードやタッチ操作で書くのは、あまり直感的ではありません。 ペンに対応したモダン PC なら、ノートに文字を書くように手書きでメモが残せます。 Windows 10 には、「Windows Ink」という機能を搭載。 新しくアプリを入れなくても、すぐに付箋やスケッチ ブックなどが使えます。 Windows 10 の標準ブラウザーの Edge は、ウェブ ページへの手書きメモに対応。 書いたメモは保存しておくこともできるので、いつでも見返すことができます。 また、最新版の Office も手書きに対応。 文書に直接メモできるので、直感的に資料を作成できます。

次の

日本マイクロソフトら、年末商戦で「モダンPC」を訴求

モダンpcとは

快適で使いやすいパソコンを購入したい。 なるべくリーズナブルな価格で。 そう考えている人は、2019年末にどんなパソコンを選んでいけばいいでしょうか? この記事は、Windows 7のサポート終了を踏まえた買い替えを想定し、2020年から数年間にわたって、快適なパソコンライフを送るために必要なポイントを整理します。 大手量販店のヤマダ電機の売れ筋商品を紹介しながら、 モダンPCと呼ばれる、新しくて快適なパソコンのカテゴリーについても解説していきます。 この年末、なぜパソコンの買い替えが必要か? 性能や機能の向上はもちろんですが、OSサポートの問題もあります。 マイクロソフトは、2020年1月14日にWindows 7のすべてのサポートを終了します。 サポートというと、OSの使い方などを電話で聞くといった対応を思い浮かべる人がいるかもしれません。 長らく支持されてきたWindows 7もようやく役割を終える しかしここでいうサポートの終了とは、Windows Updateを通じて、マイクロソフトが定期的に配信しているセキュリティ更新プログラムの提供が終わるということも含んでいます。 Windows 7のサポート終了後も、Windows 7を使用することはできますが、今後新たに発生する可能性のあるウィルスやマルウェアなどへの脆弱性は放置されます。 これは非常に危険なことです。 また、新しく発売される周辺機器やソフトウエア、ネットサービスも利用できなくなる可能性が高く、安全で快適なパソコンライフを楽しむことが難しくなるでしょう。 最新パソコンを選ぶために注目するポイントは? Windows 7は登場からすでに10年、最新のWindows 10も登場から5年目に入っています。 まだ、Windows 10にしていない人は、4年あるいは5年前の製品を使い続けているケースも多いと思います。 最新のパソコン事情がどうなっているのか、どの機能やスペックに注目したらいいのかがわからないという人もいるかもしれません。 そんな人におすすめしたいのが、最近話題で、CMや交通広告などでも目にする機会が増えてきた「モダンPC」です。 モダンPCとは、高速起動でストレスがなく、軽量・薄型であることも重視したノートパソコンです。 また、Officeも搭載されており、仕事からプライベートまでさまざまな用途で活用できます。 最近のノートパソコンは大型高精細な画面の製品もあり、性能も向上しているので、デスクトップからの乗り換えにも十分です。 加えて、部屋のどこでも使える快適さがあります。 高機能なモデルでは、タッチ対応で、ペンでタブレットとしても利用できる機種や、顔や指紋の生体認証で簡単にログインできるものもあります。 つまり、最新技術を積極的に取り入れ、サクサクと快適に動くパソコンがモダンPCです。 ここから先は、2019年末にパソコン選びをするなら、重視したいポイントを項目別に見ていきますが、モダンPCであれば、これらの点をしっかりとサポートしているので安心です。 ピックアップ• ステップ・バイ・ステップでSDLプログラミングの初歩を解説• 「HMS」って何? Androidスマホと何が違うの?• どんなデバイスが、どのくらいネットワークを使っているのかをグラフィカルに可視化• 単年度でなく数年後も対応できる「GIGAスクール構想」実現を、低価格の10ギガ製品や無線LAN製品、長期保証で支援• Core i7-10875HにGeForce RTX 2080 Super with Max-Qは現時点で最新・最強• 今年度もSDLアプリコンテストを開催中! まずはSDLについて知ってみよう• クラウドネイティブな「Veeam Backup for Microsoft Azure」発売、マルチクラウド時代に備える選択• ユーザビリティーと冷却性能に注目、ゲームしやすいPCとは何かを追求したうえでの答え• ゲームにもコンテンツ制作にも不足なし!• 電波の弱い部屋を撲滅したい!• 7月2日全国発売です!!! 毎日45%ポイント還元アリの電子コミック「まんが王国」がお得感No. 1なワケ• 使い込むほどに実感する使い勝手と利便性の心地よさ• ゲームもテレワークも1台でこなしたい!• テレワーク推奨で俄然気になる家庭のパソコン選び• 第10世代コアCPUを搭載した人気モバイルノートの進化版がテレワーク機能を強化して登場• 「子どもにも一台持たせる環境」にベストなタブレットはこれ!• ストレージメーカーに聞くHDD取扱いの注意点• 多様化する働き方に合わせて使える機能満載• LAVIE開発者に聞くテレワークに特化した最強のプレミアムモバイルノート誕生の裏側• 日本の縮図となる都市で、補助金200万円と手厚いサポート• レノボのクリエイター向けデスクトップPC、プロ漫画家の目にはどう映る?• 余ったらどうする?足りなくなったら追加できる?• 人気のデュアル水冷シリーズに第10世代Core最強モデルが登場!• リフレッシュレート240Hzの液晶ディスプレーも搭載• 開発環境プリインストール済み!! このアクセス速度を体験したらもう戻れない• ノイズキャンセリングもコスパも強力!• NVMe SSDでOSやアプリの起動も高速!• 第10世代Coreにタッチパネルも入って約1. 32kg! 1日使えて、価格もお手頃• 週アス読み放題で、独自コンテンツ盛りだくさん.

次の

「モダンPC」って何? どこがすごい? マイクロソフトやPCメーカーが語る (1/3)

モダンpcとは

Contents• 最新のOfficeがすごい! まずは最新のパソコンに付いている「Microsoft Office 2019」 Microsoft OfficeはOffice 2013くらいからあんまり大きくデザインも変わっていないので、古いバージョンのOfficeをまだまだ使っている!という人も多いと思います。 ちなみに自分的にはOffice 2003くらいのシンプルデザインな頃も好きだったりするんですが、最近のOfficeは便利な機能がたくさんついているので、それを少しだけご紹介します。 共同作業がいつでもどこでも出来ちゃう! Microsoft Office 2019では、離れた場所にいるメンバーとも同じファイルを開いて共同作業が行えます。 Office 2019同士でリアルタイム同時編集出来るのは非常に便利。 仲間との旅行の計画なんかもExcelやWordを開きながら作ると楽しいかも知れませんね。 サクッと機械翻訳 海外から送られてきたWordドキュメントのなども、Office 2019なら簡単操作で日本語に翻訳してくれる機能があります。 もちろんMicrosoft Translatorなので、翻訳精度はちょっと微妙かな?というところもあるんですがとりあえず簡単に日本語にしてくれるのは便利ではないでしょうか。 最新のパソコンがすごい! ディスプレイが綺麗! 一昔前のノートパソコンといえば、ディスプレイが少し狭くディスプレイが荒いものが多かったのですが、最近のモダンPCは大画面・高精細なモデルが増えています。 画面が大きく、美しいので、普段スマートフォンで見ている動画ももっと楽しめます。 タッチ操作対応モデルなら、使い方広がる モダンPCは2in1 PC パソコンとタブレットがひとつになったもの)が主流となりつつあります。 ディスプレイはスマートフォンのように指先でかんたんにタッチ操作で操作できるのでパソコンが苦手な人にも優しいですし、ペン対応のものなら、ノート感覚でメモや資料に書き込んだり、イラストを描くのにも使えます。 本格的なイラストソフトなどでペンが使えるのもパソコンの魅力の1つです。 軽い&長時間バッテリー ノートパソコンはバッテリーが持たない、バッテリー持ちが良いパソコンはMacしかない!なんて思ってませんか。 最近のモダンPCはバッテリー持ちも長寿命。 例えば、Surface Proなら動画再生でも9時間以上バッテリーが長持ちするので、お外でパソコンを使う用事があっても十分利用することが出来ます。 最新のWindowsがすごい! ウィルス対策ソフトなんてイラナイ! 最新のWindows 10であれば、「Microsoft Defender ウィルス対策」が初めから有効になっています。 無料のウィルス対策ソフトですが、市販のウィルス対策ソフトと比べても優秀であると評判のある製品なので、一般の人がわざわざ良くわからないウィルス対策ソフトを入れなくても済むようになりました。 わざわざスマホをパソコンに繋いで写真を取り込んだりしなくても、無線でコピペ操作だけで写真をブログ記事などに取り込めるようになりました。 すごく便利なこの機能ですが、唯一欠点があります。 それはiPhoneに対応していないこと。 アップルの色々な制約のため、このような状況となっていますがAndroidを使っているひとはかなり便利だと思える機能だと思うのでぜひお試しください。 ゲーム機能もりだくさん! Windows 10で一番進化したといっても過言でもないのが「ゲーム機能」 ゲームDVRと呼ばれる機能を使うと、ゲーム画面やあらゆるアプリを録画したり、スクリーンショットをとったり、ゲーム実況配信を行うことが可能です。 また高性能なゲーミングPCに関しては「Xbox Play Anywhere」という機能を使うことで、Xbox Oneの一部のダウンロードゲームをパソコンでもプレイすることが可能。 セーブデータや実績も連動しますし、殆どのXbox Live対応タイトルがPCとXboxでクロスプレイが可能となっています。 ディスプレイ: 12. 3インチ PixelSense ディスプレイ 2736 x 1824• RAM: 8GBまたは16GB• バッテリー: 最大13. 5時間• キーボード: 別売取り外し可能なタイプカバー(Pro 4以降のモデルのタイプカバーが利用できます)• マウス:別売 Bluetoothマウス• Bluetooth: 4. OS: Windows10• Office: Office Home &Business 2019付属(初期モデルは2016、海外版は付属なし)• 重量:770g-784g.

次の