幸区コロナ感染者。 神戸新聞NEXT|総合|兵庫の新型コロナ感染者 2日連続で2桁、男女17人

川崎市:新型コロナウイルス感染症発生状況データ

幸区コロナ感染者

「川崎市内の新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況」のページ 中原区で発生した4人のうち 2人は20歳代の学生で、いずれも 米国ニューヨーク州への渡航歴があり、3月22日に帰国したとのことです。 以下、3月28日までに 川崎市が公表した新型コロナウイルス感染症患者は以下の通り。 中原区• 3月28日(土)発表:20代男性・学生(米国ニューヨーク州渡航歴あり)• 3月28日(土)発表:20代女性・学生(米国ニューヨーク州渡航歴あり)• 3月28日(土)発表:50代男性・会社員• 3月28日(土)発表:30代男性・会社員 高津区• 3月28日(土)発表:40代男性・会社員• 3月27日(金)発表:30代男性・会社員 幸区• 3月27日(金)発表:30代男性・会社員(陽性患者と接触歴あり) 【本記事について】横浜日吉新聞では、 川崎市の発表に基づき、「日吉エリア(日吉・綱島・高田)」に隣接し、 生活圏が一部で重なる中原区、幸区、高津区の感染患者発生状況について、身近な場所で発生し、 感染が拡大する危機が迫っていることを知らせるため、患者個人を特定できない形で掲載しました。 なお、横浜市は感染患者について3月29日までに在住区(行政区)を明かしていません。

次の

横浜市区別コロナデータ

幸区コロナ感染者

「川崎市内の新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況」のページ 中原区で発生した4人のうち 2人は20歳代の学生で、いずれも 米国ニューヨーク州への渡航歴があり、3月22日に帰国したとのことです。 以下、3月28日までに 川崎市が公表した新型コロナウイルス感染症患者は以下の通り。 中原区• 3月28日(土)発表:20代男性・学生(米国ニューヨーク州渡航歴あり)• 3月28日(土)発表:20代女性・学生(米国ニューヨーク州渡航歴あり)• 3月28日(土)発表:50代男性・会社員• 3月28日(土)発表:30代男性・会社員 高津区• 3月28日(土)発表:40代男性・会社員• 3月27日(金)発表:30代男性・会社員 幸区• 3月27日(金)発表:30代男性・会社員(陽性患者と接触歴あり) 【本記事について】横浜日吉新聞では、 川崎市の発表に基づき、「日吉エリア(日吉・綱島・高田)」に隣接し、 生活圏が一部で重なる中原区、幸区、高津区の感染患者発生状況について、身近な場所で発生し、 感染が拡大する危機が迫っていることを知らせるため、患者個人を特定できない形で掲載しました。 なお、横浜市は感染患者について3月29日までに在住区(行政区)を明かしていません。

次の

市内コロナ 感染者増、第2波阻止へ 研究所「PCR拡充も一因」

幸区コロナ感染者

最新コロナニュース記事: マスク関連情報 東京都23区別 新型コロナ感染者数 最新の東京都23区別の新型コロナ感染者数の一覧は上の通りです。 上位順に取り出すと、 新宿1199人・世田谷646人・中野420人・港413人・練馬385人。 11日時点の集計で中野区が練馬区を上回り、上記の表の14日時点で港区を上回りました。 池袋のある豊島区は、310人です 東京都区別感染者数の推移 感染者数の多い5区の推移は下の通りです。 日付は集計をした日です 7月 新宿 世田谷区 港区 中野区 練馬区 4日 814人 550人 376人 319人 324人 5日 855 555 379 320 322 6日 888 558 381 332 337 7日 898 562 387 337 344 8日 900 576 390 339 351 11日 1101 614 403 389 372 12日 1146 629 409 398 378 13日 1179 638 413 411 382 14日 1199 646 413 420 385 上位順に取り出すと、 新宿1199人・世田谷646人・中野420人・港413人・練馬385人。 新型コロナの感染者が多い区の特徴 ・新宿区 夜間営業に関わる仕事をしている人やスカウト行為をしていた人など、夜の街の感染者や客に、若い人の感染が多くなっており、小池知事は「パーティー」などの大ぜいが集まる場での感染に注意を促しています。 「新宿は蔓延」忽那医師 国立国際医療研究センター(東京都新宿区)で患者を診る忽那(くつな)賢志医師は、新宿区の増加について 新宿ではもはや、夜のクラスター(感染者集団)にとどまっていない。 若者に蔓延(まんえん)している印象です。 と増加の印象を語り、「今のうちに感染を抑え込む必要がある」と話しています。 ・豊島区 7月に入って、池袋の繁華街で感染者数が急増しています。 ・港区 「海外からの帰国者」や「夜の繁華街」での感染が疑われる例が多くなっています。 ・練馬区 20代30代の感染者の増加がみられます 世田谷区に感染者が多い理由は 世田谷区は、当初はもっとも感染者数の多い区となっていましたが、今は新宿区が上回っています。 2番目に感染者数が多くなっている、世田谷区に住んでいる人に話を聞いてみると 「(世田谷区は)住んでる人が多いのかな」 「(感染者が多いのは)人口が多いからだと思う。 通勤とかで、(ほかの区に)出ていき、また帰ってくる人が多いから」 と住民たちは判断しているということです。 「海外渡航者が多い」世田谷区長 世田谷区長は、区内に海外への渡航者が多いことを指摘しており、欧州で感染が拡大した3月には、帰国者の中から、まとまった感染者が出たと話しています。 英語では、ソーシャルディスタンシングといわれ、1. 8mの距離を保つことが良いとされています。 「三密」は具体的には下の三点です。

次の